貞享式海印録巻五 体言・用言

貞享式海印録 巻五③ 索引
体言・用言体言・用言総論三去用言、活かはり、越、嫌はず
二去用言
「見・居・取・付・する・有・がり・無・成・出・入・来・置・立・打・当・合・知・よし・懸」
五去・面去の用言、活かはり二去
二去体言
「此・物・高・小・先・中・内・折・笑・古」
三去用言
「連・過・込・広・待・行・替・着・聞・思・言・啼・喰・吹・咲・散・降・狂・織・習・指」
三去、辞・体言
「とも・ども・とて・やか・さう・かね・ばかり・まで・さへ・こそ・
未・何・其・是・中・大・今・儘・事・又・間・程・半・座・色・時・所・方・音・声・御」
五去用言
「渡・渡・上・下・分・明・引・寝・直・書・好・集・包・釣・捨・払・
摘・持・控・折・敷・冷・返・帰・戻・落・覗・越・篭・残・憂・長」
五去辞・体言
「かな・つつ・ながら・故・只・上・下・様・世・新・古・跡・陰・度・奥・裏・名・群・片・功」
海印録、全索引へ引用俳書一覧へ俳人一覧へ去嫌まとめへ


貞享式海印録 曲斎述   安政6年(1859)序

 芭蕉の伝書という、「貞享式(別称二十五条)」をもとに、芭蕉俳諧の実例を根拠として、通則を見いだして記録したものである。

 このページでは、巻五、辞・体言・用言を見る。


貞享式海印録 巻五

体言・用言

□ 体言・用言総論       

[古今抄]

日用の条

 凡そ態芸の字類より、虚押復用(きょおう・ふくよう)の軽き詞は、仮令、古式に一二といふとも、折を替へては、四と定むべく、其の外の詞字は面をかへては、八と定むべく、七句といひ、五句といひ、三句の字去は、論に及ばず。増して、折をかへ、面をさらば、三句も二句に許すべき也。

▲ 此段は、一理万通の例にて、「折去より面去、五去、三去等の軽重を分別すべく、殊に三去の物も、面を隔てゝは、二去にも許せよ」とぞ。  凡て体用の字類には、細かなる定めなければ、多例に拠るべき也。

△ 三去用言、活かはり、越、嫌はず。       ↑ トップへ

[白ダラ]

     ┌ 縁に出てゐれや鐘が聞ゆる   支考
     │将木さす傍に銚子と盃と     従吾 ※将棋
    聞└ 使はまだか聞いて下され    北枝

[別座]
取あげて

初ウ12  ┌ 綿弓提げて春も旅      楚舟 ※たびがけ
名オ1  │十五日節が過ればひつそりと   太大 ※せちが
  2 掛└ 手に手に鍬の先にやる    李里 ※集「てんでに」

[麦]

     │恋の巣を連に隠せば呼懸けて   麦林
     │ 目もしたゝるう看板の伊達   巳覧
    懸│暮懸かる槿に馬をつなぎ捨て   岸虎

[其袋]
笠うち越せば

初ウ5  │百谷の雪崩れ来る筑摩川     李下 ※ももたに。つくま
  6  │ 芽も立ちあへず大割の材    氷花
  7 来│花にて牛も涎を流す也     嵐雪

[ひさご]

名オ11  │馴かげむ又とは来じひしほみそ 荷兮 ※なれかげん
  12  │ 何ともせぬに落つる釣棚    越人
名ウ1 出│忍ぶ夜のをかしう成りて笑出す  荷兮

[星月夜]

     ┌ 薄着にかけつらす乗物    由戸
     │月受のかはる新地のわら庇    記之
    出└ 蔦より顔を出す梟       東鄒

[白ダラ]

     ┌ 左すまゐに旭さしこむ     野棠
     │銭くるゝ江戸の息子を待ち心   巴兮
    差└ 目薬さいて茶呑友達      秋の坊

[小弓]

     ┌ 月冴て川がしぐるゝ     如行
     │鷺のゐる榎は丁ど花盛り     東鷲
    切└ 糸のきれたる凧吹かれゆく   鼠弾

[笈]

     ┌ ゐろり塞げば弘きすまゐや   落梧
     │花にゆく顔知る人も尋ねより   蕉笠
    広└ 雛の調度を取弘げたり     一髪

[桃]

    用┌ 赤い頭巾は市の目にたつ    梨雪
   立 │吹矢筒提げて非番の茶道衆    連支
    体└ 雲は粟津へそるゝ夕     里紅

[冬]

名オ5  │道すがら美濃でける碁を忘る  翁
  6  │ ねざめねざめのさても七十   杜国
  7 打│奉加めす御堂に黄金荷ひ    重五


二去用言

□ 二去用言       ↑ トップへ

 見、居、居、取、付、為(する)、有、がり、無、成、出、入、来、置、立、立、打、当、合、知、善(よし)、懸、懸

[住吉]
升買て

名オ2  ┌ 印分けて返す茶莚      翁
    見│ 二
  5  │名号をようせたとて樽肴    洒堂

[行脚]

     │ひちりきをふけば花の唐めきて 蒲道
    見│
     └ 一度通つてたきいが越    凉菟

[ぶり]

     │すまして佐渡へはたつた一日和 竹遊
    見│
     └ とぶとたれば夢は覚めけり  竹遊

[冬梅]

     │芝居に咄しも月の気養生    貞旭
    見│
     └ 知つた猫の縁に聞耳     蘭兎

              

[梅十]

     │活きてゐる様な肴に月のかげ   泊楓
    居│
     └ 舟のせん茶に水はながら   有琴

[山カタ]

     ┌ 曇てても厄空のうち     粟几
    居│
     │雪隠にゐるとは誰もしらなんだ  六之

[山カタ]

     │台所は折ふし猫もをらぬ也    東羽 ㋬
    居│
     └ 触状持て待てをるげな     栗几

[ぶり]

     │いやはやと申てろくにをりはぐれ 凉菟
     │ 誰が来たやら戸が明いてをる  素冠
    居│かへにやる茶漬は何をしてをるぞ 素冠

              

[続さる]
いさみ立

初ウ5  │状箱を駿河の飛脚受て     沾圃
     │ 二
初ウ8 取└ 伊駒気遣ふ棉の雨      沾圃

[続さる]
雀の字や

名オ6  ┌ 赤らむ麦を先づ刈つてとる   里圃
     │ 二
名オ9 取│銭借りてまだ付かぬ小商    里圃

[けふ]

     │焚きさして柴取りにゆく庭の花  土芳
     │
    取└ 日なた日なたに虱取りあふ   苔蘇

[桃]

     │まだ若い馬の心を取りかねて   乃露
     │
    取└ 前髪取つた秋はすずしい    乙甫

         ○

[一幅]

     │馬に西瓜を付けてゆく也     葛森
     │
    付│吹付けて雨はぬけたる未申    葛森

[其日]

     ┌ 陰間つけこむ山の所化寮    山只
     │
    付│頓てあく土用を蝉の煎付けて   杜吾

[七さみ]

第三   │洟をかむ時はゑぼしに気をて  之仲
     │ 二
初オ6 付└ 芙蓉の花のさくにつけても   貝紫

         ○                    ㋬

[鵆]

初ウ1  │ 色艶もつけぬ浮世の楽をする  路通
     ├─二
 4 する└ きめよき顔に薄化粧する    路通

[誰]

一ウ14  ┌ む月晦日のいもひする家    才丸
     ├─二
二オ3  │祈りする祭りの中を押され出で  才丸
     │ 二
二オ6する└ 雪の布袋の薄化粧する     嵐雪 ※集「布袋をはやしごとする」

[さる廻]

     ┌ からからするに足駄をかしき  史邦
     │
   する│する程の商事にすれわたり    種文

         ○                    ㋬

[続寒]
五人ぶち

名ウ2  ┌ 書付けてある釜の稽古日    野坡 ㋬
     │ 二
  5 有│あの花のちらぬ工夫があるならば 翁

[類]
百韻

初ウ6  ┌ 二枚ある歯の年寒き松     楓子
     │ 二
初ウ9 有│腰をうつ子程の宝あるべきか   専吟

[やわ]
四十四

初ウ13  │七日ある彼岸の花もけふばかり  支考
     ├─二
名オ2 有└ 鎧ながらに寝てゐるもあり   季邑

         ○

[桃]

