俳諧ガイド 目録

俳諧のあらまし俳諧の歴史俳諧の形式俳諧作法
歌仙系百韻系発句作法脇作法
第三作法初表作法平句作法・付句名残裏・挙句作法

発句作法資料

発句の作法資料 索引

発句と切れ切るということ芭蕉句の切字切字を入れること
切字の働き句の構造と切字の働き上五の切字中七の切字下五の切字
切字のない
芭蕉句
切字の追加切字に加えて差し支えない助詞接続助詞 を・に
格助詞 に接続助詞 ば接続助詞 て(で)
接続助詞 で連語 にて連語 ては(では)
終助詞 な・(な~)そ切字に加えて差し支えない助動詞助動詞 たり・り
助動詞 ます修飾語としての「さぞな」切れの体
独立しうる部分のある構造体言を並べる構造動詞の命令形を用いる構造
二文対比の構造止めの体言を修飾する構造大回しという構造
切字の補足大廻し玄妙切句読の切切字や切字し
切字のメモふのぬ過去のし平句かな平句や平句けり

発句の作法 へ
発句発句作法発句の切れ

 


 


発句と切れ

切るということ

切る

 和歌は三十一字で切る。発句は十七字で切る。
 「切る」とは、十七字で完結させることである。
 完結させる方法
  ① 句末に「切字」を入れ、心を切る。
  ② 句中に「切字」を入、心を切る。
  ③ 切字を用いず心切とする。


① 句末の切字は分かりやすい。
  夏の月、御油より出でて、赤坂ニ入ル
  雲雀より、空にやすらふ、峠かな
  海暮れて、鴨の声、ほのかに白

② 句中の切字は、「句読の切れ」を作る。十七字中の句読の切れと区別する。
  あけぼの。白魚、白きこと、一寸。
 「や」で句点が入る。「や」と詠嘆することで、句末で心が切れる
・ 句中にある切字の直後に、「句読の切れ」が生じるが、句の切れは、あくまで句末である。
  夢よりも、現の鷹、頼もしき。
  元日は、田毎の日こそ、恋しけれ。
  僧朝顔ナリいく、死に返る。法の松

③ いわゆる「切字」を用いない切れに、三通りある。
・ 切字として構わない字を用いた切れ。
 [たり]  暑き日を、海に入れたり。最上川。
 [り]   我富め。新年、古き米、五升。
 「ます」  薦を着て、誰人います。花の春。
 [さぞな] さぞな星。ひじき物には、鹿の革。

・ 切字でない助詞・連語を用いた切れ。
 [を]   青くても、あるべきもの、唐辛子。
 [に]   木曽の痩せも、まだなほらぬ、後の月。
 [ば]   風吹け、尾細うなる犬桜。
 [て(で)] 旅に病ん、夢は、枯野を、かけ廻る。
 [で]   老の名の、ありとも知ら、四十雀。
 [にて]  叡慮にて、賑わふ民の庭竈。
 [ては]  折々に、伊吹を見ては、冬籠り。
 [な]   うたがふ。潮の花も、浦の春。
 [な~そ] 盃に、泥、落し、群燕。

・ 切字を用いない切れ。
 「自発」  あらたふと。青葉若葉の日の光。
 「挨拶」  いざさらば。雪見に、ころぶ所まで。
 「提示」  ほととぎす。宿借るころの藤の花。
 「二段切」 蚤・虱。馬の尿する枕もと。
 「三段切」 梅・若菜・丸子の宿のとろろ汁。
 「重字」  奈良七重、七堂伽藍、八重ざくら。
 「下知」  香に匂へ。うに掘る岡の、梅の花。
 「中の切」 国々の八景。さらに、気比の月。
 「無名切」 家はみな、杖に白髪の墓参り。

 青蘭云、「切字は心を切りて、句意を首尾させんがためなれば、たとへ定めたる切字なくとも、心切れ、首尾ととのひたるは発句なり。但し、心を切らず、下句に及ぼすを、平句の格とす」。「俳諧歳時記栞草(馬琴編、青蘭補、嘉永4(1851)年)」

↑ トップへ

芭蕉句の切字

切字を入れること

芭蕉の用いた切字

・ 芭蕉の用いた「切字」(宗祇・季吟の示したもの)を、芭蕉の発句1067について、すべて確認し、下に挙げた。
・ 結果、宗祇の「せ・れ・へ・け」、及び季吟の「けりな・さぞな・かしな・やは・かは・いさ・いづれ・など」を切字に用いたものは、みられなかった。
・ 「切字」の使用数は、㊤上五・㊥中七・㊦下五に分け、各切字の下に示した。


244・157・11

㊤  あけぼの白魚白きこと一寸
㊥  しばらくは滝にこもる夏の初め
㊦  夏の月御油より出でて赤坂

 [係助詞]疑問・反語を表す。[間投助詞]詠嘆・感動を表す。

かな
0・2・217
㊦  雲雀より空にやすらふ峠かな

[終助詞]《係助「か」+終助「な」》体言・活用語の連体形に付く。感動・詠嘆。


17・44・19
㊤  梅白昨日や鶴を盗まれし    ※過去の「し」は除く。
㊥  石山の石より白秋の風
㊦  海暮れて鴨の声ほのかに白
㊦  時鳥鰹を染めにけりけらし    ※「けらし」は1句。
㊦  この梅に牛も初音と鳴きつべし  ※「べし」は3句ある。

し:[形容詞]・[形容詞型活用の助動詞]の終止形、活用語尾。
けらし:[連語][過去の助動詞けり」+[推量の助動詞らし]、「ける-らし」の音変化。根拠に基づき、過去を推量する意。宗祇は「らし」を入れる。
べし:[助動詞]推量・当然などの意。季吟は「三し」の一つとして入れる。
たし:「助動詞」希望の意。

ん・む
8・43・21
㊤  いざ出で雪見にころぶ所まで
㊥  面白し雪にやなら冬の雨
㊦  いざ子供昼顔咲きぬ瓜剥か

[助動詞]活用語の未然形に付く。平安より「ん」とも書く。意志・勧誘、推量、適当・当然の意。「らん」などもここに含まれる。


16・24・3
㊤  そのまま月もたのまじ伊吹山 ※[終助詞]判断・主張・感情の強め
㊤  宮守わが名を散らせ木葉川  ※[間投助詞]呼び掛け
㊥  この心推せ花に五器一具   ※[終助詞]命令
㊥  死にもせぬ旅寝の果て秋の暮 ※[間投助詞]感動・詠嘆
㊦  草枕まことの華見しても来  ※[終助詞]命令

 季吟は[命令の終助詞よ]を、下知の類に入れ、[主張・判断の終助詞]のみ、切字「よ」に分ける。[間投助詞]の「よ」も切字なので、ここにまとめた。

けり
5・12・14
㊤  かくれけり師走の海のかいつぶり
㊥  海苔汁の手際見せけり浅黄椀
㊦  道のべの木槿は馬に食はれけり

[助動]動・助動の連用形に付く。気付きの詠嘆表現。


4・19・4
㊤  月のみ雨に相撲もなかりけり
㊥  ほろほろと山吹散る滝の音
㊦  二人見し雪は今年も降りける

[係助詞]文末用法。疑問、反語、願望を表す。


3・12・4
㊤  誰が聟歯朶に餅負ふ丑の年
㊥  吉野にて桜みせう檜笠
㊥㊦ 夢よりも現の鷹ぞ頼もしき ※係り結び
㊦  蛤のふたみに別れ行く秋

[係助詞]付いた語を強く示す。「こそ」より弱い。
 係り結びは、直後で切れず、結んでいるところで切れる。係った文末の活用語尾を已然形で結ぶ。「ぞ」がなければ、形容詞は「し」で終わり、「切字」は「し」となる。
 文末にあっては、強く断定して告げたり、問いただしたりする。

なり
2・9・7
㊤  命なりわづかの笠の下涼み
㊥  振売の雁あはれなり恵美須講
㊦  初時雨猿も小蓑を欲しげなり

[助動詞]断定。詠嘆は近世の用法。


0・12・4
㊥  木啄も庵は破ら夏木立
㊦  夏衣いまだ虱を取り尽さ

[助動詞]断定的な否定判断を表す。


3・5・2
㊤  年暮れ笠きて草鞋はきながら
㊥  いざ子供昼顔咲き瓜剥かん
㊦  木枯しや竹に隠れてしづまり

[助動詞]完了の意。


2・5・2
㊤  なに喰うて小家は秋の柳陰
㊥  この秋はで年寄る雲に鳥
㊦  大津絵の筆のはじめは

[代名詞]不定称の指示代名詞。はっきりしない事物を問う。

もなし
0・1・6
㊥  いらご崎似るものもなし鷹の声
㊦  白菊の目に立て見る塵もなし

連語【[係助詞も]+[形容詞なし]】


0・4・0
㊥  そのままよ月もたのま伊吹山

[助動詞]打ち消し推量の意。
 季吟は「し」に分類。

いづこ
いづく
2・1・0
㊥  笠島はいづこ五月のぬかり道

[代名詞]不定称の指示代名詞。いづくの音変化。どこ。【[代名詞いづこ]+[疑問の終助詞]か】で、「か」の省略形。

いつ
1・2・0
㊤  よるべをいつ一葉に虫の旅寝して
㊥  初雪やいつ大仏の柱立

[代名詞]不定称の指示代名詞。時について、不定・疑問の意。【[代名詞いつ]+[疑問の終助詞]か】で、「か」の省略形。

もがな
0・0・3
㊦  子の日しに都へ行かん友もがな

[終助詞][終助詞「もが」+終助詞「な」]。上の事柄の存在・実現を願う意を表す。


1・2・0

㊤㊥ 送られ別れ果ては木曽の秋
㊥  観音のいらか見やり花の雲

[助動詞]…つ…つで、同時・反復を表す。
[助動詞]動作作用の完了を表す。 

こそ
1・1・0
㊤  さればこそ荒れたきままの霜の宿
㊥㊦ 元日は田毎の日こそ恋しけれ

[係助詞]言いさして強調。取り立てて強める。「ぞ」より強い。
 係り結びは、結んでいるところで切れる。係った文末の活用語尾を已然形で結ぶ。引句では、「こそ」がなければ、「けり」で終わり、「切字」は「けり」となる。
 また、「こそ(あれ)」など、結びが省略されて切れる。

