俳諧の作法 「昼の錦・二十五箇条」検討資料

検討資料 索引
Ⅰ 校正校正 (刊本「二十五箇条」の校正箇所、及び宋屋本「昼の錦」)
Ⅱ 校合校合 (校正本「二十五箇条」と宋屋本「昼の錦」の異同、及び支考門相伝本「二十五ヶ条」)
Ⅲ 確認確認 (内容真偽判定のため、諸伝書との一致確認)
Ⅳ 年次年次 (証句の成立年次による「二十五箇条」成立時期の推定)


linelinelineline

Ⅰ 校正

板行本を比較し、校正内容を確認した。
刊記板行本は、題簽「ひるのにしき」が欠洛。内題は「昼錦抄」。24丁裏に「燕子(弘前藩家老、涼袋兄)」の記名・印あり。25丁表に「享保柔兆執徐春壬正月吉」と、享保21年正月付の刊記、その裏に「書肆 京五条橋通 西村九郎右衛門/江戸本町三丁目西村又右衛門」の名、その左に「四季の岸出来/芭蕉翁深川集追而出来」と刊行予告が出る。八戸市立図書館蔵書。
 ちなみに、「四季の岸」は題も含めて回文の句集、琴峯撰・祇空序、享保21(1736)年。
「芭蕉翁深川集」は、元文元(1736)年(4月末享保から改元)9月板行。養魚の跋に「右深川集は□□□(折り目で字が読めない)持来れるところの書にして徒に書巣に朽ん事を梓にのこし侍るのみ」とある。(「深川集」、お茶の水女子大蔵書)
 この予告で、板行本の刊行が享保21年に確定する。
 矢口丹波記念館蔵書に、貼外題「二十五条」、内題「二十五箇条」があって、「目録」以下(目録末に外題「ひるのにしき」が貼付されているのを除く)は本書と一致する。「刊行予告」まで一致、「追て出来」の「追て」が削除されていないことから、同年9月までの印刷発行と言える。また、板行本「昼錦抄」は早印と見なせるので、以下「初版本」と言う。

刊記板行本は、題簽欠、内題は「二十五箇条」。25丁裏に「書肆 太田庄右衛門板」(江戸日本橋南一町目)とある。刊行は額田正三郎(京寺町五條上ル)。額田正三郎は、京寺町五條上ルの書肆で、初代は野坡門風之ふうしである。早稲田大学図書館蔵。
 末部に二代正三郎文下追悼句集「笠の露」が載り、この板行本は、安永4(1775)年以降のものと分かる。

蔵判初版本、板行本の刊記を重ねると右のように、同じ版木と確認できる。
  享保柔兆執徐春王正月吉
        花武錦城東
            西邑羪魚蔵


の印字かすれは、板木の擦れと思われる。
この右に、芭蕉伝授の記載がある。

伝授日付      戊 辰
 于時元禄□ □六月日  芭蕉庵
     七甲戌       桃青
               


右のように重ねてみると、「戊辰」「七甲戌」と入れ木(埋木)で直し、「在」の字を削除した跡が見て取れる。
 なお、初版本①「戊辰」は元禄元年、板行本②「七甲戌」は元禄7年であるが、「元禄戊辰六月」は、「貞享戊辰六月」の誤りである。(元禄への改元、9月30日)


入れ木この入れ木の部分を見る。
 右は、第一段、「時は道に反て道」の部分である。板木が摩滅し、「時は」はかすれている。囲み部分が入れ木で、擦れが少ない。印を重ね、ある程度すり減った板木を修正したのが、「太田庄右衛門板」ということになる。以下、を「校正本」と言う。
 なお、早印のには「時は常に返て道」とあって、鮮明である。
 この比較により両者の相違が明らかになる。「に・て・道」が同じように見えるが、画像を重ねると僅かにずれる。「常に返て道」の5文字が埋木で「道に反て道」に修正されている。
 

宋屋本「蕉門極秘昼の錦/俳諧廿五ケ條掟」は、巴人門の伝書で、「元禄七甲戌六月付芭蕉奥書があるものを、宝永七辛卯宝永7は庚寅、辛卯は8年三月十二日に支考が写」し、それを「百葉泉冨鈴(以下宋屋)或いは某人が写し、後に宋屋が井泉斎磯音に伝譲したもの」を、文政11(1828)年江刺家左月が写したものである。
 支考は「八夕暮」に、蓮二の変名で、「芭蕉門には廿五ケの条目ありて、先師ハ洛の去来に伝へ、去来ハ死後に東花坊に伝ふ」と書いているが、実際は去来妾存命尼から買い取ったものである。宋屋本の年記には粗相があるが、支考が「双林寺仮名碑建立に貢献した京六条の吾仲」に与えた「二十五条」は、奥書に宝永7年5月とあったという。
 去来は、宝永元(1704)年10月没であるから、支考は、宝永7(1710)年までに手に入れていることになるが、宝永4(1707)年3月於双林寺、芭蕉十三回忌「東山万句」での披露がないので、これ以後のことになる。管見の内では、「夏衣」(支考編、宝永5(1708)年6月記7月板、愛知県立大学図書館蔵)に「二十五箇条」の文言が出る。
・ 是ただ先師の匙を嘗むる所にして虚に居てよく実なるべし。実に居てかならず虚なる事なかれ。
・ 芭蕉門に一大事の師伝あり。……此道理をしれば、作り自在にあきらかに不作も自在にあきらかならん。……不自在の人のいましめ……趣向を定る事也。是を執中の法とはいふ也。……死活をおもへば……

 「虚に居て~虚」は、ほぼ「二十五箇条」どおりである。「道理」「趣向」の語は、外の伝書にも見られるが、「死活」「不自在」の語は他に見られない。「夏衣」は「二十五箇条」特有の語を用いている以上、これまでに入手していたとして差し支えない。
 「夏衣」の旅は、宝永5年4~6月であるが旅に出る前の春、嵯峨野にいた。これは、「百一宇」(吾仲編、宝永5年10月板、愛知県立大学図書館蔵)の「宇治嵯峨賦」に出る。吾仲は、去来に傾倒し、去来没後は追善集「誰身の秋」(宝永2(1705)年)を編んだ人である。  
  吾仲に与えたものは現存しないので、「去来遺本の二十五箇条」を支考が写したものを、ほぼ同時期に写した宋屋本は、貴重である。
 宋屋本の特徴を挙げる。
1 内題に書名「昼の錦」があること。
 ・ 享保21年上梓の際に付けられたものでなく、本来の書名であったという可能性が高くなる。
2 上巻十五ヶ条・下巻十ヶ条に分けられている。
3 「口伝 ~アリ」などが、書かれていない。
 ・ 別添「引続錦糸」で、19の条に、口伝を含みつつ解説をしている。