     │下坂は駕に眠りをあぶながり   嵐枝
     │
   がる└ ひよんな御ふれに盆さびしがる 柳鼓

[山カタ]

     ┌ 細工に書いた絵をさびしがる  東羽
     │
   がる│隠居には芋ほしがりて月の朝   馬岐

         ○                    ㋬

[小文]
新麦は

初ウ5  │丹波から使もなくてなく烏    翁 ※集「便りもなくと」
     │ 三
初ウ9 無│神鳴のひつかりとしてさたもなき 翁

[雑]
川つらに

名オ5  │消ゆる身の三絃ひくも我にて  其角 ※集「三味線」。なりて
     │
名オ8 成└ 子は杖になる老の小便     其角

[むつ]

     │船頭に素人竿は害になる     五粒
     │
    成└ へぎて並べるなまこ輪になる  五粒

[梅十]

     ┌ 一歩崩してならぬ物前     梨雪
     │
    成│名月の盗みは科にならぬげな   泊楓

         ○                    ㋬

[ひな]
傘に

初ウ11  │在所から半道れば花咲て    利牛
     ├─ 二
名オ2 出└ 汐干にてもをしむ精進日   翁  
※集「出も(でるも)」。いもいび

[小文]

初ウ4  ┌ 湿の吹のかゆき南気     山店 ※みなみけ
     │ 二
初ウ7 出│雪にて土器売を追ちらし    翁  ※かわらけうり

[ぶり]

     ┌ しる人は皆代てゆく     枝三
     │
    出│又一人妾の腹に来るげな    加友

         ○                    ㋬

[雑]
百韻
賑が

三オ2  ┌ 鹿料乗りこむ堀の汐     其角 ※ししろ、丸太木材
     │ 二
三オ5 入│何代の出家敷をひいきする   尺草

[麦]

     ┌ 小僧は肥えて戻るやぶ    蓮二
     │
    入│嫁の花を見たがり折りたがり  巳覧

         ○                    ㋬

[難]
百韻
茸刈に

三オ2  │築地を嗅て来たる一季居     佳六
     │ 二
三オ5 来│折々に妾の親は消にて     知角

         ○

[土芳亭]
[猿雖亭]
十六句
松茸や

5    │運ばする道具そこそこ直し   土芳
     │ 二
8   置└ て廻しいせの御祓      土芳 ※まわりし

[梅十]

     ┌ くはねど盛てし祝ひ日    蓮二
     │
    置│行水の時雪隠も見てて     里紅

[なむ]

     ┌ なら茶はおけと奢る六はら   汶東
     │
    置│月夜をば誉めてたる長堤    過角

         ○                    ㋬

[韻]
鱈舟や

初ウ3  │門口に化粧ひたる宿の者    李由
     │ 三
初ウ7 立│引飯の算用立てる男部屋     許六 ※ひきめしの

[冬梅]

     ┌ 長い咄しの出ぬ先にたつ    白里
     │
    立│鶏よりは鐘に旅誂へて     廬元

[百歌仙]

     │聞忌のそこをれず居られず   素三 ※ききいみ、遠方での服喪
     │
    立└ 江湖の僧の連てゆく     素三

         ○

[鶴]
百韻
日の春を

初ウ5  │有明に梨ゑぼし着たりける   翁  ※集「有明の」
     │二
初ウ8 打└ 後すむ女砧打ち打ち      其角 ※のち住む、後妻

[其袋]

     │橡ふるしぐれ竹笠をうつ     嵐雪 ※とち降る時雨
     │
    打│懸声も不肖々々の鼓      立吟 ※不承不承のつづみうち

[むつ]

     │先様の名忘るゝ状使      不誠 ※宛名
     │
    当└ こちから先へ突当てた舟    不碩

         ○

[六行]

     │御蔵米野髪の馬のせり合うて   壺天
     │
    合└ 貰へば戻す借屋付      野坡

[笠]

     │寄合うて庫裡は淋しき夕彼岸   童平
     │
    合└ 渡し込みあふあやつりの果   楚琢

         ○                    ㋬

[三笑]

初ウ10  ┌ ばゞにならねば皆しらぬ也   桃妖
     ├─ 二
名オ1 知│物知りは物見てくらす春の雨   琴之

[百歌仙]

     │猫又になるかしらねど悪がりて  天垂
     │
    知└ 恋なれば今の仕合      宇桂

         ○

[百歌仙]

     │なら柿の名のさに復皮をむく  天垂
     │
    良└ 念仏がようて寺に奉公     万亀

[汐]

     │よく廻る坊主天窓を振廻し    凉菟 ※ぼうずあたまを
     │
    良└ 丹波でもよし但馬でもよし   乙由

[汐]

     ┌ ふしぎの縁にお腰られ    柳詞
     │
    掛│小便に片手懸けたる縁柱     柴友

[笠]

     │炉塞や壁に懸けたる唐団扇    箕由
     │
    掛└ 阿房はこしを懸けて長喰    連支

[射]

     │門外の柳は霜にちりかゝり    乙双 ㋬
     │ 三
    掛│ちらちらと雪に夕日のてりかゝり 周以

[つくも]

     │小便の渋谷越にさしかゝり    山流
     │
    掛│不拍子な風から舟の夜にかゝり  虚白

※ 懸と掛
「懸(かか)る・懸(か)ける」:高みや宙に留める。掲げ示す。託す。未決。かけ離れる。
 ・ 「神に懸ける」「命を懸ける」「メダルが懸かる」「賞金を懸ける」「未来への懸け橋(比喩)」
「掛(かか)る・掛(か)ける」:ひっかけ留める。→静かさや絵--る壁のきりぎりす / 水・粉を注ぐ。→撫子に--る涙や楠の露 / 被せ置く。→日に--る雲やしばしの渡り鳥 / 目・耳・心にとめる。→目に--る時やことさら五月富士  / しはじめる。→入り--る日も糸遊の名残かな / 時間・空間の範囲を示す。→天秤や京江戸--て千代の春 / 送って届かせる。→網の者近づき舟に声かけて(利牛、炭俵) / 載せ置く。→腰--つみし藤棚の下(臥高、続猿) / 受け止めてする。→秋の和名に--る順(旦藁、春) / 掛売。→五百の--を二度に取けり(野坡、炭俵) / 巻き結ぶ。組み作る。興行・上演する。燃す。矢を放つ。謀り陥れる。自ら扱う。見せる。世話する。体で受ける。働き・作用を仕向ける。気持を向ける。仕掛けで固定する。装置・道具を働かす。被らせる。負わせる。押付け課する。時・金・力をつぎ込む。関する。力を加える。あてがう。載せ置く。支え立てる。頼る。ゆだねる。公に出す。持ち込み扱う。保証契約金を払う。併せ持つ。兼ねる。 同音一語に二つの意味を持たせる。増し加える。交配する。芸妓をよぶ。測り比べる。たとえる。かこつける。目標にする。途中までする。今にもしそうになる。
※ 近似語
「係(かか)る」:物事が関係する。修飾する(文法)。
「架(か)かる・架(か)ける」:二か所にものを渡してつなぐ。高みに留める。「架け橋(実体)」
「罹(かか)る」:患う。厄災を受ける。
※ 同訓意義語
「斯(か)かる」:「このような」の意。「斯く有る」の音変化。→酒飲みに語らん--る滝の花
「皸(かか)る」:皮膚がひび割れる。
「繋(かか)る」:船が停泊する。係留する。
「賭(か)ける」:当てて利を得るため、失う覚悟で何かを差し出す。

△ 五去・面去の用言、活かはり二去。       ↑ トップへ

 二去の例、見当たらぬ物は、三去をあぐれど、同じ事也。

[己]
種芋や

初オ6  ┌ ひさごの札を付渡しけり    翁
     │
初ウ3 渡│安々と矢洲の河原の歩渡     翁  ※かちわたり

[だて]
かげろふの

名オ1  │客呼て塩干ながらのいか鱠    翁
     │ 三
名オ5 呼│行帰り迷ひ子呼ばる星月夜    嵐蘭

[桃白]
いざよひは

名オ2  ┌ ゑぼし冠れば兀もかくるゝ   翁
     │ 三
名オ6 隠└ 道祖の社月を見隠す      濁子

[山中]