いく
0・2・0
㊥  僧朝顔幾死に返る法の松

[接頭語]普通は名詞に、時には形容詞に付く。数量の不明・不定の意、多い数量や年月の長い意を表す。引句は、幾度の省略形。掛かる部分で切れる。


1・0・0
㊤  今宵吉野の月も十六里

[代名詞]不定称の人称代名詞。【[代名詞誰]+[疑問の終助詞]か】で、「か」の省略形。

いかに
0・0・1
㊦  猿を聞く人捨子に秋の風いかに

[副詞]疑問を表す。どのように~か。引句は、「どのように聞くか」の意。

芭蕉切字

 芭蕉が古人として慕う宗祇と、師の季吟が挙げる「切字」について、芭蕉の全発句1,067について調べた。
 使われた「切字」は、右表のものがすべてである。
 但し、「切字」は延べ数である。句数は、次の通り。
  「切字」一つ …… 849句 ┐
   〃  二つ …… 65句 │916句 ┐
   〃  三つ ……  2句 ┘   │1,067句
   〃  なし …… 151句     ┘

 先ず、右表を概観する。


  ・ 「や」「かな」で、「切字」の64.0%、句の59.1%を占める。
  ・ 上五に使われた「切字」は、「や」が(上五の切字の)79%(表は度数)。
   次いで「し」「よ」が各5%、「ん」が3%と差がある。
  ・ 中七も「や」多く、44%。
   次いで、「ん」「し」が各12%、「よ」が7%。
  ・ 下五は、「かな」、68%。
   次いで、「ん」が7%、「し」が6%。「けり」5%、「や」3%。

 やはり、「や」「かな」を多く用いていることが分かったが、「けり」が少ないのが意外であった。
  次に、「切字」とは何かを明らかにするため、「切字」の品詞から検討していく。
[形容詞]  「し」が、意外と多い。形容詞、形容詞型助動詞の言い切り形だから、当然であろう。
[助動詞]  ならば、活用語の終止形はと見ると、「切字」に「ん・なり・ず・ぬ・じ・つ」がある。
 皆助動詞で、「だが、き・けむ・ごとし・さす・しむ・す・たし・たり・べし・べらなり・まし・まじ・まほし・む・むず・めり・らし・らる・り・る」などもあってよい。
 助動詞と同じ「なり」には、「ほのかなり」など、ナリ活用、形容動詞の活用語尾がある。形容動詞にはタリ活用もある。
 「たり」を調べると、
   暑き日を海に入れたり最上川/いでや我よき布着たり蝉衣/
   杜若似たりや似たり水の影/誰やらがかたちに似たり今朝の春/
   一家に遊女も寝たり萩と月/百里来たりほどは雲井の下涼み/
   富士の雪慮生が夢を築かせたり/行く春に和歌の浦にて追ひ付きたり/
   義朝の心に似たり秋の風

[形容動詞]  ここに、形容動詞はない。すべて、助動詞「たり」である。活用語の連用形に付いて完了・存続の意を表す。
[動詞] 活用語には、動詞もある。
[助詞] 「よ・か・ぞ・こそ」は助詞である。他に「かし・かも・しか・しがな・そ・な・なむ・なも・ね・は・ばや・も・もが・ものを・や・やも・ろ・ろかも・ゑ・を」がある。
[副詞] 「いかに」は、疑問・反語の副詞で、文末用法がある。「幾」は接頭語として使われる。
[代名詞] 残る「なに・いつ・誰・いづこ」は、指示代名詞である。

 発句は十七字で切り、完結させることが条件であった。
 そのための「道具」が、いわゆる「切字」である。
 「切字」は、次のように分類できる。
  ・ 活用する単語の言い切る形。終止形、命令形、連用中止・連体中止などがある。用言と助動詞。
  ・ 言い切るところに置かれるてには。終助詞など。
  ・ 問い掛けに用いる語。副詞、代名詞など。
 具体的には、「切字」の働きを理解する必要があるので、次に、上五・中七・下五別に句の構造を見る。
 句の構造が明らかになれば、「切字」が見当たらない芭蕉句150から、芭蕉の切り方が見えるのではないか。

↑ トップへ


「切字」の働き

句の構造と「切字」の働き

  歌は三十一字にて切れ、発句は十七字にて切る
 芭蕉の発句は、皆切れている。
  切字ある発句とても、心の切れぬ時は発句にあらず
 「切字」(「先達が定めたいわゆる切字」に鉤括弧を付す)を入れても切れぬときがある。切れている芭蕉句の「切字」から切り方をとらえておきたい。
 以下、芭蕉が、「切字」をどのように用いているか、用いた切字のすべてについて、句の上・中・下ごとに見る。
 切字の働きは、句の構造を見ることで、明らかになるであろう。
 句の構造を見る視点は、以下の通り。

【文の構造】

1 まとまった一連の言葉を文と言う。
2 文は、文節から成る。文節には自立語が一つあり、付属語が一つ以上付くことがある。
3 文節は、4種類ある。
 ① 掛かる文節  - 主語・連体修飾語・連用修飾語。
 ② 受ける文節  - 述語・被修飾語。
 ③ 独立する文節 - 独立語(感動・呼び掛け・応答・提示)
 ④ 接続する文節 - 接続語(順接・逆接・添加・並立・対比選択・転換)

【句の構造】
・ 句の構造は、句を文と見なせば、理解可能である。
 <主語・述語> 掛かる・受けるの関係の内、「何が→どうする・どんなだ・なんだ・ある(ない)」。
   [馬方は]          →[知らじ]。
    主語              述語
   [辛崎の-松は]       →[朧にて]。  ※連文節を部と呼び、-で表す。
    主語              述語
   [あの-雲は]        →[たより哉]。
    主部              述語
   [子に-飽くと-申す-人には]→[花も-なし]
    主部              述部

 <連体修飾語・被修飾語> 被修飾語の自立語が体言。
   [僧の]   →[沓の]
    連体修飾語   被修飾語
   [僧の-沓の]→「音])
    連体修飾部   被修飾語
   [氷の]   →[僧の-沓の-音])
    連体修飾語   被修飾部
 <連用修飾語・被修飾語> 被修飾語の自立語が用言。
   [鎌倉を]→  [生きて]→ [出でけん]。
    連用修飾語   連用修飾語  被修飾語
   [鎌倉を]→  [生きて]→ [出でけん]。
    連用修飾語   連用修飾語  被修飾語
 <独立語> 単独で文になり得る。
  【感動】 [あら]。(何ともなや。昨日は過ぎて、河豚汁。)
  【呼掛】 [いざ]。(共に、穂麦喰はん。草枕。)
  【提示】 [芋-洗ふ-女]、(西行ならば、歌詠まむ。)

 <接続語> 文と文をつなぐ。
   [命こそ]→[芋種よ]。[また]、[今日の]→[月]。
    主語    述語    接続語  連体修飾語 被修飾語

【句の構造図 凡例】
  [ ] …… 文節。                 [自立語単独],[自立語+付属語]
  ( ) …… 文節のまとまり上位。                 ([文節][文節])
  < > ……   〃    下位。           <([連文節])([連文節])>
   →  …… →の左が掛かるまとまり。右が受けるまとまり。    [掛かる]→[受ける]
   ←  …… ←の右が掛かるまとまり。左が受けるまとまり。倒置。 [受ける]←[掛かる]
   ○  …… 意味上の切れ。           [出た]○[月が],[月が][出た]○
   -  …… 強いつながり。連体修飾や補助の関係。    [白い-雪],[咲いて-いる]
   /  …… 文の境界。                       [文1]/[文2]

1 上五の切字

一文で
倒置

A←BC
①[かくれけり]○  ←([師走の-海の]→[かいつぶり])

②[年-暮れ]○  ←<[笠きて]→([草鞋]→[はきながら])>

・ ①は、主述の倒置、②は、掛かる受けるの倒置である。曲節を外し、てにはなどを補うと、平叙の一文となる。


① 師走の 海の かいつぶりガ、隠れけり
② 笠ヲ着て 草鞋ヲ 履はきながら、年ガ暮れ

二文が
独立

A/BC
AB1/B2C

③[あけぼの]○      /[白魚]→[白きこと-一寸]○

④([なに]→[喰うて])○ /「小家は]→([秋の]→[柳陰])○

⑤[誰が-聟]○ /([歯朶に・餅]→[負ふ])→[丑の-年]○

⑥[命なり]○       / [わづかの-笠の]→[下-涼み]○

⑦[さればこそ]○ /[荒れたき-ままの-霜の-宿]○

⑧([今宵]→[])○ /([吉野の-月も]→[十六里])○


                ┌「昨日や]→[盗まれし]○
⑨[梅白]○        /│
                └[鶴を]→ [盗まれし]○

                ┌[雨に] →[なかりけり]○
⑩[月のみ]○       /│
                └[相撲も]→[なかりけり]○

                ┌[一葉に]→[旅寝して]○
⑪[よるべを]→[いつ]○  /│
                └[虫の]→[旅寝して]○

・ 「切字」で一つの文が完結する。二つめの文の構造で、⑨以下と分けられる。


③ 曙。 白魚ノ 白きこと、一寸。
④ なに 食うて。小家は、秋の 柳陰。
⑤ 誰が 婿。歯朶に餅ヲ 負ふ 丑の年。
⑥ 命なりケリ。わづかの 笠の 下涼み。
⑦ さればこそナレ。荒れたきままの 霜の宿。
⑧ 今宵、。吉野の 月も 十六里ホド。
⑨ 梅白。昨日や、盗まれし。鶴を 盗まれし。 (昨日や 鶴を 盗まれし。)
⑩ 月のみ、雨に なかりけり。相撲も なかりけり。 (雨に 相撲も なかりけり。)
⑪ よるべを いつ。一葉に 旅寝して。虫のゴトク 旅寝して。 (一葉に 虫の 旅寝して。)

