貞享式海印録巻五 填字・同字・異体・折合

貞享式海印録 巻五① 索引
填字填字、同訓、越、嫌はず ※当て字と同訓字。師走-師恩
同字同字別吟、越、嫌はず ※同じ字の別読み。大事-大原
異体異体、三去 ※同じ字で別のもの。松茸-松虫-松明
留字越、留字を嫌はずり・る、三並、四越
四段活きくしすひふちつむ 下二段状言の「く・し・き、も」
「なり」と「なる」、「けり」と「けれ・れ」、「む」と「らむ」て留、越、嫌はず
に留、三去なり留けり留・ける留・たり留、三去
らむ留、三去るゝ留、三去ず留・ぬ留、三去
「と・ぞ・や・か・さ・過去し・た」留、三去状言の「かし・なし・なき」留、三去
「もなし・べし」留、面去「よ・を・な・頃」留、面去。
哉留、折去「つゝ・ながら・らし・こそ・なりけり」留、折去
短句の「て留・に留」、歌仙に二、百韻に三
体字留、歌仙に十六続きてには留、歌仙十五続き
折合折合辞(おりあい・てには)短より長へは嫌はざる例
表に折合を許したる例裏以下、折合、嫌はざる例
同字付句同字、付句、嫌はず ※前句「這い回る」に付句「見回る」
海印録、全索引へ引用俳書一覧へ俳人一覧へ去嫌まとめへ


貞享式海印録 曲斎述   安政6年(1859)序

 芭蕉の伝書という、「貞享式(別称二十五条)」をもとに、芭蕉俳諧の実例を根拠として、通則を見いだして記録したものである。

 このページでは、巻五、填字・同字・異体・折合を見る。


貞享式海印録 巻五

填字

□ 填字、同訓、越、嫌はず。       

[古今抄]

 「鈴鹿」の打越に、染物の「鹿子」のごときは、是を異体の差別といひて、執筆は仮名・真名の配りをしるべし。

▲ 古式より、仮字を嫌ひ来る物あれど、今此例によりて考ふるに、仮字にも、本義にも嫌はぬ物あり。

 左に、其大概をあぐ、真名・仮名の書分にも及ばぬ事也
・ かほ鳥 (かつほかつほと云ふ声にて号けたり。顔・皃は仮字)
・ やぶ入 (やぶりともやど入の訛りとも。養父、薮は仮字)
・ さをとめ (少女也。早は仮字。乙はかな違ひ)
・ たなばた (棚機也。昔衣おる女の通称。夕は義訓)
・ いなおほせ鳥 (否詔也。二神廻り合ひ給ふときの由。稲負は仮)
・ なのりそ (莫告其也。神馬藻は義)
・ しのゝめ (篠芽等と明白むと云ふ事也。東雲は義)
・ しをり (しは助字、枝は仮字也)
・ つき毛駒、つき草 (月は仮字なれぼ、月打越も苦しからず)
・ ついたち、つごもり (月立・月篭也。朔日・晦日は義)
 此外、軽き異体物にも、越嫌はざる物あり。左にあぐる例を推して、万通せよ。

[山カタ]

    時┌ 貧寺のくせに折々の客     栗儿
   折 │我書いた物を八百屋と読兼ねて  東羽
    活└ 後家のちゑには我を折つたやら 右範

[皮篭摺]

     │福山の殿は追付御座り前     芦本
   座 │ 紺屋を雨の降殺す也      支考
     │つきもない道ぐで狭き裏座敷   乙棹

[射]

     │笠前に起きて師恩の日も忘れ   北枝
   師 │ 隣りのばゞ手紙届くる     十丈
     │よの中の師走も雪に暮れかゝり  牧童

[百歌仙]

     ┌ ほしき鏡に進む朔日      卯七
   朔日│言うて来る今度の客のよしに成り 素行
     └ 月を抱へる空の持合      一介

[きく十]

     │朔日を千代の始めや菊の花    昨嚢
   朔日│ 中くむからに酒も三献     伯兎
     │月に雲其扱ひの風吹いて     蓮二

[翁]

     │有明の雲にしみつく寒さ哉    魯可
   有 │ 寝ていらいらとかゆき霜先   沾圃
     │どうとうつ男波は余程間が有りて 乙州

[梅十]

     ┌ 馬と牛とは仲がよいやら    羽嵇
   仲 │植え懸くる五町五反の田植飯   梅光
     └ 仲人の口半分はうそ      泊楓

[星月夜]

     │木隠れの月を尻目に面の内    泉石
   目 │ 薮のあちらの砧やかまし    松洞
     │禅堂の役目に並ぶうそ寒き    而後

[金竜]

     ┌ 口恥かしき方へ結納      山夕
   口 │関札とことしの恋はつくばねや  仙芝
     └ 財布を捻る花の山口      青流

[このは]

     ┌ 手盛の櫃に強ひる飯時     許六 
   手 │綿秋に仲買さわぐ風吹いて
     └ ひつぱたらぬ毛見の手代衆

[五日月]

     ┌ 晦日払も手にはたまらず    其友
   手 │徳利にも温むる程はなささうな  里夕
     └ 勝手隠れを見こす小屏風    似翠

[だて]

     │独りしてはぜ釣りかねし高瀬守  等躬
   瀬 │ 笠のはをする芦のうら枯    栗斎
     │梅に出て初瀬やよしのは花の時  翁


同字

□ 同字別吟、越、嫌はず。       ↑ トップへ

[古今抄]

 「屏風」は、必らず真名なれども、「松かぜ」とは仮名の目立たず。
 又、云ふ。「野分」の打越に、「一分」といふ類は、是を音訓の差別といひて、執筆は、真草の字形を心得べし。

▲ 音訓は勿論、清濁、引詰にかはりても、異体は 越を嫌はぬ事、証句に明か也。
 真草を分くるに及ばぬ事は、大・小・木等の、真草分ちがたき字にてしるし。

[桃白]

   だい┌ 雁も大事に届けゆく文     涼葉
   大 │眉作る姿似よかし水鏡      濁子
   おお└ 大原の紺屋里に久しき     翁  ※「おはら」で七

[類]

   たい│秋なれば諸行無常の太鼓楼    艶士
   大太│ 後のあしたは綾のおすべり   幸輪
   だい│大毒の反魂香を花の雲      其角 ※だいどくの

[雪白]

   だい┌ 大工がよさに遊ぶ手伝     比誰
  ㋬大 │お袋が亭主さうなる仕廻た屋   以之
   だい└ 朝ねといふも大体の事     左把

[続さる]

