俳諧の作法 「二十五箇条」(去来相伝)

二十五箇条 目録
巻頭目録俳諧の道とする事俳諧二字の事虚實の事
変化の事起定転合の事発句切字有事脇韻字有事
第三手尓葉之事四句目軽事10月花の事11花に櫻つくる事
12當季を案ずる事13二季に渡る物の事14発句時季用事15発句像やうの事
16付句案じやうの事17趣向を定る事18恋の句の事19切字に口傳ある事
20指合の事21から崎の松の事22鳶に鴟の句の事23宵闇の句の事
24名所に雑の句の事25かなづかひの事巻末跋・刊記
二十五箇条関連ページ へ移動
概説「二十五箇条」と諸伝書 : 山中問答・葛の松原・有也無也関・海印録・引続錦紙などの関連と解説。
資料資料「昼の錦/二十五箇条」 : 古今集・去来抄・七部集・三四考・寂栞などをまとめ、資料とする。


二十五箇条


<解題>
 「蕉風俳諧作法伝書」の一つで各務支考編。西邑養魚蔵本の刊記に享保21(1736)年1月とある。支考没後6年、芭蕉没後43年の板行である。
 底本は、貼外題欠落、目次第「二十五箇条」、寺町五条上ル町 : 額田正三郎出版(元禄7年桃青判、享保21(1734)年正月記。太田庄右衛門再板、宝暦9(1789)年以降額田正三郎板行)、早稲田大学図書館所蔵。




校訂「二十五箇条」(太田庄右衛門板)凡例

1 縦書きを横書きにした。
 ・ 踊り字は、「ゝゞ々」のみ用いた。
2 句読点を適宜用いた。
3 数箇所の見せ消しや書き入れは、そのまま転記した。
 ・ みそさゞは、秋の小鳥に入たれど、かならず冬季しかるべし。
4 異体字は、初出部分に、通用字を示した。
 ・ 哥道に俳諧あること
5 副助詞の片仮名「ハ」及び変体仮名は、平仮名に改めた。但し、読みを示す片仮名はそのままにした。
 ・ しかも天地より出る所を知べし
6 歴史的仮名遣いとの相違を示した。
 ・ 変化にしたがい(ひ)、月花の風情に
7 読み仮名や注釈を適宜挿入した。
 ・ 常に反そむひて道に合ふの道理なり
 ・ 蛼=蟋蟀のまださだまらぬ鳴所
8 明らかな誤写や誤字は次のように示した。
 ・ 北よりのかぜ戦たつ
 ・ 古式に、此詮なし
9 「昼錦抄」(西村九郎右衛門/西村又右衛門板)に入木改訂した箇所は下線で示した。
 ・ 道に反て道に叶ふの道理なり。され共、俳かい
 ※ 薄紫字は、校正に用いた原本(相伝本か。「昼の錦・二十五箇条」検討資料参照)の誤り。下線部の多くは訂正されたが、いくつかは初板が正しい。
10 校合は、主に其角相伝「昼の錦」を用い、次のように示した。
 ・ 一座をいましめて〔いさめて〕
 ※ 多くは、筆写時の粗相であるが、入れ木の部分には、意図的な書き換えがまま見られる。
 ・ 心を落しつける〔つけぬ〕がよき也
 ・ あしからぬ所に、変化は虚實の自在よりと〔ず、時によろしきを変化とは〕しるべし。

