俳諧の作法 翻刻・校訂「昼の錦/二十五ヶ条」(其角相伝)

二十五箇条 目録
俳諧の道とする事2 ③虚実の事3 ④変化の事
4 ⑤起定轉合の事5 ⑩月花の事6 ⑫當季を案ずる事
7 ⑬二季に渡る物の事8 ⑭発句の時は季に用る事9 ⑯附句案じ様の事
10 ⑱戀の句の事11 ⑳差合の事12 ②俳諧の二字の事
13 ⑥発句に切字ある事14 ⑦脇に韻字ある事15 ⑧第三に手尓波ある事
16 ⑨四句目軽き事17 ⑪花に櫻付る事18 ⑮発句像りやうの事
19 ⑰趣向を定むる事20 ⑲切字に口傳ある事21辛崎の松の句の事
22鳶に鳶の句の事23宵闇の句の事24名所に雑句の事
25切字の秘訣巻末奥書


昼の錦/二十五ヶ条
<解題>
 「蕉風俳諧作法伝書」の一つである。奥書に、元禄2(1689)年閏1月2日芭蕉が其角に伝授、元禄17(1704)年2月13日其角が門下に相伝したものとある。題簽「昼の錦」、内題なし、目録冒頭に「二十五ヶ條」とある。底本は、「米沢善本完全デジタルライブラリー」所載、市立米沢図書館蔵。
 この其角相伝本「昼の錦」の内容は、元禄7(1694)年6月去来が相伝し、後に支考が買い取って流布した「昼の錦/二十五箇条」と、第25条を除き、ほぼ一致する。これにより、「二十五箇条」が支考による偽書であるとは言えなくなる訳で、芭蕉の説を探る本サイトにとっては誠に喜ばしい。
 さらに、特筆すべきことは、これが文字通り「善本」で、内容がすんなり読めるということである。
(底本)
 市立米沢図書館蔵の「昼の錦」(米沢善本188)
 上記資料は、市立米沢図書館デジタルライブラリーで公開中
 http://www.library.yonezawa.yamagata.jp/dg/AA188.html
 (参照 2017-06-24)

其角相伝「昼の錦」凡例

1 縦書きを横書きにした。
 ・ 踊り字は、「ゝゞ々」のみ用いた。
2 原本にない濁点や句読点を、適宜付した。
3 数箇所の見せ消しや書き入れは、そのまま転記した。
 [書替] みそさゞは、秋の小鳥に入たれど
 [挿入] 大かた植物の差合あり  ※ ○はママ
 [抹消] 須广あかしの句は、蛮觸の両国を
4 異体字は、初出部分に、通用字を示した。
 ・ 哥道に俳諧あること
5 副助詞の片仮名「ハ」及び変体仮名は、平仮名に改めた。但し、読みを示す片仮名はそのままにした。
 ・ しかも天地より出る所を知べし
6 歴史的仮名遣いとの相違を示した。
 ・ 変化にしたがい(ひ)、月花の風情に
7 読み仮名や注釈を適宜挿入した。
 [読み] 常に反そむひて道に合ふの道理なり
 [注釈] 蛼=蟋蟀のまださだまらぬ鳴所
8 誤写や誤字は次のように示した。
 [誤写] 或、前句〔節句〕の二字に名目を
 [誤字] 古式に、此詮なし
 [異字] 旅面白き小幅綿

昼の錦

二十五ヶ條目録

 二十五ヶ條目録           │№ ⇔ 去来相伝「二十五箇条」と№が異なる。
 一 俳諧の道とする事        │① = ①  同じ
 一 虚実の事            │② … ③┐
 一 変化の事            │③ … ④│ 連続
 一 起定轉合の事          │④ … ⑤┘
 一 月花の事            │⑤ … ⑩
 一 當季を案ずる事         │⑥ … ⑫┐
 一 二季に渡る物の事        │⑦ … ⑬│ 連続
 一 発句の時は季に用る事      │⑧ … ⑭┘
 一 附句案じ様の事         │⑨ … ⑯
 一 戀の句の事           │⑩ … ⑱
 一 差合の事            │⑪ … ⑳
 一 俳諧の二字の事         │⑫ … ②
 一 発句に切字ある事        │⑬ … ⑥┐
 一 脇に韻字ある事         │⑭ … ⑦│ 連続
 一 第三に手尓波ある事       │⑮ … ⑧│
 一 四句目軽き事          │⑯ … ⑨┘
 一 花に櫻付る事          │⑰ … ⑪
 一 発句像りやうの事        │⑱ … ⑮
 一 趣向を定むる事         │⑲ … ⑰
 一 切字に口傳ある事        │⑳ … ⑲
 一 辛崎の松の句の事        │㉑ = ㉑┐
 一 鳶に鳶の句の事         │㉒ = ㉒│ 同じ
 一 宵闇の句の事          │㉓ = ㉓│
 一 名所に雑句の事         │㉔ = ㉔┘
 一 切字の秘訣           │㉕ … /  仮名遣ひの事

