貞享式海印録巻三 恋・旅・名所

貞享式海印録 巻三① 索引
恋 (総論)恋、三去恋の字、面去
恋に非ざる恋の字、恋句、越、嫌はず恋を続くる心得
恋を捌くるゝ心得花に結ぶ恋待宵売恋
落つる恋男色乞食の恋盗人の恋老の恋
後家の恋僧の恋発心観想の恋
うはなり打(後妻打ち)下女の恋幽霊といふ恋
前後同趣向の恋、意かはる時は苦しからず恋の巻恋に非ざる句
旅体、越、嫌はず。三句続旅の字、面去
名所名所、二去名所・地名・国名、何と組みても、二去
国名、二去名所類に、京・外国・大国類・地名・名物等、越、嫌はず
京と都、面去外国名、面去国の字、面去
国と国、付句国名に、同国・名所、付句同国名所、付句
海印録、全索引へ引用俳書一覧へ俳人一覧へ去嫌まとめへ


貞享式海印録 曲斎述    │安政6年(1859)序

 芭蕉の伝書という、「貞享式(別称二十五条)」をもとに、芭蕉俳諧の実例を根拠として、通則を見いだして記録したものである。

 このページでは、巻三、恋・旅・名所を見る。


貞享式海印録 巻三

□ 恋         ↑ トップへ

[本書]

 恋句の事は、古式を用ひず。其故は、嫁・娘・冶郎・傾城の文字名目にては、恋といはず。

 只当句の意に恋あらば、文字には拘はらず恋句をつくべし。此故に、他門より恋を一句にてすつといへるよし。
 恋は、風雅の花実なれば、二句より五句に至るといへども、先づは二句有りて、陰陽の道理を定めたる也。
 殊更、文字名目に拘はらず、情を専らとする故に、強ひて四句も五句も並ぶる時は、必らず打越の離れあしく、増して一巻の変化に拘はる故に、多くは二句にて仕廻ふ事也。

▲ 「強ひて」の字、一段の眼(まなこ)也。

 法に任せて続くる時は、百句も妨げなし。此故に、強ひてする事を禁じたり。蕉門には、二句に限るとな思ひそ、此下に、恋を続くる法を説くを見よ。

[古今抄]

 今の俳諧にも、恋は必らず五句ならむとて、古抄のいへる恋の詞を並べば、連歌の恋の仄(ほのか)なるには似ず、俳諧は、例の平話にて、女子童べの耳にも立つて、吟ずるもやゝ遠慮がちならむ。(上下略)
     箒の先にそれやと手拭
    └ 思へばや思はぬ人のつれなくて
 前句の作者に、其恋はなけれども、後の作者の眼力より、偖はと恋の姿情を見付たれば、彼れと我れとの二句と成りて、恋は決して二句也といふべし。

▲ 古風よりは、一句捨と思ひけむ。蕉門にては、是にて一結の恋調ふ也。其次は、続くるも断るも趣にあり。此段の詮ずる所は、恋は心に在りて、詞にあらずと也。

[芭蕉談]

 昔(古式の事)は、五十韻百韻といへども、恋句なき時は、一巻とはいはず、端物とす。
 かくばかり大切なる物故に、皆恋句に泥み(なずみ)、伝か二句一所に出づる時は、幸ひとして、却つて巻中恋句稀也。
 又、多く恋より句しぶり、吟重く、一巻不出来になれる故に、恋句出付けよからむ時は、二句か五句もあるべし。付けがたからむ時は、強ひて付けずとも、一句にても捨てよといへり。かくいふも、何卒巻面もよく、恋句も多く出でよかしと思ふ故也。(約文)

▲ 爰に、「一句」と云ふは、前句起しの事也。当句より起こる恋は、決して、一句にては捨てず。
 又、「恋句より巻しぶり」てと云ふは、初心のさた也。
 去来、何故に慮り過して、卯七に恋続きの法は伝へざるぞ。今も、此文に恐れて、恋を続けぬ人多し。
● 恋、歌仙に一所より四所迄。[虚栗][阿羅野]にも、四所あり。
● 百韻には、一所より七八迄也。[鶴の歩]には、八所出たり。百韻に只一所の例は、[桜山伏][浪化追善]のみ也。
● 無恋の巻は、[みかんの色]五十韻、[江湖集]長歌行、「梅十論」十歌仙、皆也、其外歌仙に無恋の巻は夥しけれども、源氏(60句)以上には、無恋の巻未だ見えず。
 熟ら(つらつら)無恋の巻を閲する(けみする)に、甚だ故あり。彼の万葉に、相聞と云ふは、君臣・父子・夫婦・兄弟・朋友の真心を聞えかはしゝ歌をいへり。是、後世の集の恋の部に等し。
 されば、※1妹背のよしの川ならでも、もろ人の信(まこと)通ふ中は、言流しゆかば、みながら恋ならむ。
 無恋の巻も、此理あり。或は、父子の情。或は、君臣の契りを結ぶ句など続きたる所は、彼の語らひの述べがたく、其瀬をこしては、恋のよるべなく、邂ま(たまたま)前句ある時は、あだ人にまさなく付破られ、終にいはで止みにしと見ゆ。
 凡そ宗匠の心得は、未だ発句なき時より、其日の模様を胸に工みて席につくべし。さて、句出で脇定まり、第三と変り行きて、曽ての工み施し難く、夫に就けて、又新に工をなす。
 神・釈・恋・無常・名所・悌・四季・月花の配り等、須臾も油断せずといへども、連衆の心区(まちまち)なれば、思ひ設けぬ変あり。或は懲し(こらし)、或は勧めて、其の興を失せず、遂に一巻満尾す。是、天理に随ふ正風の捌き也。
 此如くにて、無恋・多恋、種々の趣き、席毎に変はる也。必らず古例を桝として、己が拙き儘に、無恋の捌きする事なかれ。さとて、応ずる前句なきに恋せむは、いはで止みぬる方勝りなむ。諸々の捌きも皆しかり。

※1 妹背のよしの川

 古今和歌集恋の部、恋歌360首の末尾。
    └ 流れては妹背の山のなかに落つる吉野の川のよしや世の中
 「妹山と背山の間に吉野川、男女の仲もよしや(ままよ)どうなれ」の意。他の恋歌のように、恋の情を直接歌っていない。

△ 恋、三去。(古今、同)(七部、及多省)         ↑ トップへ

[蓬]

     │双六の恨みを文に書尽し    翁
     │ 琴爪をしむ袖の移り香    叩端
     │髪おろす侍従が娘衰へて    桐葉
     │ 三
     │面白の遊女の秋の夜すがらや  翁
     │ 灯火風を忍ぶ紅皿      叩端 ※ともしび
     │川瀬ゆく髻を角に結分けて   桐葉 
※たぶさ。つの髪は、男児。
     │ 三
     │歌よみて女に蚕贈りけり    翁  ※伊勢物語
     └ 枕屏風の画に涙ぐみ     叩端

[続虚]
川尽きて

初ウ2  ┌ 初秋半ば恋はてぬ身を    露沾
     │ 三
初ウ6  └ 佗びてはすがる僧のふり袖  嵐雪

[深川]
青くても

初ウ3  │懸乞に恋の心を持たせばや   翁 
     │ 三
初ウ7  │目の張に先づ千石はしてやりて 洒堂

[韻]
秋もはや

初ウ12  ┌ 総嫁追出す肌のさむけさ   利牛
     ├─三
名オ4  │女子ばかりが物思ひゐる    許六

[韻]
鱈船や

名オ5  ┌ 傾城の心中咄一ぱいに    徐寅
     │ 三
名オ9  │物くひの先づ口元に惚れ初めて 汶村

[萩露]