板行本 二十五箇条

二十五箇條目録

 二十五箇條
      目録           │№ ⇔ 其角相伝本№
 一 はいかいの道とする事      │① =  ① 
 一 はいかい二字の事        │② …  ⑫ 
 一 虚實の事            │③ …  ②┐
 一 變化の事            │④ …  ③│
 一 起定轉合の事          │⑤ …  ④┘
 一 発句切字有事          │⑥ …  ⑬┐
 一 脇韻字有事           │⑦ …  ⑭│
 一 第三に手尓葉之事        │⑧ …  ⑮│
 一 四句目軽事           │⑨ …  ⑯┘
 一 月花の事            │⑩ …  ⑤ 
 一 花に櫻つくる事         │⑪ …  ⑰ 
 一 當季を案ずる事         │⑫ …  ⑥┐
 一 二季に渡るものゝ事       │⑬ …  ⑦│
 一 発句時季用事          │⑭ …  ⑧┘
 一 発句像やうの事         │⑮ …  ⑱ 
 一 附句案じやうの事        │⑯ …  ⑨ 
 一 趣向を定る事          │⑰ …  ⑲ 
 一 戀の句の事           │⑱ …  ⑩ 
 一 切字に句(口)傳ある事     │⑲ …  ⑳ 
 一 指合の事            │⑳ …  ⑪ 
 一 から嵜の松の事         │㉑ =  ㉑┐
 一 鳶に鴟の句の事         │㉒ =  ㉒│
 一 宵闇の事            │㉓ =  ㉓│
 一 名所に雑の句の事        │㉔ =  ㉔┘
 一 かなづかひの事         │㉕ …  /


        目録終

↑ トップへ


二十五箇条

1 はいかいの道とする事

   ○ 俳諧の道とする事
ある人問曰、はいかいは、何のためにする事ぞや。答曰、俗談平話をたゞさむがためなり。又問、はいかいの道とする所如何。又答、に達摩あり、儒道に荘子あつて、道の實有を踏破せり。哥道に俳かいある事も、かくのごときとしる時は、道に〔常に〕そむい道に叶ふの道理なり。され共、俳かいのすがたは、哥・連哥の次に立て、心は向上之一路に遊ぶべし。
    口傳一向宗の事あり
  春秌心法獲麟之秘訣

↑ トップへ


2 はいかい二字の事

   ○ はいかい二字の事
はいかいの二字は、古来に穿鑿あり、字書を引て、誹は非の音也共、あるひは史記の滑稽を引て、俳の字に定りたる共、穿鑿の理は明かなり。しかれ共、古今集より誹の字を用ひ来たりたれば、此類は古實とて、誤をも其通りに用る事もあるなり。、八雲御抄にも俳諧と誹諧の二様あり、され共我家には、はいかいには古人なしと看破したる眼より、玄とも 玅 とも名は別にさだむべけれ共、言語に遊ぶといふ道理をしらば、我家には、いまよりは、俳諧の二字もしかるべし。他門に對して穿鑿すべからず。

↑ トップへ


3 虚實の事

   ○ 虚實の事
物は虚に居て實に働く、實に居て虚に働くべからず。實は、己を立て、人をうらむる所有。譬、はなの散るをかなしみ、月のかたぶくを惜むも、實に惜むは連哥の〔虚〕なり。〔嘘〕にお(を)しむははいかいの實なり。抑、詩哥・連俳といふ物は、上手にをつく事なり。虚に實あるを文章と云、實に虚ある_世智辨と云、實に實あるを仁義禮智と云。虚に虚ある者は世に稀にして、あるひは、又多かるべし。此人をさして我家の_〔の人〕と云べし

↑ トップへ


4 變化の事

   ○ 變化の事
文章といふ事は変化の事なり。変化は、虚實の自在をいふなり。黒白・善悪は言語のあやにして、黒きを黒しといふも、黒〔き〕を白しといふも、しばらく〔の〕言語変化にして、道理はもとより黒白一合なり。しからば天地の変化に遊ぶべし。人は変化せざれば退屈する本情なり。況や、はいかいは己が家にありながら、天地四海をかけめぐり、春夏 秌 冬の変化にしたがひ、月はなの風情にわたるものなれば、 百勻は 百句に変化すべき事也。其変化をしりても変化する事を得ざるは〔れば〕目前〔眼前〕のよき句に迷ひて、前後の変化を見ざるが故なり。されど、変化といふに新古なき事は、人間の春 秌 に新古なきがごとし。其日其時の新古を見て、一巻の変化に遊ぶべし。変化はおふ(ほ)むね、料理の甘くうま淡く酸く辛きがごとし。能もよからず、あしきもあしからぬ所に、変化は虚實の自在よりと〔ず、時によろしきを変化とは〕しるべし。