↑ トップへ


1 俳諧の道とする事

    俳諧の道とする事
或人問曰、俳諧は何の為にする事ぞや。答曰、俗談平話をたゞさんがため也。又問、はいかいの道とする所は如何。又答、仏道には達广あり、儒道には荘子ありて、道の実あるを踏破せり。哥道に俳諧あることも、如此と知る時は、常に反そむひて道に合ふの道理なり。されども、俳諧の姿は、哥・連哥の次に立て、心は向上の一路に斿ぶべし。
 >※<
 口傳、春秋心法獲麟の秘訣

※ 去来伝受本、ここに「口伝一向宗の事あり」とする。


↑ トップへ


2 虚實の事

    虚實の事
物は虚に居て実に働く、実に居て虚に働くべからず。実は、おのれを立て、人を恨る所あり。たとへば、花の散るをかなしみ、月の傾くをお(を)しむは、連哥の虚也。嘘にお(を)しむは俳諧の実也。抑、詩哥・連俳といふものは、上手に嘘をつく事也。虚に実あるを文章と云ひ、実に虚あるを世智辨と云ふ。実に実あるを仁義禮智といふ。虚に虚あるものは、世に稀にして、或は、又多かるべし。此人をさして我家の傳授の人といふべし。

↑ トップへ


3 変化の事

    変化の事
文章といふは変化の事なり。変化は、虚実の自在をいふ也。黒白・善悪は言語のあやにして、白き〔黒き〕を黒〔し〕といふも、黒きを白しといふも、しばらくの言語変化して、本より、黒白一合なり。しからば、天地の変化に斿ぶべし。人は変化せざれば退屈するの本情也。況や、俳諧はおのれが家の内にありながら、天地四海をかけめぐり、春夏秋冬の変化にしたがい(ひ)、月花の風情にわたるものなれば、百韻は百句に変化すべき事也。その変化をしりても、変化する事を得ざれば、眼前のよき句に迷ひて、前後の変化を見ざる故也。されど、変化といふに新古なき事は、人間の春秋に新古なきがごとし。其日其時の新古を見て、一巻の変化に斿ぶべし。 変化はおゝ(ほ)むね、料理のうまくあはく、酸くからきがごとし。よきもよからず、あしきもあしからず、時によろしきを変化とは知るべし。

※ 副助詞「も」があって、「黒いものを黒いと言うのも、白いと言うのも」の意となり、「言語の変化」につながる。「白を黒」と「黒を白」は同趣向であり、変化はない。また、「~と言う」の「と」の前は終止形が来る。「黒しと言う」であって、「黒きと言う」ではない。
 西村本「昼錦抄」(及び太田本「二十五箇条」)に「黒きを黒しといふも」とある。


↑ トップへ


4 起定轉合の事

    起定轉合の事
俳諧は上下とり合、哥一首と心得べし。起りとは、虚空界に向ひて、無念相の中に念相を起すを発句といふ也。一物起る時は對して、又生ず。是を脇といふ。初の一物を定るなり。定の字、あるひは請とも、請は上の一物をうけもつ心也。されば、発句は陽也、脇は陰也。第三は一轉して、天地より人を生ずるがごとし。人は天地より働きあれども、しかも天地より出る所を知べし。合とは、萬物一合也。哥には流の字の心なるべし。是より変化して、山あり、川有て、一巻成就とはいふ也。

↑ トップへ


5 月花の事

    月花の事
月花は風雅の的也。月は月々にあり、花は四季にありて、四花八月とも定りたるなり。されど、名残裏に月を略する格にて、哥仙の時は、二花二月ともすべし。表の五句目に月ありては、裏の八句目に月秋をする事、花前の秋季むつかしく、秋の植物もしがたし。秋季の発句ならぬ時は、表か裏かに月一ありて、くるしかるまじきにや。此後、器量の人もあるべし。それも、又一坐のあい(ひ)しらひあるべし。初心の人はいかゞ、月は七句め、花は十三句目にある事、ひたと他人にゆづる時宜なり。いづくにありても子細なし。すべて、月花は風雅の道具なれば、なくてかなはぬ道理を知りて、さのみ月花の句に新きを求べからず。一坐の首尾宜に随ひ、毎々俤の句なりとも、其時のほどよきやうに附て置べし。さして、奇怪を好むべからず。