    こ│約束の小鳥一提げ売りに来て   馬莧
   小 │ 十りばかりのよそへ出かゝり  里圃
   こう│笹のはに小路埋みて面白き    沾圃

[其袋]

   うま┌ 又寝朝寒御油の馬士      立吟 ※またねあさざむごゆのうまかた
   馬 │様々のきぬぎぬ語れ軒の月    嵐雪
    ば└ 拾はする玄宗の馬鹿      立吟

[桜山]

  き・こ│有りとある木葉も風に散仕廻ひ  柳花
   木 │ 隠居の楽を今思ひしる     林子
    ぎ│摺小木も仏と聞けば其通り    支考

[皮篭摺]

    き│椎の木に通ひ馴れたる角田川   牛寂
   木 │ あはさぬ恋か母を誓又     沾洲
    ぎ│錦木もそよろといはず立ゑぼし  景帘

[拾]

    て│はらはら火打出す手のさえ    如行
   手 │ 触れ事も田舎となれば緩かさ  叩端
    で│蜘手の橋の懸けつはづしつ    閑水

[梅十]

   みず│水打つた程村雨のよくしめり   泊楓
   水 │ 和尚の作を誉むる築山     呂杯
   ずい│行水の時雪隠も見て置いて    里紅

[桃白]

    お│年礼をお師の下人に詞して    馬莧
   御 │ ゑぼし冠れば兀も隠るゝ    翁
    み│持ちつけぬ御太刀を右に畏り   濁子

[浪化]

    お│お城からこゝらを見れば秋の風  為花
   御 │ 人の噂は空の身の上      丈紅
    ご│けふは先づ遊で御ざれ茶を入れむ 寸長

[文月]

    お│金屏にお師の不便を紛らかし   里紅
   御 │ 風に紙燭の遠い雪隠      葵明
    ご│星は出て御ざれど雪のちらちらと 琴左

[庵]

    め│七郷に名の響きたる眼の薬    文鉾
   眼 │ 〓 ながらも見せぬ居角力    此柱
   げん│信玄は天眼通の人遣ひ      岡一 ※てんげんつう


異体(同字異体)

□ 異体、三去。       ↑ トップへ

[古今抄]

 飯(めし)に飯(はん)、鐘魚に木魚の如き異名は、三、四に許すべく、餅に煎餅の如き異体は、数を定めず。(約文)

▲ 爰には、皆、異体と号く。又、句去も、或ひは面去などあれど、異体は悉く三句の字去也。但し三去の証句見当らぬ物は、以上の例を挙げおけども、同じ理也。

[拾]

     ┌ 主討たれては香を残す松    素英 ※ぬしうたれては
   松 │ 三
    ・└ 別れをせむる松明の数     曽良 ※集「炬(たいまつ)」

[浪化]

     │此松の陰で涼まむ蝉の声     路走
   松 │
    ・│松むしも鳴いて月夜の轡むし   祐子

[桃盗]

     │衣配り松の心も急がれて     秋の坊
   松 │
    ・│吸物は松もときとて柚の匂ひ   楚由

[焦]

     │松茸の歯朶に隠るゝ元栞     周東
   松 │
    ・│高砂の松葉を樽にかき入りて   銀杏

              

[白ダラ]

     ┌ なぜに柳はうごく川舟     従吾
   柳 ├─八
    ・│けさくうた儘に調市が柳ごり   従吾

[花摘]

     ┌ 妻乞ひするか山犬の声     翁
   妻 │ 五
    ・└ 鍛冶が火残す稲妻のかげ    梨水

[俳]

    ・│御明の消えて夜寒や轡むし    探志
   轡 ├─六
     └ 轡をすかす銅の鍔       探志

[俳]

    ・│山伝ひいがの上野の年ふりて   正秀
   上 │ 二
     └ 小鳥飛びたっ袖垣の上     昌房

[類]

    ・│月と見て洟紙袋捻帛紗      其角
   はな│
     │鼻落ちて顔の住ひのさびしさよ  嵐雪

[芭]

    ・┌ 盤銅古き竜の捻口       宗瑞
   口 │
    ・└ 八幡の町も祭る水口      馬光

[炭]

     ┌ 背中へのぼる子をかはゆがる  桃隣
   背 ├ 三
    ・└ 背戸へ廻らば山へゆく道    岱水

[節文集]

    ・│お袋も恥づる祇王が心入れ    里紅
   袋 │ 五
     │猫入れてやつた袋に西瓜やら   童平

[一]
百韻
此梅に

    ・┌ 吉祥天女も是程の月      翁
   天 │ 三 
     └ 霞にもろき天竺のきぬ     信章

[新百]

    ・┌ いつもの声の皿や天目     支考
   天 │ 二
     │あやつりは節句を懸けてよい天気 唐庭

[むつ]
翁三回忌
今更に

     │晴嵐の花のこぼるゝ大津口    枳風
   大 ├─二
     └ はづんで声を懸くる大文字   素狄


留字

□ 越、留字を嫌はず。       ↑ トップへ

▽り
▽る

・ なり・けり・たる・るる、かはりても同じ。

・ 四段の活 「き・く・し・ひ・ふ・む・め」の類(状言)。
「くしき」、「も」、「なり」に「なる」、「れ」、「けり」と「けれ」、「む」と「らむ」、「む」と「う」、「らむ」と「らめ」。

※ 四段活用
   語幹 未然 連用 終止 連体 已然 命令
   書  -か -き -く -く -け -け

※ 状言:活用語尾・付属語のこと

△ り・る、三並、四越。(多例省)       ↑ トップへ

[一]
百韻
此梅に

     │階の九つ目より八つ目より    翁
   り並│ 湯立の釜に置合せあり     信章 ※ゆだての
     │既に神にじり上らせ給ひけり   翁  ※集「あがらせ」

[砂川]

     │極楽でよき居所を頼みやり    諷竹
   り並│ 吝うきたなう浮世へにけり   去来 ※しわう汚う
     │道もなき畑の岨の花ざかり    丈草

[次韻]
百韻
鷺の足

     │白き親仁紅葉村に聟を送る    翁  ※しろきおやじ、集「送聟」と漢文調の末。
   る並│ 漁の火影鯛を射る       其角 ※いさりのほかげ、ゆみいる
     │鰤は諌め鰻は胸を割かれける   才丸 ※ぶりはいさめ

[茶]

     ┌ 何諷ふやら鼻声でやる     淡水
   る並│別れ路の出張つた石に腰懸ける  桃先
     └ 薮いたちめが仰山に出る    桃後…

[砥]