※ 其角相伝本「昼の錦」・初版本「昼錦抄」・宋屋本「昼の錦」、いずれも「ず、時によろしきを変化と」とある。美濃派相伝本のみの書き換えであり、それを校正の原本としたと分かる。


↑ トップへ


5 起定轉合の事

   ○  起定轉合之事
俳諧は上下取合て、哥一首と心得べし。起とは虚空界にむかひて、無念相のうちに念相を発句といふなり。一物発る時〔は〕して又生ず、是を脇といふ。はじめは、〔初の〕一物を定るなり。定の字あるひは〔請とも、〕請は、上の一物をうけ持心なり。されば、発句は陽なり、脇は陰なり。第三は一転して、天地より人を生ずるがごとし。人は天地より働けれ共〔働きあれども〕、しかも天地より出る所をしるべし。合とは、萬物一合なり。哥には流の字の心なるべし。是より変化して、山あり、川ありて、一巻の成就と〔は〕いふ也。

↑ トップへ


6 発句切字有事

   ○ 発句に切字有事
発句の切字といふは、差別の心なり。物は其じやによつて、是じやと埓明くるなり。たとへば、客と亭主との差別なり。たとへ切字ある発句とても、きれぬ時には発句にはあらず。
  桐の木にうづら鳴なる塀の内
此句五文字にて、心を隔たるなり。切字の事は哥にも詮あり。先は発句の骨柄〔とも〕いふべし。

↑ トップへ


7 脇韻字有事

   ○ 脇に韻字有事
脇はしつかりと、 勻字にて留といふは、まづは 初心への教なり。定の字にかなへむがため也。
  色々の名もむつかしや春の草
  うたれて蝶の夢はさめぬる
此句は、はじめてはいかいの意味を、たづぬる人の俳かい名目まぎらはしとて、まどひたるを、其所直に一棒をあたへて、蝶の夢をさましぬる所、一句相對して〔に〕脇の躰ならば、勻字・てに葉のせむ(ん)ぎなし。とかくに脇は、発句の余情、気色の面白く成やうにすべし。脇の身柄持たるは、脇の心にあらず。 口傳能の事あり 発句は客の位にして、脇は亭主の位なれば、己が心を負ても発句に云残したる草木・山川の一字二字の風情を加へて、客の余情をつくすべきなり。此脇も蝶の一字にて、尋歩行たずねあるくさまを見るべし。

※ 太字の一文、其角相伝本になし。


↑ トップへ


8 第三に手尓葉之事

   ○ 第三に手尓葉之事
第三の留りに文字の定りたる事は、一句の様、発句のやうなれ共、下のとまらぬ所にて、次の句へ及すべき為なり。此理をしる時は、にの字ての字にもかぎらずとしるべし。され共、此句は第三の様成と、百句の中に〔置〕ても撰び出すほどに第三の様をしらざれば、やはり定りたる留りしかるべし。世に 勻 字留に傳受ありとて、あるひははつ櫻、あるひは郭公など、押字・かゝへ字の沙汰あるは、しらぬ人の推量なり。
  かう(こほ)ろぎ〔の〕まだ定らぬ鳴所
いづれの時か、我も此第三ありしが、一坐いましめて〔いさめて〕他聞を免ゆるさず。発句と平句などのさかひ、此第三の 勻 字にてもしるべし。されど、尋常の留りにて事欠くまじき事也。

↑ トップへ


9 四句目軽事

   ○ 四句目軽事
四句めは決前生後の句なれば、殊更大事の場所なり。軽くといふは、発句・脇・第三までに骨折たる故しるべし〔なり〕。只、〔人、〕やり句するやうに云なしたれど、一巻の変化は此句よりはじまる故に、萬物一合とは註したるなり。都て、発句より四句め迄にかぎらず、あるひは重く、あるひは軽く、あるひは安く〔うすく〕、あるひは六ヶ敷、其句其時の変化をしるべし。此掟は、中品以下のためにして、中品以上の人迚とても、此掟の所以云事をしらざれば、自己の俳かいのくらき人といふべし〔にくらきといふべし〕