名オ9  │鹿の音にうつらうつらと打持れ  長緒 ※集「打もたれ(凭れ)」
     │ 二
名オ11 持└ 朧の清水季を持たせたり    乙由

 ※ 名オ9「もたれ」について
名オ8  │ 十九廿日の月のほそぼそ    従吾
名オ9  │鹿の音にうつらうつらと打もたれ 長緒
名オ10  │ 露に濡たる小袖着て居る    八紫

・ 前句・付句を参照するまでもないが、この「もたれ」は、何かに寄りかかる意で、漢字を使えば、「凭れる」である。「持つ」の受身形ではない。

[浪化]

     │装束のまゝで寄りたる芝居過ぎ  左白
     │
    寄└ ともによせ来る御祓の宿    芦錐

[冬]
はつ雪の

第三   │野菊迄尋ぬる蝶の羽をれて    重五 翁
     │
初オ6 折└ 桃花を手をる貞徳の富     正平

[三日]

     │三日月の余りに冴えて折れやせむ 支考
     │
    折└ 茶ぐわしにちよつと柴の爪折  除風

[越]

     │我旅は狐を馬にのせかねて    支考
     │
    乗│乗物の簾に近き蛬        柳雨

[句兄]

    替│目に立たぬつまり肴を引替へて  其角
     │
    代└ 出代過ぎて秋ぞせはしき    銀杏

[句餞]
十句
しろがねに

     ┌ 田中の道の通りくれゆく    依々
     │
    通│露の糸錦を通す梭の音      風泉 ※集「オサ」と振る。

※ 「梭」は「ひ・かび」で、横糸を通すシャトルのこと。「おさ」とも呼ぶが、縦糸を整え、横糸を打ち込む櫛歯の付いた棒「筬」も「おさ」という。

[皮篭摺]

初ウ8  ┌ 欠落猫に猫のまを出す     午寂 ※集「猪の早を出す」、猪早太
     │ 三
初ウ12 落└ 眉を落して腫まぶた也     景帘

[既望]
安々と

名オ9  │はしばしは古き都のあれ残り   柴菜 柴莱
     ├─三
名ウ1 残│ 〓 哀れさに捨残し      路通

[砥]

     │すががきの同じ手かへす秋の暮  牧童
     │
    返│冴かへる兵具のつゞら〆からげ  北枝


二去体言

□ 二去体言       ↑ トップへ

此、物、高、小、先(さき)、中(うち)、内、折(時の)、笑(音訓)、古(音訓)

[拾]
[幽蘭集]
色々の

初ウ1  │此あたり何をしるべに住ひせむ  叩端 ※集「執筆」
     │ 二
初ウ4 此└ 此髪そらむ事の安さよ     翁

[宇陀]

     │此度は母の願ひの身延山     許六
     │ 二
    此└ 此西行も少しやる也      許六

※ 引用した句は、巻のものかどうか判然としない。「宇陀法師」参照。

         ○                    ㋬

[だて]
かげろふの

第三   │杣が家に独活のあへ物誂へて   嗒山 ※集「杣の家に」
     │ 二
初オ6 物└ 心を隠す物売が秋       翁  ※集「もの売の秋」

 此歌仙、「物」六あり。

[砥]
葉がくれを

名ウ1  │此ごろの化物咄ししづまりて   之道
     │
名ウ4 物└ ぬった箱より物の出し入れ   翁

[市の海]

     ┌ 染物好む部屋の註文      不雄
     │
    物│売物に病者の伽の気を付て    不雄

         ○

[夕顔]
月見する

名オ8  ┌ 高宮値ぎる盆も来にけり    尚白
     │
名オ11 高│高取の城に登れば一り半     翁

[節文集]

     │物好みして出代の高なぐれ    呉井
     │ 三
    高└ けあるくもしらず小僧の高鼾  廬元

         ○                    ㋬

[菊塵]
白菊の

初ウ1  │改むる秤に小玉ためて見る    洒堂 ※集「秤に銀を」
     │ 二
初ウ4 小└ ふしんの内は小家で火をたく  翁

[このは]

     ┌ 小春の天気米だるゝ左右    列孚
     │
    小│小額の花頭彩しく葭簾越     列孚

         ○

[むつ]

     │先様の当名忘るゝ状使      不誠
     │
    先└ こちから先へ付当てた舟    不碩

         ○

[天河]

初ウ10  ┌ 名をとふうちに鳥はあちらへ  藤袖
     │ 二
名オ1 内│水風呂も春の名残を惜む中    季布 ※集「惜む内」

[藤]

     │春もまだ寒い中から花のさた   童平
     │
    中└ おるすのうちも絶えぬ物申   里紅

[きそ]

     │振廻といへば内輪の多過ぎる   利合
     │
    内└ 持仏の内は蛬すむ       杉風

         ○

[山カタ]

     │折り折りは伯父をつるとて油揚  白狂
     │
    折└ 論語のよめぬ折りは隙也    右範

         ○

[類]
業平の

初ウ11 訓│腹切のしかも笑うて山は花    其角
   笑 ├─ 二
名オ2 音└ 是でにも集か笑止千万     堤亭

         ○

[星月夜]

    音┌ 古歌渺々と晴渡る湖      円賀
   古 │
    訓│だて染のちくさよごるゝ古簾   可直


三去用言

□ 三去用言(歌仙に五六)       ↑ トップへ

 連、過、込、広、待、行、替へ、替はり、着(き)、聞き、聞こえ、思、言、啼、喰、吹、咲、散、降、狂、織、習、指。
 二去・四去の例を挙げたるも、同じ事也。

[桜山]?

     ┌ 処性をなぶる小便の連     支考
     │
    連└兄弟子達のあとに連立      知子

[文星]
一順十四句

     ┌ 残暑に連て金むしとぶ     波文
     │ 二
    連│むくろ腹立てゝも連の未見えず  柳睡

         ○

[ぶり]

     │白霧に小僧のちゑの走過ぎ    凉菟
     │ 四
    過└ 後宴の鮓の馴過ぎてゐる    任行

[三匹]

     ┌ さあ朝起といふが昼過ぎ    支考
     │ 四
    過│偶に水ふろあれば夜半過ぎ    水甫 ※たまたまにすい風呂

         ○

[翁]

     ┌ 湧出る水にかいげつつこむ   乙州 ※掻い笥、片手桶
     │
    込└ たつた一度に稲を刈りこむ   犀角

[笠]

     ┌ 雨に取りこむせんたくの竿   其白
     │
    込└ 風より先へ柳ちりこむ     泊太

         ○

[ひさご]
いろいろの

名オ1  │此村の広きに医者のなかりけり  荷兮
     │ 四
名オ5 広│眺めやる秋の夕べぞだゞ広き   荷兮

[其日]

     │月も待たで亭主は鯊に釣られたか 百河
     │
    待│せと門にまつ女房は持たねども  吾由

[青瓢]

     │待受の路次や蛍も先づ灯し    烏月
     │
    待│寝ませやら夜宮祭の寝待やら   右菊

         ○

[さる廻]

     ┌ 折角ゆけばお寺るす也     史邦
     │
    行└ 釣瓶隠して笑ひゆくらむ    種文

[住吉]

     ┌ 振商に棒さげてゆく      之道
     │
    行└ 岨のはづれを雉うつりゆく   惟然

[小弓]

     ┌ 糸の切れたる凧吹かれゆく   鼠弾
     │
    行└ 傘さして目見えしにゆく    東鷲

[百歌仙]

     ┌ すとんすとんと鱸はねゆく   鉄砂
     │
    行└ 祗園祭にてられにぞゆく    幽軒

[きく十]

     │取次の行へもしれず呉服売    昨嚢
     │
    行│行暮れはせねども花を主にて   伯兎

         ○

[別座]

     │腹くせのきりきりいたむ節替   楚舟
     │ 四
  かはる└ 池田伊丹の秋に出替      太大

[己]

     │萱草の色もかはらぬ恋をして   半残
     │ 四
  かはる└ 腹の鳴来る水のかはりめ    半残

[汐]