 略

[三笑]

     │死ぬ事を忘れて恋はせぬ物を  伯兎
     │
     │前髪はなくても袖はひく合点  蓮二

[三匹]

     │恋をする天窓に顔の取合せ   凉菟
     │
     │おらがのは悋気もせいで拍子抜 杜草

[むつ]

     │世の哀れ哀れがらぬもはしたき 桃隣 ※はしたなさ
     │
     │傾城も僅かに佐渡の鉛坂

[続花]

     ┌ 先づ城之介せい文に入る   老鼠 ※誓もん
     │
     │心中ひとり待ちかねてたつ   九十 ※しんじゅう

△ 恋の字、面去。(古へは、折去)         ↑ トップへ

[俳]
さぞな都
百韻

     │恋の土手雲な隔てそ打またげ  信章 信徳 ※吉原
     ├─七
     │恋の淵水におぼるゝ人相あり  信章

[古拾]

     ┌ 神代も聞かず百文の恋    春澄
     ├─八
     │恋訴訟不審ながらも指上ぐる  春澄

[一]
須磨ぞ秋

     │ひよんな恋可笑がりてやなく蛙 翁
     ├─九
     │恋衣紺の袂にはし折りて    翁

[むつ]
※両吟

     │恋種やいつの畑を売崩し    鋤立
     ├─十
     └ 挙句に恋を挙ぐる挨拶    鋤立

[むつ]
※芭蕉三回
百韻

     ┌ 大粒な目を細うする恋    桃隣 
     ├─十
     │手をかへて骨はをれども成ぬ恋

[句兄]

     ┌ 紛らはしきは欝と恋病    紫紅 ※こいやみ
     ├─十
     │米搗の故郷遠く恋もなし    秋色

[新百]

     ┌ 夜寒に成りて人も恋しき   水甫
     ├─十一
     └ 関の地蔵も恋のたゞのり   反朱

[武蔵]

     ┌ 恋すがら酒宴踊終日     藤白 ※ひもすがら
     ├─五
     └ 親父の謂て恋忘れまつ    藤白

 恋猫にても句去同じ。
 偖、近世、恋の便りなき前句に、投込と云うて、「細うする恋」と云ふごとく、「佇める恋」、「尋ねゆく恋」などゝ付けて、「恋慥かなれば一句にてよし」と、罵り合ひけり。
 そは恋の字、出物(でもの)に成りて拙し。仮令古例ありとも、其の得失を撰びて学ぶべし。

△ 恋に非ざる恋の字、恋句、越、嫌はず。         ↑ トップへ

 猫・鹿・雉の妻恋、或は親を恋ふ、友を恋ふる等の恋の字は、恋句の越を嫌はず。
 そは、妹背の恋だに三去なれば、異生異用の恋の字は嫌はぬ理也。

[七さみ]

    │恋をする鹿には角の取合はず  一彳
     │ 御公家の果の小柴垣より   之仲
    恋│なら坂やその手はくはぬ化心  里冬 ※あだこころ
    恋└ さりとは涙胸にせき上げ   朴人

△ 恋を続くる心得。         ↑ トップへ

[小文]

     ・夜遊びの更けて床とる坊主ども 史邦
 此夜遊びは、月草のうつろひ易き若法師の、旅に浮かれて、一夜の露に袖をひぢけむと見て、
     ・ 百里其儘舟のきぬぎぬ    翁
 旅と見て舟と趣向し、きぬぎぬと作りたるは、僧の恋に輪廻をたつ、作者百錬の工夫也。
 偖、陰陽二句の恋は済みたれども、其儘と云ふ詞、未だ恋情有りと舟の字を咎むるに、こは船頭の湊懸り(みなとかかり)に、彼の竜宮の契りを結びしを、思ひ計らぬ順風より、心片帆に別れゆく様と見て、
     ・挽割りし土佐材木の片思ひ   岱水
 材木積の舟長とは、いはでしれ、土佐より百里は、室か明石ならむ。爰に、一変化の恋を結べば、巻の飾りは調ひたれども、かく迄力を入れたる前句に、無下の迯句(にげく=遣句)せむは、次の作者の拙からむと、其場の用を深く伺ひ見るに、土佐材木といはば、御殿ふしんに集まりたる男の、彼のお局を、稲妻の光りなす見初めつれど、雲に桟(かけはし)の恋渡るべきたつきもなく、仮家の此方(こなた)に佇みて、思ひ煩ふ姿ありと見て、
     ・ 寄りも添はれぬ中は生壁   邦
と付けたり。

 凡そ、其の始め、「逢ふ恋」ならば、次は「別るゝ恋」と見かへ、三は「隔つる恋」と変化し、四は「恨む恋」とも、五は「祈る恋」とも、六は「化恋(あだこい)」、七は「嫌ふ恋」、八は「随ふ恋」、九は「初恋」、十は「契る恋」といふ様に、一句一句に恋情を転じて、趣向に、老少・男女・貴賤・強弱・文質・虚実を分けて続けゆく時は、百韻干句といへども、変化自在なるべし。

※[小文]
三吟

※ 芭蕉庵小文庫から
発句   ┌帷子は日々にすさまじ鵙の聲  史邦 ※かたびら。もず
脇    │ 籾壹舛を稻のこき賃     芭蕉 ※もみいっしょう
     ├──21句
名オ6  │ 此あたゝかさ明日はしぐれむ 岱水
  7  │夜あそびのふけて床とる坊子共 邦  ※坊主ども
  8  │ 百里そのまゝ船のきぬぎぬ  蕉
  9  │引割し土佐材木のかたおもひ  水  ※ひきさきし
  10  │ よりもそはれぬ中は生かべ  邦  ※なま壁
  11  │云たほど跡に金なき月のくれ  蕉  ※ゆうたほど
     ├─6句
挙句   └ 百性やすむ苗代の隙     蕉  ※百姓。ひま

△ 恋を捌くるゝ心得。         ↑ トップへ

 凡そ、恋を続くるは、句面(くおもて)に恋語ある限り也。仮令、付合たる句意には、深き恋情有りても、一句放して常の事なる句出でなば、そを限りに恋を止めよ。
 続くるも断つも、自然任せ也。人皆さる法を知らざる故に、或は縁なき所を強ひて続けむとし、或は残情ある句を無理に断ちて、前句の本意を失ふ事あり。
 委しくは、以下に挙げたる恋の終の付句を考へ見よ。

△ 花に結ぶ恋(☆花、○月)(七部省)         ↑ トップへ

 「花に恋を仕懸るは、法外」と制するは、古式也。蕉門にはさる事なし。
 花に仕懸るあり、花より起るあり、花を起すあり、何れにても一座一句也。

[雪丸]

    〇│あの月も恋故にこそ悲しけれ  翠桃
  花仕懸│ 露とも消えむ胸のいたきに  翁  
※〔曽良書留〕は「消えね」
    ☆│錦繍に時めく花の憎かりし   曽良

 此等は、恋ならでもすむ所なれど、制なき故に続けたり。

[三匹]

     ┌ おれが嫌ひは芋と若衆    支考 ※わかいしゅ
     │ひろびろと内にて物を思へとや 反朱
     │ みのきては恋笠きては恋   汀芦
    ☆│花守が娘を花と折りかゝり   乙由

[雑]

    ○┌ 身を平蜘に忍ぶ夜の月    普船
    ☆│きるなとは花に詞の情也    千化
     └ 酔うて吠ゆるか梅の下ふし  其角

[卯辰]

     ┌ 式部が夢は泣きつ笑ひつ   乙州
   ○☆│月花は男なぶりと詠むべき   北枝
 ※ながむべき

[歌]