↑ トップへ


10 月花の事

   ○ 月花の事
は風雅の的なり。月は月々にあり、花は四季に有て、四花八月とも定まる〔定まりたる〕なり。されど、なごりの裏の月を略す格にて、哥仙の時は二花二月共有度事也〔ともすべし〕。表の五句めに月有ては、裏の八句めに月〔秋〕をする〔事〕、花前の秌季もむつかしく、秌季のうへ(ゑ)ものもしがたし。秌季の発句ならぬ時は、表か裏に月一つ有てくるしかるまじき事にや。此後器量の人もあるべし。それも又、一坐のあひしらひあるべし。初心の人はいかゞ、月は七句め、花は十三句めに有る事と、ひたと他人にゆづる時宜なり。いづくに〔あり〕ても子細なし。都て、月花は風雅の道具なれば、なくて叶はぬ道理をしつて、さのみ月花の句に新しきをもとむべからず。一坐の首尾よろしきにしたがひて、毎々の俤の句なり共、其時〔の〕、程よきやうに付て置べし。さして、奇怪をこのむべからず。

※ 其角相伝本「昼の錦」・初版本「昼錦抄」は「ともすべし」。宋屋本「昼の錦」は「とも有義也」、美濃派相伝本は「ありたきなり」とある。このことからも、美濃派相伝本を校正の原本としたと分かる。
 「ともすべし」は、其角・去来に「さばききれなければ、二花二月としてもよい」の意である。芭蕉一座の俳諧に、二花二月は見当たらない。「ありたき」は支考の願望である。


↑ トップへ


11 花に櫻つくる事

   ○ 花に櫻つくる事
世に花といふは、櫻の事なりといふ人も有れど、花とは萬物の心の花なり。たとへば、花聟・はな娵の類、茶の出ばな・染もののはなやかなるも、そのものそのものの正花なれば、花と、賞翫の二字にさだまりぬ。いづれのはなにても、春の季にして、植物に三句去べし。花は春の発生する物なれば也。古へより、花に櫻を附る事、傳授あると〔ありとて〕初心にはゆるさず。或は、櫻鯛の類など、前の花あらざる櫻ならば、あきらかにしつて附べきなり〔あらそはざるものは附べし〕。花前のうへ(ゑ)ものとて、此類にて知るべし。、花は櫻にあらず、櫻にあらざるにもあらずといふ事、我家の傳受としるべし。 傳いとざくらの事あり。

↑ トップへ


12 當季を案ずる事

   ○ 當季を案ずる事
月花の句にもかぎらず、四季の付句に其季を案ずる事、前の二三句かろき時は、当季を経て〔捨て〕、趣向より案〔ず〕べし。たとへば、獅子舞と趣向を定め、門の花とあしらい(ひ)、薙刀と趣向を定て、橋の月とあしらひ、前の二三句重き時は、尤、其当季より案じて、花・鴬・月・露〔花に鴬、月に露〕の類に、一句の風情〔ふり〕を附べし。されば、二つの案じかたは、もとより変化のため成る事をしるべし。

↑ トップへ


13 二季に渡るものゝ事

   ○ 二季に渡るものゝ事
右は二季に渡るものをば、後の彼岸といひ、 秌 の出がはりといふ。されど、前句の 秌 に附くる時は、後の字にも及ばず、 秌 季なり。此類は数多ある事なり。或は、節句の二字に名目を附くる時は、大方うへ(ゑ)ものゝ指合あり。是又、前句の季にしたがふべし。西瓜は 秌 季よろし。牡丹を夏にする類なり。夏季にはふりうりの類多故なり。星月夜は 秌 季なり。月にあらず。発句に此辞ある時は、七句め他の季にて〔月の坐にて〕、異名の月あるべし。みそさゞいは、 秌 の小鳥に入 たれど、かならず冬季しかるべし。ことに十月の(を)かし。青葉〔は〕夏季にあらず、雑也。若葉とすべし〔して、夏季也〕。淡雪は、春季もしかるべし。口傳新古式法あり むし・砧の類は、夜分の心ならでは〔ならぬは〕面白からず。されど、夜分に指合なし。其外は、此類にてしるべし。此詮、古式になし。鐘の〔音(ね)〕・砧うつとはせぬ事なり。かねのを(お)と・衣うつとはいふべし。 口傳子タノ〔寝たる〕コトアリ されば、よくしりてするは、一坐の扱ひ〔働〕〔も〕よるべし。