二文めに
倒置

A/CB
⑫[いざ]○  /<[出で]○ ←([雪見に]→[ころぶ所まで])>

⑬[宮守]○ /<([わが-名を][散らせ]○)←[木葉-川]>

⑭[そのまま]○ /<[月も]→[たのまじ])○ ←[伊吹-山]>

二文構造は上と同じ。二つめの文に倒置がある。


⑫ いざ。雪見に 転ぶ所まで 出で
⑬ 宮守。木葉川ニ わが名を 散らせ。
⑭ そのまま。伊吹山ハ 月も 頼まじ。

上五の切字 まとめ

1 一文の場合、倒置の形となる。
2 二文の場合、一つめは感動を表したり、題目を提示したりする短い文となる。
3 二文の場合、二つめが倒置文となるものがある。

↑ トップへ

2 中七の切字

 切字が、中七にある場合。

一文で
倒置

AB←C
① ([石山の-石より]→  [白])○     ←[秋の-風]

② <([死にも-せぬ]→[旅寝の])-果て>○ ←[秋の-暮]

③ <([海苔-汁の]-手際)→[見せけり]>○  ←[浅黄-椀]

④ <([振売の]-雁)→[あはれなり]>○    ←[恵美須-講]

⑤ <([観音の]→[いらか])→[見やり]>○ ←[花の-雲]
 ┌[しばらくは]→   [こもる]┐
⑥│                 │○     ←[夏の-初め]
 └   [滝に]→   [こもる]┘

 ┌[ほろほろと]→    [散る]┐
⑦│                 │○     ←[滝の音]
 └   [山吹]→    [散る]┘

 ┌[吉野にて]→    [みせう]┐
⑧│                 │○     ←[檜笠]
 └   [桜]→    [みせう]┘

 ┌[木啄も]→      [破ら]┐
⑨│                 │○     ←[夏木立]
 └ [庵は]→      [破ら]┘

① 秋の風ヨ、石山の 石より 白
② 秋の暮ヨ、死にもせぬ 旅寝の 果て
③ 浅黄椀ヨ、海苔汁の 手際ヲ 見せけり
④ 恵美須講ヨ、振売の雁 哀れなり
⑤ 花の雲ヨ、観音のいらかヲ 見やり


⑥ 夏の初めヨ、暫くは 篭もる。滝に 篭もる。(暫くは、滝に 篭もる。)
⑦ 滝の音ヨ、ほろほろと 散る。山吹ガ 散る。(山吹ガ、ほろほろと 散る。)
⑧ 桧笠ヨ、吉野にて みせう。桜ヲ みせう。(吉野にて、桜ヲ みせう。)
⑨ 夏木立ヨ、木啄も 破ら。庵は 破ら。(木啄も 庵は 破ら。)]┘

二文めに
倒置

A←C
B←C
⑩ [面白]○   /([雪に]→[なら])○   ←[冬の-雨]

⑪ [そのまま]○ /([月も]→[たのま])○   ←[伊吹-山]

⑫ [いらご-崎]○ /([似る-ものも]→[な])○ ←[鷹の-声]

⑩ 面白。冬の雨ハ、雪に なら
⑪ そのまま。伊吹山ハ、月も たのま
⑫ いらご崎ヨ。鷹の声ハ、似るものも な
 ※ 青字は、中七以外にある切字。

二文が
独立
A/BC
AB1/B2C
AB/C
⑬ [初雪]○         /[いつ]→[大仏の-柱立]○

⑭([送られ]・[別れ])○ /[果ては]→[木曽の-秋]○

⑮ [笠島は]→[いづこ]○      /[五月の-ぬかり道]○

⑯ [この-心]→[推せ]○   /[花に]→[五器-一具]○

⑰ ([この秋は])→([で]→[年-寄る])○ /[雲に-鳥]○

⑱ ([僧]→[朝顔])→([]→[死に-返る])○ /[法の-松]○

⑬ 初雪いつ 大仏の柱立カ。
⑭ 送られ、別れ。ソノ果ては 木曽の秋ヨ。
⑮ 笠島は いづこカ。五月の ぬかり道ヨ。
⑯ この心ヲ 推せ。花にハ 五器一具ト。
⑰ この秋は、で 年寄るカ。雲に鳥ヨ。
⑱ 僧ハ 朝顔デ (度)死に返るカ。法の松ヨ。

・ ⑬の「いつ」、⑮の「何」、⑯の「いく」は、直後で切らず、掛かる文節の後で切り疑問文を作る。
 他に、「いづこ(いづく)・だれ」などがある。例えば、
  千年もいく七まはり○春の藤
  いづく時雨○傘を手に提げて帰る僧 
※ 上五に切字の例
 は、○印で切れる。
 この切字で、「切字はものを裁ち切る」のでなく、「切字を置くことで、十七字で切る」の意味が分かる。

その他
⑱[いざ]○[子供]○([昼顔]→[咲き])○([瓜]→[剥か])○

⑱ いざ、子供ヨ。昼顔ガ咲き。瓜ヲ 剥か

↑ トップへ

3 下五、句末の切字

 切字が、下五にある場合、すべて句末に出る。

一文で
順に叙述1

AB→C

①<([雲雀より]→[空に])→[やすらふ]>→    [峠かな]○

②<([蛤の]→[ふたみに])→([別れ]-[行く])>→[秋]○
 <([蛤の]→([ふたみに]→[別れ])>→([行く]-[秋])○

③<[春風に]→([吹き出し]→[笑う])>→    [花もがな]○

④<[大津絵の]→([筆の]→[はじめは])>→     [仏]○

 ┌ ([夏の-月])→[出でて] ┐
⑤│                │→        [赤坂]○
 └ [御油より]  →[出でて] ┘

上がひとまとまりになって、切字のある部分に掛かる。


① 雲雀より空に やすらふ 峠かな
② 蛤のふたみに 別れ行く 秋。(蛤の ふたみに別れ、行く秋
③ 春風に、吹き出し笑う 花もがな
④ 大津絵の 筆のはじめは、仏カ。
⑤ 夏の月、御油より 出でて、ハヤ赤坂
一文で
順に叙述2

A→C
B→C
 ┌ ([道のべの]→[木槿は])→        [食はれけり]○
⑥│
 └           [馬に]→        [食はれけり]○

 ┌([海]→[暮れて])→      ([ほのかに]→[白])○
⑦│
 └     [鴨の-声]→      ([ほのかに]→[白])○

 ※係り結びでは、「(し)き・(し)けれ」の形。計数に入れていない。

 ┌     [この-梅に]→           [鳴きつべし]○
⑧│
 └([牛も]→[初音と])→           [鳴きつべし]○

 ┌             [白菊の]→ ([塵]→[なし])○
⑨│
 └<([目に]-[立て])→[見る]>→ ([塵]→[なし])○

 ┌<([二人]→[見し])→[雪は]>→     [降りける]○
⑩│
 └             [今年も]→     [降りける]○

 ┌<([猿を]→[聞く])-人>→ ([秋の-風]→[いかに])○
⑪│
 └           [捨子に]→([秋の-風]→[いかに])○

 ┌ [時鳥]→          [染めにけり]・[染めけらし]○
⑫│
 └ [鰹を]→          [染めにけり]・[染めけらし]○

⑥ 道のべの木槿は、馬に、食はれけり
⑦ 海暮れて、鴨の声ガ、ほのかに白
⑧ この梅に、牛も 初音と、鳴きつべし
⑨ 白菊の、目に立て見る、塵 なし
⑩ 二人デ見し雪は、今年も 降りける
⑪ 猿を聞く人ヨ、捨て子に 秋の風ハ いかに
⑫ 時鳥ガ 鰹を 染めにけり。イヤ、染めけらし

上に二つのまとまりがあって、それぞれ切字のある部分に掛かる。

※ 形容詞「…し」は、係り結びで、「(し)き・(し)けれ」となる。以下6句が該当する。
  卯の花も母なき宿ぞ冷じき/霧しぐれ富士を見ぬ日ぞおもしろ/口切に堺の庭ぞなつかしき/寒けれど二人寝る夜ぞ頼もしき/夢よりも現の鷹ぞ頼もしき/元日は田毎の日こそ恋しけれ

二文が
独立1


B1→C
B2→C
        ┌ [猿も]→           [欲しげなり]○
⑬[初-時雨]○│
        └[小蓑を]→           [欲しげなり]○

        ┌[いまだ]→           [取り尽さ]○
⑭[夏衣]○  │
        └[虱を]→            [取り尽さ]○

上五で提示し、次の二つのまとまりが、それぞれ切字のある部分に掛かる。


⑬ 初時雨。猿も、小蓑を 欲しげなり。
⑭ 夏衣。未だ、虱を 取り尽さず。
二文が
独立2

A/
BC
⑮ [木枯し]○ /([竹に]→[隠れて])→[しづまり]○
⑯ [草枕]○   /[まことの-花見]→   [しても来]○
 上五で提示し、中七のまとまりが、それぞれ切字のある部分に掛かる。
⑮ 木枯し。竹に隠れて しづまり
⑯ 草枕。まことの花見 しても来
 ※ 青字は、下五以外にある切字。
その他⑰[いざ]○[子供]○([昼顔]→[咲き])○([瓜]→[剥か])○
 上五に二つの独立語を用い、中七と下五に切字を用いた例。
⑰ いざ、子供ヨ。昼顔ガ咲き。瓜ヲ 剥か

↑ トップへ


「切字」のない芭蕉句

「切字」の追加

 いわゆる古来の「切字」を用いない芭蕉句は、151句であった。
 しかし、「切字」と同じ働きをするものが潜んでいる可能性はある。
 例えば、このページ「切字を入れること」で挙げたものである。整理すると、
  ・ 活用語(動詞・形容詞・形容動詞・助動詞)の終止形、命令形、連体中止・連用中止。
  ・ 言い切りで用いられる助詞。
  ・ 副詞、代名詞などの特別な用法。
 などである。