     │ちつと又ふらせて見たい節替   白庭
     │ 四
  かはる└ 年はえのよいこれの出代り   林角

[汐]

     │奉公の心をかへて思ひしれ    柴友
     │ 四
  かへる│水さはやかにかふる索麺     霤石

[類]

     │肩衣を着かへ置たる松の枝    枳風
     │ 二
  かへる└ 月をも汲めば井戸かへの櫛   済通

[白ダラ]

     ┌ 小さい笠をきる程な雨     山隣
     │
    着└ かし夜着数多都ではある    支考

[三日月]

     │紙衣着て冬を凌ぐも武田流    兆而
     │
    着│小袖着ぬばかりに猫の育てられ  宇兆

[雪白]

初ウ4  ┌ 囁をきく花は夕がほ      巴湫 ※集「ささやきを」「華は」
     │ 三
初ウ8 聞└ 季中なれども奉公にあく    蟠此 
※集「奉公場を聞く」

[三日]

     │餅搗いた音は聞えてくれもせず  支考
     │
    聞│私は耳が聞えで口をしき     井炊

[さる]
梅若菜

名オ5  │大たむに思ひ崩れぬ恋をして   半残 ※集「大胆に」
     │ 三
名オ9 思│爰許は思ふ便りも須磨の浦    猿雖 ※ここもとは

[東六]

     │よそにのみ我れは鮑の片思    山視
     │
    思│わらの秋進めて庵思立      春元

[梅の別]

     │ぢゞの事思へばぢゞはばゞの事  東伍
     │
    思│思はせて思はぬよそになく鶉   仲太

[白ダラ]

     ┌ おれは降らうと宵に思うた   北枝
     ├─二
    思│吸物の思ひやらるゝ蜆川     北枝

         ○

[むつ]

     ┌ 秘していはぬを妙薬の妙    助叟
     │
    言└ 礼もいはずに戻す文台     朱角

[やわ]

     │上つてはならずと言て長咄    夕市
     │
    言│此雨は降りもせまいと皆言て   夕市

[三顔]

     ┌ 節句と言てもはや日はない   湖毛
     │
    言└ さういうてふるけしきでもなし 三眺

         ○

[冬団]
めづらしや

初ウ2  ┌ 妾がなつけしひよこなく也   安信
     │ 三
初ウ6 啼└ はなてる鶴の啼きかへる見ゆ  翁

[誰]

     ┌ 思ひまさるとなくとのゐ猿   其角
     │
    啼└ ふはふはくへとくだかけのなく 嵐雪

[白扇]

     │雁なけば敦賀の秋を思ふ也    夕兆
     │
    啼│雲雀なく源氏は陸に舟軍     嵐青

[浪化]

     │松むしも啼いて月夜の轡むし   祐子
     │
    啼│朝烏啼いては雨のはれわたり   和木

[越]

     │日を見れば旅の朝寝をなく烏   雨村
     │
    啼│猫の子も鳴いてやかまし台処   水坡

         ○

[いせ]

     ┌ 食はうか樋にせうか竹の子   日図
     │
    食└ 飯くう先に高取の城      麦林

[長良]

     │物食うて遊ぶ奉公も隙過ぎて   有琴
     │
    食│初午もあれずに団子食仕廻ひ   羽嵇

         ○

[草刈]

     │猫鳥は南風ふくかもめ也     北枝
     │
    吹│山里に誰れまつ風の吹あらし   浪化

[きそ]

     │染物の虎落吹きたつ昼の風    野坡 ※もがり、干し具
     │
    吹│宵闇の廊下で紙燭吹消して    野坡

[鳥劫]

     │雨雲をすつぺり風の吹払ひ    諷竹
     │
    吹│秋風のふくにつけても忘れたり  芙雀

[汐]

     │さい槌をとる手に息を吹懸けて  紀之
     │
    吹└ 小鳥の渡る風さつとふく    杜典

[やへ]

     │雨晴のくぼみを豚の吹廻り    林鴻
 (口の)│ 四
    吹└ 月冴ゆるから火をも吹きけし  林鴻

         ○

[渡鳥]

     │あのごとく萩は錦と咲乱れ    去来
     │
    咲│咲初むる花に名残りの橋の霜   支考

[桜山]

     │野にさく萩の牛にふまるゝ    枝動
     │ 二
    咲│彼岸には後生の花の咲きかゝり  十丈

[草刈]

     │白露に赤い花さく野の月夜    支考
     │ 四
    咲└ 茶の湯心に咲いた水仙     牧童

         ○

[五日月]

     │散る葉にはつれない風を冬木から 扣角
     │
    散│花は雪とちり仕廻たる庵の隙   之甫

         ○

[類]

初ウ11  │雪は花赤人の手にふるばかり   其角
     ├─ 三
名オ3 降│目の下に雨は降来ぬ捨舎     来示 ※集「捨舎り(すてやどり)」

[別座]

初ウ3  │たつたもの今ふる雪も元の上   子祐
     │
初ウ7 降│六月に一日ふれば雨祝      子珊 ※集「雨祝ひ」

[天河]

初ウ11  │開帳の梺は花の雪がふる     魏芝 ※集「帳」の字
     ├─三
名オ3 降│ふらいでも草履のはけぬ畦伝ひ  吾由

         ○

[かしま]

     │香のかに物の調子や狂ふらむ   依々
     │ 四
   狂訓└ 狂ふこてふのあみ笠にいる   夕菊

[句兄]

     ┌ 柴垣うつも老の酔狂      神叔
     │
   狂音└ 狂詩の体か捨人の月      嵐雪

[冬葛]

初ウ8  ┌ 続きおり出す縞の中弘     岱水 ※集「幅広」
     │
初ウ12 織└ 羽おりの袂ぬらす幾春     夕菊

[藤]

     │誘ひあふ狂ひ仲間の手習子    越水
     │
    習│母の手を放れて繻子も縫習    梅窓 ※しゅすも

[菊の露]
うるはしき

名オ6  ┌ 汐のさしくる月の廻廊     正秀
     │ 三
名オ10 差└ 白髪さし出す御簾の合せ目   翁


三去、辞・体言

□ 三去、辞・体言(歌仙に五六)       ↑ トップへ

 とも、ども、とて、やか、さう、かね、ばかり、まで、さへ、こそ、
 未(まだ)、何、其、是、中、大(だい)、大(おほ)、今、儘、事、又、間、程、半、座、色、時、所、方、音、声、御、お。

※ 辞(てには)
【格助詞】とて。
【副助詞】とも・とて・ばかり・まで・さへ・程(ほど)。
【係助詞】こそ。
【接続助詞】とも・ども・とて・間(あひだ)。
【終助詞】とも・まで・こそ。
【連語】とも(格助詞+副助詞)。
【助動詞】さう(様態「そうだ」の語幹)。

※ ここで体言としているもの、及びここで辞としているもの
【形容詞】おほ(「おおし」の語幹)。
【形式動詞】かね(他の動詞に付ける「かねる」の連用形)。
【副詞】未(まだ)・何・又・今・今に。
【名詞】中・所・時・方(かた)・程・事・今・間・座・色・音・声・半・大。
【代名詞】何・是。
【形式名詞】所(ところ)・時(とき)・方(ほう)・程(ほど)・事(こと)・儘(まま)。
【感動詞】何。
【接続詞】又(また)。
【連体詞】其(その)。
【接頭語】御(ご)・お・又・今。
【接尾語】所(数助詞)・ やか(形容動詞語幹形成)・こそ(呼掛など)。

[あら]
遠浅や

初ウ1  │荻の声何所ともしれぬ所ぞや   執筆
     │ 三
初ウ5とも│幾つともなくてめつたに蔵造る  き洞 釣雪 
※集「蔵造(くらづくり)」

         ○

[三日]

     ┌ 捨てゝのけたき浮世なれども  凉菟
     │ 四
   ども│今時に古い男と叱れども     因民

[枯]
百韻
なきがらを

二ウ9  │弟子にとて狩人の子を参らする  尚白
     │
二ウ13とて│花にとて手廻し早き旅道具    惟然

[山琴]

     ┌ 火焼はなぜに寒いとてなく   楚由
     │ 四
   とて└ 高槻の城とて月も高々と    楚由

[越]