↑ トップへ


14 発句時季用事

   ○ 発句用事
あるひは、夜着とふとむ(ん)、足皮足袋、頭巾の類、扇・あはせなど、尋常に用るもの多し。発句にする時は当季、平句にしては〔する時は〕〔四季の〕指合繰るべからず。されど、一句のさまにて、たしかに冬、たしかに夏と見ゆる時は、其せんぎに及まじ〔句もあるべし〕。此掟は道理の指合を知て、文字の指合を穿鑿すべからずとなり。

↑ トップへ


15 発句像やうの事

   ○ 発句像やうの事
発句は屏風の画と思ふべし。己が句を作りて、目を閉、画に准らへて見るべし。死活を(お)のづからあらはるゝものなり。此ゆへに、俳かいは姿を先にして、心を後にするとなり。都て、発句とても、附句とても、目を閉て、眼前に見るべし。心に思ひはかつてする〔おもしろいとばかりにてする〕は、見〔る〕事の推量なり。目に見て附ると、心に量て附ると、自門・他門のさかひ、帋筆の上に尽がたし。諸集の附合を見て工夫すべし。 口傳連哥の事あり

↑ トップへ


16 附句案じやうの事

   ○ 附句案じやうの事
発句はかく別の事なり。附句は其坐に望て、無性に案じぬが能なり。我心泬なづみぬれば、趣向もしづみ、我草臥より人も草臥て、一坐終に成就せず。附句は初念の趣向より、心を落しつける〔つけぬ〕がよき也。此故に、趣向を定る傳受あり。惣じて工夫は平生にある事なり。其坐に望ては、只無分別なるべし。定家卿も哥は深く案じて、いらぬものなりと仰しなり。附句、第一、調子のものなり。あればとて、速く出すべからず。なきとても、ひさしく案じ入るべからず。よくもあしくも、一坐の程をしりてこそ、はいかいの世情にたよりあるあり。修行成と〔は〕しるべけれ。但し、大事の附句は、先云はなして、のちに思ひ返せば、心の結むすぼれとけて、かく別なり〔の事あり〕 口傳兵法の事あり

↑ トップへ


17 趣向を定る事

   ○ 趣向を定る事
附句〔附合〕は趣向をさだむべし。其趣向といふは、一字、二字、三字には過べからず。是を執中の法といふなり。物、其中を取て前後を見る時は、百千の数有ても、前後は近し。人は、はじめより案じて、終を尋る故に、其中隔りて、かならず暗し。 口傳源氏物語の事
されば、表八句趣向〔の定めやうは、たとへば〕
   はつ櫻  塗笠  暖簾
   村雨   鷺   手習子
   月    新酒

此の如く趣向を定置て、あるひは作にも、或不作にも、ある句はかたく、あるひは和やはらかに〔も〕、黒白青黄のすがたは作るに、皆只句作のてづまなり。此法をしらざれば、人のはい諧に驚く事あり。〔尤〕、二字三字の趣向より、変化のすがたも明らかに見ゆる故に〔尤〕、うちこしの好悪を速くしる故に、此法をしらざる人は、我句を作りて後に、うちこしもよからず。変化もおもしろからねど、今までの骨折に心残て、其句を崩す事〔捨る事〕かたし。二字三字の趣向をかゆる事は、曽てをしむべき骨折にてもなし。此法は、第一に、変化のためなりと心得べし。いにしへの儒書・仏経・源氏・い勢迚も〔伊勢物語とても〕、其中より、はじまらず〔始めず〕といふ事なし。天地、豈、人の為に生ぜずや〔生ずや〕。其中は其初なる事をしるべし。 口傳天地は人の名づけたる事あり
されば、二字三字の趣向にも渡らず、五体・八体の附かたにもよらず、世にいふ空撓といへる案じかた有て、其時・其句にあらざれば、文字の道理に書尽しがたし。それは、百句〔百韻〕にも三所四所はあるべし。しからざれば、言語の道理に落て、はいかいに不傳の妙所なし。此執中の二字を指て、我家の秘法といふべし。人よく此法を工夫せば、天下の政明らかに、人間明くれの働き〔を〕もしる〔べきにや〕