初版本「昼錦抄」と校正本「二十五箇条」との違いを見る。
また、その違いについて、いずれが好ましいかを判定するため、支考入手後間もなく写したと思われる宋屋本「蕉門極秘昼の錦/俳諧廿五ケ條掟」も載せた。
 三本の書誌のあらましは次の通り。
区分
条目
 初版本
「昼錦抄」
 校正本
「二十五箇条」
 宋屋本
「蕉門極秘昼の錦/
俳諧廿五ケ條掟」
貼外題ひるのにしき?) ※欠落二十五条?) ※欠落昼の錦 秘
目録昼錦抄/目録
昼錦抄目録終
二十五箇条/目録
   目録終
内題蕉門極秘昼の錦/俳諧廿五ヶ条掟
刊記・奥書右者誹諧之新式有二十五ヶ条、最我家之節目也。即於落柿舎自書而、与去来。見之識之可明自己之誹諧。不可伝他人。最道之尊重也。右者俳諧之新式有二十五ヶ条、最我家之節目也。即於落柿舎自書而、与去来。見之識之可明自己之俳諧。不可伝他人。最道之尊重也。芭蕉翁奥書有略之
于時元禄戊辰六月日/芭蕉庵/桃青/在判于時元禄七甲戌六月日/芭蕉庵/桃青/元禄七甲戌六月
書肆
京五条橋通 西村九郎右衛門
江戸本町三丁目 西村又右衛門
書肆 太田庄右衛門伝書者東花坊支考之写
添書在判略之
宝永七辛卯庚寅三月十二日
linelinelineline
・ 異なる部分について、初版本は赤字校正本は青字で示した。
・ 宋屋本に照らし、好ましい側を、赤太字青太字にした。
・ 宋屋本が、好ましい箇所は、緑太字で示した。ただし、ここはの相違部分(入木)のみなので、との相違は、次項「Ⅱ 校合」にまとめた。
条目 初版本「昼錦抄」 校正本「二十五箇条」 宋屋本「昼の錦」
1 俳諧の道に達摩あり仏道に達摩あり仏道に達摩あり、
常に返て道に叶ふの道理なり。されば俳かいの姿は連歌の次に立ちて道に反て道に叶ふの道理なり。され共俳かいの姿は歌・連歌の次に立ちて常に反て道にかなふのなり。俳かいのかたちは、歌・連歌の次に立て、
2 はいかい二字誹は非の音なり。誹は非の音之共、誹は非の音なりとも、
八雲御抄にも尤、八雲御抄にも尤、八雲御抄にも、
3 虚実実に居て虚に働く不可。実は己を立て、人をうらむ所有。実に居て虚に働くべからず。実は己を立て、人をうらむる所有。実に居て虚に働くべからず。実はおのれを立て、人をうらむる処なり
月のかたぶくを惜むは、連歌の実なり月のかたぶくを惜むも、実に惜むは連歌の実なり月の傾くを惜むも、実に惜むは連歌のなり。
抑、詩歌・連俳といふ物は、上手にをつく事なり。抑、詩歌・連俳といふ物は、上手にをつく事なり。そもそも、詩歌・連俳は、上手にをつく事なり。
我家の伝受の人と云べし我家の(伝)受と云べし我家の伝授と云べし
4 変化しばらく言語の変化にして、もとより黒白一合なり。しばらく言語の変化にして、道理はもとより黒白一合なり。しばらく変化の言語の変化にして、道理はもとより、黒白一合なり。
百句は百句に変化すべき事なり。変化をしりても変化する事を得ざるは、眼前のよき句に迷ひて、前後の変化を見ざるが故なり。百勻(韻)は百句に変化すべき事也。其変化をしりても変化する事を得ざるは、目前のよき句に迷ひて、前後の変化を見ざるが故なり。百韻は百勻(句)に変化すべき事也。その変化を知りても変化する事を得ざれば、眼前のよき句にまよひて、前後の変化を見ざるがゆへなり。
能もよからず、あしきもあしからず。時によろしきを変化としるべし。能もよからず、あしきもあしからぬ所に、変化は虚実の自在よりとしるべし。きよきもよからず、あしきもあしからず、時に宜しきを変化と知るべし。
5 起定転合一物発る時に対して又生ず、一物発る時に相対して又生ず、一物起る時に相対よく生ず、
人は地より働けれ共、しかも天地より出る所を知べし。合とは、万物一合とは、万物一合なり。人は天地より働けれ共、しかも天地より出る所をしるべし。合とは、万物一合なり。人は天地より働くものなれど、しかも天地より出る処をしるべし。合とは、万物一合なり。
7 脇に韻字 色々の名もまぎらはし春の草
  みだれて蝶の目をさましぬる
 色々の名もむつかしや春の草
  うたれて蝶の夢はさめぬる
 色々の名もむつかしや春の草
  うたれて蝶の夢はさめぬる
8 第三てにはにの字ての字にもかぎるべからずとにの字ての字にもかぎらずとにの字ての字にも限らずと
かうろぎまだ定らぬ鳴所 いづれの時か、我も此第三ありしが、一坐をいましめて他をめさすかうろぎまだ定らぬ鳴所
いづれの時か、我も此第三ありしが、一坐をいましめて他聞を免さず
 蛼まだ定らぬ啼所
いづれの時か、我に此第三ありしが、一座をいましめて他聞をゆるさず
9 四句目四句軽事四句目軽事四句目の軽き
第三までに骨折たる故なり。人は只、やり句するやうに云なしたれど、第三までに骨折たる故としるべし。只、やり句するやうに云なしたれど、第三までに骨折たる仍なり。人唯、やり句するやうに云なしたれど、
此掟は、中品以上のためにして、中品以下の人迚も此掟は、中品以下のためにして、中品以上の人迚も此掟は、中品以上の人とても、
云事をしらざれば、其自の俳かいのくらき人と云事をしらざれば、自己の俳かいのくらき人となをしらざれば、自己の俳諧にくらき人と
10 月花 四花八月とも定りたるなり四花八月とも定まるなり四花八月とも定めたるなり。
二花二月ともすべし二花二月共有度事也二花二月とも有義也
秋のうへものもしがたし。秋季のうへものもしがたし。秋季の植物も仕がたし。
毎々の俤の句なり共、其時のやうに付て置べし。毎々の俤の句なり共、其時程よきやうに付て置べし。毎々の俤の有句なり共、其時の程よきやうに付て置べし。
11 花に桜はなやかなるも、ともにものものの正花はなやかなるも、そのものそのものの正花染物のはなやかなるも、其物其物の正花なれば、
花は春の発生するものなればなり
いにしへより、初心にはゆるさず。
あるひは桜鯛の類など、前の花とあらそはぬものは、つくべし
花前のうへものも、此類にてしるべし。
花は桜にあらず、さくらにもあらずといふ事
花は春の発生するなれば
古へより、花に桜を付る事、伝授あると、初心にはゆるさず。
或は、桜鯛の類など、前の花にあらざる桜ならば、あきらかにしつて付べきなり
花前のうへものとても、此類にて知るべし。
但、花は桜にあらず、桜にあらざるにもあらずといふ事
花は春の発生するものなれば、古しへより、花に桜を付る事、伝授有とて、初心にはゆるさず。
或は、さくら鯛など、前の花にあらざる桜ならば、明らかに知りて付べきなり
花前の植物も、此類にて知るべし。
花は桜にあらず、桜にあらざるにあらずと云こと、
12 当季其句を案ずる事、前の二三句かろき時は、当季を経て、趣向より案べし。 たとへば、獅子舞と趣向をさだめ、門の花とあしらひ、前の二三句重き其季を案ずる事、前の二三句かろき時は、当季を経て、趣向より案べし。
たとへば、獅子舞と趣向を定め、門の花とあしらい、薙刀と趣向を定て、橋の月とあしらひ、前の二三句重き
其季を案ずる事、前の二三句かろき時は、当季を捨て、趣向より案ずべし。
たとへば、獅子舞と趣向を定めて、門の花とあしらひ、長刀と趣向を定めて、橋の月とあしらふ。前の二三句おもき
一句のふりを付べし一句の風情を付べし一句の風情を付べし。
13 二季発句に此辞ある時は、月の坐にて、異名の月あるべし。発句に此辞ある時は、七句め他の季にて、異名の月あるべし。発句に此詞ある時は、七句めに他の季にて、異名の月あるべし。
ことに十月のころおかし。ことに十月のおかし。ことに十月のをかし
青葉、雑也。若葉として、夏なり青葉、夏季にあらず、雑也。若葉とすべし青葉は、夏季にあらず。若葉として夏季なり
一坐の働にもよるべし。一坐の扱ひによるべし。一座の働きによるべし。
14 季発句時季用事発句の時は季に用事発句の時は季に用る事
平句にする時は、同季の指合繰るべからず。発句にする時は当季、平句にしては、指合繰るべからず。発句にする時は当季にして、平句にする時は、さし合をくるべからず。
一句のさまにて、たしかに冬、たしかに夏と見ゆる句のあるべし一句のさまにて、たしかに冬、たしかに夏と見ゆる時は、其せんぎに及まじ一句のさまにて、慥に夏と見ゆる時は、其詮議には及まじ
15 発句発句とても、平句とても、目を閉て、眼前に見るべし。発句とても、付句とても、目を閉て、眼前に見るべし。発句とても、付句とても、目をふさぎて、眼前に見侍るべし。
16 付句我草臥より人も草臥て、一坐成就せず我草臥より人も草臥て、一坐終に成就せず我草臥より人も草臥て、一座成就せず
付句は初会の趣向より、心を落しつけよきなり付句は初念の趣向より、心を落しつけるがよき之付句は初念の趣向より、心を落しつけがよき也
其坐に望ては、無分別なるべし。其坐に望ては、只無分別なるべし。其座にのぞみては、唯無分別なるべし。
一坐の程をしりてこそ、はいかいのにたよりある修行成としるべけれ。一坐の程をしりてこそ、はいかいの世情にたよりある修行成としるべけれ。一座の程を知りてこそ、俳諧の世情に便ある修行なりとは知るべけれ。
17 趣向百千の数有ても、前後近し。百千の数有ても、前後は近し百千の数ありて、前後を近く、