    り│打明くる折敷に鯊の反りかへり  浪化
     │ 這掛かる子にいかい目をむく  北枝
    り│借屋から奉加の帳を付廻り    休紅
     │ 袷洗うて貰ふたび笠      句空
    り│そはそはとして何もかも忘れたり 北枝
     │ 笑うてすます道なかの礼    牧童
    り│物値ぎるうちより雨の晴上り   句空

 り四越。  ※越しは、三連
 三越はおびただし。  ※越しは、二連

[句兄]

   なり│恥しや湯女に泣かれて哀れなり  神叔
     │ 狂詩の体か捨人の月      嵐雪
   たり│露の音瓢たんの下からびたり   其角 ※瓢箪のした枯らび
     │ 田に寝た鹿はぬれて美し    介我
   けり│心敬の夜話白々と明けにけり   神叔

[やへ]

    る┌ 古き具足にかちん備ふる    林鴻 ※かちん=かち餅
    り│月見るに傾城の色残りけり    好春
 る三 る│ 四季を撰出に秋思ふなる    示右 ※「よりでに」か
 り三 り│鶸篭の口押明けて押しだまり   一林 ※ひわかご
    る│ 来る人なしと女蚤とる     好春
    り│舟半分海士の隠居に仕切りけり  一林 ※あまの

[小文]

    る┌ 手に手に膳を持つて立たるゝ  嵐竹
     │ひつそりと夜半の月のさひ返り  史邦 ※集「さびかへり」
    る│ 堤の雁の先下りなる      山店 ※さきさがりなる
     │八朔の月代剃りに廻るらむ    嵐竹
    る│ 御門徒寺の角力潰るゝ     史邦
     │秋蝉のいりつく様になく時ぞ   山店
    る│ すべつた馬を引起しける    嵐竹

△ 四段活きくしすひふちつむ下二段       ↑ トップへ

[新百]

    く┌ ちさいびくにの槍持につく   支考
     │立酒にあかぬ別れの泥鰌汁    反止
 く三 く│ 日は照りながら霰ばらつく   反朱
     │狸ではないか山路をゆく坊主   団友
    く└ 林の中の家に火をたく     乙由

[冬]
こがらしの

    き┌ 箕に鰶の魚をいただき     杜国 ※みにこのしろの
     │我が祈り明方の星孕むべく    荷兮
    き└ けふは妹の眉書きにゆき    野水

[菊の露]

    き│暮の露岩屋の坊主打覗き     盤子
     │ 皆己が音を鳴きからすむし   乙州
    き│弓と矢をまたいたいげに跪き   珍碩

[?]

    し│文は先づ三史文選写出し     路通
     │ 座録押しやる昼の転寝     游力
    し│押へたる鼠を終に取りはづし   昌房

[行脚]

    し│奴から挽茶に京をほのめかし   午潮
     │ しらぬ顔して小手まりの花   吟堂
    し│うまさうに臼の晒をこねかへし  蒲道

[百囀]
鴬や

    ひ│さらさらと茶漬の飯を喰仕まひ  支考
     │ 口上言うて返す若党      支考
    ひ│氏神の花も盛りに咲揃ひ     支考

[虚栗]

    ふ┌ 時雨山崎傘をまふ       其角 ※からかさを
     │笹竹のどてらを藍に染めなして  翁
    ふ└ 狩場の雲に若殿を恋ふ     其角

[つくも]

    ふ┌ 節句の鉄漿に鏡かりあふ    闇指
     │嬲るとはしらで八百屋の立戻り  韋吹
    ふ└ 市の喧嘩の和人失ふ      山流

[百囀]
鴬や

    つ┌ 瘤がなければ女房取もつ    翁
     │むだ口に涼しい月の入りかゝり  支考
    つ└ あの榎から蚊柱がたつ     支考

[笈]

    む┌ かりもり時の瓜を漬けこむ   露川
     │三鉦の念仏にうつる秋の風    素覧
    む└ 使をよせて門に彳む      支考

[射]

    め│朝々の曇りも果てず照りかため  蘭水
  下二 │ 節句過ぎたる縁組のさた    河菱
    め│彼の人が来れば屏風に身を縮め  東白

△ 状言の「く・し・き、も」       ↑ トップへ

[印]

    き┌ 鰤よぶ比も都しづけき     翁
 き並 き│長生は殊更君の恩深き      北枝
    き└ 賤が袴は破るともなき     そら ※集「やれるともなき」

[拾]
色々の

    き┌ 硯を探る月の小ぐらき     桐葉
     │気はらしは何を思ひの窓の本   翁
    き└ まだ目の覚めぬ酒のらうたき  東藤 ※集「眉のらうたさ」

[やへ]

    し│駕を留めて萩をる人床し     文石 ※のりものを
     │ まだ宿遠く入相をつく     文石
    し│時雨くる日は物まねの貰ひなし  示右

[三日]

    も│二日でもねせさへすれば三日でも 凉菟
     │ 女房は只家の重宝       柳江
    も│実ならば死なう死なうといはずとも林角

[ぶり]

    も┌ 念仏上戸のねても覚めても   巻耳
     │白川ときくより白し槿垣     巻耳
    も└ 秋の行へをどう捜せども    凉菟

△ 「なり」と「なる」、「けり」と「けれ・れ」、「む」と「らむ」       ↑ トップへ

[袋]
風流の

   なり┌ 笊にかじかの声いかすなり   翁  ※集「籮(びく)に鮇(かじか)の」
     │一葉して月に益なき川柳     等躬
   なる└ 日雇に屋根ふく村ぞ秋なる   曽良 
※集「雇(ゆい)に」

[ひさご]
鉄砲の

   なる┌ 目の中重く見やり勝ちなる   野径
     │けふも亦河原咄しをよく覚え   里東
   なり└ 顔のをかしき生付なり     泥土 泥土

[桃白]
半歌仙
野あらしに

   けり│薄着して砧きくこそ苦しけれ   翁
     │ 網代の鮭を市の貪り      残香
   けれ│舟の形所によりてかはりけり   斜嶺

[雪花]

    れ┌ 勅衣をまとふ身こそ高けれ   桐葉 ※ちょくえを纏う
     │鰐添へて経つむ舟を送るかと   翁  
※集「鰐添て(わにそうて)」、わに鮫
    れ└ 汐こす舟の隠れあらはれ    桐葉

※ 形容詞已然形と動詞連用形。

[射]

    れ│炉塞の庭迄ひろく詠められ    乙双
     │ 昨日の物を又喰ひたがる    東白
    れ│馬士の涙こぼして立別れ     北枝

※ 可能の助動詞「らる」と動詞「別る」。連用形。

[其袋]