↑ トップへ


6 當季を案ずる事

    當季を案ずる事
月花の句にも限らず、四季の附句に其季を案ずる事、前の二三句軽き時は、當季を捨て、趣向より案ずべし。たとへば、獅子舞と趣向を定めては、門の花とあしらひ、長刀と趣向を定めては、橋の月とあしらい(ひ)、前二三句おもき時は、尤、その當季より案じて、花に鴬、月に露の類に、一句のふりを附べき也。されば、二つの案じ方は、本より変化のため成事をしるべし。

↑ トップへ


7 二季にわたる物の事

    二季にわたる物の事
いにしへは、二季に渡る物をば、後の彼岸と云ひ、秋の出替りと云ふ。されど、前句の秋に付る時は、後の字にも及ず、秋季也。此類は数多ある事也。或、前句〔節句〕の二字に名目を付くる時は、大かた植物の差合あり。是又、前句の季に随ふべし。西瓜は秋季よろし。牡丹を夏にする類也。夏季には瓜多きゆへ(ゑ)也。星月夜は秋季也。月にあらず。発句に此類ある時は、月の坐にて、異名の月あるべし。みそさゞは、秋の小鳥に入たれど、かならず冬季しかるべし。殊に十月の頃お(を)かし。青葉は、雑也。若葉として夏季也。淡雪は、春の季にもしかるべし。
  口傳に新古式法有。
 むし・砧の類は、夜分の心ならぬは面白からず。されど、夜分に差合なし。その外は、此類にてしるべし。古式に、此詮なし。鐘のね、碪うつとは、せぬ事也。鐘の音(オ)、衣うつとはいふべし。 口傳にワたの〔寝たる〕事あり されど、よく知てする時は、一坐の働にもよるべし。

※ 「引続錦紙」に、「口伝寝たること」がある。他に、口伝の説明を見ない。


↑ トップへ


8 発句の時は季に用る事

    発句の時は季に用る事
或は、夜着・ふとん・足皮足袋・頭巾の類、扇・袷など、よのつねに用る事のおゝ(ほ)し。平句にする時は、四季の差合くるべからず。されど、一句のさまにて、慥に冬、慥に夏と見ゆる句もあるべし。此掟は道理のさし合を知つて、文字のさし合を穿鑿すべからずと也。

↑ トップへ


9 附句案じ様の事

    附句案じ様の事
発句は、格別の事也。附句は其坐に望て、無性に案じぬがよき也。我心しず(づ)〔なづみ〕※1ぬれば、趣向もしづみ、我草臥より人もくたぶれて、一坐成就せず。附句は初念の趣向より、心を落し付ぬがよき也。このゆゑに、趣向を定る傳授あり。惣じて、工夫は平生ある事也。其坐に望て、無分別なるべし。定家卿も、哥はふかく案じていらぬものなりと仰られしよし。附句は、第一に、調子のもの也。あればとて、はやく出すべからず。なきとて、久しく案じ入べからず。よきもあしきも、一坐のほどを知りてこそ、俳諧の世情に便りあり。〔ある〕※2修行也とは知るべけれ。但、大事の附句は、先づ、いゝ(ひ)はなして、後に思ひかへせば、心のむすぼれとけ、格別の事あり。

    口傳に兵法の事あり。

※1 「心がとらわれ、むやみに考え込めば、趣向も病んで、自他ともに草臥れる」という文意なので、「なづみ」である。西村本「昼錦抄」(及び太田本「二十五箇条」)に「我心泬なづみぬれば、趣向もしづみ」とある。


※2 「あり」は終止形で文末となる。「よきもあしきも、一坐のほどを知りてこそ、俳諧の世情に便りあり。修行也とは知るべけれ。」とあるが、係り助詞「こそ」があり、「べしの已然形べけれ」で結ぶので、一文であったはず。
 太田本「二十五箇条」に「よくもあしくも、一坐の程をしりてこそ、はいかいの世情にたよりある修行成としるべけれ」、宋屋本「昼の錦」に「よきもよくもあしきも、一座の程を知りてこそ、俳諧の世情に便ある修行なりとは知るべけれ」とある。


↑ トップへ


10 戀の句の事

    戀の句の事

戀の句の事は、古式を用ず。その故は、嫁・娘など、野郎・傾城の文字、名目にて戀とはいはず。只、當句の心に戀あらば、文字にはかゝはらず、戀を附べし。此故に他門よりは、戀を一句にて捨ると言ふよし。戀は、風雅の花実なれば、二句より五句にいたるべし。先は、陰陽の道理を定たる也。是は、我家の発明にして、他門に向て穿さくすべからず。