されば、表八句、趣向定やう、たとへば
   はつ桜 塗笠 暖簾 時雨
されば、表八句の趣向、
   はつ桜 塗笠 暖簾 村雨
たとへば、表八句の趣向、
   初桜 塗笠 暖簾 村雨
此の如く趣向を定置て、ある句は作にも、或不作にも、あるひはかたく、あるひは和かに、黒白青黄のすがたは作るに堅く、只句作のてづまなり。此の如く趣向を定置て、あるひは作にも、或不作にも、ある句はかたく、あるひは和かに、黒白青黄のすがたは作るに、皆只句作のてづまなり。此の如く趣向を定め置て、或はかたく、或は和かに、黒白青黄のすがたを作るに、皆只句作のてづまなり。
変化のすがたも明らかに見えざる故に、最うちこしの好悪を速くしる故に、変化のすがたも明らかに見ゆる故に、最うちこしの好悪を速くしる故に、変化のすがたも明に見ゆる故に、尤、打越の好悪をも知るゆへに、
今までの骨折に心残て、其句を捨る事かたし。今までの骨折に心残て、其句を崩す事かたし。今迄の骨折に心残て、其句を崩す事なりがたし。
いにしへの儒書・仏経とても、其中より、はじまらずといふ事なし。いにしへの儒書・仏経・源氏・い勢迚も、其中より、はじまらずといふ事なし。いにしへ、儒書・仏経とても、源氏・伊勢物語とても、其中より、はじめといふ物なく、
天地、豈、人の為に生ずるや天地、豈、人の為に生ぜずや天地、あに、人の為に生ぜずや
人よく此法を工夫せば、天下の政明らかに、人間明暮の働きともしるべきなり人よく此法を工夫せば、天下の政明らかに、人間明くれの働きともしるべし人よく此法を工夫せば、天下の政も明らかに、人間の働も知るべし
18 恋句其故は、嫁・むすめ、野老・傾城の文字、免目にて恋といはず。其故は、嫁・むすめ野郎・傾城の文字、名目にて恋といはず。其故は、嫁・娘野郎・傾城の文字、名目にて恋とはいはず。
只、当季の心に恋あらば、文字にかゝはらず恋を付くべし。只、当句の心に恋あらば、文字にかゝはらず恋を付くべし。只、当句の意に恋あらば、文字にはかかわらず、恋を付べし。
恋は、風雅の花実なれば、二句より五句に到るべし。先は陰陽の道理を定たるなり。恋は、風雅の花実なれば、二句より五句に到るといへ共、先は陰陽の道理を定たるなり。恋は、風雅の花実なれば、二句より五句にいたる。先は、二句有て、陰陽の道理を定たるなり。
19 切字切字にある事切字に口伝ある事切字に口伝有事
大廻し・玄妙切などいへるは、切字の事は、我家には詮議なし大廻し・玄妙切などいへる切字の事は、我家に曽て詮義なし。玄妙切・大廻し抔いへる切の事は、我家には、曽て詮義なし。
古のころのはい書に出たる証句とても、いかなる道理心得がたし。古のころのはい書に出たる証句とても、いかなる道理心得がたし。此頃の俳書に出たる証句とても、いかなる道理とも心得がたし。
その内、三段切・二字切なども、いまの証句は、いかがその内、三段切・二字切なども、いまの証句は、心得がたきその外、三段切・三字切なども、今の世の証句、心得がたきなり
 目に若葉山時鳥はつ鰹
明らかに、目耳口と三段をいへり。
 目に青葉山時鳥はつ鰹
といふ句は、目耳口と三段をいへり。
 目には青葉山ほととぎす初鰹
といふ句は、目耳口の三段を明にいえる。
二字切・三字切は句の中に「や」といひて、「いかに」とうたがひ、「らむ」とはねたるは、三字同意にて切は一所なり。二字切・三字切は一句の中に「や」といひて、「いかに」とうたがひ、「らむ」とはねても、三字同意にて切は一所なり。二字切・三字切は、一句の中に「や」と云ひて、「いかに」とうたがひて、下に「らん」とはねたるは、三字同意にて、切は一所なり。
 鷹の目いまや暮ぬと鶉鳴 鷹の目いまや暮ぬと鳴うづら 鷹の目今や暮ぬと鳴鶉
 我は家を人に買はせて忘れ 我は家を人に買はせて忘れ 我は家を人に買せて
20 指合されど、初心には、上坐の了簡にて、随分ゆるすべし。されど、一坐の了簡を以て、初心には、随分ゆるすべし。され共、一座の了簡にて、初心には、随分ゆるすべし。
21 辛崎の松此発句の落着をしれば、発句と平句と第三との差別をしる也。発句の中に、曲節といふ事あり。此発句の落着をしれば、発句と第三と平句との差別をしる也。発句は一句の中に、曲節といふ事あり。此発句の落着を知れば、発句と第三と平句との差別を知るなり。発句は一句の中に、曲節と云事あり。
尋常のうたひ・浄瑠璃にもしるべし尋常のうたひ・浄瑠璃にもしるべき事也よのつねの謡・浄瑠璃にもしるべき事なり
是は只、春の気色のみ、曲もなく、又節もなきものなり。是は只、春の気色のみにして、曲もなく節もなきものなり。是は只、春の気しきのみ。曲もなく節もなきなり。
世間に、留らぬとの沙汰あれ共、それは、初心の人の論也。世間に、留る留らぬの沙汰あれ共、それは、初心の人の論也。世間に、とまらぬといふ沙汰あれども、夫は、初心の人の論なり。
されば、「朧かな」とあるべきを、「朧にて」と云句作り、「哉」は決定のこと葉にて、花より松が面白との決定。されば、片題の褒貶のがれがたし。あるひは、「朧かな」とあるべきを、「朧にて」と云ことは、「哉」は決定こと葉なれば、花より松が面白ひと決定するは、片題の褒貶のがれがたし。されば、「朧哉」とあるべき句も、「おぼろにて」といふ事、「哉」は決定辞にて、花より松が面白ひと決定するは、偏題の褒貶のがれがたく、
からさきの松にてと、只、面白からむと、不決定の中、決定なりからさきの松の朧にて、但シ面白からむと、不決定の中の決定なり辛崎の松の朧にて、但、面白からんと、不決定の中なり
最、にて留の事は、哉留の発句の第三には、子細ある事をしるべし。最、にて留の事は、哉留の発句の第三に、留の子細ある事をしるべし。「にて止」の事は、「哉止」の第三に、子細有にて知るべし。
22 鳶其時もしれる人まれなれば、今更付合のかく式ともいふべし其時もしれる人まれなるが、今更に付合のかく式とも知るべし其時もしれる人稀なれば今さらに付合の格式といふべし
此類は、前句の心を発して、こなたより云なしたる詠物比興といふものなり。此類は、前句の心を発して、こなたより云なしたる詫物比興といふものなり。此類は、前句の心をおこして、こなたよりいひなしたる托物比興といふ物なり。
かならずすまじきなり。かならずすまじき作意なり。模様を好み、奇異を求ては、かならずせまじき作意なり。
23 宵闇宵闇の事宵闇の句の事宵闇の句の事
有時の歌仙の裏七句めにて、宵闇の句出しに、三句の中に月を篭たるなり。有時の歌仙の裏の七句めにて、宵闇の句出しに、三句の中に月を篭たるなり。ある時、歌仙の裏の七句目にて、宵闇の句出せしに、三句のうちに月をこめたるなり。
八月は旅おもしろく小幅帯八月は旅おもしろき小幅綿八月は旅おもしろき小幅綿
十句めは、花前にのびて無念なれば、三句の心に持たせて、八月の「ぐはつ」の字にて、見渡しの月の字は、あしらひたるなり。十句めは、花前にのびて無念なれば、三句の心に月を持せたるが八月の「ぐはつ」の字にて、見渡しの月の字は、あしらひたるなり。十句目は、前花なり。それへ延びくるは無念なれば、三句の心に月をもたせては、月なみの月の字にて、見わたしの月の字は、あしらひたるなり。
24 名所に雑 名を云、季をいふ時は、為作心、穏なるまじ。
 朝よさを誰松島片ごゝろ
名を云、季を云、心いふ時は、句作、必穏なるまじ。
 朝よさを誰松島片ごゝろ
名をいひ、季をいひ、意をいふ時は、句作、必おだやかならず。
 朝よさを誰松島片心
、須磨明石の、蛮・触の両国をたとへ、其はいわたるなどといへること葉より、思ひ寄られたれば、須磨明石の句は、蛮・触の両国をたとへ、其境はいわたるなどといへること葉より、思ひ寄せたればうちに、須磨明石の、蛮・触の両国をたとへ、そのさかい這ひわたるほどといへる詞より、おもひみせたれば
25 仮名あまり事繁きゆへに、あまりに繁きゆへに、あまり事しげきゆへに、
を をんな 山をろし
小桶、の字 をに同じ。
変体仮名お おとこ おろし 桶
を をんな 山をろし
小桶、変体仮名をの字 をに同じ。
変体仮名お おとこ おろし 桶
を をんな 山をろし
小桶こをけ変体仮名をの字同じ。
変体仮名お おとこ 変体仮名おろし 桶おけ
大  変体仮名お 尾 変体仮名お  おの字はあたるなり。 大  変体仮名お 尾   おの字はあたるなり。をの字ハあたらず。おの字ハあたるなり。
緒を 小お 大 尾
へ  かへ、かふる、是はヒヘに通。へ  かへ、かふる、是はハヒヘに通。へ 更衣 カヘ、カフル、是フヒヘにかよふ故之。
縁  えむ、此類なり。更衣の下にフヘの口伝有。縁  えむ、此類なり。衣更の下にフヘの口伝有。縁  え、此類なり。
ゐ 不ㇾ動類なり。盥誤字 たらヰ器ノ時なり/手アライトモ ゐ 不ㇾ動類なり。 たらヰ器ノ時なり/手アライトモゐ 不ㇾ動字之。 タラゐは器の時用ゆ之/手アラとも
住所 雲のタヽズマヒ、山のズマヒ。住所 雲のタヽズマヒ、山のタヽズマヒ。住居 山のタヽズマ、雲のタヽズマヒ。
法師 ホフシ/ホウシ ホシトハ古実なり。入声はホフシナリ。法師 ホフシ/ホウシ ホシトハ古実なり。入声はホフシナリ。法師 ホシ/ホフシ ほしとは古実なり。