 以下、治定した芭蕉の151句について、検討していく。

 その中で、これまでに見た「切字」と同じ働きをするものがあれば、切字に加えてよいのではないか。

 なお、「入れずして切れる句」(去来抄)があれば、蕉風門(蕉門ではない)の伝書「翁相伝俳諧有也無也之関」(以下「有無関」)の「切字十八体」、及び「埋木」を参照しつつ検討していく。
 この書は、「切字」を「体」としてとらえているが、「字」としてもとらえている。
 その「十八体」は、
  挨拶切・中の切・自他切・無名切・玄妙の切・二字切・
  三字切・二段切・三段切・に廻し・を廻し・大回し・
  下知切・心切・句読の切・押し字・抱字・重字の切

 である。また、「埋木」だけに、「言添へ」がある。
 以下、これらは下線を付して示す。

切字に加えて差し支えない助詞

1 接続助詞は、前後の文(文節)の意味上の関係を示し、一つにまとめる働きがある。
  「ば・とも・ど・ども・が・に・を・て」など。
2 終助詞は、文の終わりにあって、希望・禁止・詠嘆・感動・強意などの意を添え、文を完結る働きがある。
  「か(かな)・てしか(てしかな)・にしか(にしかな)・もが(もがな)・かし・な・そ・なむ・ばや」など。

逆接の確定条件を表す「接続助詞 を・に」
を廻し

ものを
0・2・0


0・3・0

をの省略
0・1・1
[接続助詞 ものを]の[終助詞]的用法。含みある詠嘆、逆接の確定条件を表す。
 ① 青くてもあるべきものを○唐辛子 ② 声よくば謡はうものを○桜散る
[接続助詞 を]の[終助詞]的用法。含みある詠嘆、逆接の確定条件を表す。名詞にも付く。
 ③ 桜より松は二木○三月越し   ④ 薬欄にいづれの花○草枕/
 ⑤ わが宿は四角な影○窓の月
「ものを」の「を」を省略。
 ⑥ 昼顔に昼寝せうもの○床の山  ⑦ 関守の宿を水鶏に問はうもの
 下線部①が「有無関」の証句。「右を廻」、この切は、心に赤き事をおもふ余情を、をの字に含みて、下の唐からしと転るところ少しけれども、上へ返して切れ侍るなり。をに、底意なければ切れず。殊に、裾枯ると嫌ふ病句なり」とある。
 文法上、「ものを」と「を」に分けられる。「ものを」の「を」を省略したものもある。
に廻し

接助 に
0・3・0
[接続助詞に] 逆接の確定条件を表す。~のに。~けれども。~だが。
 ⑦ 木曽の痩せもまだなほらぬ○後の月
 ⑧ この道を行く人なし○秋の暮
 ⑨ 苣はまだ青葉ながら○茄子汁

 「を」と同等の働きがある。

 「を」「に」ともに逆接の確定条件を表し、一句を切る機能は同じである。
 「に廻し」を「Ⅱ」としたのは、「有無関」に証句がないため。「廻し」の働きは、むしろこちらのほうが強い。証句のある「Ⅰ」は次項。

動作の仕方・状態の様・理由を示す「格助詞 に」
に廻し

格助 に
5・1・0
[格助詞に] 動作・作用の行われ方、その状態のあり方を表す。また、原因・理由・きっかけとなるものを示す。~のために。~によって。
 ① 曙はまだ紫ほととぎす○    ② 幾霜心ばせをの松飾り○
 ③ 桐の木鶉鳴くなる塀の内○   ④ 初花命七十五年ほど○
 ⑤ 餅を夢折り結ぶ歯朶の草枕○  ⑥ 世を旅代掻く小田の行きもどり○
 「有無関」は、③桐の木にを証句とする。「柚の花にむかしを忍ぶ料理の間」(最終:柚の花や昔しのばん料理の間)も挙げる。
 「右、に廻し、ものの余情の強くあまりて、一句とまらず、冠へ戻るを、にと押さへ、しかもその「に」の仮名にて、事をひろくもてなすなり」とある。
「切れの体」を構成する「接続助詞 ば」
言添へ


5・0・0
[接続助詞 ば] 已然形に付いて、原因・理由となる条件を示す。
 ① 風吹け○尾細うなる犬桜○    ② 酒のめ○いとど寝られぬ夜の雪○
 ③ 手を打て○木魂に明くる夏の月○ ④ 見渡せ○詠むれ○見れ○須磨の秋○
 ⑤ 忘れず○小夜の中山にて涼め○
 条件を言い添える。
 「埋木」の証句は、「ひたと追はゞ いね(稲・去ね)の中なる 鹿の声」。
 「有無関」は、「句読の切」とし、⑤を証句とする。「句読の切は、未来の物を現在に取越し、無き物に指南して、吟声の等しき仮名にて転ずるところを、句読の切といふなり」と、「音通」による切れとする。しかし、発句の切れに音韻という視点はない。「条件を提示し、息を切る」なら「句読」で分かる。  →「補足、句読の切について」参照。
 なお、⑤は、「下知切」でもある。
「切れの体」を構成する「接続助詞 て(で)」
心切

て(で)
8・9・0
[接続助詞て] 連用形に付いて、推移・連続、原因・理由、手段・方法、時間の経過、並立・添加、逆接、提示を表す。
 ① 秋風に折れ悲しき桑の杖○   ② 菊に出で奈良と難波は宵月夜○
 ③ 四方より花吹き入れ鳰の波○  ④ 剃り捨て黒髪山に衣更○
 ⑤ 旅に病夢は枯野をかけ廻る○  ⑥ 躑躅生けその陰に干鱈割く女○
 ⑦ 年は人にとらせいつも若夷○  ⑧ 人に家を買はせ我は年忘れ○
 ⑨ 一日一日麦あからみ啼く雲雀○ ⑩ 屏風には山を画書い冬籠り○
 ⑪ またうどな犬ふみつけ猫の恋○ ⑫ 眉掃を俤にし紅粉の花○
 ⑬ 名月の花かと見え綿畠○    ⑭ 馬上落ちんとし残夢残月茶の煙○
 ⑮ 馬上眠からんとし残夢残月茶の煙○
 ⑯ 花みな枯れあはれをこぼす草の種○
 ⑰ やすやすと出でいざよふ月の雲○

「有無関」の証句は、①。「心の切は、物々に移るといへども、秋風の涼しきに、仙居の桑の木の杖、我なくしてもろき容(かたち)、心・言葉分れてしかも睦じき心の切なり。この類、多し」とある
 ⑧を「有無関」は、「自他切」とする。「て」の「左が他、右が自」と言う。⑦も「自他切」であるが、内容で区分すると、②は「天地切」、⑪は「犬猫切」となり、混乱は免れないので「自他切」は採らない。

 なお、この「て」は、第三の止め字として用いられる。例えば、「春の日、なら坂やの巻」、第三は、
  春の旅節供なるらむ袴着て 荷兮
 である。これは、
  袴着て節供なるらむ春の旅
 の倒置である。

「切れの体」を構成する「接続助詞 で」
心切


0・1・1
[接続助詞で][連語「打消の助動詞ず+接続助詞て」の変化]とも。未然形に付いて、上の事柄を打ち消し、続ける。
 ① 老の名のありとも知ら四十雀○ ② 牡蠣よりは海苔をば老の売りもせ
 「ずて」が変化し「で」となったもので、上を打ち消す以外、「て」と働きは同じである。
「切れの体」を構成する「連語 にて」
心切

にて
1・0・1
[連語にて 断定の助動詞なり連用形+接続助詞て] ~であって。~という状態で。
 ① 叡慮にて賑わふ民の庭竈○    ② 辛崎の松は花より朧にて
 なお、この「にて」は、第三の止め字として用いられる。
 発句②を第三にすると、
  辛崎のまつは春の夜朧にて
 であると、「二十五箇条」に出る。(「有無関」は取り違える。)
「切れの体」を構成する「連語 ては(では)」
心切

ては(では)
0・1・0
[連語ては 「接続助詞て+係助詞は」] 二つが対になって繰り返される意を表す。
 ① 折々に伊吹を見ては冬籠り○
 これも「て」の働きである。
禁止を表す「終助詞 な・(な~)そ」
下知切


2・2・0
[終助詞 な] 禁止・制止の意。
 ① うたがふ○潮の花も浦の春○  ② 二日にもぬかりはせじ○花の春
 ③ 桃の木のその葉散らす○秋の風 ④ 我に似る○ふたつに割れし真桑瓜
 終助詞で文末を示す。①は、二文の構成。②は自身への言い聞かせ。③④の下五は、下知の対象。
下知切

な~そ
0・3・0
[終助詞 そ] 禁止「副詞な」と呼応して、禁止・制止の意を表す。
 ① 数ならぬ身と思ひ○玉祭○  ② 盃に泥落し○群燕
 ③ 花に遊ぶ虻喰ひ○友雀
「な~そ」で、禁止・制止を表し、「そ」で文末を示す。①の霊祭りは題目の提示。②③の下五は下知の対象。

切字に加えて差し支えない助動詞

完了・存続の「助動詞 たり・り」
たり
1・4・2
[助動詞 たり] 完了の意。
 ① 暑き日を海に入れたり○最上川  ② 百里来たり○ほどは雲井の下涼み○
 ③ 行く春に和歌の浦にて追ひ付きたり
[助動詞 たり] 存続、「ている」の意。
 ④ 一家に遊女も寝たり○萩と月   ⑤ 誰やらがかたちに似たり○今朝の春
 ⑥ 富士の雪慮生が夢を築かせたり○ ⑦ 義朝の心に似たり○秋の風
 

2・0・4
[助動詞 り] 完了の意。
 ① 氷苦く偃鼠が喉をうるほせ○  ② 花にやどり瓢箪斎と自らいへ
[助動詞り] 存続、ているの意。
 ③ 誰五月雨に鶴の足短くなれ○  ④ 花に酔へ○羽織着て刀さす女○
 ⑤ 時鳥○正月は梅の花咲け○   ⑥ 我富め○新年古き米五升○
 