     ┌ 茶碗も無事に悋気鎮まる   桃如
    ☆│傾城の二字が消ゆれば花ぐもり 茂秋

[拾]
[金蘭集]
さびしさの

初ウ10  ┌ 情しらずの袖を引裂く    翁
初ウ11 ☆│冊子の葉末にぬるゝ花筺    丈草 
※とじふみの~はなかたみ

                

[ひな]
花起り

    ☆│花盛り静が舞をかたみにて   翁
     └ 鴬諷ふ媒の声        杏沓

[奥栞]

    ☆│きぬぎぬをを馬上に眠る花盛り 重行
     └ 黒髪重く東風に吹かする   呂丸

[翁]

    ☆│花売の後姿のおもはゆき    正春
     └ 若紫は誰がゆかりぞや    正春

[百歌仙]

   ○☆│二つある恨みと恋を月と花   少風
     └ 幾人も来る出代の者     京水

[むつ]

    ☆│あつかましちりふの君も花の数 桃隣
     └ 腰と柳は同じかげぼし    東潮

[瓜]

    ☆│岨の花冶郎は駕を下りたがり  茂秋
     └ 土筆にて文はかゝれず    吾仲 ※つくづくしにて

                

[卯辰]
花起し

    ☆│花はちるものを眺めて涙ぐみ  乙州
     └ 人は思ひに角おとす鹿    小春

[拾]
花起し挙

    ☆│難波なる花の新町来て見れば  惟然
     └ 文に書かるゝ柳山吹     野明

[鵆]

    ☆│鳥辺野に葛とる女花分けて   桐葉
     └ 妬める筋を春をしまるゝ   菐言

[句兄]

    ☆│あの様な女に成りて花の陰   沾徳
     └ 山吹折りて三人の恋     其角

 挙句に、始めて恋を出さぬは、後なくて不興なる故也。
 こは、前にある上に、起し付なれば、挙(あげ)に苦しからず。

△ 待宵。         ↑ トップへ

 只、待宵と云ふは、君まつ宵の事にて月にあらず。
 此故に、月に付ても、打越しても仔細なし。又、「待宵の月」と作りたる句も、趣によりては恋あり。

[桃白]

     │いとをしき人の文さへ引裂きて 不知 ※「愛ほしき」
     │ 般若の面を俤になく     翁
    │待宵のかねをよそにや忍ぶらむ 如行
    └ 薬尋ぬる月のさ莚      左柳

[鵆]

    │姉妹窓の細目に月を見て    安信
    │ 名を待宵と付けし白菊    知足
     │思ひ草水なせの水に投入れむ  重辰

[奥栞]

     ┌ 娘なぶれば衿を繕ふ     己百
    │待宵に枕香炉のほのめきて   己百
    └ 横川に月のはつる中空    不玉 ※よかわ

△ 売恋。(多例、省)         ↑ トップへ

 遊里の句は古雅に、長高く作るべく、必らず今めかしき詞を遣ふ事なかれと戒められたり。

 さるに、近世の句を見るに、客は毎々、「野夫」なれど、「嘘の涙」に「粋」となり、「居続け」「総揚」の騒ぎより、「目を盗む女郎」「間夫」と囁き、「金好の仲居」「衿につけば」「牽頭(たいこ)」は耳を【口+舌】り、「紋日(もんび、物日:遊里の特設日)」「身揚」の談合、「姉が入ぢゑ」より、「根引(ねびき、身請け)」「身受(身請け)」の立引起り、「伯父の異見(意見)」も聞入れず。果は、「勘当」の身の「欠落(駆け落ち)」とや。
 此の如くは、浮世のさがなれば、文人の語りゆく言のはならず。夫をしも俳諧と心得つるか。そは、恋の本情には、疎き人ならむ。

[難]

     ・ 覗く拍子に簾はづるゝ    佳六
 此場は、遊女の化粧部やなるに、そを憚かりなく覗く人は、必らず馴染の客なれど、さすがに取乱したる容(かたち)を恥ぢけむ。
 さて、此客は、理窟の底を打抜きし文人と、思ひよせ、其場に其人の興ずる詞を作りて、
     ・廓へは未だ渡らず列女伝    沂青
 と付たり。
 爰に、一変の恋を考ふるに、廓の情動かざれば、列女伝の人数に、総揚の妓女を対し、「彼の唐土の頑な女に、此遊びを見せばや」と、洒落に情を覆して、
     ・ 菩薩こゝには
と和らぐ   抒柳 

に「さゝ」と振る。
 
草冠に廾、[艹+廾])とは、ぼさつの冠を合せたる略字にて、「彼の極楽の廿五草冠に廾さへ、大和の仮名に和らぎて、歌舞あるを」と、前句へ心を持たせたり。

 又、一変を考ふるに、草冠に廾の字、遊里を出でざれば、「爰には」と云ふ押へ詞を、牽頭(たいこ)の口拍子と見立、草冠に廾と云ひ、さゝと云ふを、米酒の口合に取り、左に大杯を持ち、右に酢物を戴いて、一座をはやす詞を作り、
     ・酢にも成り酒にも成りし米の恩 知角
 かくは、続けたり。四句、廓を出でずして、変化自在也。

 かゝる句法を得る時は、方丈を探りて千句を巻き、法界を摂して、三つ物に縮むべし。

※[難]

 ※ 草冠に廾について。
・ 上記の通り、菩薩の艹(草冠)を二つ合わせた造字で、ぼさつと読ませ、字の構成は、艹(草冠)の下に、廾(にじゅうあし)である。
 板行本「難陳二百韵、蓮二房(支考)序、享保卯のとし菊月日/棟燕閣老人/蘇守跋」に、この字はなく、ササ としてある。片仮名のサが二つ、「ササ」で、菩薩の意と酒の意が分かる。
 「艸百韵」
初オ8  ┌ 覗く拍子に簾はづるゝ    佳六
初ウ1  │廓へはいまだ渡らず列女伝   沂青
  2  │ 菩薩こゝにはササとやはらぐ 抒柳
  3  │酢にも成り酒にもなりし米の恩 知角

[冬]

     │雪の狂呉の国の笠珍らしき   荷兮
     │ 衿に高雄が片袖をとく    翁
     │仇人と槍を棺に飲みほさむ   重五 ※あだひとと。ひつぎ

[つばめ]

     ┌ 遊女四五人田舎わたらひ   曽良
     │落書に恋しき君が名も有りて  翁
     └ 髪はそらねど魚くはぬ也   北枝

 近世、恋二所出す時は、一つは必らず売恋と定めし人あり。殊に、野俗の売恋を付けむよりは、恋なき方、尊からむ。
 仮令、一巻悉く遊里のさたとても、句毎に変化あらば、何の忌嫌ふ事かあらむ。

[根本]
七所の内
其一

初ウ5  │笑顔よく生自慢の一器量    コ斎 ※うまれじまん
  6  └ 舟に夜な夜な命あきなふ   素堂

※[根本]
其二

初ウ14  ・ うしろ見せたる美婦妬しき  清風

[根本]
其三

二オ10  ┌ をし恩愛の沢を二羽たつ   其角 ※おんない
  11  │桟造り曲輸の罪を指をらむ   才丸 ※はしづくり
  12  │ きぬぎぬの衣薄きにぞ泣く  コ斎
  13  │いかなれば筑紫の人の騒しや  素堂

[根本]
其四

二ウ8  ┌ 狂女吟ふあとしたふなり   清風 ※さまよう
  9  │情しる身は黄金の朽ちてより  翁

[根本]
其五

三オ12  ┌ しのぶの乱れ瘧百たび    其角 ※おこりもも度
  13  │浮世とはうき河竹を辱かしめ  才丸
※ 14  │ 名をあふ坂をこしてあらはす コ斎 ※追加。名を表すは恋