・ 初版本には 意味不明な誤りが多い。特に、証句に誤りが多い点は、門外漢のかかわりを疑わせる。この「昼錦」について、板行間もなく、原松が「昼錦を信ずるのは、阿爺下頷の愚」と評するのも致し方ない。

↑ トップへ


linelinelineline

Ⅱ 校合

・ 異なる部分について、校正本は青字宋屋本は緑字で示した。
・ 好ましい側を、青太字緑太字にした。
・ 宋屋本が、好ましい箇所は、緑太字で示した。ただし、ここはの相違部分のみなので、全体と好ましい理由は、次項「Ⅱ 支考の誤写と変更」に掲げた。
・ は、内題「続五論/俳諧二十五ヶ条」。識語「俳諧奥秘録/古今集趣意/浮木庵授 此書は故翁洛の嵯峨の里於落柿舎与去来なり今又書写識て伝者なり/享保三酉十月十二日 獅子庵丈曽書/白馬台東羽伝之 天保十亥七月白馬台主より一見依テ写取者之/九皐園江鶴 此一冊者雖我門之秘訣依為出山仏再奥之/助力伝写里紅童平見之識之尤可尊重者也/享保丁未三月/獅子老人蓮二房/花押/印蓮二房 千錦庵慎写」、岐阜大学附属図書館蔵。
・ 相伝本の見せ消し・書き入れは、原文のままである。この校正は、のような、初期の写本に依ったものと思われる。宋屋本のような誤写がないものである。
条目 校正本「二十五箇条」 宋屋本「昼の錦」 相伝本「二十五ヶ条」
1 俳諧の道はいかいは、何のためにする事ぞや俳諧は、何のためにするの言葉ぞや俳諧は何の為にするの事や
道に反て道に叶ふの道理なり。常に反て道にかなふのなり。道に背反 ソムイ~道理なり
2 はいかい二字誹は非の音之共、誹は非の音なりとも、誹は非の音之とも、
3 虚実実は己を立て、人をうらむる所有実はおのれを立て、人をうらむる処なり~所有。
月のかたぶくを惜むも、実に惜むは連歌のなり月の傾くを惜むも、実に惜むは連歌のなり。~連歌の嘘、ウソなり。
にをしむははいかいの実なり。うそにをしむは俳諧の実なり。虚におしむは~ ※虚の左に口
4 変化黒きを黒しといふも、を白しといふも、しばらく言語の変化にして、黒きをくろしとも、白きを白しといふも、暫の変化の言語にして、黒を黒しと云も、黒○きを白しと~
目前のよき句に迷ひて、眼前のよき句にまよひて、前の
変化はおほむね、料理の甘く淡く酸く辛きがごとし。能もよからず、あしきもあしからぬ所に、変化は虚実の自在よりとしるべし。変化は大むね、料理のむまくあまくすく辛きが如き。よきもよからず、あしきもあしからず、時に宜しきを変化と知るべし。変化は大旨料理の~ぬ所に変化はず、時によろしきを変化とは
5 起定転合起とは虚空界にむかひて、無念相のうちに念相を発句といふなり。起とは虚空界に向て、無念相の中に念相を起こすをいふ、是を発句と云なり。~虚界に向て無念無想の中に念相をするを発句といふなり
歌にはの字の心なるべし。歌にはの字の心なるべし。歌には流字の心成べし。
6 発句に切字たとへ切字ある発句とても、_きれぬ時には発句にあらず。たとへ切字ある発句とても、こころのきれぬ時は、発句にあらず。~発句とても○心のきれぬ
7 脇に韻字 脇はしつかりと、韻字にて留と脇にしつかりと、韻字にて留ると脇はしかもつかりと韵字にて留ると
蝶の夢をさましぬる所、一韻相対して脇の体ならば、韻字・てに葉のせむぎなし。蝶の夢を覚しぬる所、一句相対に脇の体となれば、韻字・てにを葉、詮議もなし。~一句相対○にして脇の体なれば韻字てにをはの
脇は亭主の位なれば、_己が心を負てもワキは亭主の位なれば、脇をおのれが心をまげても~位なれば○脇はが句をまげても
9 四句目四句目四句目の軽き~の軽き事
軽みといふは、発句・脇・第三までに骨折たる故としるべし。只、やり句するやうに云なしたれど、 かろくといふは、発句・脇・第三までに骨折たる仍なり。人唯、やり句するやうに云なしたれど、くといふは~故なるべし人唯
此掟は、中品以下のためにして、中品以上の人迚も此掟は、_中品以上の人とても、定めは中品以下の人の為にして、中品已上の人とても
云事をしらざれば、自己の俳かいのくらき人となをしらざれば、自己の俳諧にくらき人と云事をしらざれば、自己の俳諧の闇き人と
10 月花 月は風雅の的なり。月花は風雅の的なり。月花は~
四花八月とも定まるなり。四花八月とも定めたるなり。~定○たるなり
歌仙の時は二花二月共有度事也歌仙の時は二花二月とも有義也~ありたきなり
裏の八句めに月花をすると裏の八句めに月秋をする事~月秋をる事
表か裏に月一ツ有てくるしかるまじき事にや。表か裏かに月ひとつありてもくるしかるまじき事にや。に月一ツあつても苦しかるまじきことなりにや
一坐のあひしらひあるべし。一座のあしらひ有べし。一座のあひしらひは有べし。
いづくに_ても子細なしいづくに有ても子細あるまじき事なり何所にありても子細有まじ。
さして、奇怪をこのむべからずさして、奇怪を好まずさして奇怪の事も結ぶべからずを好まざれ
11 花に桜花聟・はな嫁の類、茶の出ばな・染ものの花聟・花嫁の類、茶の心花・染物の茶の出花
12 当季当季を経て、趣向より案べし。
~獅子舞と趣向を定め、門の花とあしらい、薙刀と趣向を定て、橋の月とあしらひ
当季を捨て、趣向より案ずべし。
~獅子舞と趣向を定めて、門の花とあしらひ、長刀と趣向を定めて、橋の月とあしらふ。
当季を捨てて趣向より案ずべし。
~獅子と趣向をて、門の花とあしらひ、長刀と趣向て、橋の月とあしらふ。
13 二季右は二季に渡るものをば、古へは、二季にわたるものをば、むかし三古は二季に~
節句の二字に名目を付くる時は、節句の二季に名目を付くる時は、節供の二字に名月ママを~
ことに十月の比おかしことに十月の比をかし~おかし
青葉、夏季にあらず、雑也。若葉とすべし青葉は、夏季にあらず_。若葉として夏季なり青葉は○夏季にあらず。葉とすべしして夏季なり
むし・砧の類は、夜分の心ならでは面白からず。されど、夜分に指合なし。虫・砧の類は、_夜分にさし合なし。虫・砧○の類は、夜分の心ならねば面白からず。され共
一坐の扱ひによるべし。一座の働きによるべし。~働きに
14 季発句の時は季に用事発句の時は季に用る事~用る事
一句のさまにて、たしかに冬、たしかに夏と見ゆる時は、其せんぎに及まじ一句のさまにて、慥に_夏と見ゆる時は、其詮議には及まじ~慥に冬季慥○に夏季と見ゆるときは、其詮義にはなし及まじ