↑ トップへ


11 差合の事

    差合の事
俳諧にさし合の事は、はなひ草の類にしたがふべし。少宛は新古の事あり。されど、初心には、上坐の了簡にて、随分ゆるすべし。一句の好悪を論じて、さし合は後の詮なるべし。差合の事は、変化の不自在なるより、世にさし合の掟あり。よろづの法式は、此さかひにて知るべき事也。

↑ トップへ


12 俳諧の二字の事

    俳諧の二字の事
俳諧の二字は、古来にせんさくあり。或は、字書をひきて、誹は非の音也とも、或は、史記の滑𥡞をひきて、俳の字に定めたるとも、穿鑿の理、明かなり。〔さ〕れども、古今集より、誹の字を用ひ来れば、此類は古実とて、誤りをも、其通に用る事也。八雲御抄にも、誹諧と俳諧の二様あり。されども、我家には、俳諧に古人なしと看破したる眼より、玄とも妙とも、名は定むべけれど、言語に斿ぶといふ道理を知らば、我家には、今より、俳諧の二字も然るべし。他門に對して穿鑿すべからず。

↑ トップへ


13 発句に切字ある事

    発句に切字ある事
発句の切字といふは、差別の心也。物はそれじやによつて、是じやと埓を明る也。たとへば、客と亭主との差別也。たとへば、〔たとへ〕切字なき〔ある〕発句とても、切ぬ時は、発句にあらず。
   桐の木に鶉啼なる塀の内
此句五文字にて、心を隔てたる也。切字の事は哥にも詮あり。先は発句の骨柄ともいふべし。

※ 意味的に、「たとえば」でなく「たとえ」、「なき」でなく「ある」である。
 西村本「昼錦抄」(及び太田本「二十五箇条」)に「たとへ切字ある発句とてもきれぬ」、宋屋本「昼の錦」に「たとへ切字ある発句とてもこころのきれぬ」とある。

↑ トップへ


14 脇に韻字有事

    脇に韻字ある事
脇はしつかりと、韻字にて留るといふ事は、先は、初心への教なり。定の字にかなへんため也。
   色々の名もむつかしや春の草
    うたれて蝶の夢はさめぬる
此句は、初て俳諧の意味を、尋る人の俳諧の名目まぎらはしとて、まどひたるを、その所、直に一棒をあたへて、蝶の夢を覚しぬる所、一句相對に脇の躰なれば、韻字・手尓波の詮なし。とかくに脇は、発句の余情、けしきおもしろく成やうにすべし。脇の身がら持たるは、脇のこゝろにあらず。
   口傳に能の事あり。
 >※<
此脇も蝶の一字にて、尋ありく様を見るべし。

※ 去来伝受本「二十五箇条」は、ここに一文あり。
西村本「昼錦抄」(及び太田本「二十五箇条」)に「発句は客の位にして、脇は亭主の位なれば、己が心を負ても発句に云残したる草木・山川の一字二字の風情を加へて、客の余情をつくすべきなり」、宋屋本「昼の錦」に「発句は客の位にして、ワキは亭主の位なれば、脇をおのれが心をまげても負けても発句に云残したる草木・山川の一字二字の風情を加へて、客の余情をつぐつくすべきなり」とある。


↑ トップへ


15 第三に手尓波有事

    第三に手尓波有事
第三の留りに文字の定る事は、一句のさま、発句のやうなれども、下のとまらぬ所にて、次の句へ及ばすべき為也。此理をしる時は、にの字ての にも限ずとしるべし。されど、此句は第三のさまなりと、百句の中に置ても撰出す程に第三の様をしらざれば、やはり定りたる留 しかるべし。世に勻字留に傳授ありとて、或は初櫻、あるいは時鳥など、或はおさへ字・かゝへ字の沙汰あるは、しらぬ人の推量也。
   蛼=蟋蟀のまださだまらぬ鳴所
いづれの時か、我も、此第三ありしが、一坐をいさめて、他聞をゆるさず。発句と平句の境は、此第三の勻字にてもしるべし。されど、よのつねの留りにて事かくまじき事也。

↑ トップへ


16 四句目軽事

    四句目軽き事
四句目は、決前生後の句なれば、殊更大事の場所也。軽くといふは、発句・脇・第三迄、骨折たる故なり。只、人、やり句する様にいひなしたれど、一巻の変化は、此句より始る故に、萬物一合とは注したるなり。すべて、発句より四句目迄に限らず、或はおもく、或は軽く、或はうすく、或はむつかしく、其句其時の変化をしるべし。此掟は、中品以下の為にして、中品以上の人とても、此掟の所以といふ事をしらざれば、自己の俳諧にくらきといふ〔べし〕