かく三四五と続きたれど、句品及び変化いとよし。

※[根本]
其六

三ウ7  ・血をそゝぐ起請もふけば翻り  コ斎

※[根本]
其七

名オ8  ・ 礫に通ふこゝろくるはし   素堂

△ 落つる恋。         ↑ トップへ

 今世の落人の付は、大方「子中(こなか、子をなした仲)」、「爪はづれ」、「さとなまり」、「辛苦」、「添遂げ咄」、「勘当の侘」、「伯父坊懸り」。「村のせわ業」は、「餅屋」か「寺子や」か。
 二三句の渡り、判木に押したるごとし。

[夏衣]

     ┌ くるわを出ればあしのほの風 慈竹
     │親里の柿も今こそ川向ひ    七里

 是、浪々のうきに堪へかねし身の、故郷近き伯母の在所などに、暫し身を屈めて、赦免の便りもがなと、明暮、女夫が、親里の首尾まつ様也。かく含む時は、風音あり。

[七さみ]

     ┌ 坊主くさゝは落ちた上にも  一彳
     │懸物を諸悪莫作とよみ下し   凉菟 
※しょあくまくさ

 坊くさきわざを、見出して、付たり。

[鶴]
百韻

     │筑紫迄人の娘を召連れて    李下
     │ みろくの堂に思ひ打ふし   枳風
     │待宵のかねは落ちたる草の中  翁
     └ 友よぶひきの物うきの声   仙化

△ 男色。         ↑ トップへ

 男色、亦、手柄もの也。句の表裏に、さびしみをかしみをこめて、其情、哀れ深く作るべし。

[深川]

     ┌ むかし咄に冶郎なかする   許六
     │きぬぎぬは宵の踊の鉑を着て  翁

[浪化]

     │行灯に楽書したる借座敷    河菱
     │ 冶郎の影に枕ひかふる    北人
     │帷子に秋のけしきの色めきて  市仲

[西花]

     │若衆の念じまつこそ袖の露   釣壺
     └ 踊の声をよその思ひ寝    雲鈴

[砥]

     ┌ 小屋敷ならぶ城のうら町   去来
     │言分のちよつちよと起る衆道事 去来

[長良]

     ┌ 茎の重石に頼む蓮生     呂杯
     │金剛が留主は陰馬の綱解いて  羽嵇

[俳]
あら何とも

     │寺登り思ひ初めたる衆道とて  信徳
     ├─十
     └ 冶郎揃ひの紋のうつり香   信章

△ 乞食の恋。         ↑ トップへ

[古拾]

     ┌ 園生の末葉ならす四つ竹   千春 ※四つ竹は、楽器
     │馴れてやさし乞食の妹せ花に蝶 信徳
     └ 鴬鳴いて菰のきぬぎぬ    翁

[桃白]

     ┌ 小頬の憎ききぬぎぬの月   雪丸
     │様々の恋はまて貝空せ貝    支考 ※空せ貝は、貝殻
     │ 乞食と成りて夫婦かたらふ  翁
     │さし向くるせ中の雪を打払ひ  芦雁

〔東掲〕

     │蛬いとゞこほろぎ轡むし    可柳 ※きりぎりす
     │ 乞食の恋の画冊子になる   馬紅
     │姿見の水も頃日濁川      普東 ※けいじつ

△ 盗人の恋。(七部省)         ↑ トップへ

[花摘]

     ┌ 鳴子おどろく片薮の陰    釣雪
     │盗人に連添ふ妹が身を泣きて  翁
     └ 祈りも尽きぬ関々の神    曽良

[蓮池]

     │古寺の瓦ふきたる軒あれし   己百
     │ 夜な夜な契る盗人の妻    梅餌
     │涙より雨にしめりて蓑重く   露蛩

[笠]

     ┌ 秋の夜なべの更けて洗足   里紅
     │盗人も恋に着かへて袖の露   米花
     └ 半把のわらの乱れそめにし  蓮二

△ 老の恋。         ↑ トップへ

 老の恋は、信(まこと)深く、心やるせなき趣もありて、一ふしはづかしの杜(もり)の、立忍びたる方もあるべし。

[菊塵]

     │野烏の夫にも袖のぬらされて  翁  ※のがらすの
     └ 老のちからに娘ほしがる   渭川

[鵆]

     │人しれずしらが天窓に神いぢり 知足 ※白髪あたまに
     └ 夢見たやうな情忘れぬ    知足

[文月]
短歌行

名オ5  │臍金に疝気も有馬見たがりて  里紅
  6  └ 後の女房に年隠す也     嵐枝

[桃]

     ┌ 隠居にはちと若過ぎた伽   白史
     │未だ初夜もならぬに花の宵ね好 由之

△ 後家の恋。         ↑ トップへ

[拾]

     │夏やせに美人の姿おとろへて  曽良
     └ 霊祭る日は誓ひはづかし   素英

[誰]

     ┌ 顔見しばかりあはで明くる夜 挙白
     │秋風に暇の状を書きちらし   湖水
     └ 聖霊棚に背く世の中     青井

[俳諧切]

     │聖霊に言訳もない髪結うて   大睡
     └ 男交りに参る三井寺     梅路

[三匹]

     ┌ 後家ときくより思ひ初めてき 里臼
     │祈りつゝならずの宮に年くれて 蘭少

[草苅]

     ┌ 後家の痞の針に名のたつ   秋の坊 ※つかえ
     │打敷の小袖にほれた物ならむ  支考
     └ 木曽路のはしの文も再々   桐之

[雑]

     │古君のやり手となりて恐しき  其角
     └ 戒名しらで祭つる恋人    沾蓬

                

[雪白]

     ・ 露深草にしよぼ濡れてたつ  李夕
 露に濡れてたつは、転んで起きし様と見立、人に恋ひらるゝ時は、のりたる馬爪づくといふ古言を思ひよせ、落馬に遍昭の俤を取りて、露深草の姿を立て、
     ・名に愛てをれるといへる女郎花 和蕙 ※めでて
 と付たり。
 さて一変を按ずるに、花を折るは墓詣りなれば、其亡人は尽未来と契りし中(仲)と見て、
     ・ 手向の水の浅からぬ中    南江

                

[桃白]

     ・ ひとり孀の冬のこしらへ   濁子 ※やもめの※2。[袖草紙]は「ひとり娘の」
 霜ふる男やもめに引かへて、冬拵への暖かなるは、憐れむ人のさはならむ。四十島田の宿※3あたりに、うき名も恥ぢぬ年の程と、其の化人(けにん)の詞を作り、
     ・梟の身をも隠さぬ恋をして   岱水
 と付たり。

 さて、前句の虚をしづめて、准へたる梟の姿を立つるに、こは、鳥井(鳥居)前の夜発(やほつ、客引)にて、其たつき(活計)に、親鳥夫鳥もはぐくむらむと、夜半の嵐の哀れを催して、
     ・ 涙くらべむ橡落つる也    翁
 と付たるは、其杜の観想にて、其女の実情ならむ。

※2 やもめが女偏に霜(孀)であることから、やもおを「霜ふる男やもめ」としゃれた。

※3 三十振袖四十島田は、年増芸者の若づくりをいう。四十島田に東海道島田宿を掛けた。

△ 僧の恋。         ↑ トップへ

 僧の恋、聊か心得あり。只何となく作り出でたらむは仔細なし、清僧を落す体の事は、心なきわざならむ。

[山琴]