↑ トップへ


18 戀の句の事

   ○ 戀の句の事
戀の句の事は、古式を用ひず。其故は、嫁・むすめ抔、野郎・傾城の文字、名目にて戀と〔は〕いはず。只、當句の心に戀あらば、文字に〔は〕かゝはらず恋を附くべし。此故に他門より、戀を一句にて捨るといへるよし。戀は、風雅の花實なれば、二句より五句に到るといへ共、〔べし。〕先は陰陽の道理を定たるなり。是は、我家の発明にして、他門にむかひて穿鑿すべからず。

↑ トップへ


19 切字に口傳ある事

   ○ 切字に口傳ある事
切字の事、諸抄にあまたあれ共、いまの世は、殊に推量多し。大廻し・玄妙切などいへる切字の事は、我家に曽て〔は〕なし。古のころのはい書に出〔し〕たる證句とても、いかなる道理心得がたし。その、三段切・二字切なども、いまの證句は、心得がたきか〔いかゞ〕
   二字切
 山さむし心の底や水の月
   三字切
 子等よ晝がほ咲ぬ瓜むかむ
   三段切
 梅若菜まりこの宿のとろゝ汁
あるひは、素堂かま倉の吟に
 目に〔は〕青葉山時鳥はつ鰹
といふ句は、目耳口と三段をいへり。梅・若菜の句は、心の三段をしるべし。されば二字切・三字切は一句の中にやといひて、いかにとうたがひ、らむとはねても〔はねたるは〕、三字同意にて切は一所なり。あるひは、
  鷹の目の?いまや暮ぬと鳴うづら
といふ句は、との字にて押さへたれば、切字にあらず。此類は、あまた有て、諸抄に押字・かゝへ字のせむ(ん)ぎなし。切字〔は〕百ありても切ぬ事多し。あるひは、
  ゆふがほや秌は色々の瓢かな
といふ句は、上のゆふがほや 秌 はと句読〔句横〕を 切て、はの字にてかゝへたれば切字に〔は〕ならず。此類〔猶、〕多かるべし。
  猫の戀やむ時閏の朧月
是を、中の切といふなり。〔やむ時は何々として、さて、〕閏の朧月夜はと、中に心をのこしたる句法なり。うかりける人をはつせのと、よみたる哥の類なり。
  我は家を人に買はせて忘れ
あいさつ切といふ。一句に自他の差別ある故なり。此二の切は、我家の発明にして、他門にむかひて穿鑿すべからず。

↑ トップへ


20 指合の事

   ○ 指合の事
俳かいに指合の事は、はなひ草の類にしたがふべし。すこしづゝの新古の事あり。されど、一坐の了簡を以て、初心には〔上坐の了簡にて、〕随分ゆるすべし。一句の好悪を論じて、指合は後の詮なるべし。さしあひは變化の道理なりと、先、其故をしるべし。〔差合の事は、〕變化の不自在なるより、世にさしあひの掟あり。萬物〔よろづ〕の法式は、此さかひにて知べし。