   らむ│城下の田町やきりに望むらむ   月下
     │ 浴み帰りと見ゆる足軽     嵐雪 ※ゆあみがえり
    む│忽ちに首つながるゝ亀買はむ   桐雨 
※集「葱(ひともじ)に」、ネギが「き」一文字で呼ばれたことから。

※ 推量の助動詞「らむ」と意志の助動詞「む」で別単語。

[やわ]

   ①む┌ 瓜や茄の朝露を見む      致画 ※なすびの
     │ 縁取に医者の遅いを待つてゐる 彳人
   ②う└ 茶ははんなりと美濃で御ざらう 秋の坊

※ ① 意志の助動詞「む」の終止形。
    未然 連用 終止 連体 已然 命令
    ○  ○  む  む  め  ○
  ② 意志の助動詞「う」の終止形。
    未然 連用 終止 連体 已然 命令
    ○  ○  う  う  ○  ○
  ・ 「う」は「む」の音変化(鎌倉期)した語。

[翁]

  ①らむ│梅嫌よくもいとこに似たるらむ   沾圃
     │ 川澄に切つて年魚もさびけり   里圃
  ②らめ│鮹薬師何にもかにも祈るらめ    沾圃

※ ①原因推量の助動詞「らむ」終止形、②現在推量の助動詞「らむ」已然形で、同単語。
    未然 連用 終止 連体 已然 命令
    ○  ○  らむ らむ らめ ○

△ て留、越、嫌はず。(歌仙に七迄)(古へは三去)       ↑ トップへ

[次韻]
百韻
春澄にとへ

    て│桃の木に蝉なく頃は外に寝て   翁  ※集「外に寝み(やすみ)」
     │ 枕の清水香薷散くむ      楊水 ※こうじゅ、香薷散(漢方、暑気払い)
    て│夢の身を何と松魚に覚めかねて  其角 ※集「鰹(かつお)に」

[春]
春めくや

    て│須磨寺に汗の帷子脱ぎかへて   重五 ※集「脱ぎかへむ」
     │ 各涙笛をいたゞく       荷兮
    て│文王の林にけふも土釣りて    李風 
※集「土つりて(吊る、方言で運ぶ意)」

[けふ]
あれあれて

    て│燭台のちひさき家に輝きて    翁
     │ 名主と地下と立分る判     猿雖 ※じげと
    て│焼飯の割れても中の冷くて    望翠 ※集「焼飯をわりても」

[風麦亭]
四十句
木の本に

    て│鶴の夢薄の中にまどろみて   土芳→雷洞
     │ 冬の案山子の弓を失ふ    半残→三園
    て│庵のるす仏は石炭にふすぼりて 良品→木白
 ※懐紙「房は留守仏はうに(泥炭)に」

※ 〔花はさくら〕もしくは〔十丈園筆記〕によったか。作者が異なる。

[百歌仙]

    て│月星も朧に日和かたまりて    柳船
     │ 理は有りながら主にかたれぬ  一葉
    て│上手とは思へど医者に気がなうて 白柳

[みかの]

    て│便乞の筏に春の袴着て      波文
     │ 貰うて懸けし革さやの槍    虹桟
    て│門先に嗜む松の有明けて     風文

 て留は、多用なる故に、越を許されしと覚ゆ。
 歌仙に七所出でたるは、拾遺・三歌仙・春日・俳諧集・花つみ・岱表紙・別座敷・初茄、其外、例多し。

△ に留、三去。(歌仙に五迄)(七部及多省) ㋬       ↑ トップへ

[拾]
箱根越す

    に│長き夜を泣いたる眉の重たげに  越人 ※集「長き夜に」
     ├─三
    に│下心弥生千句の俳諧に      如行

[長良]

    に│ちり雲の中では月の足早に    琴風
     ├─三
    に│山寺は昼も狸の折々に      七雨

[続花]

    に┌ 草の庵や今の若さに      才牛
     ├─二
    に│据ふろを呼ばれし消の莞爾に   才牛

[桃盗]

    に┌ 千鳥も立たず波も静かに    柳士
   ㋬ │ 二
    に│宮方の軍も尾花ちりぢりに    只草

△ なり留。(歌仙に四迄)(七部及多省) ㋬       ↑ トップへ

[けふ]
あれあれて

    也│箒木は蒔かぬに生えて茂る也   翁
此巻四  ├─三
    也│衣着て旅する心静か也      翁

[翁]

    也┌ 槿のみある裏通也       魯可
此巻四  │
    也└ 土器売の利は僅か也      沾圃

[山中]

    也┌ 裸で居ってかしこまる也    昨嚢
此巻四  ├─三
    也└ 水のうねりの面白き也     凉菟

[韻]

    也┌ 酒の競ひに鹿をおふ也     許六
     │
    也└ 立廻つては座敷はく也     野坡

[三日]

    也┌ 在所へゆけば遅いはず也    柳詞
     │
    也└ 鱸も店へ出たといふ也     流水

[後桜]

    也│画障子にいつも花見の心也    猿之
     ├─二
    也└ 念者そだちの子共達也     白鴎

[そこ]

    也│陸奥殿のまねを身共はならぬ也  嵐青
   イ ├─二
    也└ お茶やの松に風さわぐ也    浪化

[山カタ]

    也│年よれば暮れての道は太義也   六之
     │ 二
    也└ 京の咄しも久しぶり也     六之

△ けり留・ける留・たり留、三去。(歌仙に四迄)       ↑ トップへ

[やへ]

   けり│月見るに傾城の色残りけり    示右
此巻四  │
   けり│舟半分海士の隠居に仕切りけり  一林

[やへ]

   けり┌ 右も左も茨さきけり      凡兆
此巻四  │
   けり└ 皆白張の襖也けり       示右

[春]
なら坂や

  にけり│笠白き太秦祭過ぎにけり     野水
     │ 三
  にけり│鱈負うて大津の浜に入りにけり  旦藁

[春と秋]
衣装して

   けり│手造りの酒の辛みの付きにけり  曽良 ※集「辛みも」
     │ 三
   けり│花の顔室の湊に泣かせけり    路通

[あら]
一里の

   けり│蒜くらふ香に遠放れけり     鼠弾 ※ひる。集「遠ざかりけり」
     ├─三
   けり│座敷ほどある蚊屋を釣りけり   一井

              

[次韻]
五十韻
鷺の足

   ける│武士の刄祭をあれにける     楊水 ※もののふのやいば
     │ 二
   ける│心の猫の月をそむける      其角 ※心の猫、邪な心

              