↑ トップへ


17 花に櫻附る事

    花に櫻附る事
世に花といふは、櫻の事なりといふ人もあれど、花といふは、萬物の心の花也。たとへば、花聟・花嫁の類ひ、茶の〔出花〕※、染物のはなやかなるも、其物その物の正花なれば、花とは賞翫の二字に定りぬ。いづれの花にても、春の季にて、植物に三句去べし。花は春の発生する物なればなり。古より、花に櫻を附る事、傳授ありとて、初心にはゆるさず。或は、さくら鯛の類など、前の花にあらそはざるものは附べし。花前の植物も、此類にてしるべし。花は櫻にあらず、櫻にあらざるにもあらずといふ事、我家の傳授とは知べし。
   口傳、糸櫻の事あり。

※ 西村本「昼錦抄」(及び太田本「二十五箇条」)に「茶の出花」とある。「茶の花」は、「茶の木の花」で、「季語蔵」によれば、「初冬 植物」の季語である。


↑ トップへ


18 発句像りやうの事

    発句像りやうの事
発句は、屏風の繪と思ふべし。おのれが句をつくりて、目をふさぎ、繪になぞらへ見るべし。死活おのづからあらはるゝもの也。此故に、俳諧は姿を先にして、心を後にすといふ也。すべて、発句にても、附句とても、目をふさぎて、眼前に見るべし。心におもしろいとばかりにてするは、見る事の推量なり。目に見て附ると、心にはかりて附ると、自門・他門の境、紙筆の上につきがたし。諸集の附合を見て工夫すべし。
   口傳に連哥の事あり。

↑ トップへ


19 趣向を定る事

    趣向を定る事
附合は、先、趣向をさだむべし。其趣向といふは、一字、二字に過べからず。是を執中の法といふなり。物のその中をとつて前後を見る時は、百千の数ありとも、前後はちかし。人は、始より案じて、終りを尋る故に、その中へだゝりて、必くらし。
  口傳に源氏物語の事あり されば、表八句の趣向の定めやうは、たとへば、
   初桜 塗笠 暖簾 村雨
   鷺  手習子 月 新酒
かくのごとく趣向を定置て、或は作にも、或は不作にも、或はかたく、或、やはらかにも、黒白青黄の姿を作るに、皆、たゞ句作りのてづま也。此法をしらざれば、人の俳諧に驚く事あり。尤、二字三字の趣向より、変化の姿も明に見ゆる故に、尤、打越の好悪もはやく知る故に、此法をしらざる人は、我句を作りて後に、打越もよからず、変化もおもしろからねど、今迄の骨折に心残りて、その句捨る事かたし。二字三字の趣向をかゆる事は、かつてお(を)しむべき骨折なし。此法は、第一に、変化のためなりと心得べし。いにしへの儒書・仏経とても、その中より、始めずといふ事なく、天地、、人の為に生ずや。その中は、其始なる事を知るべし。 口傳に天地は人の名ツケタルコトアリ されど、二字三字の趣向にかぎらず、五躰・八躰の附方にもよらず、世にいふイ空撓といふ案じかたありて、其時、その句のあらざれば、文字の道理には書尽しがたし。それは、百韻にも三所、四所はあるべし。しからざれば、言語の道理に落て、俳諧に不傳の妙所なし。此執中の二字をさして、我家の秘法と云べし。人よく此法を工夫せば、天下の政、明らかに、人間明暮の働をもしるべきにや。

※ 太田本「二十五箇条」は、西村本「昼錦抄」の「儒書仏教とても」を入木により「儒書仏経源氏い勢迚も」とし、宋屋本「昼の錦」は、「儒書仏経とても、源氏伊勢物語とても」とする。
 西村本「昼錦抄」は、書き損じが多いとは言え、支考の手に掛かる前の「去来伝受本」を基にしたと思われることから、「源氏伊勢物語」は、支考の書き足しと断定できる。


↑ トップへ


20 切字に口傳ある事

    切字に口傳ある事
切字の事は、諸抄にあまたあれども、今の世は、殊に推量多し。大 廽 し・玄妙切など云る切字の事は、我家には、詮なし。此法の俳書に出したる證句とても、いかなる道理とも心得がたし。其外、三段切・三字切なども、今の證句はいかゞ。
      二字切
   山〔寒〕し心の底や水の月※1
      三字切
   子共等よ昼顔咲ぬ瓜むかん
     三段切
   梅若菜まり子の宿のとろゝ汁
或は、素堂が鎌倉の吟に、
   目には青葉山ほとゝぎすはつ鰹 といふ句は、あきらかに耳・目・口の三段をいへるか。梅若菜の句は、心の三段をしるべし。されば、二字切・三字切は、句の中にやといゝ(ひ)て、いかにとうたがい(ひ)、覧とはねたるは、三字同意にて、切は一所也。或は、
   鷹の目のも?いまや暮ぬと鳴鶉 といふ句は、との字にておさへたれば、切字にあらず。此類、数多ありて、諸抄におさへ字、かゝへ字の詮なし。切字は百ありても、切ぬ事多し。或は、
   夕顔や秋は色々の瓢かな
といふ句は、上の夕顔や秌はと、句横を切、手尓波の字にてかゝへたれば、切字にはならず。此類、猶多かるべし。
   猫の戀やむ時閨の朧月
是を、中の切といふ也。やむ時は何々として、さて、ねやの朧月夜はと、中に心を残したる句法也。
うかりける人を初瀬 と、よみたる哥の類也。
    我は家を人にかはせて年わすれ
是を挨拶切といふ也。一句に自然〔自他〕の差別ある故也※2。此二つの切は、我家の発明にして、他門に向て穿鑿すべからず。