15 発句死活をのづからあらはるるものなり。死活をのづから顕らるるものなり。~自からあらはるるもの之。
16 付句我草臥より人も草臥て、一坐終に成就せず我草臥より人も草臥て、一座成就せず~一座終に成就せず。
付句は初念の趣向より、心を落しつけるがよき之。付句は初念の趣向より、心を落しつけぬがよき也。~心をとして付が能き之。
17 趣向付句は趣向をさだむべし。俳諧の付合は、先、趣向を定むべし。俳諧の趣向を定むべし。
百千の数有ても、前後は近し。 百千の数ありて、前後を近く、 の数だにありても、前後は近し。
此の如く趣向を定置て、あるひは作にも、或不作にも、ある句はかたく、あるひは和かに、此の如く趣向を定め置て、_或はかたく、或は和かに、あげ、趣向を定○置て或は作にも或不作にも或はやすらかにも或は皆々も或は和かく
儒書・仏経・源氏・い勢迚も、儒書・仏経とても、源氏・伊勢物語とても、儒書・諷経にも源氏・伊勢物語とても
それは、百句にも三所四所はあるべし。去は、百韻にも三所と四所は有べし。は百韻に三所か四所成べし
人間明くれの働きともしるべし。人間の働も知るべし。人間明暮の働をもしるべしべきなり
18 恋句恋は、風雅の花実なれば、二句より五句に到るといへ共、先は陰陽の道理を定たるなり。恋は、風雅の花実なれば、二句より五句にいたる。先は、二句有て、陰陽の道理を定たるなり。~二句より五句に到ると云は、先二句有て、陰陽の道理を定たるなり。
19 切字大廻し・玄妙切などいへる切字の事玄妙切・大廻し抔いへるの事玄妙切・○大廻しいへる切字の事
古のころのはい書に出たる証句此頃の俳書に出たる証句此頃の俳書に出○したる証句
その内、三段切・二字切なども、いまの証句は、心得がたきかその外、三段切・三字切なども、今の世の証句、心得がたきなり其外三段切三字切抔も○今の世の証句は心得がたきにや
 目に青葉山時鳥はつ鰹
といふ句は、目耳口と三段をいへり
 目には青葉山ほととぎす初鰹
といふ句は、目耳口の三段を明にいえる
「目には青葉「山時鳥「はつ鰹
と云は、眼耳口の三段をいへり明にいえるか
二字切・三字切~、_「らむ」とはねても、三字同意二字切・三字切~、下に「らん」とはねたるは、三字同意二字切三字切は一句の中に「やといふて、「いかにと疑ひ、○下に「らんとはねてもたるは、三字同意
_閏の朧月夜は」と、中に心をのこしたる句法なり。やむ時は何々として、さて、閏のおぼろ月夜は」と、中の心をのこしたる句法なり。止む時は○何々として、扨、閏の朧月夜とははと、中に心をのこしたる句法なり。
20 指合すこしづつの新古の事あり。少しづつは新古のさかひあり。少しづつ新古の事あり。
21 辛崎の松是は只、春の気色のみにして、曲もなく節もなきものなり。是は只、春の気しきのみ。曲もなく節もなきなり。是は只、春の気色にして、曲なく節もなく物なり。
世間に、留る留らぬの沙汰あれ共、それは、初心の人の論也。世間に、とまらぬといふ沙汰あれども、夫は、初心の人の論なり。世間に○て、留るとまらぬと云沙汰あれ、それは、○初心の人の論也。
あるひは、「朧かな」とあるべきを、「朧にて」と云ことは、「哉」は決定のこと葉なれば、花より松が面白ひと決定するは、片題の褒貶のがれがたし。されば、「朧哉」とあるべき句も、「おぼろにて」といふ事、「哉」は決定辞にて、花より松が面白ひと決定するは、偏題の褒貶のがれがたく、は、朧哉とあるべき句を、○朧にてと云は、哉と決定の言葉なればにて、花より松朧にて面白と決定するは、題の褒貶遁がたし。
※細川玄旨、片題とする
ひらのたかねのはなを見るかな比良の高根のを見る哉比良の高根の雪をみるかな
からさきの松の朧にて、但シ面白からむと、不決定の中の決定なり辛崎の松の朧にて、但、面白からんと、不決定の中なり唐崎の松朧にて、但し面白からんと、○不決定の中の決定之。
正月斗、誠_三日月にてあらんと正月斗_、誠三ヶ月にてあらんと正月ばかりは、誠に三ヶ月○にてあらん○か
最、にて留の事は、哉留の発句の第三に、留の子細ある事をしるべし。にて止の事は、哉止の第三に、子細有にて知るべし。にて○留の事は、哉留の発句の第三に、にての留り、子細有をしるべし。
22 鳶其時もしれる人まれなるが、今更に付合のかく式とも知るべし其時もしれる人稀なれば、今さらに付合の格式といふべし其時もしれる人稀り。なれば、今更付合の格式と云べし。
こなたより云なしたる詫物比興といふものなり。こなたよりいひなしたる托物比興といふ物なり。抱句挓物比興
の「詠物比興」を採る。
此類はみなみな子細ある事なり。模様をこのみ、奇異を求ては、かならずすまじき作意なり。此類には、子細も有。模様を好み、奇異を求ては、かならずせまじき作意なり。此類は皆子細有事之。模様を好み、異をふみ求めては、必ずすまじき作意なり。
23 宵闇宵闇の句出しに宵闇の句出せしに宵闇の句の出しに
北よりのかぜ戦たつ北よりのかぜそよぎたつ※北よりの風そよぎ立つ(韻塞)
宵闇に月は付がたし。うち越に月は付がたし。うちこしには、殊に悪し。宵闇には月を付がたく、うち越には、殊に悪し。宵闇に月は付がたし。打越に○は殊にわろし。
十句めは、花前にのびて無念なれば、十句目は、前花なり。それへ延びくるは無念なれば、十句目は、花前にのびて無念なれば、
※十句目が前花
三句の心に月を持せたるが、八月の「ぐはつ」の字にて、見渡しの月の字は、あしらひたるなり。三句の心に月をもたせては、月なみの月の字にて、見わたしの月の字は、あしらひたるなり。三句の心に月をもたせたるが、八月の月の字○にて、見渡しの月はあしらひたるなり。
24 名所に雑 句作、必穏なるまじ句作、必おだやかならず句作、○必穏か成べし。
、須磨明石の句は、蛮・触の両国をたとへ、其境はいわたるなどといへること葉より、思ひ寄せたればうちに、須磨明石の、蛮・触の両国をたとへ、そのさかい這ひわたるほどといへる詞より、おもひみせたれば、須磨明石の句は、蛮・触の両国をたとへ、その境はい渡るほどといへる語なり。詞より、、思ひよ○せたれば、
25 仮名あまりに繁きゆへに、あまり事しげきゆへに、事繁き故
さむう・あつうと書ては、かな書の経文_見るやうにてわろし。さむく・あつくと云ては、仮名がきの経文など見る様にて悪し。寒うさむう・暑うあつう○書ては、かな○書の経文○など見るやうにてわろし。
以下、校合再生本「昼の錦(俳諧廿五ヶ条掟)」に続く。