[卯辰]
凩や

   たり┌ 池のすぽんの甲のはげたり   北枝 ※すっぽん
     │ 五
   たり└ 伏見の月の昔しめきたり    牧童

 三去の例、見当らねども、なり留、けり留の例を推し見るに、「たり・めり・れり」も、皆、三去なる事、明か也。

△ らむ留、三去。(歌仙に四)       ↑ トップへ

[桃白]

   らむ│初月や先づ西窓をはづすらむ   翁  ※集「はがすらむ」
     ├─三
   らむ│おのづから隣りの松を眺むらむ  斜嶺

[一橋]

   らむ│東雲の石きる音を便るらむ    清風
     ├─三
   らむ│ほの白き桔梗や美女の塚ならむ  言水

[拾]
おきふしの

   らむ┌ ゆく翅幾度羂の憎からむ    素英 ※集「いくたび罠の」
     ├─三
   らむ└ 此島に乞食せよとや捨てつらむ 曽良

[古拾]
[江戸十]
青葉より

   らむ┌ 四五りの程が露しぐるらむ   翁  ※江戸十「四五文ほどが」
     ├─二
   らむ│竹戸棚あはの鳴戸や明けぬらむ  翁

[古拾]
[江戸十]
塩にしても

   らむ│川淀の杭木や竜の伝ふらむ    似春 ※くいぎや
     ├─五
   らむ│浦島や櫛箱明けて悔むらむ    似春
歌仙六  ├─九
   らむ│麦飯のぼさつや爰に霞むらむ   翁  ※ぼさつ、米のこと
此外なし │ 三
   らむ│股ぐらから金竜山や見えつらむ  春澄 ※金竜山浅草寺
     │ 三
   らむ│賄を吹田の太郎作いかならむ   似春 ※まかない、たろうざ
     ├─五
   らむ│産出すを見苦し野とや思ふらむ  似春 ※来栖野に懸ける

△ るゝ留、三去。(歌仙に四)       ↑ トップへ

[拾]
夕顔や

     ┌ ほたゆる牛も人にからるゝ   翁  ※「ほたゆ」は上方語、じゃれる
   るゝ│ 三
     └ 今の間に幾度しぐるゝ     惟然 ※〔ゆずり物〕は素牛

[むつ]

     ┌ 野越しの草の蚋にさゝるゝ   介我
   るゝ│
     └ 半田の灰の霜にこぼるゝ    其角

[新百]

     ┌ 薄べりとれば屏風倒るゝ    団友
   るゝ│ 三
     └ 遣た水の道に流るゝ      水甫 ※集「つかふた水の」

[汐]

     ┌ 養生深う杖で出らるゝ     一故
   るゝ│
     └ 春の別れをほろり泣かるゝ   柴友

[冬梅]

     ┌ 廻す小荷駄の馬に後るゝ    白里
   るゝ│
     │月かげにあれし隣りの覗かるゝ  廬元

 長句の例多けれど省く。

△ ず留・ぬ留、三去。(歌仙に四) ㋬       ↑ トップへ

[三匹]

     │さういうてめつたに岐阜も捨てられず  芦本
    ず│
     │用心のわるい所に垣もせず    反朱

[七さみ]

     ┌ かへる時節は雁も残らず    凉菟
    ず│
     └ 糺の涼み只もをられず     之仲 ※ただすの

[夏衣]

     ┌ 今逢坂は駒も嘶はず      支考 ※いばわず
    ず│
     └ 金ほしいとも常は思はず    支考

[三笑]

     ┌ 苫にてる日の空も定めず    桃妖
    ず│
     └ 障子の光りねてもねられず   昨嚢

[あめ]

     ┌ はすね天窓の髪もたばねず   之道
    ず│ 二
     │懸けておく合羽の雫たりやまず  之道

              

[住吉]

     ┌ 戸棚の鎰はこしを放さぬ    竹端
   さぬ│
     └ 笠の上なる袋落さぬ      青流

△ と・ぞ・や・か・さ・過去し・た留、三去。 ㋬       ↑ トップへ

[砥]

     │茶小紋に絽の十徳のすんかりと  去来
    と│ 三
     │雨気づく鉢の戻のはらはらと   野童

[百烏]

     │大磯か小磯に晩は泊らうと    夕市
    と│
     │板舟の動く拍子にくれくれと   宇中

              

[春]

     ┌ ひだるき事も旅のーつぞ    越人
    ぞ│ 二
     └ 咲分けの菊にはをしき白露ぞ  越人

[百歌仙]

     │世の中の人の目がねは違はぬぞ  山鳳
    ぞ│ 四
     └ いつか此口たゝき止まうぞ   道丸

              

[夏衣]

     │松原の東追手の面白や      慈竹
    や│ 二
     └ 心もとなき医者の若さや    慈竹

[蓬]

     │面白の遊女の秋の夜すがらや   翁
    や│ 四
     └ 羽織に酒を替ふる桜や     桐葉

              

[百歌仙]

     ┌ ちよつとそこらの枕からうか  南枝
    か│
     └ 灸時分が過ぎて発るか     知元

              

[菊塵]

     │月影も寒く師走の夜の長さ    諷竹
    さ│
     │餅ちぎる鍋のあたりの賑かさ   支考

              

[一橋]

     ┌ 菫が奥の簫を堀得し      清風
    し│ 三
     └ 汲まぬ野井戸はけもの埋し   清風 ※集「うずみし」

              

[八夕]

     ┌ 子供のるすに物を忘れた    和竹
    た│
     └ 角はお寺に置いて来ました   何竺

△ 状言の「かし・なし・なき」留、三去。       ↑ トップへ

[一橋]

     ┌ 思ひにたらぬ涙もどかし    立志
    し│
     └ 庵室紙帳つるもむつかし    清風

[春]

     ┌ 春ゆく道の笠もむつかし    野水
    し│
     └ 連歌の元にあたるいそがし   冬文

              

[浪化]

     ┌ 人まつ程に退屈はなし     先之
   なし│
     └ 並ぶ中にも似た顔はなし    濫吹

[壬]

     ┌ 尾上を隔つ木魚はかなき    槐市
     │
     └ 泣いてゐる子の顔のきたなき  梅顧

△ 「もなし・べし」留、面去。(歌仙に三)       ↑ トップへ

[賀茂]

     ┌ 火炷まくれば赤椀もなし    素後 ※炭火に見立てた赤漆器
  もなし│ 七
     └ 槻の外は松杉もなし      正住

[ぶり]