※1 「俳諧一葉集(湖中編、文政10(1827)年板)」の「貞享元禄年中」に、「山寒し心の底や水の月」。


※2 「我=自」、「人=他」の対比である。


↑ トップへ


21 辛崎の松の句の事

     辛崎の松の句の事
  辛崎の松は花より朧にて
此発句の落着をしれば、発句と第三と平句との差別をしる也。発句は一句の中に、曲節といふ事あり。此句に花は曲にして、松の朧とは節也。曲節の二つは、よの常の謡・浄瑠りにもしるべし。
   辛崎の松は春の夜朧
是は第三の様也。この句、平句よりは重き所、枩の朧といふ節也。
   辛崎の松を春の夜見渡して
是は只、春の気しきのみ、曲もなく、また節もなきもの也。此発句を、世間に、とまらぬといふ沙汰あれども、それは、初心の人の論也。されば、朧哉とあるべき句を、朧にてといふ事は、哉は決定の辞にて、花より松がおもしろひ(い)と決定すれば、片題の褒貶のがれがたし。哥にも嫌ふ事也。
    さゞ浪やまのゝ入江に駒とめて
     比良の高根の花を見るかな
とよみたる其花よりも、辛崎の松の朧にて、たゞおもしろからんと、不決定の中、決定也。或は、にて留りの事は、
    三日月は正月斗まことにて
此にての心に知るべし。月は月々の三日月あれども、正月斗は、誠に三日月にてあらんと、決定の心を残したる也。尤、にて留りの事は、哉留の発句の第三には、子細ある事も知るべし。
   口傳に其角雑談集の事あり

↑ トップへ


22 鳶に鳶の句の事

     鳶に鳶の句の事
むかし武の深川にて、鳶に鳶の句附たる事あり。其時もしれる人、稀なれば、今更附合の格式ともいふべし。

    韮の柵木に鳶を詠て
   鳶の居る花の賤屋とよめりけり
是は、前句のいひとりを、哥の前書と見たるより、かくはよめりけりと附たる也。此類は、前句の心をおこして、こなたよりいゝ(ひ)なしたる托イ詫〔托〕物比興※1といふもの也。或は、前句を軍書とも、能狂言のおかしみとも、浄瑠りなどの拍子とも、皆々聞たる風情也。
    番匠が椴の小節を挽かねて
     片兀山に月を見るかな
是は、前句五文字より、古代の哥のさまと聞なして、月を見る哉と哥によみたる也。或は、平句の哉留にかぎらず、皆々子細ある事也。模様をこのみ、奇具〔奇異〕※2を求ては、かならずすまじき作意なり。

※1 「托」は手に載せた物を他の手に移すということから、「たのむ・たくす」と読む字である。「前句の心をおこして、こなたよりいひなしたる」という説明に合う。
 訂正前は「托」であった。筆写者が「托」を「侘」と読み違え、「詫」に直したのではないか。
※2 西村本「昼錦抄」(及び太田本「二十五箇条」)宋屋本「昼の錦」、共に「奇異」とする。


↑ トップへ


23 宵闇の句の事

     宵闇の句の事
ある時、哥仙の七句目にて、宵闇の句出しに三句の中に月をこめたる也。
   宵闇はあらぶる神の宮迁
    北より〔荻〕の風そよぎたつ
   八月は旅面白き小幅綿
尤、宵闇に月は附がたし。打越にては、殊にわろし。十句目は、花前にのびて無念なれば、三句の心にもたせて、八月の字にて、見渡しの月あしらい(ひ)たる也。是を一坐のさばきとはいふ也。宵闇を月とは、おもふまじき也。三句取合て月の働としるべし。