敬意を表す「助動詞 ます」
ます
0・1・0
[助動詞 ます]丁寧語として、敬意を表す。
 ① 薦を着て誰人います○花の春
 「ます」は「いる」の敬語「いますかり」の短縮形で、敬意を表す。動詞の終止形と見なすこともできる。いずれにせよ、終止形は文末を示す。

↑ トップへ

切字に加えて差し支えない連語

修飾語としての「さぞな」

 「さぞな」は、季吟が「切字」としているが、埋木の証句と芭蕉句は、用法が違うので、外した。
  庭にさへ、さぞな○落葉は、ひがし山○ (俳諧埋木の証句)
 しかし、次のように、芭蕉句も切字として機能している。

さぞな
1・0・0
[連語 「副詞さ」+「係助詞ぞ」+「終助詞な」]さだめし、きっと、さぞかしの意。
 ① さぞな星○ひじき物には鹿の革○
 七夕の句。「さぞな」が体言を修飾する。形容動詞のように用い、「今ごろ定めし~していると思わせるあの二つの星」の意で用いたか。「提示」の形を作っている。
 ひじき物……思ひあらば葎の宿に寝もしなむひじきものには袖をしつつも (伊勢物語) 海藻「鹿尾菜」と夜具「引敷物」を掛ける。

「切れの体」

独立しうる部分のある構造

 「埋木」の「言添へ」に当たる体である。「言添へ Ⅰ」は、「春になれば、花が咲く。」のように、条件の後に読点を打てるが、句点は打てない。「独立しうる部分」は、次のように、句点も読点も打てる。
  おお、月が出た。 おお。月が出た。

言添へ

自発語
2・0・0
[感動したとき自ずから発する語]
 ① あなたふと○木の下闇も日の光○  ② あらたふと○青葉若葉の日の光○

 「感動」は、内容を表す語なので、「自発」とした。

言添へ

挨拶切

呼掛語
1・0・0
[呼び掛けの挨拶]
 ① いざさらば○雪見にころぶ所まで○

「有無関」は、挨拶切とし、証句は、①。「挨拶切れは、他に対するの一つにして、『挨』を天となし、『拶』を地として、『いざさらば』は天なり。『雪見にころぶ』これ地なり。すべて、この類、上下の言葉、主客の隔つを以て、一句、切れとする、これ挨拶なり」とある。「挨拶」は、内容を表す語なので、「呼掛」とした。

 「埋木」の証句は、「さかさいのかはらなでしこなむ地蔵」で、「言ひ添へて、きれ字に用ひたることあり」とある。句には、駄洒落があって、
 釈迦。賽の河原、撫子。南無地蔵 ※「さか」は釈迦の直音表記
 逆井の河原撫子。南無地蔵    ※逆井は「さかさゐ」

の二通りで、「南無地蔵」が、仏に呼び掛けた内容で、言い添えである。

言添へ

提示1
13・0・0
[体言の提示] 
 ① 秋十年○却って江戸を指す故郷○  ② 瓜の花○雫いかなる忘れ草○
 ③ 艶ナル奴○今様花に弄斎ス○    ④ 杜若○われに発句の思ひあり○
 ⑤ 雲の峰○いくつ崩れて月の山○   ⑥ 月十四日○今宵三十九の童部○
 ⑦ 庭訓の往来○誰が文庫より今朝の春○⑧ 花盛り○山は日ごろの朝ぼらけ○
 ⑨ ほととぎす○裏見の滝の裏表○   ⑩ ほととぎす○大竹藪を漏る月夜○
 ⑪ ほととぎす○宿借るころの藤の花○ ⑫ 山桜○瓦葺くものまづ二つ○
 ⑬ 雪の朝○独り干鮭を噛み得タリ○

 

言添へ

提示2
4・0・0
[体言以外の提示]
 ① 秋もはや○はらつく雨に月の形○  ② 粽結ふ○片手にはさむ額髪○
 ③ 夕顔の白ク○夜ルの後架に紙燭とりて○
 ④ 夜ル竊ニ○虫は月下の栗を穿ツ○

②「粽は両手で結う」から、終止形である。「結う片手」ではない。

言添へ

句末提示
0・0・9
 ① 影は天の下照る姫か○月の顔    ② 古法眼出どころあはれ年の暮
 ③ 蒟蒻の刺身もすこし○梅の花    ④ 雀子と声鳴きかはす○鼠の巣
 ⑤ 盗人に逢うた夜もあり○年の暮   ⑥ 東西あはれさひとつ○秋の風
 ⑦ 船足も休む時あり○浜の桃     ⑧ 先づ頼む椎の木も有り○夏木立
 ⑨ 湯をむすぶ誓ひも同じ○石清水
③「巣」は鳴き交わかわさないから終止形である。鳴き交わすのは、雀の子と鼠。

体言を並べる構造

二段切
1
[蚤・虱/馬]
 ① 蚤・虱○馬の尿する枕もと○
 蚤と虱は並立で、馬と二段。
三段切
2
「梅/若菜/汁」
 ② 梅○若菜○丸子の宿のとろろ汁○ ③ 雪の河豚○左勝○水無月の鯉○
 部分の三段切れがある。別分類の句、「馬上落ちんとして残夢残月茶の煙/馬上眠からんとして残夢残月茶の煙」は、中七・下五が[夢/月/煙]と三段。 
重字の切
1
[七/七][重/重]
 ④ 奈良七重堂伽藍○八ざくら○
 「有無関」に、「重切は、島根にて嶋、芳野にて吉野と言葉を重ね、古代は重説の切ともいヘり」とある。
 但し、構造的には三段切である。

動詞の命令形を用いる構造

下知切

天へ 7
地へ 10
人へ 13
[下知、天へ]
 ① かげろふに俤つくれ○石の上    ② 香に匂へ○うに掘る岡の梅の花
 ③ 五月雨の空吹き落せ○大井川    ④ 南無ほとけ○草の台も涼しかれ
 ⑤ 蛤の生けるかひあれ○年の暮    ⑥ 比良三上雪さしわたせ○鷺の橋
 ⑦ 侘びて澄め○月侘斎が奈良茶歌

[下知、地へ]
 ⑧ 憂き人の旅にも習へ○木曽の蝿   ⑨ 狼も一夜はやどせ○萩がもと
 ⑩ 小萩散れ○ますほの小貝小盃○   ⑪ 西行の草鞋もかかれ○松の露
 ⑫ 塚も動け○わが泣く声は秋の風○  ⑬ 戸の口に宿札名乗れ○ほととぎす
 ⑭ 夏草に富貴を飾れ○蛇の衣     ⑮ 合歓の木の葉越しも厭へ○星の影
 ⑯ 弁慶が笈をも飾れ○紙幟      ⑰ 世に匂へ○梅花一枝のみそさざい

[下知、人へ]
 ⑱ 打ち寄りて花入探れ○梅椿     ⑲ 笈も太刀も五月に飾れ○紙幟
 ⑳ 今日ばかり人も年寄れ○初時雨   ㉑ こちら向け○我もさびしき秋の暮○
 ㉒ 今宵の月磨ぎ出せ○人見出雲守   ㉓ 残暑しばし○手毎に料れ○瓜茄子
 ㉔ 納豆切る音○しばし待て○鉢叩き  ㉕ 初雪に兎の皮の髭作れ
 ㉖ まづ祝へ○梅を心の冬籠り     ㉗ またも訪へ○薮の中なる梅の花
 ㉘ 水向けて跡訪ひたまへ○道明寺   ㉙ 皆拝め○二見の七五三を○年の暮
 ㉚ 聞け○秩父殿さへすまふとり

[動詞 命令形] 命令の意を表して言いきる形。「天地人」の区別は単なる便宜。
 「有無関」、下知切の証句は㉚。
構造的に、④㉑㉓㉔㉙㉚は、次項「二文独立」でもある。

「切れの体」となる二文対比の構造

 一文目を中七の中で言い切り、第二文と対比させる。

中の切

0・4・0

 ① 国々の八景○さらに気比の月○   ② 皿鉢もほのかに○闇の宵涼み○
 ③ 猫の恋やむとき○閨の朧月○    ④ 二日酔ひものかは○花のあるあひだ○

 「有無関」の証句は③。「猫の恋やむは、空、明なり。閨の朧月は、立春後にして、物と物との七文字の中にて、心・言葉ともに替るを、中の切と言ふなり」とある。

止めの体言を修飾する構造

無名切

5
 ① 家はみな杖に白髪の墓参り○    [家はみな杖に白髪の]→  [墓参り]
 ② 咲き乱す桃の中より初桜○     [咲き乱す桃の中より]→  [初桜]
 ③ 当帰よりあはれは塚の菫草○    [当帰よりあはれは]→   [塚の菫草]
 ④ 米くるる友を今宵の月の客○    [米くるる友を]→   [今宵の月の客]
 ⑤ 千鳥立ち更け行く初夜の日枝颪○  [千鳥立ち更け行く初夜の]→[日枝颪]
 「有無関」は②を証句とする。「無名は、一句の立つところなく、何を切字とも用ゐられずして、吟声、切れあるを無名といふ。その心は、『咲乱す』も、『咲き終る』なるべし。『終る』と五文字に置きて、座の句『初桜』と綴るは、理屈に落ちて、俳意薄かるべし。さるを、『乱す』と心を隠して、無名となれり」と言う。
 「、」までの部分が一まとまりとなって、文末の体言に掛かる構造である。
無名切

4

 ① あかあかと日はつれなく秋の風○ [赤々と日はつれなくも]→ [秋の風]
 ② 瓜作る君があれな夕涼み○    [瓜作る君があれなと]→  [夕涼み]
 ③ 黒森をなにといふとも今朝の雪○  [黒森をなにといふとも]→ [今朝の雪]
 ④ 名月はふたつ過ぎても瀬田の月○  [名月はふたつ過ぎても]→ [瀬田の月]
 構造は無名切Ⅰと同じだが、「、」の前の「接続助詞」の働きを検討すべきであろう。
無名切