     │山科に車引やむ隙もなし     蒲右
  もなし├─八
     └ 拾うた文のやる方もなし    暠巴

[桃盗]

     ┌ 行きあふ顔にいふ事もなし   是通
  もなし├─十一
     │年寄といはるゝ上はぜひもなし  音吹
     ├─八
     │市に出ぬ日はこんにやくもなし  巴兮

[越]

     ┌ 吸物なんどする隙もなし    桃巵
㋬ もなし│ 四
     │番太には鼾をかゝぬ祖父もなし  河菱 ※ばんた、夜警

[やへ]

     ┌ 礫にをしのいもせさくべし   団水
   べし├─八
     │如月や頓て這出と呼ばるべし   景桃 ※はいで、新参

△ 「よ・を・な・頃」留、面去。(歌仙に三)       ↑ トップへ

[虚栗]

     ┌ ばせをあるじの蝶たゝく見よ  其角
    よ│ 八
     └ 鉄の弓取猛き世に出よ     其角

[鶴]

     ┌ 我のる駒に雨覆ひせよ     李下
    よ├─九
     └ 命をかひの筏とも見よ     枳風

[梅十]

     ┌ 鮭の料理に膳の遅さよ     梅光
    よ├─
     │唐様は人のよまぬが自慢かよ   梨雪

[三笑]

     │堪忍をなされといはゞすむ事を  蓮二
    を├─九
     │死ぬ事を忘れて恋はせぬ物を   伯兎

[鳥劫]

     │憂涙ともにそこらも立ちさうな  惟然
    な├─九
     │名残ぞと思ふに雁は沢山な    芙雀

[水仙]

     │のし上る譜代男の花の頃     兎白
    頃├─十一
     │てる年の小鳥せはしき月の頃   兎白

△ 哉留、折去。(多例省)       ↑ トップへ

[続虚]

     │川尽きてかじか流るゝ桜かな   露沾
    長├───
     │万葉によまれし花の名所哉    虚谷

[類]

     ┌ 髪は昨日の中小姓かな     百里
    短├──
     └ 亭主の胴をつくづくし哉    其角

[梅十]

     │飛びはせで杖つく梅の老木哉   蓮二
   長短├───
     └ 旅行のうちはしらぬ春哉    七雨

[一橋]

     │春ゆくに頬愚なる蛙かな     湖春
   長短├───
     └ けふ迄銀にほださるゝかな   湖春

[武蔵]

     │桂こく更科丸の最中哉      千春 
  長短㋬│ 四
     └ 釣にうかるゝ鳧千鳥哉

[十七]

     │恵むより鴬に又芥子哉      露沾
  長短㋬├─六
     └ 茶の香をこぼす縄簾哉     執筆

△ 「つゝ・ながら・らし・こそ・なりけり」留、折去       ↑ トップへ

[古拾]
[一]
わすれ草

     ┌ 磯馴衣おもく懸けつゝ     翁  ※いそなれごろも
   つゝ├──
     │尿ばゞにむつきも袖も絞りつゝ  信徳 
※ししばば(小と大)に襁褓も

[だて]

     ┌ 落ちたる髪を解揃へつゝ    曽良
   つゝ├─ 
     └ あら野の百合に泪懸けつゝ   嵐蘭

              

[なむ俳諧]

     │面白う梢に月はてりながら    汶東
  ながら├───
     │酔覚の裸にたびをはきながら   陸夜

[あら]

     │麦を忘れ花におぼれぬ雁ならし  素堂
   らし├──
     │畏る諌めに涙こぼすらし     野水

[三笑]

     │踊りより前の節季を越えてこそ  重葉
   こそ├─────
     └ 爰は袴も尤もにこそ      古賀

[浪化]

    ウ┌ 千話もほされぬ日和也けり   昨嚢
  也けり├─
     └ 牛の背中のねよげ也けり    琴之

△ 短句の「て留・に留」、歌仙に二、百韻に三。       ↑ トップへ

[古今抄]

 古式には、下の句の「に留・て留」も、千句にも只一つとは、何の故なるや。此外の辞(てには)にも、留まる留まらぬせんさくあれど、公界に物をいふ人の、留まらぬ事は、いはぬはず也。

▲ 短句の「に留・て留」は、古式には、一座一つなれども、蕉門には、一座の百韻に、三つは許したり。すべて、一座ならば一つ、二座ならば二つと云ふ定めは、蕉門にはなき事也。
 蕉門には、一座一つと云ふは、一巻の事なれば、何席かゝりて調べても、一つ也。
 又、始めより二つ許さるゝ物は、折去とか、百韻二とか許せり。  又、長句のて留は、越を許すに、何故に短句とて制すべきや。
 左に挙ぐる例の中、信章、信徳、才丸、似春等は、元古調より出で、翁に随喜せし人也。短句のて留、二三もしてあしからば、先づ此人々諾ふ(うけなう)まじ。諸風子、よくよく考へ給へ。

[俳]
百韻
さぞな都

初ウ2  ┌ 思のきづな〆ころしして    信章
  百韻て├──二十九
二ウ4  │爰に道春是も是とて       信章
     ├────五十七
名ウ6  └ 連理の箸のかたしを持て    信徳

[武蔵]
百韻
錦どる

初オ8  ┌ 梧桐の夕べ孺子を抱て     似春 ※あかごをだいて
  百韻て├─九
初ウ10  │ 八声の月に笠を揖て?     其角 ※集「揮く(はたたく)」
     ├────四十八
三ウ3  │ 遁世のよそに妻子覗いて    翁

   ※集「遁世のよ所に妻子を覗き見て   芭蕉」

[次韻]

     ┌ ことし此秋京をねざめて    才丸
    て├─
     └ 子丑のばんを寅に預けて    其角

[一]
見渡せば

初オ8して┌ 前は畠に峰高うして      似春
     ├───四十三
三オ2して│ 股引脚半きそ始めして     翁  ※着衣始め
     ├──二十九
名オ4 に│ たはけ狂の吉野軍に      翁  ※遊女吉野を懸ける
     ├─十一
名ウ4して│ からくりの天下穏かにして   似春
     │ 一
名ウ6 に└ 海の昔はかくのごとくに    翁  ※集「海士(あま)の」

[一]
須磨ぞ秋

二オ6  ┌ 寝巻の月はいとうくらきに   翁  ※寝待月のもじり
     ├────五十五
名オ6  │ 夢想国師もいでや此世に    似春
     │ 三
名オ10  └ 高麗迄も隣り歩行に      似春 ※集「隣ありきに」