↑ トップへ


linelinelineline

Ⅲ 確認

二十五箇条の内容が芭蕉の言辞か、他の伝書と比較した。
山中問答は、元禄2年7月24日から8月9日ころまで、芭蕉に同道した北枝が書留め、後に芭蕉が目を通した語録で、伝書の内、最も信頼できるものである。
葛の松原は、支考の著作ではあるが、一部に芭蕉の言葉が記され、元禄5年5月に成立しており、芭蕉が見た可能性が高いので、一応信頼することとした。

蕉門俳諧師説録は、直旨伝と「蕉門正風師説録」(以下師説録)から成る。「直旨伝」は芭蕉庵に出入りした門人の聞き書き、「師説録」は門人の解釈である。

元禄式 巻之三、雑は、元禄3(1690)年三月、去来に伝授されたものの一部である。内容の76%が「直旨伝」に含まれ、許六伝受の「新々式」とほぼ一致する。
三四考、芭蕉翁口授は、天保7(1836)年10月跋の「三四考」に付せられ、編者鴎里の家にあったもので、来歴は明かされない。「蕉翁口授二十五条」をほぼ含み、「蕉翁徒然草」「俳諧四季遣ひわけ口伝」などと近似する。

雑談集は、元禄4(1691)年12月18日其角撰、元禄元(1688)年10月頃の談を載せる。

条目校正本 二十五箇条㋳ 山中問答
㋗ 葛の松原
蕉門俳諧師説録
(J) 直旨伝 / (S) 師説録
1 俳諧の道「はいかいは、何のためにする事ぞや」。答曰、「俗談平話をたゞさむがためなり」。㋳ 俗談平話ながら、俗にして俗にあらず、平話にして平話にあらず、そのさかひをしるべし。
㋗ そもそも風雅は、なにのためにするといふ事ぞや。
(J) 「俳諧は俗談平話なり」といふを、誤れるにや、俗語をもて俳諧と心得たる有り。道に委しからぬ輩なるべし。俗中の雅言は、俳諧なり。鄙俗語は、俳諧ならず。「俗談平話を正さんが為」なり。
俳かいのすがたは、歌・連歌の次に立て、心は向上之一路に遊ぶべし。㋳ いにしへより詩といひ歌といひ、道の外に求るにあらず。然るに、よのつね俳諧の文字にまよひて、和歌に對したる名の道理を辨へず、頓作・当話の俚俗に落て、狂言綺語とのみおぼえたる人もあるべし。これあさましきことなり。はいかいは道草の花とみて、知を捨て愚にあそぶベしとぞ。(J) 世に俳諧といふ事はじまりて代々利口のみに嬉遊する故に、世に行はるるといへども、いかにして古人の詞のみを以てかしこき道に入らんや。予、此道に遊ぶ事三十年、はじめて、其実を得たり。
2 はいかい二字我家には、はいかいには古人なしと看破したる眼より、玄とも妙とも名は別にさだむべけれ共、言語に遊ぶといふ道理をしらば、我家には、いまよりは、俳諧の二字もしかるぺし。他門に対して穿鑿すべからず㋳ 吾門には俳諧に古人なしと看破する眼より、言語にあそぶといへる道理に任せて、誹・俳の二字とも用ひて捨ず。他門に對して論ずることなかれと、翁申給ひき。
㋗ 俳諧に古人なしといふ事を、はせを庵の叟つねになげき申されしか。
(J) 予、常にいふ「俳諧に古人なし」と。
(S) 翁曰、字義の論にかかはらず。只、はいかいといふ名にてよきなり。他門に対して論ずべからず。それを捨て、是を用る人、唯我門に遊ぶ人なり。
3 虚実虚に実あるを文章と云、実に虚あるを世智弁と云、実に実あるを仁義礼智と云。㋳ 虚実に文章あり、世智弁あり、仁義礼智あり、虚に実あるを文章といひ、礼智といふ。(J) 昔より詩歌に名ある人、多し。みな、其実より入て、実をたどるのみ。われは、実なきものより実を求んと思ふなり。
虚に虚ある者は世に稀にして、あるひは又多かるべし。此人をさして我家の伝授と云べし。㋳ 虚に虚あるものは稀にして、正風伝授の人とするとて翁笑ひ給ひき。(J) 虚実の間に遊て、しかも虚実にとどまらず。これ、わが家の秘事なり。
4 変化変化はおほむね、料理の甘く淡く酸く辛きがごとし。能もよからず、あしきもあしからぬ所に、変化は虚実の自在よりとしるべし。㋳ 其すがたにあそぶ時は、道古今に通じ、不易の理を失はずして、流行の変にわたる。然る時は、こゝろざし寛大にして、物にさはらず、けふの変化を自在にし、世上に和し、人情に達すべしと、翁申たまひき。(S) 深川の夜話に、嵐雪の論に「付句は、おほかた料理の『甘し・辛し・すく・苦く』、物によるごとし。能きも極て、能にあらず。悪きとても、亦、あしからず」と、いへり。
5 起定転合俳諧は上下取合て、歌一首と心得べし。
…略…
されば、発句は陽なり、脇は陰なり
第三は一転して、天地より人を生ずるがごとし。人は天地より働けれ共、しかも天地より出る所をしるべし。
合とは、万物一合なり。歌には流の字の心なるべし。是より変化して、山あり、川ありて、一巻の成就といふ也。
㋳ 脇の句は発句と一体の物なり、別に趣向・奇語をもとむべからず。唯発句の余情をいひあらはして発句の光をかゝぐる也。
㋳ 一巻の変化を第一にして滞らず、あたらしみを心懸べし。
(J) 翁曰、第三は大付にても、転じて長高くすべし。
(J) 第三は、二句の間より出るやうの心にて、脇を付るにあらず、寄る也、移をとるなり。
(S) 第三に変化といはず、一転といふべし。変化と心得て、強て自然を失ふべからず。
(S) 又曰、第三は前二句とは違へり。二句の間より一物なり出ると知るべし。
(S) 蕉門の説には、四句目を変化のはじめとす。大切の場なり。
6 発句切字発句の切字といふは、差別の心なり。物は其じやによつて、是じやと埓明くるなり。たとへば、客と亭主との差別なり。たとへ切字ある発句とても、きれぬ時には発句にあらず㋳ 初学の人切字に惑へり。発句治定の時は切字おのづから有べし(J) 初心の中に、切字なしにてよき発句あるものなり
(J) 又曰、詞を云残す所に、心あまりて、余情を含む。爰をさして、切といふ
(J) 又曰、自他の分る所、言葉の休む所、是句の切なり。
7 脇に韻字脇はしつかりと、韻字にて留といふは、まづは初心への教なり。
…略…
一韻相対して脇の体ならば、韻字・てに葉のせむぎなし。
とかくに脇は、発句の余情、気色の面白く成やうにすべし。脇の身柄持たるは、脇の心にあらず。
発句は客の位にして、脇は亭主の位なれば、己が心を負ても発句に云残したる草木・山川の一字二字の風情を加へて、客の余情をつくすべきなり。
㋳ 脇の句は発句と一体の物なり、別に趣向・奇語をもとむべからず。唯発句の余情をいひあらはして発句の光をかゝぐる也。
脇に五ツの附方あれども、これみな附やうの差別にして、外に趣向をもとむるにあらず。
(J) 翁曰、脇の留を韻字といふは、真名文字にて留る故なり。聯句の脇句は対なり。此格に倣ふて、韻字留といふ。
(J) 脇体の事、五体三体など、…略…俳諧は其発句に対して体を定めず。宜くすべし。定むれば古くなるなり。
(S) 脇の事、連歌に五脇の法あれども、これを取らず。
(S) 姿情・意味、其発句の機嫌にかなふをよしとす
8 第三てには第三の留りに文字の定りたる事は、一句の様、発句のやうなれ共、下のとまらぬ所にて、次の句へ及すべき為なり。
此理をしる時は、にの字ての字にもかぎらずとしるべし。
され共、此句は第三の様成と、百句の中にても撰び出すほどに第三の様をしらざれば、やはり定りたる留りしかるべし。
㋳ 第三は或は半節・半曲なり。次の句へ及すこゝろ、第三の姿情なり。て留は何の為ぞと工夫すべし。て留をはぶきぬれば、何留にてもよきぞとなり。(J) 翁曰、第三は大付にても、転じて長高くすべし。
(J) 疑の発句の時は第三はね字に留めず。うたがひの句は二句去ゆへなり。
(J) 但、哉留の発句、にて留の第三、いにしへは嫌ひ侍れども今は嫌はず。
(S) 留はいつとても、て留にすべし。若しさし合時は「もなし・なれや・らん・に」などにて、留べし。
9 四句目四句めは決前生後の句なれば、殊更大事の場所なり。軽みといふは、発句・脇・第三までに骨折たる故としるべし。只、やり句するやうに云なしたれど一巻の変化は此句よりはじまる故に、万物一合とは註したるなり。(J) 翁曰、四句目にて春秋の季をつづけ、月花の句を付る事、必あるまじきなり。四句目心得あり
(S) 四句目は軽くすべしといふ事、昔よりの教なり。さるを心得違てやり句するやうに覚たるは誤なり。蕉門の説には、四句目を変化のはじめとす。大切の場なり。すらすらとするは作のこゝろへなり。此故に「也留」にするが宜しなどもいへり。その旨を知らば何ぞかゝはる所あらん。
都て、発句より四句め迄にかぎらず、あるひは重く、あるひは軽く、あるひは安く、あるひは六ヶ敷、其句其時の変化をしるべし。㋳ 面八句ならび四折に曲節地の配りある事。(S) 蕉門の説には、四句目を変化のはじめとす。大切の場なり。
linelineline
条目 二十五箇条蕉門俳諧師説録
(J) 直旨伝 / (S) 師説録
10 月花 されど、なごりの裏の月を略す格にて、歌仙の時は二花二月共有度事也。(J) 翁曰、(百韻で)月の定座をこぼす事、五十句うちにはあるべからず。奥に至りて、三折も過ては、少興にもなるものなれば、稀に翻す事もあり。是も定例にてはなし。歌仙にはくるしからず。元来略式なる故なり。
都て、月花は風雅の道具なれば、なくて叶はぬ道理をしつて、さのみ月花の句に新しきをもとむべからず
一座の首尾のよろしきにしたがひて、毎々の俤の句なり共、其時の、程よきやうに付て置べし。さして、奇怪をこのむべからず
(S) 折端に月をこぼせる、稀には有り。故ある事とこころへ、猥りにすべからず
すべての変格、子細も知らず、みだりになすものあり。変格を、格式にとるは、不学の誤なり。
月・花を引上げ、或はこぼしなどする事も、会釈ある席には、其理なくては失礼なり。常の席・無名の俳諧・両吟等にはともかくもあるべし。
(S) 覚悟の人はしりて、心にをさめ、みだりに事をなさず、口にもださぬものなり。かかる人をゑらびて、皆伝すべし。
11 花に桜世に花といふは、桜の事なりといふ人も有れど、花とは万物の心の花なり。