     ・ 恋にやつれて里へ帰るか   柳士
 こは、宮仕の中に、身をやつしゝ女郎花の、都の空も秋更けて、故郷をなつかしみて、今立帰る道行ぶりには、誰れも落ちなむ色あるは、彼の兼好のいふ、罪深き女と見立、
     ・男鹿さへ思ひ恋がるゝぬり木履 音吹
 鹿とは、山中の様なれば、ぬり木履の人は、お城の裏山に、御殿女中の野遊びと見立つるに、其傍に思ひ恋がるゝ男は、城北鬼門除なる、何院の法師等ならむと、其遊びの趣を述べて、
     ・ 若僧あまた是も茸狩     巴兮
 と法師の情を、他より汲みたるは、作も亦いとよし。

                

[本朝]

     ・ 君に思ひの色の鱒とや    麦士
 此句の姿は、手皿に鱒もりて捧げつゝ、口合(くちあい)する酌取ならむに、客は門徒の僧なれば、先づ輪げさを取りながら、其の女を往生さすべき、互に通人の出合と見て、
     ・折針に輪げさもかゝる恋をして 童平
 次には、「もの字」を咎めて、衣も肌着も脱ぎたるは、浴み(ゆあみ)する様と見立、其座に浮気の戯ふれをよせて、
     ・ 扇を隠す行水の留主     涼之
 としたり。此の扇、いかなる人の記念(かたみ)にや。

[印]

     │初恋に文かくすべもたどたどし 鼓蟾
     │ 世に遣はれて僧の媚めく   翁
     │提灯を湯女に預くるむつまじさ 享子

[深川]

     ┌ 地をするばかり駕のふり袖  曽良
     │五六人天台坊主色めきて    石菊

[行脚]

     │紫も見事浅黄も十八九     五桐
     └ 酒を破らば邪婬妄語も    午潮

[そこ]

     │駒下駄の音を覗けば小姓衆   浪化
     │ 我等ごときのみそすりの恋  支考 ※味噌擂り坊主の略
     │一息に酒二三盃仕り      万子

[そこ]

     ┌ 薮のあちらに味な比丘尼ン  呂風 ※びくにん
     │宇右衛門が惚られ顔にせき払ひ 浪化
     └ あれほど下手な笛もあるまい 路健

△ 発心観想の恋。         ↑ トップへ

[蓬]

     │烏羽玉の髪きる女夢に来て   叩端
     └ 恋を見破る朝顔の月     翁

[句餞]

     │恋をたつ鎌倉山の奥深し    露沾
     └ しぼる袂を匂ふ風蘭     翁

[ひな]

     │美しく顔生つく物うさよ    越人 ※うまれつく。[桃白]美くしう
     │ 尼になるべき宵のきぬぎぬ  路通
     │月影に具足とやらを透し見て  翁  ※[桃白]「鎧とやらを」

[韻]

     │忙しう見するも恋の一思案   汶村
     │ 膳にほろりと涙つれなき   許六
     │尼になる宵はひそかに洗ひ髪  木導

△ うはなり打(本妻が後妻を打つ習俗)。         ↑ トップへ

[俳]
さぞな都
百韻

     │酒の月後妻打の御振廻     翁  ※うわなりうち。謡曲「葵上」
     └ 隣の内儀相客の露      信章

[一]
色づくや

     │つらからむ鬼のめかけの袖枕  杉風
     │ 思ひのけぶり果は釜焦    翁  ※かまいり
     │菜刀の先に恨みは尽すまじ   杉風 ※ながたなの
     └ 後妻打や相槌の露      翁  ※謡曲「葵上」

△ 下女の恋。         ↑ トップへ

 民間の語を扱ふは、俳諧の表なれども、最も易からず、取分き下品の恋情は、心高く誠深く哀れに作るべし。
 昔物語の巻々、万葉しふの種々にも、誠の恋は、大かた賤の身にこそあめれ。さるを、野卑の詞を遣うて俗情をよせむは、作者の心あさま(浅ま)ならむか。

[八夕]

     ・際墨に名古屋の顔の残りゐて  之川 ※きわずみ、生え際に墨塗る化粧
 こは、年の程三そぢに余り、奉公に身を持ちはふらして、故郷に帰りながら、似気なる縁も定めず、あふ人見る人に、馴々しき女と見立て、あだ人の噂を作り、
     ・ 松の葉に寝る恋もするかな  彳人
 こは薪部屋の様也。下品の情を続くる事、誠にかたき故に、古人、大方二句にて止めたり。さるを、次の作者の器量より、取りも直さず、其場に其情を一変して、
     ・壁土のほろりと物を思ひ初め  執筆
 と付たるは、なるもならずもと、仕懸けし化枕(あだまくら)に、 憎き思ひのうらうへ(裏表)して、末の松山の誠、起しけむ。「壁土」とは、其始めの騒ぎに、松ばの枝はねて、袖にも顔にも落土(おちつち)の懸かりし様也。手あらき賤の恋なれども、かく作る時は、いと興ありて、源氏・さ衣の俤を続くるよりも、なかなかをかし。

[一]
須磨

     │幾月の小松がはらや隠すらむ  翁
     │ とへど岩根の下女は答へず  似春
     │磯清水汝流れをたてぬかと   翁

[次韻]

     │竹の戸を人まつ下女が寝忘れて 才丸
     └ 打つぞ礫に恨みこたへよ   翁

[桃白]

     │隙くれし妹をあつかふ人も来ず 翁
     └ 飯たく事をわびて泣きけり  昌碧

[深川]

     ┌ よごれし胸にかゝる麦の粉  翁
     │馬士をまつ恋つらき井戸のはた 洒堂 ※集「馬かたを」
     └ 月夜に髪を洗ふもみ出し   許六

[渡鳥]

     ┌ 見事な帯に襦半一枚     先放 ※じゅばん、襦袢
     │君はなつ我は清十らと冬の来て 去来 
※わはせいじゅう郎と
     └ 其餅搗のあかつきの恋    支考

△ 幽霊といふ恋。         ↑ トップへ

[三匹]

     ・ 白ければとて幽霊のさた   反朱
 白ければと云ふを、裸身を見られし女の、噂する様と見立、
     ・行水の時面目を失うて     汀芦
 此の如く、噂に噂を重ねたる句は、次には、其人に向うて咄す様と見る事、定法也。されば、化人(あだびと)の、其女をなぶるさまならむには、此方はすれたるお乳の人(御ちのひと、貴人の乳母)と見て、
     ・ 我等が瘤は殿も御存じ    乙由

                

[しし]

     │幽霊は木りをはいて杖ついて  丈志 ※ぼく履
     └ 恋路の闇に迷ふ四つはし   素然

 こは若き身の虚労と成りながら、命の程もわきまへぬ、夜毎々々の通ひ路を、哀れと人の眺めたる様也。

                

[山中]

     ・ 新茶古茶より君が一言    乙由
 こは、飛入客に「先づお茶」と指出すを、手にも取あへず、「我れは、茶よりも君が其の盃」と、戯れたる其場は、大尽の遊山にて、其客は出入の若者ならむ。此女、元より一物なれば、いざや思ひの付さしと、片手づから酌とるを、傍より興ずる様を作り、
     ・瓢箪に鯰押ふる恋をして    凉菟
 前に茶よりと云ひ、後に瓢箪と云ふ詞てらして、野遊びの様、其座其人の心根迄、明か也。さるを、次には浅はかなる化恋(あだこい)のきぬぎぬに興さめし様と見立、
     ・ 別れの涙面目もなし     桃妖

 と付たるは、恥かしき夜這也けり。

 さるを、爰には、あひて別るゝ人の面目なき姿と見かふるに、こは清女のいへる師走の月の冷まじく化粧うたる後家の、入湯などの折から、相客の化言(あだごと)に迷うて、あなたより、二階おり来し契りも、夜明烏の声に、人目はぢて、己が臥所(ふしど)に立ちかへる寝巻浴衣の、白々しき様を作りて、
     ・幽霊が階子に消ゆる白小袖   里臼