関玄妙Ⅰ
5
 ① 朝な朝な手習ひすすむきりぎりす○ [朝な朝な手習ひすすむ]→ [きりぎりす]
 ② 蝶の羽のいくたび越ゆる塀の屋根○ [蝶の羽のいくたび越ゆる]→[塀の屋根]
 ③ 春もやや気色ととのふ月と梅○   [春もやや気色ととのふ]→ [月と梅]
 ④ 冬の田の馬上にすくむ影法師○   [冬の田の馬上にすくむ]→ [影法師]
 ⑤ 闇の夜きつね下這ふ玉真桑○    [闇の夜きつね下這ふ]→  [玉真桑]

 「有無関」は、③を「玄妙切」の証句とする。「玄は玄なり。妙にして、心、言葉も及ぼす。詩に曰く『観見庭前梅与松』など、返して読める心なり。平話にして返す事もいらず、言中に返す心を含むる。これ玄妙なり」と言う。
 「埋木」とは、全く違う定義である。

 上五・中七がまとまって下五の体言を意味付け、句をまとめるという構造は、無名切と同じである。無名切ⅠⅡとは、修飾語に動詞の連体形を用いる点で異なる。

無名切

関玄妙Ⅱ
4
 ① 景清も花見の座には七兵衛○
    [景清も]→[七兵衛],  [花見の座には]→[七兵衛]
 ② 乾鮭も空也の痩も寒の中○
    [乾鮭も]→[寒の中],  [空也の痩も]→ [寒の中]
 ③ 死よ死なぬ浮身の果ては秋の暮○
    [死よ死なぬ]→[秋の暮],[浮身の果ては]→[秋の暮]
 ④ 降らずとも竹植うる日は蓑と笠○
    [降らずとも]→[蓑と笠],[竹植うる日は]→[蓑と笠]

 「有無関」は、④を「玄妙切」の証句とする。
 これも「埋木」の証句とは、全く違う。

 上五、中七が、それぞれ下五の体言を意味付け、句をまとめる。

大回しという構造

大回し

1
 ① 行く春を近江の人と惜しみける
 「有無関」は①を証句とする。「大回しは、冠の座に『ヲコソトノホモヨロヲ』、右の仮名を七文字にておさへ。(。ママ)『てには』有るなり。この大回しは、天地未分の切にして、初心の人知ることなし。口伝。註にあかさず」と言う。
 「大廻し」は、もともと「小さな港には寄らず、江戸と大坂を結ぶような航路」のこと。上五が中七を越えて下五に掛かる構造である。東海道新幹線のぞみの名古屋飛ばしのようなもの。
   [行く春を]→[惜しみける],[近江の人]→[惜しみける]
 「無名切Ⅳ」の構造と同じであるが、「無名切Ⅳ」の中七末には押し字がない。
 この句は、去来抄に「ゆく春を近江の人と惜しみけり」とある。猿蓑に載せるとき「ける」になった。「切字」がなくなったことになるが、この「ける」は準体法ではない。連体中止法で、「人とぞ惜しみける」の係助詞を省略したものである。活用語の連体中止形も「切字」としていいだろう。
切字なし句の切字

 右表のように、「切字」のない151句の「切れ」は分類できる。

 切字に、追加できる助詞・助動詞はあるだろうと仮定し、作業を始めたが、「有也無也之関」の「切字十八体」に、ほとんどが収まる。
 証句がないので、助動詞「たり・り・ます」に該当はなかったが、これも「心切」に入れて差し支えない。

 

 「構成の切れ」、即ち「切れの体」についても、「埋木」の「言添へ」を加えれば、すべて「十八体」に収まっている。



※ 許六の「宇陀法師」に、「先師、一生、大廻し・玄妙切の句、なし」とある。
 このサイトでは、「大廻し・玄妙切」については、「有無関」の解説に沿って判別している。しかし、芭蕉や許六は、「埋木」の解釈に沿って言っているのであろう。こうした食い違いや、切字の判別については、「切字についての補足」で整理を試みた。
 

※ 平句で用いる「見かけの切字」は、「切字に関するメモ」にまとめてある。

↑ トップへ


切字についての補足

「大廻し」について

 「宇陀法師」に、
  あなたうと春の日みがく玉津島
 此句、連歌の大廻しにひかれたれ共、大廻しにあらず。五文字にて切たるよし、先師、相伝の時、申されけり。大事の習なり。
 玄旨法印、光広卿へ物語云、「玄妙切・大廻しの仕様、習ひ置たれ共終にせず。今までせざる程に、一生すまじきなり。むつかしき事、したがりて、用がなきなり。人のしりて、面白やうにしたるがよきなり」と、申給ふなり。
 先師、一生、大廻し・玄妙切の句、なし。

とある。  「玉津島の句」は、連歌の「秘袖抄(伝宗牧・宗養)」、季吟門弟元隣の「小式」に出る。

【大廻し】

「連歌秘袖抄」 宗牧・宗養撰、天文24(1555)年
一 大廻の事
 ① あなたふと春日のみがく玉津嶋
 ② 雲はらふ風の道行秋の月

 此切字、心にて切る発句にて候。
 あなたふとあれば、下に玉津嶋とあり。其都合を大廻とは申なり。
 又、雲払と云に、下に月とあり。同前なり。発句なり。

一 大廻に成らざる句の事
 ③ 夕立は都の宿の滝の本
 是は、夕立と云て、下に本とある事、首尾せず。(下五に)夕立の類ほしく候。

「俳諧埋木」 北村季吟撰、明暦2(1656)年
 大廻切、つねはすまじき事なり
 ④ たまりやせぬ たまりやいたさぬ 花の露
 たまりはせぬ花の露と、まはるなり。 

「誹諧小式」 山岡元隣撰、寛文2(1662)年
 ⑤ あなたふと春日のみがく玉つ嶋
 ⑥ 花さかぬ身はなく斗犬ざくら   元隣

 右三色(※三段切・撥字止・大回し)の発句、甚深の口伝ある事にて、其道の堪能ならずしては、たとひ仕立やう知といへども、つかうまつらざる事道の法なり。やつがれ、一句仕しも、僣踰せんゆの罪のがるゝに、所なけれどとても、せし事なれば、書付侍し。
「有也無也之関」 東岡舎羅文写、寛政10(1798)年
 ⑦ 行春を近江の人とをしみける
 右、大廻しは、冠の座に「ヲコソトノホモヨロヲ」、右の仮名を七文字にておさへ、「てには」有るなり。この大廻しは、天地未分の切にして、初心の人知ることなし。口伝。註にあかさず。
「俳諧詞寄」 梧窓庵主人、明治29(1896)年
  ○大廻しの例
 ⑧ 手に乗せて 富士の雪見る 遠眼鏡

①⑤ これは、感動を表す独立部で、切れている。「宇陀法師」にある芭蕉の言葉どおり。
   [あなたふと]○[春日のみがく]→[玉津嶋]。
 意味上は、「玉津嶋が、あなたふと」であるから、下五が上五に掛かる逆大廻しである。しかし、表現は「あなたふと玉津島。」で、「あなたふと玉津島。」と、読点を句点に換えられる。これは、「言添え」の切れである。
 ※ 「言添え」という構造の芭蕉句。
   あなたふと○木の下闇も日の光 / あらたふと○青葉若葉の日の光
   いざさらば○雪見にころぶ所まで

 ※ 「下知切」の一部も構造的に類似する。
   香に匂へ○うに掘る岡の梅の花 / まづ祝へ○梅を心の冬籠り


② 大廻しではない。
 「雲払ふ秋の月」と、「払ふ」が「月」に掛かっては、「雲が秋の月を払う」か「秋の月が雲を払う」の意となってしまう。「雲払ふ」は「風」に直接掛かる。
   <([雲-はらふ]→風の)→道>→行く○ [秋の-月]
 動詞の終止形で切れている。
③ 大廻しでない。「滝の本」をどう変えようと、「夕立は」は、中七・下五全体に掛かり、大廻しになれない。
   夕立は→([都の-宿の]→[滝の-本])
④ 複合修飾の構造。上五末、中七末に「ぬ」があるが、「ふのぬ」は連体形なので切れない。
  ┌[たまりやせぬ]→          [花の露]┐
  └        [たまりやいたさぬ]→[花の露]┘

 上五が下五に掛かる大廻しである。
⑥ 複合構造である。
  ([花-咲かぬ]→身は)→泣くばかり○ ←犬桜 、 花咲かぬ→犬桜
 ※ 類似構造の芭蕉句。
   石山の石より白し○    ←秋の風 、 石山の  →秋の風
   死にもせぬ旅寝の果てよ○ ←秋の暮 、 死にもせぬ→秋の暮
   海苔汁の手際見せけり○  ←浅黄椀 、 海苔汁の →浅黄椀

⑦ 「ヲコソトノ」以下の説明では、皆目分からない。
  ┌[行春を]→        [惜しみける]○┐
  └      [近江の人と]→[惜しみける]○┘

 この句の切れは、どの分類にも当てはまらないので、大廻しに分類。「切れ」としては、係り助詞を省略した係り結びで、「けりの連体止め」としたほうが、分かりやすい。
 「幻住本」の「有無関」は、次を大廻しの例句に追加している。
  ┌[辛崎の-松は]→      [朧にて]○┐
  └         [花より]→[朧にて]○┘

 見かけの構造は同じである。しかし、中七が割れ、「連語 にて」が、切れの体を作るので、大廻しではなく、「心切Ⅰ」である。
⑧ 「俳諧詞寄」は、「遠眼鏡(ヲ)手にのせて、富士の雪(ヲ)見る。」という文の倒置で、「見る」という動詞終止形で切れている。
  <[手に-のせて]→([富士の-雪]-見る)>○ ←[遠眼鏡]
 これでは、中七切れで倒置の句は、すべて大廻しになってしまう。
 ※ 類似構造の芭蕉句。
   石山の石より白し○    ←秋の風
   死にもせぬ旅寝の果てよ○ ←秋の暮
   海苔汁の手際見せけり○  ←浅黄椀
   振売の雁あはれなり○   ←恵美須講
   観音のいらか見やりつ○  ←花の雲
「玄妙切」について