古へより、花に桜を付る事、伝授あると初心にはゆるさず

或は、桜鯛の類など、前の花にあらざる桜ならば、あきらかにしつて付べきなり。
(J) 花は桜のことながら、都て春の花をいふ。
(J) 花に桜付る事、むかしは花衣・花の袖などやうの物には誠の桜をつけ、誠の花には、桜鯛・桜人のごときものを付たれど、当流は是を用ひず。花は花、桜は桜と分明に付るを習ひとす。
元禄式 巻之三、雑
花といふは、桜のことにして、桜は正花に非ず。花に付ること、別に伝受あり。大事なり。
13 二季星月夜は秋季なり。月にあらず。発句に此辞ある時は、七句め他の季にて、異名の月あるべし。蕉門俳諧師説録 (J) 直旨伝 / (S) 師説録
(J) 翁曰、星月夜は秋季にて、賞翫の月にはあらず。若発句に出る時は、素秋にして、他の季の有明などの付句致すべし。
(S) 星月夜は月にならぬなり。其時は句のあつかひ、大切の心得あり。
(S) 星月夜、発句に出る時は、素秋にして、他の季の有明などの句を敍るなり。伝授のひとつなり。
・二季に渡るものをば、後の彼岸といひ、秋の出かはりといふ。
西瓜は秋季よろし。牡丹を夏にする類なり。夏季には瓜の類多故なり。
みそさゞいは、秋の小鳥に入たれど、かならず冬季しかるべし。ことに十月の比をかし。
青葉、夏季にあらず、雑也。若葉とすべし。
淡雪は、春季もしかるべし。
むし・砧の類は、夜分の心ならでは面白からず。されど、夜分に指合なし。
鐘の音・砧うつとはせぬ事なり。「かねのをと」「衣うつ」とはいふべし。
三四考、芭蕉翁口授
出代・彼岸・薮入、二季に渡る。春秋の季なくとも、前句のうつりにて、其季を定む。
西瓜は、秋にしてよし。
みそさゞゐ秋の鳥なれども、にしてをかし。
青葉、雑にも季にもする。草の若葉、春のこと勿論なり。草の青葉は雑なり。
淡雪は春なるべし。水煙は冬のもの。
虫の声・砧、夜分ならず。夜分結ぶもをかし。
・鐘の声はよし。鐘の音とはせぬといへども、歌にもよむなり。
砧うつといはぬといへども、作りやうにて、打つともいうなり。心得べし。
14 季あるひは、夜着とふとむ・足皮(たび)・頭巾の類、扇・あはせなど尋常に用るもの多し。発句にする時は当季、平句にしては、指合繰るべからず袷・布団・夜着・扇など、発句の時は季になる。付合の時は雑にもなる。前句、作りやう次第なり。
15 発句像やう発句は屏風の画と思ふべし。己が句を作りて、目を閉、画に準らへて見るべし。死活をのづからあらはるゝものなり。此ゆへに、俳かいは姿を先にして、心を後にするとなり。蕉門俳諧師説録 (J) 直旨伝 / (S) 師説録
(J) 又曰、発句は大方、物語のやうになる物なり。とかく主人公をたてて、いかにも句になるやうに作配可然。主人公なきは絵にかゝれぬ物なり。絵にかゝれぬは、発句にあらず
(J) 句毎に風流と風情とを失ふべからず。風流は心にあり。風情は姿にあり。
16 付句付句は其坐に望て、無性に案じぬが能なり。我心なずみぬれば、趣向もしづみ、我草臥より人も草臥て、一坐終に成就せず。(J) 翁の詞、かやうに其人によりて、一筋ならず。彼と是と工夫して偏執をはなるべし
付句、第一、調子のものなり。あればとて、速く出すべからず。なきとても、ひさしく案じ入るべからず。よくもあしくも、一坐の程をしりてこそ、はいかいの世情にたよりある修行成(なり)としるべけれ。
但し、大事の付句は、先云はなして、のちに思ひ返せば、心の結れとけて、かく別なり。
(J) 揚句は付かぬやうにといふ古説も、一句に成て、一座退屈し、興醒るゆゑにかくいふなり。又兼て按じ置ともいへり。ものに著すべき俳諧などは、跡にて付直すべし
18 恋句恋の句の事は、古式を用ひず。其故は、嫁・むすめ抔、野郎・傾城の文字、名目にて恋といはず
只、当句の心に恋あらば、文字にかゝはらず恋を付くべし。此故に他門より、恋を一句にて捨るといへるよし。
恋は、風雅の花実なれば、二句より五句に到るといへ共、先は陰陽の道理を定たるなり。
是は、我家の発明にして、他門にむかひて穿鑿すべからず。
(J) 前句恋とも恋ならずともさだめがたき句あるを、必恋の句付て、前句ともに恋に取なすべし。左様の時は其句のみにして、其次に恋の句付るに及べからず。
(S) 一句にてさしおくことのあるは、付て前句に心かよひ、二句の間に恋を含る処なり。
(S) 当流詞の恋をとらず。心の恋を恋とする所なり。 
元禄式 巻之三、雑
我家恋を二句にて捨る事、古き連歌の書に、「恋を二句にて捨る事、甚く無下の事なり。三句より五句までつゞくべし」とあり。古風の連歌、二句にて捨たる例あるを以て、此の如く、当流の難句、恋に極りたるゆへなり。
恋に、心の恋・詞の恋といふことあり。詞の恋は恋にならず。当流は詞にかゝはらず、心の恋を専らとするなり
19 切字 我は家を人に買はせて年忘れ
あいさつ切といふ。一句に自他の差別ある故なり。
蕉門俳諧師説録 (J) 直旨伝 / (S) 師説録
(J) 又曰、自他の分る所、言葉の休む所、是句の切なり。
20 指合一坐の了簡を以て、初心には随分ゆるすべし
一句の好悪を論じて、指合は後の詮義なるべし。さしあひは変化の道理なりと、先、其故をしるべし。
(J) 指合の事は、時宜にもよるべし先は大方にしてよろし
21 辛崎の松さゝ波やまのゝ入江にこまとめて/ひらのたかねのはなを見るかな/とよみたる其花より、からさきの松の朧にて、但シ面白からむと、不決定の中の決定なり。雑談集
「一句の問答に於ては然るべし。但し予が方寸の上に分別なし。いはゞ、『さゞ波やまのゝ入江に駒とめてひらの高根のはなをみる哉』、只眼前なるは」と申されけり。
※ 近江路やまのの浜べに駒とめて比良の高ねの花をみるかな 続新古今、源頼政
24 名所に雑 名所の発句は、都て、雑の句もしかるべし蕉門俳諧師説録 (J) 直旨伝 / (S) 師説録
(J) 無季の句、恋・旅・名所・離別・讃等には、まれに有るべし。わざと好みてすべからず。いかにしても、季の詞入れがたき時は、此格もしかるべし。