名オ11  │山陰の月をまつとて撞木杖    兎弓
     │
名ウ4とて└ 殿の恋とて横柄な文      林鳥

[みかむ]
五十韻
松風に

初ウ8  ┌ 雨のふる日は節句ゆるやか   雪芝 ※集「降る日の」
     │
初ウ12やか└ かりたふとんのあとの冷やか  猿雖

[梅十]

     │路次の戸は明いてゐ乍らるすさうな 呂杯
     │
  さうな│欲しさうな顔ぢやと花を折てやり 蓮二

[山カタ]

     │祭には又降りさうなけしき也   馬岐
     │
  さうな│彼岸にも数珠やの店の隙さうな  栗几

[八夕]

     ┌ なけば使の戻りかねたる    何竺
     │ 二
   かね│万葉も霰の雲とよめかねて    何竺

[節文集]
短歌行

初オ4  │献立に浜の便りを待ちかねて   楚琢
     ├─三
初ウ3かね│薮入の姉も針手に戻りかね    廬元

[ぶり]

     │むりばかりいはれて君は後向き  蒲道
     │
  ばかり│舞へ舞へと内にばかりは気が詰る 凉菟

[韻]

名オ4  ┌ 女子ばかりが物思ひゐる    許六
     │ 四
オ9ばかり│旅人の貰ひばかりにだてをして  野坡

[三笑]

     ┌ 峠ばかりか峠でもなし     昨嚢
     │ 二
  ばかり│此雨は十粒ばかりに驚かし    蓮二

[さいつ比]

     ┌ 付木売迄ぬるゝ夕立      立圃
     │
    迄└ 都鳥迄見る江戸の舟      立圃

[はの]

     │名月のさびしき迄に先祖ほめ   朝梢
     │
    迄│瓦迄きぬぎぬくせの掃拭ひ    晋如

[百歌仙]

     ┌ 菜を見る迄は藜の冷汁     天垂
     │
    迄└ 埒のあくならあく迄の恋    味泡

[梅十]

     │庵迄も筧の水の凍解けて     仲志
     │ 二
    迄└ 貸座敷迄物の自由さ      七雨

         ○

[難]

     ┌ 簾の画さへ碁は静か也     左林
     │ 五
   さへ└ あいあいとさへいはば孝行   禹洗

         ○

[夏衣]

名ウ1  │親里の柿も今こそ川向      七里 ※集「川向ひ」
     │
名ウ5こそ│肩衣に再び花の咲けばこそ    支考

[やへ]

     │此子こそ鳶が鷹うむ例しなれ   我黒
     │
   こそ└ 口ぐせにこそうたへ高砂    我黒

         ○                    ㋬

[汐]

     │ちつと未降らせて見たい節替り  白庭
     │
    未│段々に未さく花も花ながら    柳江

[しし]

     │雲もまだ余寒の簾巻きかねて   只仙
     │
    未│露は未だ玉にもならず暮の月   柳士

[続有]

     │月も未だどうといはれぬ宵の内  惟然
     │ 二
    未└ 湊を出てもまだ海の面     惟然

         ○

[白ダラ]

     ┌ 何くはいでも寝たい四ン月   従吾
     │
    何└ 先度の状に何と粟稗      北枝

[桃盗]

     ┌ 何やら長い箱を釣りゆく    北枝
     │
    何└ 言うたら何の腹が立たうぞ   柳士

[ぶり]

     │立ち乍ら何を云はるゝ比丘尼達  閑鹿
     │
    何│上方の相場は何と田の戦     素冠

[百歌仙]

     │垢れたるきる物脱で何きるぞ   洞月
     │
    何│何やかの祝ひに小鯛二三匹    岸翠

         ○

[花摘]

名オ10  ┌ 又其枝に冬の甘干       琴風 ※集「甘柿」に「あまぼし」と振る
     │
名オ10その└ 其血したふ一筋の芝      其角 
※集「血」に「のり」と振る

[鳥劫]

     ┌ 晩のはそつと残せ其菜     惟然
     │
   その└ 紛らはしうてくらす其うち   芙雀

         ○

[三日]

     │是程にきれいな月も御ざらうか  因民
     │
   これ│使とは行違うてや是はさて    凉菟

         ○                    ㋬

[春と秋]
〔真向翁〕
衣装して

名オ6  ┌ 植後れたる田の中の小田    嗒山 前川
     │ 三
名オ10 中└ 打たれてかへる中の戸の御簾  曽良

[梅さが]

名オ5  │護摩の中にちよつと箒の折捨て  三惟 ※集「箒を」
     │ 三
名オ9 中│盗みして脚なぐらるゝ薮の中   三惟 ※集「すねなぐらるる」

[草刈]

     │町中にいかい社の杉桧      秋の坊 ※厳いやしろ
     │
    中│咲揃ふ花の中より凧       八紫 ※いかのぼり

[むつ]

     │中直り同じ竈の転合       介我 ※ころびあい、くっつき合いのこと
  人の中│
    仲│我親に中よき僧も月の前     東潮

         ○

[山カタ]

     │叱られて笑ふ大工の下手さうな  東羽
     │ 二
    大└ 大と覚えて一日の損      東羽 ※大の月・小の月

[山琴]

     │大殿は若殿よりも冴返り     巴兮
     │ 二
   おほ└ 大きな雪のひらりひらりと   呂仙

[名筺]

     ┌ 橋の向の今にしぐるゝ     里紅
     │
   今に│あたまは今に捨てぬ隠遁     蓮二

[東六]

     ┌ 先の手紙を今合点して     凉菟
     │
    今└ 人の異見に今鼻をつく     宇中

[類]

初ウ5  │今捨てゝふむに拙き蜊売     百里
     │
初ウ10 今└ 今ぞ情も質屋からしる     嵐雪

[七さみ]

     │今起きた顔をもてゆく手水鉢   伯兎
     │
    今└ そちは今から何所へ出代る   貞吾

         ○

[六花]

     ┌ へぎに其まゝ据る赤飯     左把 ※折ぎ又は剥ぎ
     │
   まま└ 桶に其まゝ氷るかし米     以之

[白ダラ]

     ┌ 一度ある事二度もある也    北枝
     │
    事└ 竹の見事な太秦の奥      支考

[百歌仙]

     │よい事に縁の薄いを可笑がる   無心
     │
    事│盗人の昼は何してゐる事ぞ    芦畔

[其使]

     │仕事なき身は茶にかゝる朝の月  諷竹
     │ 二
    事│お側日永き医者の見事さ     洒堂

         ○

[梅人亭]
[皺箱]
[幽蘭]
十二句
水仙や

4    ┌ 又はらはらと蛼のなく     湖水 ※コオロギの
     │ 三
8   又└ 又一しきり滝の鳴る音     野幽

[ひな]
傘に

初オ6  ┌ 誉められて復出す吸物     宗波
     ├─ 四
初ウ5 又│いせの連又変替をしておこす   野坡 ※へんがえを、変改・破約

         ○

[炭]

名オ7  │今の間に雪の厚さをさして見る  孤屋
     │
名オ11 間│名月の間に合はせたき芋畑    翁

         ○

[雑]

初ウ1  │米俵力程ある片手わざ      彫棠
     │ 三
初ウ5 程│湖の端夫程の秋の風       路通 ※はたそれほどの

[翁]

     │弥生の霜は何ぼ程ふる      里圃
     │
    程│一さらへ程猪口見付ける     嵐竹 ※いぐち、茸

         ○

[三顔]

     │半道の坂を湯ぶろに九折     不有
     │
    半│給銀も半季でたらぬ身の廻り   岷青

         ○

[類]

     ┌ 革ふとんには引舟の座す    沾洲
     │ 二
    座│針店に座頭のゐるはいつからぞ  済通

         ○

[冬団]
めづらしや

名ウ7  │色白き有髪の僧の衣着て     翁
     │ 三
名ウ11 色│貝の殼色どる月のかげ清く    重辰

[翁]
朝顔や

初ウ11  │すんずりと苗代めぐむ花の色   沾圃
     ├─三
名オ3 色│色悪くやせたる顔も化粧して   魯可 ※けはいして

[続花]

     │もり形は青物の色水の色     敬雨
     │
    色│はき物も色々の仕出ある中を   老鼠

         ○

[雑]