 此例によるに、三句去と見ゆ。

[鶴]
百韻
日の春を

二ウ8  ┌ あらのゝ牧の御召撰みに    其角
     ├───三十四
名オ6  └ あはびとる夜の沖も静かに   仙化

[七部集大鏡]
春の日二座断書の註

 短句の「て留・に留」は、一座一つ也。此巻、短句のに留、二所ある故に、二座の断わり書あり。
 [鶴の歩]も二座なる故に、「に留あり」と云へり。

▲ 「春の日」のは、ぞの字の写し誤り。[鶴の歩]は、一座百韻なる事、[七部婆心録]に弁じたり。人皆、古執をはなれよ。

※ 「春日」のは……七部集大鏡「此巻、短句のに留、二所ある故に、二座の断わり書あり」を指す。「ぞの字の写し誤り」については、不明。

※ 一座一……海印録巻四「栄枯にて、一巻二つの植物、折去」で、「一座一」は、「一巻一」と言っている。

※ 参考1「七部集大鏡」の文
   今宵はふけたりとてやみぬ。
   同十九日荷分室にて。
 愚考、伝に日く、「短句の『て留・に留』は百韻千句たりとも、一座一句の法なり」。此巻、短句の「に留」二ヶ所あり。ゆゑに、此割書をして、旦藁と荷兮が室にて、二座の俳諧なるによりて、短句の「に留」を断りたるものなり。
 初懐紙の中、短句の「に留」二ヶ所あり。かの百韻も、五十韻づゝ二座に出来たる俳諧なれば、短句の「に留」二ヶ所なり。
 さればこそ、翁の自註といふ花の故事といふ註書も、前五十韻にして、後五十韻の註はなし。あらかじめいふ同宅にても、座が二度にたてば、則ち二座也。所をかへるといふ事にはあらずとしるべし。
 是等は重き法なり。犯すべからず。それを、近頃の俳諧に、百韻の中、短句の「て留」三ヶ所あるを見る。此外にも、種々の法やぶれたる俳諧を数多見及ぶの儘、止事を得ずして、その罪を糺すのみ。すべて近年は、「規矩準繩は古めかし」とて、吟味する人がすくなくなり行き、半ば外道に随ひたりける。


※ 参考2「蛙のみの巻」

──────────春の日から──────────

   三月十六日、旦藁が田家にとまりて
1 蛙のみきゝてゆゝしき寝覚かな  野水│2 額にあたるはる雨のもり   旦藁
3 蕨烹る岩木の臭き宿かりて    越人│4 まじまじ人をみたる馬の子  荷兮
5 立てのる渡しの舟の月影    冬文│6 芦の穂を摺る傘の端     執筆
7 磯ぎはに施餓鬼の僧の集りて   旦藁│8 岩のあひより藏みゆる里   野水
9 雨の日も瓶燒やらむ煙たつ    荷兮│10 ひだるき事も旅の一つ   越人
11 尋よる坊主は住まず錠おりて   野水│12 解てやおかん枝むすぶ松   冬文
   今宵は更けたりとてやみぬ。同十九日荷兮室にて
13 咲わけの菊にはをしき白露ぞ   越人│14 秋の和名にかゝる順     旦藁
15 初雁の声にみずから火を打ぬ   冬文│16 別の月になみだあらはせ   荷兮
17 跡ぞ花四の宮よりは唐輪にて   旦藁│18 春ゆく道の笠もむつかし   野水
19 永き日や今朝を昨日に忘るらむ  荷兮│20 簀の子茸生ふる五月雨の中  越人
21 紹鴎が瓢はありて米はなく    野水│22 連哥のもとにあたるいそがし 冬文
23 瀧壺に柴押まげて音とめん    越人│24 岩苔とりの篭にさげられ   旦藁
25 むさぼりに帛着てありく世の中は 冬文│26 莚二枚もひろき我庵     越人
27 朝毎の露あはれさに麦作ル    旦藁│28 碁うちを送るきぬぎぬの月  野水
29 風のなき秋の日舟に網入よ    荷兮│30 鳥羽の湊のをどり笑ひ   冬文
31 あらましのざこね筑广も見て過ぬ 野水│32 つらつら一期聟の名もなし  荷兮
33 我春の若水汲に晝起て      越人│34 餅を食ひつゝいはふ君が代  旦藁
35 山は花所のこらず遊ぶ日    冬文│36 くもらずてらず雲雀鳴也   荷兮

─────────────────────────

△ 体字留、歌仙に十六続き。       ↑ トップへ

[拾]
牡丹蘂

初 5 新屋根になじまぬ板の雨庇   桐葉 ※あらやねに
  6  二百違ひに馬の落札     叩端 ※銭二百文
初ウ1 たぶさひく後は小声の男同士  翁
  2  涙に濁る池の人影      桐葉
  3 竹蜂の尖き月の夕嵐      叩端
  4  茶の実こきゆく牛の嗛    翁  ※なめずり・にれかむ、反芻する
  5 年ふりて吾妻祭の関が原    桐葉
  6  かちんのくくり高き宿老   叩端 ※深藍の染め、老巧者
  7 薄くらき簾にはさむ紙の屑   翁
  8  硯のはらの合はぬひら筆   桐葉 ※集「はばの」
  9 くりくりと醒たる酒の酔心   叩端 ※集「くりくりに」、目の回る様
  10  谷真風をかづく舟の真下     翁  ※やませをかずく。まくだり
  11 花ちりて近き見越の角櫓    桐葉
  12  乙鳥の泥を落す肩衣     叩端
名オ1 出代の腰に提げたる持草履   翁
  2 昼の日あしに過る風空     桐葉

 此歌仙辞(てには)留は六のみなり。

※ 当時は、自立語(体言・用言)を真名書きにして、字留或いは体字留と言った。体言止だけではない。
※ 辞留の確認:活用語尾を付けると十句になる。
   発句   哉│牡丹蘂深く這出る蝶の別れ哉
   第三   て│哥袋望なき身に打かけて
   初オ4 取る│ たまたま膳について箸とる
   初ウ4 齝む│ 茶の實こき行うしの嗛む
   初ウ10真下り│ 谷真風をかづく舟の真下り
   名オ3赤走り│地雷火の逆立つ波の赤ばしり
   名オ7 敷く│御茶壺の雨に向ひて扇子敷く
   名ウ1 入り│振舞を幾つも仕たる仲間入り
   名ウ2 書く│ 妾(てかけ)なぶりて顔を絵に書く
   名ウ5 撓め│花垣に邊りの青葉引撓め