↑ トップへ


linelineline

Ⅳ 証句年次

 証句等の成立年次を確認した。
条目 二十五箇条年次等
1 俳諧の道とする事
  |
4 変化の事
ある人問曰、「はいかいは、何のためにする事ぞや」
など、他書と共通する表現
「山中問答」、元禄2(1689)年8月、北枝聞き書き。
支考、元禄3(1690)年4月頃入門。
「葛の松原」元禄5(1692)年成立。
「直旨伝」は、芭蕉庵に出入りした門人の聞き書きで、元禄7(1694)年5月下旬尾張滞在の折に越人が預かり、10月の逝去により「はからずも予(越人)の手にとどまりたる(師説伝序)」ものである。
6 発句に切字有事桐の木にうづら鳴なる塀の内元禄3年「猿蓑」
7 脇に韻字有事色々の名もむつかしや春の草
 うたれて蝶の夢はさめぬる
元禄3年「ひさご」
8 第三に手尓葉之事かうこほろぎもまだ定らぬ鳴所不明。「他聞を免さず」とある。
11 花に桜つくる事花に桜を付る事、伝授あると初心にはゆるさず。貞享2(1685)年3月13日、千那と付合。
伝いとざくらの事元禄3年「猿蓑、灰汁桶の」
19 切字に口伝ある事山さむし心の底や水の月存疑。「一葉集」は貞享・元禄年間
子共等よ昼がほ咲ぬ瓜むかむ元禄5(1692)年 「陸奥鵆」
梅若菜まりこの宿のとろゝ汁元禄4(1691)年正月 歌仙「梅若菜」
目に青葉山時鳥はつ鰹延宝6(1678)年 「江戸新道」素堂句
鷹の目もいまや暮ぬと鳴うづら元禄4年 「芭蕉庵小文庫」
ゆふがほや秋は色々の瓢かな貞享5(1688)年 「曠野」
猫の恋やむ時閏の朧月元禄3年 「葛の松原」
我は家を人に買はせて年忘れ人に家を 元禄3(1690)年 「猿蓑」
21 から崎の松の句の事辛崎のまつははなより朧にて貞享2年5月改案 「千那宛芭蕉書簡」
三日月は正月ばかりまことにて存疑、「蕉句後拾遺」
22 鳶に鴟の句の事 韮の柵に鳶をながめて
鳶の居る花の賤屋とよめりけり
天和2(1682)年2月「芭蕉・木因書簡」
番匠が椴の小節を挽かねて
 片兀山に月を見るかな
元禄6年10月「振売の」歌仙
23 宵闇の句の事宵闇はあらぶる神の宮迁し元禄5年10月「けふばかり」歌仙
24 名所に雑の句の事朝よさを誰松島ぞ片ごゝろ元禄元(1688)年 「桃舐集」
かちならば杖つき坂を落馬かな貞享4(1687)年 「笈の小文」
蝸牛角ふり分けよ須磨明石貞享4年 「笈の小文」
年々や猿にきせたる猿の面元禄6年歳旦。

 以上の通り、証句の成立年次から、「二十五箇条」の成立は、元禄元(1688)年ではなく、元禄7(1694)年と決まる。


↑ トップへ



昼の錦/二十五箇条 関連ページ目録
其角伝受翻刻・校訂 昼の錦  元禄2年伝受・元禄17年相伝
米沢本を翻刻、横書きに変換。諸本と照合し訂正を加え、伝受時の芭蕉伝書を再現。
去来伝受校訂 二十五箇条  元禄7年伝受・宝永7年支考入手
初版本「昼錦抄」・宋屋本「昼の錦」・其角本「昼の錦」と照合、支考の改変部分が顕在化。
宋屋本 昼の錦・引続錦紙  宝永7年支考写本の写
初版本「昼錦抄」と、よく一致する。口伝集を併せて載せる。
校合・再現 昼の錦
諸本を校合、去来伝受本を再現。
許六伝受俳諧雅楽抄  元禄6年伝受
許六の発句作法書。口訣を得た内から、五箇条を「翁曰」と引用。
資料 資料「昼の錦/二十五箇条」 : 古今集・去来抄・七部集・三四考・寂栞などの関連部分をまとめる。
「二十五箇条」と諸伝書 : 山中問答・葛の松原・有也無也之関・貞享式海印録などとの関連を探る。
「昼の錦・二十五箇条」検討 : 去来相伝本、初版本・校正本・支考門本・宋屋本の表現を比較検討。
「二十五箇条」の伝承と空阿 : 空阿の遺品に「不易鏡」があって、宋屋本とほぼ同じ奥書を記す。
「昼の錦・二十五箇条」諸本の関連 : 其角伝受本と各去来伝受本とを比較し、校合の資料とする。


 ページトップへ