宇陀法師

宇陀法師 索引

誹諧撰集法撰集・撰者撰句巻頭・巻軸入集
前書・詞書部立同じ作者
巻数・冊数題号選者・撰者朱印
当流活法式・法発句切字事七つのや外のや二字切
一字うたがひ三字切四字切三段切大廻し
古事・古実など古実の句古歌を取格物語のことば世話
三世の句画賛景曲の句題の事切字なし
巻頭 並俳
諧一巻沙汰
発句・脇・第三四句目、六句目月・花俳諧付やうの事
付く、付ける旅の事恋の事首きれ連歌
名残の裏あげ句祝言・追善・夢想先師
末のおくるる懐紙・文台・硯形式新式
同字「たとへば、」以下、4巻の抜出し、120句
奥書巻末

 


 


 うだのほうし

宇陀法師

<解題>
 「俳諧作法書・論書」の一つ。李由・許六編。
 撰集法、切字の伝、蕉風俳諧論などからなる。芭蕉の伝は「白砂人集」「俳諧新式」「俳諧新々式」によると推測できるが、独自の解釈を加えている。また、思いつくまま記述したかのような構成であるが、「篇突」よりは整理されている。
題号は、宇多天皇御自愛の和琴「宇多法師」によるか。
井筒屋庄兵衛板。富山県立図書館中島文庫蔵。元禄15(1702)年刊(井筒屋出版目録)。


<森川許六 きょろく・きょりく>
 韻塞:編,許野消息:著,許六拾遺:著,青根が峰:著,東西夜話:編,俳諧宇陀法師:撰,風俗文選:撰,篇突:撰,歴代滑稽伝:撰,花の蘂,鎌倉海道,笈日記,桜山臥,深川,雪之光,発明弁,木葉漬,夜話狂,有也無也関、柴門之辞,本朝文選,雅楽集,正風彦根体,俳諧問答,五老井発句集,菊阿全集,俳諧許六伝,奥の細道行脚像,五老井・蘿月堂・風狂堂・黄檗堂・曇華台・巴東楼・是非斎・如石斎・碌々庵・ 黄斜庵・菊阿仏・無々居士・潜居士・婆欒樹林・一維道人_彦根藩士_画:安信門_江戸前~中期_正徳5(1715)年没60歳.

<河野李由 りゆう,かわの>
 韻塞(句集):編,宇陀法師:撰,篇突:撰,笈日記,桜山臥,雪之光,木葉漬、昼寝随筆,笠の影_近江妙法山明照寺_蕉門_江戸前~中期.<姓河野、名通賢、亮雄男。近江明照寺(めんしょうじ)十四世。芭蕉に入門、許六と親しく共編多。寛文2(1662)年生、宝永2(1705)年6月22日没、44歳>


 

凡例

 底本は、板行本である。
 括弧書きの見出し「(_)」は、原本にない。便宜上追加したものである。

↑ トップへ


宇陀の法師 李由・許六撰

宇陀法師

(なし)