↑ トップへ


21 から嵜の松の事

   ○ から嵜の枩の句の事
辛嵜のまつははなより朧にて  此発句の落着をしれば、発句と第三と平句との差別をしる也。発句は一句の中に、曲節といふ事あり。此句に花は曲にして、松の朧とは節なり。曲節の二つは、尋常のうたひ・浄瑠璃にもしるべき事也〔べし〕
  辛崎のまつは春の夜朧にて
是は第三のさまなり。此句、平句よりは重き所、まつの朧といふ節なり。
  辛嵜のまつを春の夜見渡して
是は只、春の気色のみにして、曲もなく〔、また〕節もなきものなり。此発句を、世間に、留る留らぬ〔といふ〕沙汰あれ共、それは、初心の人の論也。あるひは〔されば〕、朧かなとあるべきを、朧にてと云ことは、哉は決定のこと葉なれば〔にて〕、花より松が面白ひと決定するは〔すれば〕、片題の褒貶のがれがたし。哥にも嫌ふ事なり。
  さゝ波やまのゝ入江にこまとめて
ひらのたかねのはなを見るかな とよみたる其花より、からさきの松の朧にて、但し〔ただ〕面白からむと、不決定の中の決定なり。あるひは、にて留の事〔は〕
  三日月は正月ばかりまことにて
此にての心にてしるべし。月は月々の三日月有共、正月斗ばかりは、誠〔に〕三日月にてあらんと、決定の心を残したるなり。
〔尤〕、にて留の事は、哉留の発句の第三に、留の〔は〕子細ある事をしるべし。 口傳其角が雑談集の事あり

↑ トップへ


22 鳶に鴟の句の事

   ○ 鳶に鴟の句の事
むかし武の深川にて、鴟に鳶の句付たる事あり。其時もしれる人、まれなるが〔稀なれば〕、今更附合のかく式とも知るべし
   韮の柵まがきに鳶をながめて
鳶の居る花の賤屋とよめりけり 是は、前句の云とりを、哥の前書と見たるより、かくはよめり鳧けりと附たるなり。此類は、前句の心を発おこして、こなたより云なしたる詫物〔托物〕比興といふものなり。あるひは、前句を軍書とも、能狂言のおかしみとも、じやうるりなどの拍子とも、みなみな聞なしたる風情なり。
  番匠が椴とどの小節を挽かねて
   片兀はげ山に月を見るかな
是は前句の五文字を、古代の哥のさまと聞なして、月を見るかなと哥によみたるなり。あるひは、平句のかな止にかぎらず、此類はみなみな子細ある事なり。模様をこのみ、奇異を求ては、かならずすまじき作意なり。

↑ トップへ


23 宵闇の事

   ○宵闇の句の事
有時の哥仙の裏の七句めにて、宵闇の句出しに、三句の中に月を篭たるなり。
  宵闇はあらぶる神の宮迁
   北よりのかぜ戦たつ
  八月は旅おもしろき小幅綿
〔尤〕、宵闇に月は附がたし。うち越に月は附がたし。うちこしには、殊に悪し。十句めは、花前にのびて無念なれば、三句の心に月を持せたるが〔もたせて〕、八月のぐは(わ)の字にて、見渡しの月の字は、あしらひたるなり。是を一坐のさばきと〔は〕いふ〔なり〕。宵闇を月とは、おもふまじきなり。三句取合て月の字の働と知るべし。

↑ トップへ


24 名所に雑の句の事

   ○名所に雑の句の事
名所の発句は、都すべて、雑の句もしかるべし。名を云、季を云、心〔を〕いふ時は、句作、必穏なるまじ。
  朝よさを誰枩嶌片ごゝろ
  かちならば杖つき坂を落馬かな
  蝸牛角ふり分けよ須广明石
此中、須广明石の句は、蛮・觸の両國をたとへ、其境はいわたるなどといへること葉より、思ひ寄せたれば、かならずしも、蝸牛の當季にもかゝはらず。是等を雑躰と云て、名所の句の格式なるべし。 口傳、無季の格といふことあり
  年々や猿にきせたる猿の面
といふ、歳旦の例句あり。