     │番匠の装束取りし酒の時     彫棠
     │
    時│賓客に瓶は飾りし花の時     彫棠

[皮篭摺]

初オ4  ┌ 火打を借りた時の近付     石周
     ├─二
初ウ1 時│時雨時傘かへかへとくもるらむ  石周 ※買え買えと

[四幅]

     ┌ 茶漬の時に鑵子かへほす    東恕 ※かんす、水沸かし
     │ 四
    時│うき時は歌に慰む妓王妓女    蓮二

         ○

[炭]
空豆の

初オ5  │寝所に誰もねてゐぬ宵の月    翁
     ├─四
初ウ3 所│妹をよい所からもらはるゝ    孤屋

[八夕]

名オ3  │いつとても錦は木履はく処    示弓
     │ 三
名オ7 所│台所は樋から水を滝の音     之川

[梅十]

     │脇道を尋ねて状の行所      有琴
     │ 四
    所└ 方角違ふ月の出所       桃川

         ○

[江戸筏]

     │鷲顔に出る諏訪の親方      晋如
     │
    方└ 指きる方を誉める 〓     晋如

[あめ]

     │真砂の数が歌のよみ方      光延
     │ 四
    方│冬紙衣夏は大方裸にて      蚊夕

         ○

[次韻]

二オ3  │頭巾被下て夜の雪踏の忍ぶ音   才丸 ※かづきさげて
     │ 三
二オ7 音│雷の斧丁々として音更に     楊水 ※らいのおとばちばちと

[冬]
霜月や

初オ5  │音もなき具足に月の薄々と    羽笠
     │ 三
初ウ3 音│寂として椿の花の落る音     杜国

[三日]

     ┌ 夜雨の音もけさのかゞやき   支考
     │ 二
    音│餅搗いた音は聞えてくれもせず  支考

         ○

[梅さが]

     │万日のいつ立初めて鉦の声    支考
     │
    声│鶏と得てはいさかふ雉の声    去来

[冬]
つゝみかねて

名オ11  │三日月の東はくらく鐘の声    翁
     ├─二
名ウ2 声└ 声よき念仏薮を隔つる     荷兮

[枯]

     │声もなく朝の鹿の小草はむ    神叔
     │ 二
    声└ 走りながらに牛除くる声    介我

[印]
[金蘭]
五十韻
ぬれて行や

初ウ3  │晩鐘に烏の声も啼交り      曽良 夕市 ※集「入相の烏の」
     │ 三
初ウ7  │寄りかゝる木より啼出す蝉の声  北枝
     │ 三
初ウ11 声│夜終むしには声のかれめなき   曽良 夕市 ※よもすがら

 声、音、啼とかはりては、越、嫌はず。

[歌]

初ウ12  │雛に御ざれと尼へことづて    栗几
     ├─三
名オ4 御│浜の御殿もけふは箒目      白狂

[七さみ]

     ┌ 恨みは神も御存じのはず    凉菟
     │
    御│子供達花が咲たら御ざりませ   曽北

[賀茂]

初ウ7  │おはぐろに細る眉の糸薄     素後 ※集「ほそめる」
     │ 三
初ウ11 お│お寺には花をかづけに呼つたに  鴎笑

[桃]
短歌行

発句   │白壁のお城をたゝく水鶏哉    馬泉
     ├─三
初ウ1 お│神々もお着なされて荒仕廻    梅石

[山琴]

     │お帰りの網代を誰も見たがりて  北枝
     │
    お│お祓の威光で越えるすゞか山   巴兮

[三匹]

初ウ11  │おはぐろが何はづかしい昼の月  蘭少
     ├─ 二
名オ2 お└ 酒と豆腐と先へお使      支考

[炭]
むめが香に

初ウ1  │お頭へ菊貰はるゝめいわくさ   野坡 ※所望される意
     │ 四
初ウ6 お└ ひたと言出すお袋の事     翁

〔俳語録〕

 野坡此時、「同字いかゞあらむ」と、尋ねければ、
 翁曰く、「若しも難ずる人あらば、不吟味也といひてあらなむかし」。

▲ 野坡の問ひは、古式面去なる故なり。翁の答へは、「古式もて難ずる人に、『蕉門にては三去也』と、去嫌の寛なる故を説かむも無益なれば、あしらひおけ」との謂ひ也。

※ 「芭蕉翁付合集評註( 蓼太編・石兮注、河内屋嘉七板、文化12(1815)年)」
 預けたる味噌取にやる向河岸
ひたといひ出す御袋の事
 此句につけて人にききける事あり。
 「此前に『御頭へ』といふ事ことありて、又御袋といふ事こといかがならむ」と、翁にたづねけるに、
 翁のいはく、「御袋よりなほよき事ことあらばかへよ。もしかへがたくば、此巻の見落しにしておけ」と、いはれしよし。尊むべし。あふぐべし。
 翁の俳諧をさばける、河海(かかい)の細流を択ばずといはむか。さし合へりといはれむより、上手といはれよといふも、俳諧の金言也。此事をしらざるものは、たださし合のみにかかりて、俳諧の去嫌にあらざる事ことをしらず。翁のこのことばを[彳申](しん)に記すべし。
 付意はきこえたるべし也。


五去用言

□ 五去用言(歌仙に四五)       ↑ トップへ

 渡、渡、上、上、下、下、分、明、引、寝、直、書、好、集、包、釣、捨、払、摘、持、控、折、敷、冷、返、返、帰、戻、落、覗、越、篭、残、残、憂、長。
 此中、三去と覚ゆれど、例少なき故に、爰に出す物あり。

[市庵]

     │薄雪の一遍庭に降りわたり   支考
     │
   渡り│川一つ渡つて寒き有明に    翁

[笈]

     ┌ 走穂渡る麦の春風      風国
     │
   渡り└ やなの瀬下を渡る浅川    風国

[蓮池]

     │しらぬ川人の渡るを眺めゐて  拾景
     │ 四
   渡り└ 走り上つて渡る反ばし    鴎歩

[天河]

名オ5  │柴舟の矢橋を渡る無分別    北溟
     │ 四
名オ10渡る└ うきよかせぎに鳥も渡るか  鷺貫

[市海]

     │酒蔵の際から外へ掃渡し    紗柳
     ├─三
   渡す└ 七つには集めて渡す通札   宇鹿

[天河]

初オ6  ┌ 雪降埋む松の根上り     曽呂
     │ 五
初ウ6上り└ 袈裟も恐れぬ湯屋の上り場  百川

[天河]

初ウ11  │花のあるうちは降たが照上り  連支
     ├─三
名オ3上り│燭台も膳が上れば引かへて   鷹仙

[天河]

初ウ11  │湯上りに月と花との料理事   岩芝
     ├─三
名オ3上り│転寝を牡丹の蝶に起上り    韋吹

[むつ]

初オ5  │面箱を物に当たる上下し    其角 ※集「中テたる上ゲ下シ」
     ├─七
初ウ7当て│駕を縁迄あぐる武士めかし   介我

         ○

[冬団]
めづらしや

初ウ5  │白雲をわけて故郷の山颪    自笑 ※集「山しろし」
     │ 三
初ウ9 分│秋や昔三つに分たる客とかや  知足

[ぶり]

     │追分の花饅頭の面長に     桃呂
     │
    分│染分けて裾に牡丹の花が咲   桃呂

[別]

初ウ2  ┌ 濡れたる俵をこかす分取   八桑 ※ひょうを転かすわけどり
     │ 六
初ウ9 分│取分てことしは晴るる盆の月  子珊

         ○

[住吉]

     │嫁取は女ばかりで埓を明け   翁
     │
    明│暖に浜の薬師も明弘げ     惟然

[深川]

     ┌ 餅畚のあゆを明る染付    洒堂 ※染め付けは、陶磁器
     ├─四
    明│春先は田の荒仕事隙明て    洒堂

         ○

[花摘]

     │月見よと引起されて恥しき   曽良
     │
    引│足引のこし方迄も捻り蓑    円入

[水仙]

     │闇がりで引出す衣の香も馴れて 杏雨
     │
    引│槻墨引煩らひし弟子大工    杏雨 ※けやきずみ?規墨?