※ 「韻塞(許六撰、元禄9(1696)年板)」、「北より荻の風そよぎたつ 六」とある。


↑ トップへ


24 名所に雑句の事

    名所に雑句の事
名所の発句は、すべて、雑句もしかるべし。名所を云ゝ(ひ)、季を云ゝ(ひ)、意こころをいふ時は、句作り、かならずおだやかなるじ。
   あさよさを誰松嶌ぞ片心
   かちならば杖つき坂を落馬哉
   かたつぶり角ふりわけよ須广明石
此内、須广あかしの句は、蛮觸の両国をたとへ、其さかい(ひ)、はい(ひ)わたるなどゝいへる辞より、思ひよせたれば、かならずしも、蝸牛の當季にもかゝはらず。是等を雑躰といふて、名所の句の格式なるべし。
口傳に無季の格といふ事ありて、
   年々や猿にきせたる猿の面
といふ歳旦例句あり。

↑ トップへ


切字の秘訣

    切字の秘訣
  切ツハ  盡ナリ
  切ツハ  節ナリ
  切ツハ  寄ナリ
    以上

 「切」は「せつ」と読む。
「俳諧提要」(五乳人鉤雪編、博文館、明治36(1903)年8月)に
・ 切字といふは切る事にはあらす。キレ字にてなくセツ字といふもの也、云々。
・ 切字五答の事
 芭蕉翁切字五答
  嵐雪問  芭蕉答  切は盡也
  野坡問  仝    切は節也
  支考問  仝    切はー句成就也
  去来問  仝    切は寄也
  惟然問  仝    切は四十七字各切字也
  切字は論といふへからす。問答と云ふへし。切字皆問答の心なり。一句も問答なり。
    切は寄也の寄の引歌
       なかれてはいもせの山の中に落る
        よしの川のよしや世の中
   口訣に、なかれては、なからへてはの中略也。妹背山は二つの山の名なり。
   其中を吉野川の流るゝと云ことなり。寄所は、必ず別るゝ切也。天性の理
   也。爰に別ありて、夫婦の別論ある道理也。天地も合して天なり地と下る。
   日月萬象又々如斯。天は清くして上り、地は濁りて下るといへとも、人な
   き時はいかんそ。此理を知り弘めんや。此人よく切の理にかなふ深意思ふ
   へし。


↑ トップへ


巻末

 右俳諧之式者為我家之節目也即與晋
 其角見之識之可明自己之俳諧不可傳
 冩他人尤可為道之尊重也。
            芭蕉菴
               桃青判
  元禄〔己〕閏正月二日

 蕉翁の秘法者相承之人ならでは知之
 べからず今や口授の趣を以て全相傳
 之もの也
             晋子
               其角判
  元禄十七年二月十三日

↑ トップへ


芭蕉伝書

昼の錦/二十五箇条

其角への伝授

 芭蕉の奥書によれば、其角への伝授は、元禄2(1689)年閏正月2日である。
 これは、前年貞享5(1688)年8月下旬に、「笈の小文」及び「更科紀行」の旅を終え芭蕉庵に帰着して、約5か月後のことになる。また、3月下旬に「奥の細道」に出立する、約3か月前で、この日付に無理や矛盾はない。
 この伝書に「昼の錦」という名称が登場するのは、これが初めてである。貞門の作法書に「夜の錦」があって、これに対して付けられたものかと思われる。
 また、この伝書は、「貞享式」とも「新式」とも呼ばれる。「新式」という名称は、連歌の「応安新式」と被って誤解を生じるし、元禄3(1690)年去来に与えた「元禄式」の奥書に「新式」とあって、紛らわしい。
 「貞享式」は、「元禄式」に対して付けられた名称で、こちらを用いる。

 其角に「貞享式」は、少なくとも3度にわたって伝授されている。最初は、「笈の小文」の旅に発つ前の夏であろう。
 推測の根拠は、其角門原松の其角三十三回忌「星月夜」にある。
  抑、新式※1の根元は貞享二年丑の春、晋子、伏見にて俳諧有し時※2
 辛崎の松の句※3の難問を開きて後、東武に帰り、翁にしかじかの事を
 かたり、一流の伝目後来に授記せん事を頻りに申ければ、工案三年を
 歴て、漸く貞享四年卯の五月の比、全部一軸とはなれりける。
 即、自筆にて晋子に授く。其後、去来に付属ありき

 ① 新式すなわち「貞享式」は、貞享4年5月出来、そのまま其角に授けられたという。
 ② 去来への付属付嘱とも。仏教で弟子に教授し、後世に伝えるよう託すことは、「笈の小文」の旅を結び、貞享5年4月下旬から5月上旬の間、芭蕉が京に滞在した間のことと思われる。
 享保21(1736)年、西村又右衛門板の「昼錦抄」が刊行される。元禄元(1688)年6月の奥付があるが、9月改元であるから、貞享5年とあるべきであった。月は違うが、去来への伝授の時期に符合する。