↑ トップへ


25 かなづかひの事

25y 仮名遣ひ               ↑ トップへ

   ○ 仮名遣ひの事
世に、定家卿のかな遣ひといふものあれども、あまりに繁きゆへに、まぎれてしれがたし。むかしはかなづかひの詮もなけれ共、其後の事なれば、大 㯏[殸+木] 大概?しりて、埓の明事なり。されど、はいかいには、さむふとも、あつふともかくなり。さむう、あつうと書ては、かな書の経文見るやうにてわろし。此類は心得あるべき事なり。
             タイ コイ →タヒ コヒ
   い イキク     鯛 鯉 ノ類
             アフヒ ヒナ
   ひ フヒヘ     葵 雛 ノ類
あるひは、ひゐなとも、ひゝなとも。此類はかなの序書といふなり。
   を   をんな    山を(お)ろし
   小桶   変体仮名をの字   をに同じ
   変体仮名お   お(を)とこ  おろし   桶
緒 を 小 を おの字はあたらず
大 変体仮名お 尾 お(を)  おの字はあたるなり。
変体仮名は は 同 上下に用
変体仮名わ 上に用、三輪の時は下に用る事也
ゑ 声 梢の類、又こずえ(衛)、此時は末の字 心なり。
え 中のえ  消 きへ/きゆる 杖、机、 杖→つゑ
    此時は枝といふ古實なり
へ かへ かふる 是はハヒヘに通
栄  はへ(え) 是は古實なり。あへものの類なり。
縁 えむ 此類なり。衣更の下にフヘノ口傳有。○縁→えん
ゐ  不動類なり  盥たらヰ(ひ) 器ノ時なり/手アライ(イ)トモ
紅  クレナイ(ゐ) 又 ヰトモ
住居   雲のタヽズマヒ、山のタヽズマヒ。
法師   ホフシ/ホウ(フ) ホウ(ウ)シトハ古實なり。入声はホフシナリ。
雑   ザウ(フ)/ザツ
 拾 シフ/シツ 此類すべて入声
ち   とぢる/とづる の類、づに通ふはぢの字なり

 

↑ トップへ



巻末

刊記

右者俳諧之新式有二十五ヶ條最
我家之節目也即於落柿舎自
書而与去来見之識之可明自己
之俳諧不可傳写他人最道
之尊重也
                 芭蕉庵
  于時元禄七甲戊六月日       桃青
                    判

享保柔兆執徐春王正月吉※z01
                 花武錦城東
                   西邑羪魚 蔵

        書肆       太田庄右衛門

 蕉門野坡流誹諧書目録 
         京寺町五條上ル町 額田正三郎 板行

※z01 柔兆=丙・執徐=辰・春王=一月 → 享保21(1736)年1月

↑ トップへ



昼の錦/二十五箇条 関連ページ目録
其角伝受翻刻・校訂 昼の錦  元禄2年伝受・元禄17年相伝
米沢本を翻刻、横書きに変換。諸本と照合し訂正を加え、伝受時の芭蕉伝書を再現。
去来伝受校訂 二十五箇条  元禄7年伝受・宝永7年支考入手
初版本「昼錦抄」・宋屋本「昼の錦」・其角本「昼の錦」と照合、支考の改変部分が顕在化。
宋屋本 昼の錦・引続錦紙  宝永7年支考写本の写
初版本「昼錦抄」と、よく一致する。口伝集を併せて載せる。
校合・再現 昼の錦
諸本を校合、去来伝受本を再現。
許六伝受俳諧雅楽抄  元禄6年伝受
許六の発句作法書。口訣を得た内から、五箇条を「翁曰」と引用。
資料 資料「昼の錦/二十五箇条」 : 古今集・去来抄・七部集・三四考・寂栞などの関連部分をまとめる。
「二十五箇条」と諸伝書 : 山中問答・葛の松原・有也無也之関・貞享式海印録などとの関連を探る。
「昼の錦・二十五箇条」検討 : 去来相伝本、初版本・校正本・支考門本・宋屋本の表現を比較検討。
「二十五箇条」の伝承と空阿 : 空阿の遺品に「不易鏡」があって、宋屋本とほぼ同じ奥書を記す。
「昼の錦・二十五箇条」諸本の関連 : 其角伝受本と各去来伝受本とを比較し、校合の資料とする。

 ページトップへ