[続花]

     ┌ よめりとなしに引越してゆく 老鼠
     │
    引└ 気を通してか内義引込む   車葉

[小弓]

     │貫さしを居合の格に引抜いて  顧丈
     │ 三
    引│水鳥のあとに筋ひく川の上   巴丈

         ○

[桃白]
三十句
凩の

20    ┌ 酔て又ねる此はしの上    翁  ※集「ぬる」
     │ 四
25   寝│寝たければ絵を書さして寝入也 越人 ※集「寝る成けり」

[やわ]

     │寝道具も脱だ儘なる小者部屋  左白
     │
    寝└ つひ寝転ぶと枕あてがふ   右幸

[桃]

     ┌ 嫁子のひざに猫もねたがる  文草
     ├─四
    寝│勤学の間は和尚も昼寝好    里明

[山カタ]

     │商に昼寝のくせを直しかね   東羽
     ├─三
    寝│酒のない樽ならねせて置はせで 野航

[さる]

初ウ12  ┌ 独り直りしけさの腹立    去来
     ├─四
名オ5 直│痩骨にまだ起直る力なき    史邦 ※集「痩骨(やせぼね)の」

         ○

[鎌]

     │口書につれなやけさの茶漬迄  紫遊
     ├─三
    書│大文字に嘘を書いたる古襖   遷仙

[みの]

名オ11  │夕月を扇に画がく秋の風    三園 ※集「絵がく」
     ├─四
名ウ4 書└ にじり書きさへならぬ老の身 良品

[ぶり]

     │いらぬ事人の家迄きれい好   凉菟
     ├─四
    好└ 嫌ひな物も皆好きになる   任行

[藤]

     ┌ ふしんは山を前に物好き   里紅
     │
    好└ 御詫宜にも只子供好き    里紅

         ○

[六行]

     │宵の月集めて捨つる草の屑   仙呂
     ├─四
    集└ 集めて寒き朝の買物     仙呂

         ○

[あら]
雁がねも

名オ3  │家なくて服紗に包むます鏡   越人
     │ 六
名オ10 包└ あの雲は誰涙包むぞ     翁  ※たがなみだ

         ○

[草刈]

     ┌ 壁土こねてたらひ釣こむ   支考
     │ 三
    釣└ ねぶた覚しに魚釣りにゆく  牧童

[小弓]

初ウ3  │加賀からの汲湯釣りこむ木下道 如儂
     │
初ウ11 釣│洗場面やうなぎつるらむ    東鷲 ※集「鱣」と書く。

         ○

[次韻]

     │哀れ余る捨子拾に遣はして   翁
     │
    捨│扇折る女は夏に捨てられて   才丸

[冬]
炭売の

初ウ5  │捨られてくねるかをしの放鳥  羽笠 ※はなれどり
     │
初ウ11 捨│花の泣桜のかびを捨てにける  翁  ※集「花に泣桜の黴と」

[其袋]

     │捨石にあぐらかく僧仏也    笠凸
     │
    捨│蚕着てうつぶし染の捨衣    百花 ※空五倍子染、鈍色

[小弓]
[蓬]?

     │憎さげに引きずり捨てし幣の縄 弁三
     │
    捨│金捨てゝ乞食とならば花の色  東藤

[一橋]

初ウ12  ┌ 空駕捨てゝ眠る陽炎     清風
     ├─三
名オ4 捨└ 京のわらぢを捨つる松の井  調和

[ひな]
傘に

初ウ7  │金払ひ名月迄は延べられず   涼葉
     │ 四
初ウ12 払└ 瓢の煤を払ふ麻種      濁子

[つくも]

     │文見せて盆の払ひを言延し   玄敲
     │ 四
    払└ ちり吹払ふ池の青柳     玄敲

         ○

[むつ]?

     ┌ 禿額は眉かけてつむ     介我
     ├─三
    摘└ 施薬院より若草をつむ    其角

[けふ]
あれあれて

名オ5  │一升は代を持来ぬ酒の粕    翁
     │ 五
名オ11 持│神主は御供を持て上らるゝ   望翠 ※ごくうを

[枯]
百韻
泣中に

二ウ1  │秋風や看坊持の儘ならぬ    巨海
     │ 三
二ウ5 持│長旅に持ちあぐみたる釣べすし 暮四 ※桶入り吉野鮎のなれ鮓

〔頭陀行〕

     │祭も持つて御ざる観音     鶴翅
     │ 六
    持│まだ暑い空持ちながら薄月夜  此程

         ○

[百歌仙]

     │来たら叩けと戸を明けてゐる  天垂
     │ 三
    叩└ いつか此口たゝき止まうぞ  道丸

[小文]

     ┌ 又叩くやら泣声がする    嵐竹
     ├─四
    叩│かまはねばしらけて通る鉦叩  史邦

         ○

[次韻]
百韻
世に有て

名オ10  ┌ のしを冠の纓に折りかけ   翁  ※熨斗をかむりのえいに
     ├─五
名ウ2  │ 篠のし折を猿に断る     才丸 ※ささの枝おりを
     │ 二
名ウ5 折│血を踏て風太刀を折る音ひどく 楊水

[深川]

第三   │新簀子先づ二畳しく弥生来て  洒堂
     ├─三
初ウ1  │ 深草は女ばかりの下屋敷   洒堂 ※おなごばかりの
     │ 六
初ウ8 敷└ 昼は衣を包むふろしき    洒堂

[三顔]

     │一町の花見ははれな借座敷   獅川
     ├─三
    敷│物堅う表は見えて公家屋敷   橘星

[藤の実]

     │高塀にさゞん花氷る中屋敷   車要
     │ 六
    敷└ 敷居打こす日は高き也    車要

         ○

[笠]

     ┌ 紅葉をたくなと酒は冷にして 蓮二
     │
    冷└ けさの余りのたらぬ冷飯   葉柳

         ○

[深川]

初ウ1  │祝日の冴返りたる小豆かゆ   岱水 ※集「祝ひ日の」
     │ 三
初ウ5 返│寒通す山雀篭の中返り     嵐蘭 ※集「寒徹す(とおす)」

[住吉]

初ウ9  │汁の実を又呼かへす朝の月   之道
     ├─四
名オ2 返└ 印見分けてかへす茶莚    翁

         ○

[桃実]

初ウ5  │盗人の諷うて帰る古手市    嵐雪
     │ 四
初ウ10 帰└ 鉢をも乞はで首座帰る也   兀峰

[芭]

     │送人が己ぢやお米が帰るなら  至芳
     │ 四
    帰└ ゆくも帰るも笠の陽炎    黄麦

[桃]?

     ┌ 狐もこけたあとを見帰る   也翠
    ㋬│ 二
    帰│白い物ふらせて神はお帰りか  酔菊

[麦]

     │母親を見に戻る雇人      岸虎
     │
    戻└ 小僧は肥えて戻るやぶ入   蓮二

[笠]

     ┌ 市の戻りのなぜ遅いやら   麻三
     │ 四
    戻│講釈の戻りを風ろへ翦れて行き 荷丁 ※きれて?