 「玄妙切」については、伝宗牧・宗養の「秘袖抄」、季吟の「埋木」、元隣の「小式」、蕉風門(蕉門ではない)の伝書「有無関」、明治の蕉風俳書「俳諧詞寄」に出る。

【玄妙切】

「連歌秘袖抄」 宗牧・宗養撰、天文24(1555)年
一 玄妙の発句の事
  松しろし嵐や雪にかすむらん
  水さむし山や雪より流るらん
  月ほそし桂や茂りかくすらん
  名ぞ高き月や桂を折つらん

 右、「しそやの分別」と云。はね申内に、三つあり。
 現在のし・やの字・らん留、以上三つ有。
 又、ぞの字入候ても、やと切はねても同、玄妙発句なり。
 是によりて、「し・そ・やのてには」と申なり。
一 三世
    過去      現在   未来
  きのふより山の端遠し霞むらん

 同、玄妙なり。

一 梅が香に消あへぬ雪や匂ふらん
 是、玄妙の発句のよし候へども、切字難切。「消あえぬ」のぬの字、更に玄妙の内に用ひず候。失念の発句かと存候なり。

「俳諧埋木」 北村季吟撰、明暦2(1656)年
 玄妙切、「し」「ぞ」「や」の分別と言ふことあり。
  ① うたもな 花めいぼく なかるら
 猶この句のならひ。三世の心をこむる深き口伝はべり。初心のかゝるわざして、人のみる目、いとかたはらいたく、くやしく侍れば、かならず心あるべきにや。

「誹諧小式」 山岡元隣撰、寛文2(1662)年
 第十一 はね字とめ発句
  ② 名高き 月桂を 折つら
  ① 歌もな 花めいぼく なかるら 季吟
「有無関」 東岡舎羅文写、寛政10(1798)年
  ③ 春もやゝ 気色調ふ 月と梅
  ④ 降らずとも 竹植うる日は 蓑と笠

 右、玄は玄なり。妙にして、心、言葉も及ぼす。詩に曰く「観見庭前梅与松」など、返して読める心なり。平話にして返す事もいらず、言中に返す心を含むる。これ玄妙なり。
「俳諧詞寄」 梧窓庵主人、明治29(1896)年
  ○玄妙切
  窓白 雪障子を 張つら
・ 芭蕉句に、季吟や元隣が示す玄妙切れはない。
    芭蕉句で、「し・ぞ・や」を一句の内で使ったもの。
   梅白昨日鶴を盗まれし
   ほととぎす鳴く鳴く飛ぶ忙は

  撥ね字止め句で、「し・ぞ・や」を使ったもの。
   龍門の花上戸の土産にせ
   白芥子時雨の花の咲きつら
   城跡古井の清水まづ訪は
   三ケ月朝顔の夕べ蕾むら

・ 「有無関」に示す玄妙切は異質である。
   ┌[春も]→([気色]→[調ふ])┐
  ③│                │ ←[月と-梅]デ
   └[やゝ]→([気色]→[調ふ])┘
   ┌[降らずとも]           →[蓑と-笠]デ
  ④│
   └([竹ヲ]→[植うる])→[日は] →[蓑と-笠]デ

雨は降らなくても五月十三日は梅雨(つゆ)のころらしく蓑と笠をつけていよう。

 「秘袖抄」に委しく、「埋木」「小式」「詞寄」は明解だが、芭蕉句に該当はない。
 「有無関」は、芭蕉句を証句とするが、異質なものである。
 ③は、「まだ寒いが、梅が咲き、月も朧になったので、春の景物も少しは調った」の意ととらえると、下五から「返して読める心」が分かる。「二日酔ひものかは○花のあるあひだ」のような構造上の倒置がない、意味上の倒置である。
 ④は、構成上も意味上も倒置がない。こちらの「返して読める心」は、下五「蓑と笠」について、「はて、さて」と中七上五に戻る心であろうか。「『竹植うる日』は、古来陰暦5月13日としている。『降らずとも』とある。なるほど、梅雨に『蓑と笠』はふさわしい。なるほど」と了解する心であろうか。
 取りあえず、③のような句を「関玄妙切Ⅰ」、④のような句を「関玄妙切Ⅱ」として、分類を試みた。

「句読の切」について
句読の切▽ 忘れずば小夜の中山にて涼め
 提示された条件の後で息を切る。
 「有無関」に言う、「右、句読の切は、未来の物を現在に取越し、無き物に指南して、吟声の等しき仮名にて転ずるところを、句読の切といふなり」。
 「吟声の等しき仮名」とは、「竹園抄」に言う「五韻連声」である。上句末の「ば」と中七頭の「さ」の音が「あ」で共通する。読み上げるとき、母音が紛れるので間を置くので、「句読」と称する。
 しかし、芭蕉の言う切れは「心」であり、「音韻」上の切れは排除できるのではないか。
 「提示された条件の後で息を切る」が、説明されていれば、「言添へ Ⅰ~Ⅵ」は、「句読の切 Ⅰ~Ⅵ」と称することができる。
 この証句は、「言添へ Ⅰ」に納める。
所謂「切字」の「や」に包含される「助詞」
ばや
0・5・4
[終助詞]希望
 ① 秋に添うて行かばや○末は小松川○ ② 籠り居て木の実草の実拾はばや○
 ③ その形見ばや○枯れ木の杖の長○  ④ 露とくとく○試みに浮世すすがばや○
 ⑤ 年の市線香買ひに出でばやな○   ⑥ 庭掃いて出でばや○寺に散る柳○
 ⑦ 蓬莱に聞かばや○伊勢の初便○   ⑧ 三井寺の門敲かばや○今日の月○
 ⑨ 若葉して御目の雫ぬぐはばや○

[終助]動詞・動詞型活用の助動詞の未然形に付く。
1 話し手自身の願望を表す。…たらなあ。…たい。「これをかの北の方 (かた) に見せ奉ら―」〈かげろふ・中〉
2 話し手自身の意志を表す。…う。…よう。「舟が出で候。急ぎ乗ら―と存じ候」〈謡・隅田川〉
3 (多くは「あらばや」の形で、反語的に用いて)強い打消しを表す。…だろうか、いや、まったくそうではない。「百や千の愁ひにてあら―」〈中華若木詩抄・中〉
[補説]未然形に付く接続助詞「ば」に係助詞(間投助詞とも)「や」の付いて一語化したもので、平安時代になって成立した語。あつらえの「なむ」が他に対する願望を表すのに対し、「ばや」は自己の願望を表す。2は中世以降の用法で、「む」に近い。3は「ばこそ2㋐」に代わる室町時代の用法。

所謂「切字」の「し」に包含される「助動詞」
らし
0・1・0
[推量の助動詞] 終止形、ラ変の連体形に付く。 客観的な根拠・理由に基づいて、ある事態を推量する意を表す。…らしい。…に違いない。
 ① 箱根こす人も有るらし○今朝の雪○
けらし
0・1・1
[連語 「過去の助動詞けり」の連体形+「推量の助動詞らし」。「けるらし」の音変化]  確実な根拠に基づいて、過去の動作・状態を推量する意を表す。
 ① 月雪とのさばりけらし○年の暮○ ② 時鳥鰹を染めにけり○けらし
べし
1・0・2
[助動詞] 終止形、ラ変は連体形に付く。当然、適当・妥当、可能、(終止形で)勧誘・命令、義務、推量・予想、決意・意志などを表す。
 ① 笑ふべし○泣くべし○わが朝顔の凋む時○
 ② この梅に牛も初音と鳴きつべし
 ③ 鶴鳴くや○その声に芭蕉破れぬし○
たし
1・3・0
[助動詞] 連用形に付く。希望、期待を表す。
 ① なほ見たし○花に明けゆく神の顔○ ② あの中に蒔絵書きたし○宿の月○
 ③ 月の中に蒔絵書きたし○宿の月○  ④ 能なしの眠たし○我を行行子○

0・5・4
[助動詞] 未然形に付く。打消しの推量・打消しの意志を表す。
 ① 馬方は知ら○時雨の大井川○   ② この種と思ひこなさ○唐辛子○
 ③ そのままよ月もたのま○伊吹山○ ④ 唐辛子思ひこなさ○物の種○
 ・ 二日にもぬかりはせな○花の春○ 
※「な」が切字。

 定家仮名遣い・歴史的仮名遣いでは、濁点が表記されないので、「し」となる。


切字に関するメモ

「埋木」に言う「ふのぬ」

14・10・0
打消しの助動詞「ず」の連体形。切字でない。
 ① 顔に似発句も出でよ初桜   ② 数なら身とな思ひそ玉祭
 ③ 語られ湯殿にぬらす袂かな  ④ 鐘撞か里は何をか春の暮
 ⑤ 寒から露や牡丹の花の蜜   ⑥ 死にもせ旅寝の果てよ秋の暮
 ⑦ 死よ死な浮身の果ては秋の暮 ⑧ 住みつか旅の心や置炬燵
 ⑨ 散り失せ松や二木を三月越し ⑩ 花に明か嘆きや我が歌袋
 ⑪ 花に寝これも類か鼠の巣   ⑫ 人も見春や鏡の裏の梅
 ⑬ 文ならいろはもかきて火中哉 ⑭ 冬知ら宿や籾摺る音霰
 ⑮ 朝顔は酒盛知ら盛り哉    ⑯ 樫の木の花にかまは姿かな
 ⑰ この宿は水鶏も知ら扉かな  ⑱ これや世の煤に染まら古合子
 ⑲ 酒のめばいとど寝られ夜の雪 ⑳ 里古りて柿の木持た家もなし
 ㉑ 永き日も囀り足らひばり哉  ㉒ 初茸やまだ日数経秋の露
 ㉓ 山中や菊は手折ら湯の匂   ㉔ 雪の中は昼顔枯れ日影哉