                

[山琴]

     │夜更け人鎮まりて後物の音   呂仙
     └ 唐おり着たる幽霊もあり   汶上 ※から織、金襴・緞子など

 此怪しき物音に、寝入ばなの枕、驚かされて、あたりを見るに、戸口けはしく押明けて、次の間に、すつと入りたる俤、色青白く冷まじさに、身の毛弥立ちながら、息を呑みて、襖越の様子を伺ふに、其の女、同宿の夢を起して物語る趣。
 さては、幽霊ならで、かれがなじみの遊君よな、襠(まち、?)ながらあわて来たるは、座敷の紛れに抜出しか、察する所あだ人の身受を思ひ煩うて、徒なる談合するらむと思ひやるは、色町近き諸生の寓居也。
 句上に一字の恋語を用ひず、深更の物音に、幽霊と云ふ詞の姿を立、唐おりに走り出し、体を見せ、二句の間に無尽の哀れを含みたり。仮令、千万の情も、一字の姿を立てゝ作る時は、千歳を経とも、明かに聞えなむ。

△ 前後同趣向の恋、意かはる時は苦しからず。         ↑ トップへ

[錦]

     │娵娘見分くる恋のいち早き   嵐雪
     │ 小原黒木ぞ身をふすべける  其角
     │味噌さます草のさ莚敷忍び   嵐雪
     │ 五
   床敷│今こむと言ひし計りに床取りて 嵐雪
     └ 火燵ふみ出す思ひあまりか  其角

 娵娘見わくと云ふは、元より見分けがたき姿の女ならむには、同じ小紋に白帯〆めて、髪も等しき小原女に限らむを、身をふすぶとは、見分くる人の思ひこがるゝ様也。
 次は、黒木をふすぶる用を、みそ焚と見立、臼と杵との中よき台所に相奉公(あいぼうこう)の男の、莚敷きながらふすべられて、口ずさみする様也。
 後の床は、全く待つ恋なるを、次には待ち佗びの恨みと見立、何故に遅く来て、冷たき足も憚らず、妾が夢を覚せるや、帰り給へと戯ふれに突きやれば、思ふに任せぬ言訳して、其の恨みは思余りかと打宥むる(なだむる)様を付たり。

[拾]

     │忍びいる戸を明兼て蚊にくはれ 野水
     ├─
    戸│ 妻戸たゝいて逃げてかへりぬ 翁

[深川]

     │ 伏見の恋を入相にきく    曲翠
     ├──
    鐘│待宵の身を悶へたる四つのかね 洒堂

[山中]

     │死なうとは契りながらも安大事 凉菟 ※やすだいじ
     │ 今更涙男ちく生       里臼
   人名│小町あれば山姥もあり菩薩あり  乙由 
※菩薩あり。集「菩提あり」
     ├─
     │ 赤い小袖に巴山の井     里臼
     │月細う脈より恋に取りかゝり  乙由

[山中]

     ┌ 誰が身の上も恋はくせ物   橎東
   人名│業平も旅をなさるゝから衣   水音
     ├─
     │紫の上も四十の老の波     凉菟
     └ ちつと悋気をさせて見せたい 昨嚢 ※集は、見たがる

                

[渡鳥]

     │きる物の形につけても物思ひ  先放 ※なりに
     ├─
    思│てんがうが後は思ひの種となり 先放

[やわ]

     │孕ませて主のしれぬもうき思ひ 枝東
     ├──
    思│無事で来た顔はすれども物思ひ 厚為

                

[だて]

     │ ざれて送れるけいせいの文  等雲
     ├──
    文│うつかりつゞく文を忘るゝ   等躬

[奥栞]

     │玉章の衿より覗く思ひ草    支考
     ├─
    文│傾城の文すかし見る朧月    清風

[類]

     │否土な恋は沖の石舟      其雫 ※集「否(イ)やげな こひは」
     ├─五
    舟│つながぬ舟やりんき仕習へ   紫紅

△ 恋の巻。         ↑ トップへ

[続虚]
半歌仙

発句   │眉掃の露うつけしの匂ひかな  巴風 ※露打つ罌子の
脇    └ 蛍消えよと帳の裾とく    仙化

[幽]

     │小傾城行きてなぶらむ年の暮  其角
     └ 頭巾ばかりに仮の薫物    渓石

 こは、発句・脇のみ恋にて、外は常体也。一巻ならば、後の花に匂ひあり。巻中、恋、二三所出してもよし。

[虚栗]
歌仙

発句   │我れや来ぬ一夜吉原天の河   嵐雪 ※ひとよ
脇    │ 名とりの衣表見よ葛     其角 ※集「名取の衣の」
     ├───
名ウ5  │花の宴御密夫の聞えあり    其角 
※集「花の宴に」。おんまおとこの
挙句   └ 薮入空の雨をものうく    其角 ※やぶいるそらの

〔百羽掻〕
百韻

発句   │初恋の花ものいはで別れけり  蓼太 
     │ もぬけの魂の君にそふ蝶
     │西東打別れたる花軍
挙句   └ 桜を覆ふ貴妃が眸         ※
むさぼり?

 此二例は、恋のみ付続けたり。

[類]

発句   │友寝して針立寒し恋の丸    秋色
脇    │ 歯黒貰ひに霜の袖笠     其角
     ├───
名ウ5  │鴬に心の駒の朝走り      秋色
挙句   └ 上下の者のおぼろおぼろと  専吟

 こは、前一折恋続き、後一折旅続き也。

△ 恋に非ざる句。         ↑ トップへ

[韻]

    ・│家々に烟をたつる揚屋町    米巒
     └ 松めづらかに羽子ひゞく也  胡布

[浪化]

    ・│傾城の果かや髪に念入れて   其風
     └ 飯がないやら猫のせはしき  知足

[続五論]

     │月花に昔小袖の袖せばく
    ・└ 常の情を出代になく

 前句を恋ならずと見て。「常の情」と断わりたり。

[桃]

     ┌ 若い女中の供に墨髭     里紅
    ・│失物の八卦に恋を取りちがへ  七雨

 若き女の、髭奴連れ来たるは、失物の占ひならむを、其易者の早合点に、待人かと尋ねしをかしみを、付たり。こは、此前句を、人々恋と思ひ入りしを、此作者は恋ならずと見、かく付けて、一座を驚かせし由、面白き即興也。

[梅十]

     │ちらちらと矢倉に白き村もみぢ 伯楓
    ・│ 娵入きらひて奉公の口    里紅
    ・│八卦には年を問はるゝ恥かしさ 蓮二
     └ 祭りの過ぎて里の賑ひ    里雪

[梅十]

     ┌ 蛍のくれば二階からよぶ   七雨
    ・│書懸けた文をば風の吹きちらし 仲志
     └ 持つてゆくとて母の着る物  有琴

[梅十]

     ┌ 上げたばかりに訴状さたなし 梅光
    ・│花鳥に就けても後家の物思ひ  七雨
     └ また冴えかへる洗たくの空  里雪

 梅十論、十歌仙に恋なきは、かゝる句也。此等皆、今一句、恋をあしらふ時は、前もともに恋になるを、わざと常の事に見破りし故に、仄かに恋を含みたるも、後句に引かれて、無恋と成りたり。


□ 旅体、越、嫌はず。三句続。(古へは、三去)         ↑ トップへ

 旅は、名所に並ぶ景物也。其、趣き、寂を主とす。
 道の修行も旅にあれば、東海道の一筋も経ざらむ人は、風雅に覚束なき時もあらむと、翁宣ひけり。
 抖薮(とそう、無欲になる修行)心に任せぬ身は、野中の清水汲みて知れかし。俳人の旅情に疎きは、色好みの恋情に疎きよりもやさしからむ。さて、去嫌は、水辺、異場等の例に等し。