[山カタ]

     │祭から戻れば薮に月のかげ   六之
     │ 四
    戻└ 傘は後から戻る開張     東羽

         ○

[庵記]

     │障たら落ちもしさうな百合の露 水也
     │
    落│しとしとと銀杏落ちる宮遷し  都柳

[やへ]

     ┌ 坊主を落ちて此頃の春    示右
    ㋬├─二
    落│松樅の傘奪ふ風落ちて     信徳

         ○

[冬の梅]

     │覗かれぬ程には荻の裏ずまひ  蘭兎
     │ 四
    覗└ 乙鳥が被覗いてはゆく    廬元

         ○

[きそ]
生ながら

初ウ11  │初花のさたなき春は寒越して  杉風
     ├─三
名オ3 越│塀越しに屋敷をのぞく糀町   岱水 ※こうじまち、麹町

         ○

[袋]
風流の

初ウ11  │色々の祈を花に篭りゐて    等躬
     ├─四
名オ4 篭└ 各武士の冬ごもる宿     翁

         ○

[いせ]

     ┌ 雪見に残る鶴の足跡     乙由 ㋬
     │
    残└ 時雨た後へ残る川音     ゐ斎

[奥栞]

     │末枯の夕木に月の残りけり   如行
     ├─四
    残└ 灯火残る宵の庚申      支考

[鵆]
笠寺や

初オ6  ┌ 売残したる庭の錦木     自笑
     ├─五
初ウ6 残└ 恨みを笛に吹残しける    安信

         ○

[星合]
牛部屋に

初ウ10  ┌ 瘤につられてうき世去りゆく 路通
     ├─四
名オ3 憂│うき事を辻井に語る隙もなし  正秀

[続虚]

初オ4  ┌ 月には許せうき柴の数    破笠
     ├─四
初ウ3 憂│名はうき名鎧を飾り馬立てゝ  破笠

         ○

[天河]

初ウ2  ┌ 長い瘧のせん薬にあく    里紅 ※集「煎薬」
     │ 六
初ウ9 長│仏段も釣てすまひも長四畳   童平

 此中に、言居(「言い据え」か?)体言も交りたれど、一所に入れたり。


五去辞・体言

□ 五去辞・体言(歌仙に四五)       ↑ トップへ

 かな、つつ、ながら、故、只、上(うえ)、上(じょう)、下(した)、様(さま)、様(よう)、世、新(しん)、古(ふる)、古(こ)、跡、陰、度、奥、裏、名、群(むら)、片、功。

[江戸]
江戸筏?

     ┌ 遠廻しなる恋もするかな   琴風
     │ 四
   かな│お江戸哉初鰹哉かけて行く   琴風

         ○

[あら]
美しき

初ウ4  ┌ 涙見せじと打笑ひつゝ    松芳
     │ 六
初ウ11  │灯に手を覆ひつゝ春の風    舟泉 ※ともしびに

[ぶり]

     │昔ながら畑がちなるしがの花  蒲道
     │
   乍ら│立乍ら何をいはるゝびくに達  閑鹿

[賀茂]

初オ6  ┌ しらけて萩の露もさながら  楚竹
     ├─五
初ウ6乍ら└ なぶられ乍ら来て釣りかゝる 鴎笑

[百歌仙]

     │宇治もたまてもよそながら見る 曽米
    ㋬│ 二
   乍ら│仮ばしと名は付けながら其通り 曽米

         ○

[やへ]

     ┌ 何故秋の雨しきる笠     示右
     │
    故└  〓 けふもたゝかれ    示右

         ○

[七さみ]

     ┌ 只だゞくさに菊も薄も    里冬
     │
    只└ 独活も蕨も只に沢山     執筆

[三匹]

     │分限者も只かせかせに困り果て 支考
     │ 三
    只│上手でも下手でも琵琶は只ぼろん 芦本

         ○

[誰]

     ┌ 嵐も風も陰陽の上      才丸
     │
    上└ 高野の上の小田原の花    嵐雪

[炭]
振売の

初ウ7  │上置の干葉刻むも上の空    野坡
     ├─五
名オ1 上│新畑の糞も落ちつく雪の上   孤屋

[三匹]

初ウ6  ┌ 馬で合点のゆかぬ上﨟    凉菟
     │ 四
初ウ11 上│草餅の抓かげむも上手下手   杜草 ※集「つまみかげんも」

         ○

[星月夜]

     │夕月にひよこ揃ふる塒下    東雲
     │
    下│昼顔の後れて開く縁の下    専旨

[桃盗]

     ┌ 扇が谷の松の下道      牧童
     │ 三
    下└ 下地窓から秋を覗いて    柳士

         ○

[賀茂]

名オ2  ┌ ばゞに詞を御門跡様     鴎笑
     │ 四
名オ7 様│祈れども愛染様はきつとして  素後 ※集「急度(きっと)して」

[雪白]

初ウ10  ┌ 落着いてゐてそこなかみ様  魯九
     ├─六
名オ5 様│宮様はひだるい腹に菜雑炊   魯九

[浪化]

     ┌ 鳥居の額によめぬ唐様    宇中
     │ 三
    様└ 吹矢のほしい鳥のをりやう  貝紫

[鵆]

名オ3  │大様なお寺のせはも引受くる  路通 ※集「大やうな」「引請ける」
     │ 六
名オ10 様└ 夢見たやうな情忘れぬ    知足

         ○

[夏衣]

     │世を捨てゝ今はヶ様に黒衣   文詞
     │
    世│よの中よ仏の経に嘘はなし   槐五

[夏衣]

     │肩衣に花も咲ねば世を捨てゝ  支考
     │ 三
    世│長生に世の嬉しさも悲しさも  慈竹

[雪丸]

     ┌ 衣も捨てゝ軽きよの中    桃里
     │ 六
    世│乞食ともしらで浮世の物語   翅輪

         ○

[長良]

     ┌ 門から先へ立つる新田    羽嵇
     │
    新│黒ぼここぬる新町の市     有琴

         ○

[類]

     ┌ 紗の金さへも古ざれし衣   嵐雪
     │
    古└ 古き衾の柏からから     百里

[雪丸]

     │ふる郷の友かと後を振返り   川水
     │ 三
    古│亡き人を古き懐紙に算へられ  一栄

         ○

[炭]
空豆の

初ウ6  ┌ 家の流れた跡を見にゆく   利牛
     │ 四
初ウ11 跡│雪の跡吹はがしたる朧月    孤屋

[続さる]
雀の字や

名オ8  ┌ 殿のお立の跡はさびしき   沾圃
     ├─四
名ウ1 跡│此盆は実の母の跡吊て     馬莧 ※集「問ひて(訪いて)」

         ○

[ぶり]

     │山陰のこゝにも家の又一つ   蒲右 ㋬
     │
    陰│口あいてうつかりひよんと花の陰 巻耳

[続虚]
川尽きて

名オ7  │松並ぶ石の鳥居の陰くらし   沾徳
     │ 四
名オ12 陰└ 鉢に飯たく篁の陰      虚谷

         ○

[江湖]

     │月雪に桜も二度の詠返し    廬元
     │
    度└ 百度参りの連に乙鳥     山桂

         ○

[行脚]

     ┌ 木は木屋町の奥に三絃    五桐
     │ 四
    奥│板敷の是より奥に幾座敷    五桐

[続さる]

名オ8  ┌ 奥の世並は近年の作     翁
     ├─五
名ウ2 奥└ 大工遣ひの奥に聞ゆる    翁

         ○

[続の原]

初オ6  ┌ はやての間道の裏家     才丸 ※集「慕風の間」
     ├─四
初ウ5 裏│青ざしもさもしからざる裏山に 才丸 
※集「艾葉麺(アヲサシ)、裏(ウチ)」と振る。

[天河]

     ┌ 節句をよそに麦のうら町   三伍
     ├─四
    裏│裏門を付けて家中の菜園畑   三伍

         ○

[雪丸]
星今宵

初ウ11  │種植て小枝に花の名を記し   更也 ※集「名を印(しるし)」
     │
名オ5 名│うき事の百首に魚の名を詠みて 翁

[かしま]
半歌仙
しら菊に

ウ1   │御内にて念仏申と名をいはれ  依々 ※みうちにてねぶつもうしと
     │ 四
ウ6  名└ くらべ負けたる名所の貝   友五

         ○

[鶴]
百韻
日の春を

初オ7  │里々の麦仄かなるむら緑    仙化
     ├─四
初ウ4 群└ 敵寄来たるむら松の声    千里 ※集「寄せ来る」

[むつ]
岩城山と

脇    │梅首鶏の群れたる方は玉河   露沾 ※ばんの
     ├─五
初ウ2 群└ 土圭の鈴も濁るむら雨    沾国

[舟竹亭]
[冬扇]
二十四句
後風

第三   │算盤を片手に米の印して    翁 ※[冬扇]に「十露盤」
     │
9   片│片道はしるき足駄をぶらさげて 翁

[渡鳥]

     ┌ 蜂にさゝるゝ片頬の月    卯七
     ├─六
    片│片そぎの真銅さびて忍ぶ草   之道

         ○

[住吉]

     │黒々と酒功の讃の二行り    青流 ※ふたくだり
     ├─四
    功└ 功者めけども琵琶の似合はず 元梅


貞享式海印録 巻五③ 終り →「海印録、巻五④ 面去用言」へ


 トップへ