△ てには留、歌仙十五続き。       ↑ トップへ

[たそ]

初オ3  暁の影細々と引捨てゝ      北枝
  4   薄紙一重あちらには誰そ    八紫 ※集「あちらには誰」
  5  吸物はふたとる時にいざとこそ  秋の坊
  6   冬のきげむの空にちらちら   万子
初ウ1  鐘楼から見れば目利の違けり   八紫
  2   早お帰りか信楽を煮る     北枝 ※はや
  3  鼻よりもしはい所が親に似て   万子 ※鼻よりは
  4   三世相にもあはぬ恋する    秋の坊
  5  浮名をば糺の神もどちへやら   北枝
  6   鴉は霜に夜起てなく      八紫
  7  貧乏の細工の工夫とやかくと   秋の坊
  8   子供が簾覗いてはゆく     万子
  9  松の木の二本あるとて町の名も  八紫
  10   死んだともいふ逃げたともいふ 北枝
  11  弓張の闇と月とを振分けに    万子

 十句以下続きたる例は、夥し。此二例を見て、「『句・脇、仮名留』の時は、『第三、字留にす』」と云ふ癖論を止めよ。


折合

□ 折合辞。       ↑ トップへ

 昔より、折合辞(おりあい・てには)と云うて嫌ふは、「第三の留と四句目の中」、「五句目の留と六目の中」「七目の留と八目の中」、表の内ばかり、長より短へは折合とて、同辞を嫌へり。脇の中より第三の留といふ様に、短より長へは嫌はず。そは、本式の懐紙は、二行書に認むる故に、同辞並びて見渡あしと、表だけを憚る事、古今通式也。裏以下には論なし。
 按ずるに、常の一行書の時は、表も許せるが例あり。

 短より長へは、よし。
「短さまして秋の日の影」
「月よりも行野の末に馬冷えて」

 長より短へは、あし。
「お腹(おあんま)とる尼に砧をとめられて」
「正宗ぢやとてなめてをさむる」
         ※下「許した例」に出る。

※ 歌仙、表六句のうちでは
  脇  4 ┌ ・・・・・・○ ・・・・・・・
○ ↓  ↓ │
  第三 5 │・・・・・ ・・・・・・・ ・・・・○

  第三 5 │・・・・・ ・・・・・・・ ・・・・●
× ↓  ↓ │
  4  6 └ ・・・・・・● ・・・・・・・

△ 短より長へは嫌はざる例。(多省)       ↑ トップへ

[花故]

脇    ┌ 短さまして秋の日の影    一泉
    て│
     │月よりも行野の末に馬冷えて  左化

△ 表に折合を許したる例。       ↑ トップへ

[類]

第三   │お腹とる尼に砧をとめられて  其角 ※おあんまとる
    て│
     └ 正宗ぢやとてなめて納る   嵐雪

              

[壬]

第三   │陽炎の消様見たる夕かげに   百歳
    に│
     └ 指さす方に月ひづむ也    村鼓

[越]

第三   │木枕にそばだつ頬の冷かに   岳亭
    に│
     └ 長押の槍に武士を忘れず   風乙

 此等は、本式ならぬ故に、苦しからずと覚ゆ。

△ 裏以下、折合、嫌はざる例。       ↑ トップへ

[寒菊]

     │押詰る師走の口を喰ひかねて  翁
    て│
     └ 尾に尾を付て咄す主筋    野坡

[印]

二オ3  │響き来る木魚に心角折て    翁  ※つのおれて
    て│
  4  └ 目がねして見て澄渡る月   観生 塵生

[拾]
[幽蘭集]
其かたち

名オ5  │苔生ひし仏の膝を枕して    曽良 ※集「苔はえし」
    て│
  6  └ 夢と思うて覚めかぬる夢   夕菊

[拾]
[鵜の音]
ひき起こす

名オ7  │引切りし桐の枕も手元にて   丈草
    て│
  8  └ 炷物たきて雪になす空    支考 ※たきもの(薫物)燒て

[けふ]

 ウ   │焼飯を割りても中の冷くて   望翠
    て│
     └ 思ひ屈して出でぬくらがり  土芳

              

[あら]

名オ1  │日の出でやけふは何せむ暖かに 舟泉
    に│
  2  └ 心安げに土もらふ也     亀洞

[句兄]

名オ   │気色迄曹洞宗の寒がりに    桃隣
    に│
     └ 焦す畳にいたく手をやく   彫棠

              

[売]
[若菜集]
蒟蒻に

名オ3  │柴垣に古き都は荒増り     翁  ※集「芝垣の-破れまさり」
    り│
  4  └ よみもよみたり椎の黒石   嵐雪 ※集「読みもよんだり椎は」

              

[砥]

名オ7  │茶小紋に絽の十徳のすんかりと 去来
    と│
  8  └ 手舟さつさと秋は来にけり  丈草

[秋]

名オ   │懐に脇指さして又出づる    胡及
    る│
     └ 下戸を憎める雪の夜の亭   荷兮

[茶]

名ウ   │あの家は早う新酒を絞らるゝ  以之
    る│
     └ 馬繋いだる門の竹垣     芦雁

[雪丸]

 ウ   │炷物の香を暁とかこちける   曽良
    る│
     └ 爪紅うつる双六の石     川水

              

[柱]

 ウ   │まだ止ぬ雪の戸明けて恐れたる 苔翠
   たる│
     └ さし残したる曲舞の章    夕菊


同字付句

□ 同字、付句、嫌はず。       ↑ トップへ

 蕉門には、前句の意(こころ)を見かへて、付句する故に、いかなる字も付句を嫌はず。但し、月花は、数に限りあれば、付けられず。其余は、同字をよく付くるを手柄とする也。

[汐]

     │一代に又とあるまいこんな事  井炊
   ある│
     └ 御大名にも色々がある    柴友

[汐]

     ┌ 垣はかはれど爰も卯の花   里洞
  かはり│
     │些斗りふらせて見ない節かはり 白庭

[みかの]

     │三日月のかげ有りながら埋れ池 管月
  ながら│
     └ むし捨てにたつ扇ながらも  春路

[翁]

     ┌ 愛らしげにも這廻る児    魯可
    廻│
     │勧めとて直に院家の廻らるゝ  里圃

[雪丸]

     │瓜畑いざよふ空に月を見て   曽良
    畑│
     └ 里を向ふに桑の畑道     川水

 「六の巻、畳語(たたみことば)の部」にも例あれば、爰に略す。


貞享式海印録 巻五① 終り →「海印録、巻五② 多用の辞」へ



 トップへ