[ひさご]

     ┌ 雁ゆく方や白子若松     翁
     │千部よむ花の盛りの一身田   珍碩
   打越└ 順礼死ぬる道の陽炎     曲水

[萩枕]
※一泊り

     ┌ 此頃室に身をうられたる   路通
     │文書いて頼む便りのかゞみ磨  翁  ※鏡とぎ
     └ たびから旅へ思ひ立ちぬる  白之

[印]

     ┌ 道の地蔵に枕からばや    観生
     │入相に鴉の声も鳴交り     曽良
     └ 歌を進むる牢輿の舟     北枝

[梅十]

     ┌ 何御用やら早駕がゆく    有琴
     │今の世は両六はらの月と花   梅光
     └ 旅行の内はしらぬ春かな   七雨

                

[ひさご]

     │旅人の虱かきゆく春くれて   曲水
     │ 佩きも習らはぬ太刀の鞘   翁  
※はきも。たちのひきはだ、蟇肌
   三続│月またで仮の内裏の司召    珍碩 ※つかさめし

[花摘]

     │あし引の越方迄もひねりみの  円入
     │ 敵の門に二夜寝にけり    曽良
     │かき消える夢は野中の地蔵にて 呂丸

[鎌]

     │連なしに小身武士の仮枕    木導
     │ 薮の中迄のぞく旧跡     許六
     │野原にて愛宕参りの戻り雨   千那

[鎌]

     │うき旅の空は時雨れて六部宿  千那
     │ 京の近いは水がしらする   千梅
     │棒組に様を付けたる駕の者   千那

[あら]

     │夕烏宿の長さに腹のたつ    其角 ※しゅくの
     │ 幾つの笠を荷ふ強力     越人
     │穴一にちり打ちはらひ草枕   越人 ※あないちに

△ 旅の字、面去。(歌仙に、三)(古へは、三去)         ↑ トップへ

[冬]
霜月や

初ウ1  │秋の頃旅の御連歌いとかりに  翁
     │ 九
初ウ11  │たび衣笛に落花を打払ひ    羽笠

[春]
なら坂や

第三   │春の旅節句なるらむ袴着て   荷兮
     ├─九
初ウ7  │旅衣あたまばかりを蚊やかりて 羽笠 
※蚊屋借りて

[しし]

     │旅芝居引いて薬も隠し呑み   若椎
     ├─十
     └ 花山院もたびはわらんぢ   山隣

[雑]

初ウ12  ┌ 旅をはなれて仕たる第三   其角
     ├─六
名オ7  │山の井の心をしれや旅の汁   其角

[このは]

     │ 団子も世並に太る旅馴れ   去音
     ├─八
     │五月雨に納めも遠き経の旅   何狂
     ├─十一
     │うき旅にからき涙の鮫鱠    西長


名所

□ 名所、二去。(古へは、三去)(多例省)㋬         ↑ トップへ

 凡そ、歌仙に、名所・国名・地名等、合せて六七は、例あり。一巻の内、同国・同郷の名、二去に出てもよし。

 抑も、名所を景物とする故は、旅泊の寂細、懐古の幽情、雪月花の哀れを観ぜむため也。
 さるを、漸う、其名のみ出して、名所付たりと思ふ人のあめるは、児女の抜参りにも劣りなむ。
 作者、乾坤を掌にして、森羅万象の姿を見よ。

[続虚]
郭公

名オ3  │あるはしらゝ住吉須磨に遣され 其角
     │ 二
名オ6  └ 夜は飛田の狐なりけり    蚊足 
※とびたの

[韻]

     │峰入の過怠に宇治の橋懸けて  程己
     │
     └ 吉野も枯れて冬は来にけり  毛紈

[夕顔]

     ┌ すまの関寺幾世丸ごし    円入
     │
     │退かばさがにとつぐも北の隅  利角

[越]

     │鍬杖に鳥羽田の水のちよろちよろと 十丈
     │
     └ 尼達あまた今の鎌倉     為町

[賀茂]

     ┌ 御幸もあつた大原賤原    鴎笑
     │
     │鱸つる松江の江も此湖も    東守

[鎌]

     │ならの月伏見の月に恨みられ  千那
     │
     └ 御用で不二を見るがつれなき 千梅

[むつ]

     │更科へ通れば木曽に関一つ   千調
     │
     └ 南都を出でゝ京を否がる   玉陽

[江戸]

     ┌ 木股にはさむかく山の竿   風葉
     │
   大和│ならへ出て句主と思ふ苦を出かし 風葉

[七さみ]

     │其後は磨ぎも直さず鏡山    舎仙
     │ 糺のすゞみ只もをられず   之仲
     │松風の垂井赤阪関が原     一彳

△ 名所・地名・国名、何と組みても、二去。         ↑ トップへ

[ぶり]

    地┌ 軽う住みたき岡崎の月    仙呂
     │
    名│是からの便りよしのの釣瓶鮓  午潮

[東山墨]

    地┌ 有馬のるすに柚は皆になる  右範
     │
    国│穴村は東近江と聞及ぶ     范孚

[炭]
百韻
子は裸

三ウ2 国│又頼して美濃便りきく     野坡
     │ 二
三ウ5 名└ 筋違に木綿袷の竜田川    野坡 ※すじかいに

[浪化]

     ┌ 雲津の宿の殊に川霧     雨村 ※くもづのしゅくの
     │
    地│如月や貴舟懸けたる春の色   外故 ※きふね、今はきぶね

[歌]

     │ 車烏丸次は何やら      風草 ※くるまからすま
     │
    京│清水の舞台に月を打眺め    有琴 ※きよみずの

△ 国名、二去。(大国名、同)         ↑ トップへ

[鶴]
百韻
日の春を

二オ12  ┌ 近江の田植美濃に恥づらむ  朱絃
     ├─二
二ウ1  │つくし迄人の娘を召連れて   李下 ※筑紫

[奥栞]

     │いせ参り蚊屋一ぱいに取込みて 支考
     │
     └ けふもかへらぬ佐渡の懸取  桃隣

[江戸筏]

     │江州の穂房定むる身投石    虎月
     │
     └ 因幡堂にて見て逢うて逢ひ  虎月

[雪の光]

初ウ10  ┌ いよの便りのひしと恋しき  百花
     │
名オ1  │夫々へ向はせ玉ふいせの神   才木

[冬]
こがらしの

名オ8  ┌ 烏賊は夷の国の占かた    重五 ※いかはえびすの
     │
名オ11大国│日東の李白が坊に月を見て   重五 ※じっとうの

△ 名所類に、京・外国・大国類・地名・名物等、越、嫌はず。         ↑ トップへ

[つばめ]

  ・旧都│花の香は古き都の町造り    曽良
     │ 春を残せる玄仍の箱     翁
     │長閑さやしらゝ浪花の貝尽し  北枝

[雑]

    ・│黒塚の誠こもれり雪女     其角
     │ けあげ目にたつ白革のたび  沾蓬
    京│暖に京は羽おりを長く着て   沾蓬

[俳]

     │月花を糺の宮にかしこまり   支考
     │ あゝらけうとや猫さかり行く 丹野
    ・│積塔を見るとてけさは疾出づる 空芽 
※しゃくとう。とくいづる

 綾小路清衆庵の行事なれども、地名ならぬ故に苦しからず。

[賀茂]

11・類名有│夕月の海はなけれど海岸寺   楚竹
名オ12  │ 灯篭の尾の鮹かしらねど   東守
名ウ1  │三絃もならの都の久しぶり   慈竹 
※集「三味線も奈良の」

[本朝]