 元禄2年閏1月は、2度目の伝授ということになる。これが、完成したものでないことは、「昼の錦」に用いられた諸句の成立年(下に一覧を掲げる)から見て明白である。


※1 「貞享式」すなわち「二十五箇条」のこと。
※2 この頃の其角の上方行は、貞享元(1684)年2月中旬から8月下旬までと、貞享5(1688)年9月中旬から12月中旬までの2回ある。「雑談集」を見ると、「伏見にて俳諧」は、貞享5年(9月末元禄に改元)の旅のことになる。
※3 「辛崎の」句は、本サイト「野ざらし紀行旅程、3月12~14日」によれば、初案成立が貞享2(1685)年3月中旬、成立が千那宛書簡に示される同年5月までである。
 したがって、「星月夜」のこの記述は信じられないが、「貞享四年」以下の記述までは、否定できない。
 むしろ、「元禄元年の冬、伏見の俳諧云々」により、わずか1、2か月後の元禄2年閏1月に伝授するのは無理である。また、「貞享年間に工案を重ね、貞享年間に一軸となった」ものであれば、「貞享式」の名にし負うものとなるであろう。

証句の年次

条目証句等年次等
113 発句に切字桐の木に鶉啼なる塀の内元禄3(1690)年「猿蓑」
214 脇に韻字色々の名もむつかしや春の草3月「ひさご」
317 花に櫻伝いとざくらの事秋「猿蓑、灰汁桶の」
420 切字に口傳猫の戀やむ時閨の朧月「葛の松原」
5我は家を人にかはせて年わすれ歳末「猿蓑、人に家を」
6梅若菜まり子の宿のとろゝ汁元禄4(1691)年正月「梅若菜」歌仙
7鷹の目のいまや暮ぬと鳴鶉「芭蕉庵小文庫」
8子共等よ昼顔咲ぬ瓜むかん元禄5(1692)年「陸奥鵆」
923 宵闇の句宵闇はあらぶる神の宮迁し10月「けふばかり」歌仙
1024 名所に雑句年々や猿にきせたる猿の面元禄6(1693)年歳旦
1122 鳶に鳶の句番匠が椴の小節を挽かねて10月「振売の」歌仙

 中でも、宵闇の句は元禄5年冬のもので、第23条全体にかかわり、この条が元禄2年の伝授になかったことは明らかである。なお、最も新しい証句は、元禄6年10月の「番匠が」句である。
 したがって、3度目の伝授、あるいは増補は、元禄6年10月以降、帰郷のため江戸を立つ元禄7年5月までとなる。去来へ、元禄7年6月に伝授していることは、支考写「二十五箇条」の奥付で確認できる。
 其角への伝授を、芭蕉の動向と併せて見ると、次のようになる。

芭蕉の動向と伝授


 貞享式の成立は、「野ざらし紀行」の旅から帰った貞享2年から貞享4年にかけてで、「笈の小文・更科紀行」の旅に出る前に伝授。これを更に整理し、「奥の細道」の旅に出る前、元禄2年閏1月に伝授。さらに、「猿蓑」「ひさご」などの証句を加え、最期の旅に出る前増補を完了したということであろう。


↑ トップへ



昼の錦/二十五箇条 関連ページ目録
其角伝受翻刻・校訂 昼の錦  元禄2年伝受・元禄17年相伝
米沢本を翻刻、横書きに変換。諸本と照合し訂正を加え、伝受時の芭蕉伝書を再現。
去来伝受校訂 二十五箇条  元禄7年伝受・宝永7年支考入手
初版本「昼錦抄」・宋屋本「昼の錦」・其角本「昼の錦」と照合、支考の改変部分が顕在化。
宋屋本 昼の錦・引続錦紙  宝永7年支考写本の写
初版本「昼錦抄」と、よく一致する。口伝集を併せて載せる。
校合・再現 昼の錦
諸本を校合、去来伝受本を再現。
許六伝受俳諧雅楽抄  元禄6年伝受
許六の発句作法書。口訣を得た内から、五箇条を「翁曰」と引用。
資料 資料「昼の錦/二十五箇条」 : 古今集・去来抄・七部集・三四考・寂栞などの関連部分をまとめる。
「二十五箇条」と諸伝書 : 山中問答・葛の松原・有也無也之関・貞享式海印録などとの関連を探る。
「昼の錦・二十五箇条」検討 : 去来相伝本、初版本・校正本・支考門本・宋屋本の表現を比較検討。
「二十五箇条」の伝承と空阿 : 空阿の遺品に「不易鏡」があって、宋屋本とほぼ同じ奥書を記す。
「昼の錦・二十五箇条」諸本の関連 : 其角伝受本と各去来伝受本とを比較し、校合の資料とする。

 ページトップへ