 「をはんぬ」は、完了の助動詞。動詞の連用形に付く。  「ふのぬ」は、 打ち消しの助動詞「ず」の連体形。活用語の未然形に付く。

「埋木」に言う「過去のし」

2・10・1
「過去の助動詞 き」の連体形。切字でない。
 ① 刈りかけ田面の鶴や里の秋  ② 柴付け馬のもどりや田植樽
 ③ 衰ひや歯に喰ひ当て海苔の砂 ④ 風色やしどろに植ゑ庭の秋
 ⑤ 凩に匂ひやつけ返り花    ⑥ 篠の露袴に掛け茂り哉
 ⑦ 蜻蜒や取りつきかね草の上  ⑧ 夏の夜や崩れて明け冷し物
 ⑨ 初午に狐の剃り頭哉     ⑩ 花あやめ一夜に枯れ求馬哉
 ⑪ 不精さや掻き起され春の雨  ⑫ 我に似るなふたつに割れ真桑瓜
 ⑬ 梅白し昨日や鶴を盗まれ

「埋木」に「ありし・思ひし・なかりしなどは、過去のしとて、切字にならざるなり」とある。

平句で用いる「かな」
かな[終助詞][係助か+終助な] 体言・活用語の連体形に付く。感動・詠嘆。
「芭蕉七部集」の発句
 ① 発句  こがらしの身は竹斎に似たる哉  芭蕉  ※ 冬の日
 ② 発句  つゝみかねて月とり落す霽かな  杜国  ※ 冬の日
 ③ 発句  蛙のみきゝてゆゝしき寝覚かな  野水  ※ 春の日
 ④ 発句  山吹のあぶなき岨のくづれ哉   越人  ※ 春の日
 ⑤ 発句  月に柄をさしたらばよき團哉   宗鑑  ※ 曠野
 ⑥ 発句  木のもとに汁も膾も櫻かな    芭蕉  ※ ひさご
 ⑦ 発句  鐵砲の遠音に曇る卯月哉     野徑  ※ ひさご
 ⑧ 発句  梅がゝにのつと日の出る山路かな 芭蕉  ※ 炭俵
 ⑨ 発句  道くだり拾ひあつめて案山子かな 桃隣  ※ 炭俵
 ⑩ 発句  八九間空で雨降る柳かな     芭蕉  ※ 続猿蓑
 ⑪ 発句  いきみ立鷹引すゆる嵐かな    里圃  ※ 続猿蓑
 ⑫ 発句  猿蓑にもれたる霜の松露哉    沾圃  ※ 続猿蓑
「芭蕉七部集」の平句・挙句
 ① 初オ4 片はげ山に月をみるかな     利牛  ※ 炭俵
 ② 初ウ6 やけどなをして見しつらきかな  其角  ※ 曠野
 ③ 初ウ8 あてこともなき夕月夜かな    野水  ※ 曠野
 ④ 初ウ12 生鯛あがる浦の春哉       洒堂  ※ ひさご
 ⑤ 名オ3 岡崎や矢矧の橋のながきかな   杜国  ※ 冬の日
 ⑥ 挙句  三人ながらおもしろき哉     執筆  ※ 炭俵

 発句に12、平句に5、挙句に1である。但し、折去り。

平句で用いる「や」
[係助詞]疑問・反語を表す。[間投助詞]詠嘆・感動を表す。
「芭蕉七部集」の発句
 ① 発句  霜月や鸛の彳々ならびゐて    荷兮  ※ 冬の日
 ② 発句  春めくや人さまざまの伊勢まいり 荷兮  ※ 春の日
 ③ 発句  なら坂や畑うつ山の八重ざくら  且藁  ※ 春の日
 ④ 発句  遠浅や浪にしめさす蜊とり    亀洞  ※ 曠野
 ⑤ 発句  雁がねもしづかに聞ばからびずや 越人  ※ 曠野
 ⑥ 発句  落着に荷兮の文や天津厂     其角  ※ 曠野
 ⑦ 発句  初雪やことしのびたる桐の木に  野水  ※ 曠野
 ⑧ 発句  いろいろの名もむつかしや春の草 洒堂  ※ ひさご
 ⑨ 発句  畦道や苗代時の角大師      正秀  ※ ひさご
 ⑩ 発句  市中は物のにほひや夏の月    凡兆  ※ 猿蓑
 ⑪ 発句  雀の字や揃ふて渡る鳥の聲    馬莧  ※ 続猿蓑
 ⑫ 発句  夏の夜や崩て明し冷し物     芭蕉  ※ 続猿蓑
「芭蕉七部集」の脇・第三
 ① 脇   たそやとばしるかさの山茶花   野水  ※ 冬の日
 ② 第三  きさらぎや餅洒すべき雪ありて  聴雪  ※ 春の日
 ③ 第三  のどけしや早き泊に荷を解て   昌碧  ※ 曠野
 ④ 第三  山川や鵜の喰ものをさがすらん  落梧  ※ 曠野
 ⑤ 第三  さきくさや正木を引に誘ふらん  胡及  ※ 曠野
 ⑥ 第三  雲雀なく小田に土持比なれや   洒堂  ※ 猿蓑

「芭蕉七部集」の平句(長句22)
 加茂川や胡磨千代祭り微近み/荻の聲どこともしらぬ所ぞや/松坂や矢川へはいるうら通り/
 きぬぎぬやあまりかぼそくあてやかに/初はなの世とや嫁のいかめしく/柳よき陰ぞこゝらに鞠なきや/
 耳や歯やようても花の數ならず/のどけしや筑紫の袂伊勢の帯/永き日や今朝を昨日に忘るらん/
 日のいでやけふは何せん暖に/おかざきや矢矧の橋のながきかな/酔ざめの水の飲たき比なれや/
 あぢなきや戸にはさまるゝ衣の妻/一夜かる宿は馬かふ寺なれや/暑き日や腹かけばかり引結び/
 めづらしやまゆ烹也と立どまり/滿月に不斷櫻を詠めばや/柴の戸や蕎麦ぬすまれて歌をよむ/
 漣や三井の末寺の跡とりに/夏の日や見る間に泥の照付て/きさらぎや曝をかひに夜をこめて/
 段々や小塩大原嵯峨の花
「芭蕉七部集」の平句(短句7)
 解てやをかん枝むすぶ松/たらかされしや彳る月/月のおぼろや飛鳥井の君/
 つれなの醫者の後姿や/雁ゆくかたや白子若松/狐つきとや人の見るらむ/
 露をくきつね風やかなしき/

 発句・脇・第三に18、平句に29である。但し、三句去り。

平句で用いる「けり」
けり[助動詞]連用形に付く。過去継続、過去の伝聞・回想、眼前の事実、気付きの詠嘆など。
「芭蕉七部集」の発句
 ① 発句  美しき鰌うきけり春の水     舟泉  ※ 曠野
 ② 発句  灰汁桶の雫やみけりきりぎりす  凡兆  ※ 猿蓑
 ③ 発句  兼好も莚織けり花ざかり     嵐雪  ※ 炭俵
 ④ 発句  空豆の花さきにけり麥の縁    孤屋  ※ 炭俵
「芭蕉七部集」の脇(短句)
 ① 脇   冬の朝日のあはれなりけり    芭蕉  ※ 冬の日
 ② 脇   三夜さの月見雲なかりけり    越人  ※ 曠野

「芭蕉七部集」の平句(長句)
 ① 初ウ1 笠白き太秦祭過にけり      野水  ※ 春の日
 ② 初ウ1 秋の色宮ものぞかせ給ひけり   路通  ※ ひさご
 ③ 初ウ5 鱈負ふて大津の濱に入にけり   且藁  ※ 春の日
 ④ 初ウ5 いふ事を唯一方へ落しけり    洒堂  ※ ひさご
 ⑤ 名オ1 此村の廣きに醫者のなかりけり  荷兮  ※ ひさご
 ⑥ 名オ3 夏草のぶとにさゝれてやつれけり 其角  ※ 炭俵
 ⑦ 名オ5 婿が来て娘の世とは成にけり   利牛  ※ 炭俵
 ⑧ 名オ7 月の影より合にけり辻相撲    越人  ※ 曠野
 ⑨ 名オ11 けしの花とりなをす間に散にけり 松芳  ※ 曠野
 ⑩ 名オ11 肌入て秋になしけり暮の月    沾圃  ※ 続猿蓑
 ⑪ 名ウ1 田を持て花みる里に生れけり   羽笠  ※ 春の日
 ⑫ 名ウ3 一貫の錢むつかしと返しけり   野水  ※ ひさご
「芭蕉七部集」の短句(27句)

 うづらふけれとくるまひきけり/百足の懼る藥たきけり/賤を遠から見るべかりけり/
 しとぎ祝ふて下されにけり/としたくるまであほう也けり/風呂の加減のしずか成けり/
 昼寐の癖をなをしかねけり/なみだぐみけり供の侍/すみきる松のしづかなりけり/
 五百のかけを二度に取けり/座頭のむすこ女房呼けり/佛喰たる魚解きけり/
 花咲けりと心まめなり/物いそくさき舟路なりけり/蒜くらふ香に遠ざかりけり/
 柳の傍へ門をたてけり/座敷ほどある蚊屋を釣けり/熊野みたきと泣給ひけり/
 また献立のみなちがひけり/米つく音は師走なりけり/年貢すんだとほめられにけり/
 寂しき秋を女夫居りけり/寸布子ひとつ夜寒也けり/桶のかづらを入しまひけり/
 糸櫻腹いつぱいに咲にけり/天滿の状を又忘れけり/けふはけんがく寂しかりけり 

 発句・脇に6、平句に39である。但し、三句去り。

・ 「ぬ・し」は、意味できちんと区別されていた。

・ 俳句の切字「かな・や・けり」は、感動や詠嘆の度合いにもよるが、それよりもその句の「句丈や句姿」の違い、「曲節」の度合いが重視されていたようだ。

↑ トップへ