 ・類名有│松原を西へ涼しい戻り鉾    柳士 麦士
     │堪袋のきるゝ雪隠       昇角 ※こらえぶくろ、堪忍袋
     │こそばゆい高野の坊の夜着布団 涼三

[本朝]

    ・│花も皆下寺町はちり仕廻ひ   左把
     │ 夏大根の種は遅蒔      流辛
  類名有│馬買に木ばたの聟も節句過ぎ  比誰
     │ ふしんのけがの今に膏薬   杉夫
   ・名│いせ講の鬮を中間へ貰はれて  百朶

[百歌仙]

   ・有│寺町のそこらに数珠を誂へる  李門
     │ 飯くふ前でたばこふはふは  万草
     │朔日も節句も室でしけらるゝ  一橋

                

[雪白]

     │恋の巣はこつほり丁に在り乍ら 魯九 ※集、「町に(まちに)」
     │ 寄合井戸の傍に辻立     白椎
   ・噂│桐のはの昨日の陰はあすか川  有節
     │ 物ほしげにも残る有明    一由
     │新そばに木曽の辛も膳の上   一庸 ※集「辛味も」

〔其灯〕

   ・噂│洗たくの色紙に小倉咄されて  麦林
     │ 妹の恋を姉が介抱      舎朶
     │占をきく間も長い浪花ばし   茂秋

[奥栞]

   ・噂┌ 江戸詰なしの御普代家也   清風
     │さく花に朝か晩かは茶漬にて  支考
     └ 小倉の峰をかへる雁がね   清風

[思亭]

   ・噂│心よい兄貴を呵る江戸訛り   松棚 ※しかる
     │ 入院の駕の立ちし景色    可昌
     │公事の画図筆捨山をいかゞせむ 鷺松

                

[思亭]

     │露霜も置かぬ浅間の焼ごろた  冬松
     │ 口は達者に湯の山の秋    佃房
    号│伊丹屋へ李白つれたし後の月  寸松

[五色]

   ・号│高木屋に登りて見れば生いわし 素丸 ※集「高紀屋に~生鰯」
     │ けふもちろりを提げて出る妻 蓮之 ※酒燗器のちろり(銚釐)か
     │島原へ張かへ長柄一からげ   長水

                

[新山]

     │ 世を見る今の山城の京    李下
     │かぢが槌片肌脱ぎにゑぼしきて 蚊足
  ・外国└ 君仮初に会稽の聟      其角

[十七]

  ・外国│邯鄲の四十九年も猫の皺    春楽
     │ せばき亭ぢやが埃は五六荷  湖秋 ※ちりは。一荷は一担ぎ
     │百姓の鋤に花の香よしの山   有風

[雪白]

     │菅みのゝ雪は越路の物ながら  風草 ※集「菅蓑に」
  帳  │ 勧進帳に嘘の八百      魯九
  ・外国│唐土の花の芳野とよめりけり  李夕

 真桑・杉原・小倉帯等の名物も、越、苦しかるまじ。

△ 京と都、面去。(一座一づつ)         ↑ トップへ

[蓬]

     │はな紙に都の連歌書付けて   翁
     ├─
     └ おほん帰京の時を占ふ    工山

[歌]

     │国かへに都詞の片山家     鷹仙
     ├─
     │娘ども連れて一度は京参り   鷹仙

[続の原]

     │篠深き都桧皮に茨きかへて   不角 ※ひわだ
     ├─
     └ 宵の水ふむ京のわらんぢ   渓石

△ 外国名、面去。         ↑ トップへ

[蓬]

     │蝦夷の聟声なき蝶と身を侘びて 翁
     ├─
     └ 高麗の県に畠作りて     桐葉 ※こまのあがたに

[一橋]
花咲いて

名オ3  │膝琴に明の風雅を忘れざる   其角 ※みんの
     ├─九
名ウ1  │唐の文よめぬ処を打遣りて   曽良

[一]

 梅の風の巻、桃青・信章両吟百韻、二去例、略

 外に二去の例、探り得ざる故に、先づ面去となしおく。

△ 国の字、面去。(古へは、折去)         ↑ トップへ

[江戸]

     │舞ふ聟は何れの国かうかりける 喬谷
     ├─六
     └ 文左に国の下領こなされ   喬谷

[春と秋]

     │味きなく落ち残りたる国の跡  嗒山
     ├──
     └ 国を半ばに残す順礼     翁

[蓬]

     ┌ 駕にも国の霜負はれゆく   翁
     ├───
     │破れたる具足を国へ贈りけり  東藤

                

[一]
須磨

   音訓│うちまた弘き国の守へと    似春
     │ 三
     │夢想国師もいでや此世に    似春

△ 国と国、付句。         ↑ トップへ

[句餞]

     │津の国のなにはなにはと物うりて 翁
     └ 二夜泊りのつくし侍     嵐雪

[拾]

     ┌ いせ思ひたつわらぢ菅笠   コ斎
     │みのなるや蛤舟の朝よばひ   仙化

[白扇]

     │みのへゆく人と別るゝ馬の上  去来
     └ 焼めしとやら土佐日記にあり 浪化

[市の庵]

     ┌ 豊後絞のはやる御家中    呉花
   国三│献立になうてはならぬ近江鮒  史庭

[山琴]

     │雲にさへ信濃太郎も罷出で   北枝
     └ 土用拭ひの備前三郎     従吾

△ 国名に、同国・名所、付句。         ↑ トップへ

 或書に「国を先に付けて、地名を後に付けよ」と云ふは非也。何れを先にてもよし。又、異なる国と名所付たる例多かれども挙げず。

[冬]
はつ雪の

名オ4  ┌ 三絃からむ不破の関人    重五 ※集は、三線
名オ5  │道終みので打ちける碁を忘る  翁  ※集は、道すがら美濃で

[冬]
はつ雪の

初オ1  │雨越ゆる浅香の田にし掘植ゑて 杜国
初オ2  └ 奥の如月を只泣きになく   野水 ※きさらぎを

[つばめ]

     ┌小畑も近くいせの神風     翁
     │疱瘡は桑名日永も流行過ぎ   北枝

[深川]

     │初花にいせの鮑のとれ初めて  翁
     └ 釣樟若やぐ宮川の上     嵐蘭 ※くろもじ。かみ

△ 同国名所、付句。         ↑ トップへ

[冬]
こがらしの

名オ3  │盗人の記念の松は吹きをられ  翁  ※かたみの松。集「松の吹をれて」
名オ4  └ しばし宗祇の名を付けし水  杜国

[売]

     ┌ 〓姨捨の月         翁
     │ちる花に垣根をうがつ鼠宿   嵐雪

[さみ]

     │かも川の一せに月の冴えわたり 魏芝
     └ 菰かぶつても京の明けくれ  范孚

[深川]

     │深草は女ばかりの下屋しき   洒堂
     └ 伏見の恋を入相にきく    曲水

[浪化]

     ┌ 矢ばしの舟はよい昼ね時   素然
     │木曽塚はあれとや蔦の梢とも  獅吹

[卯辰]

     │酔狂は坂本領の頭分      魚素
     └ 松に来合すからさきの茶屋  北枝

[後桜]

     ┌ つゝじのつゞく番場醒が井  呼猿
     │草餅の柏原とやかしは餅    江水

[宇陀]

     ┌ 底倉の湯を下に見下す    李由
     │此度は母の願ひの身延山    許六

 底倉を見ながら過ぐるは、立寄りがたき用と見て、「此度は」と付けたり。付方は、前句によりて、万化なれども、皆しかり、さもなくて、たゞ並べむは、拙き限りならむ。



貞享式海印録 巻三① 終り →「海印録、巻三② 神祇」へ


 トップへ