↑ トップへ

宇陀法師

誹諧撰集法

(撰集・撰者)
師説一 師説云、選集に撰者の句、あまた入事、昔千載集の時、再度勅許有て、俊成卿の歌加増せられたる事有。当時、俳諧選者、憚りなくとも、ゆるすべき事。
選者加筆一 てにをは・差合、選者加筆、憚るべからず。是例なり。金の源三あり共、閉口さすべき加筆、有べし。
(撰句)
発句たてやう一 発句たてやうに習ひ有。地発句をならべ、秀句置所有べし。猶、絶勝の句、撰集に出すべからず。世上の眼、届がたし。但、発句は、選者の位に寄て入べし。雑句の中、たまたま秀逸有ても、前後に穢され、其句の光を失ふ。人々、其集をあなどり、手にとらざれば見る人なし。
 俳諧も又同じ。連衆を撰みてすべし。先師、一代、志の通ぜぬ人と俳諧せず。歴々の門人に、俳諧の手筋通ぜぬ人多し。其人と終にいひ捨てもなし。まして、打込の俳諧は、名人とてもならず。
選者の句一 選者の句、大事成。目にたつ事なくては、甚、無下の事なり。其集を見る時、撰者の句に力を入て見る。一部の位は、すべて、選者の句にてしるるものなり。恥かしき事なり。
(巻頭・巻軸)
巻頭・巻軸一 巻頭・巻軸の句、心得有べし。「新古今」勅撰の時、後京極殿、勅定に寄て、古今の心有歌奉り給ふといへば、古今集の巻頭より歌はをとれり共、むつかしき題なれば、手柄といふべし。
 四季の巻頭、一題一題の巻頭あり。人を考へ、句を撰みて置べし。下手の巻頭に出たるは、土民、公家の上座仕たる心地して、其集いやしまるるなり。
 いにしへ、歌勅撰の時は、色々、故実あるよし、「八雲御抄」並定家卿しるし置給ふなり。今の俳諧撰集には、入れざる事ながら、故実は知たるがよきなり。
 抑、御製の傍に、雲客以下の下﨟をならべず。普代の堪能は、苦しからず。巻頭より四番め、当帝の御製を入れ奉らず。
 巻頭は、人丸・赤人・現存の達者を入べし。普代ならぬ人、始て入には、一二首、季の外に入べし。二代の作者、あまた入べし。撰者の歌に事書有には、いづれの時よみ侍しと、シ文字をすへべし。ただ人には、其時よみ侍けるとケルの字を書事習なり。春の部は、陽の段、上下あらば、上を半に、下を調に歌数有べし。
 秋の部は、陰なり。上下をかかへて、段々に調半とつゞくべし。懐旧・述懐の歌、しかも、季なからんを、巻頭に之を入れず。
 恋は、初恋・忍恋とつゞくるなり。
 序代は、仮名にて書もらしたる事、真名にて、少書べし。集序も同事なり。かまへてみじかくて、いたく詞がちには、有べからぬ物なり。
 仮名序は、たゞ口にまかせて、之を謂ふべし。云々。
(入集)
執心の輩一 長明「無名抄」云、「『千載集』撰ぜられける時は、道因法師なくなりて後の事なり。此人、和歌に執心深き人なればとて、十八首まで入給ふ。夢中に来て、よろこびをなしけるとて、今二首加へて、二十首入ける」といへり。たとひ、俳諧は次なり共、執心の輩は、おほく入べき事なり。
吟味一 当時、俳諧撰者の眼に、句の甲乙、急度わからざる故に、作者様々批判す。随分依怙贔屓を捨て、等類作例を吟味すべし。
 いにしへ、「新古今」の時、西行上人はあづまに在けるが、勅撰を聞て、上りける道にて、登蓮法師に逢て、撰集の事尋侍しに、「はや披露有て、御歌も余多数多入」よし、申ければ、「鴫立沢の歌、入侍るや」と尋ければ、「入れざる」よし申によりて、其集、見て「詮なし」とて、又、東国の方へくだりける。此事、都へ聞えて、鴫立沢は後に入たるよしなり。
 世に、三夕とてもてはやし侍れる「浦のとまや」「真木たつ山」は、西行の「鴫立沢」によりて、入侍るよし、申侍る。
 愚、案ずるに、鴫立沢の歌一首は、前後のつゞきよからざるに寄て、二夕を加へて出たる成べし。
 当時、俳諧の集、前後のつづき肝要なり。夫、選者は、第一、自句達者にして、秀逸の句持ても、をしまず。代句に出入もやうをつくり、題と題とのつゞけ所、句の不足あれば、俄に筆をひかへ、発句する程の達人ならでは、選者成がたし。
 近代、初心の手に落て、国々より蜂起する撰集、てには違ひをならべ、集とおもへる、はかなき事なり。東西南北にもてあそぶ集は、書林に沙汰有べし。たゞ、集は、拙き事なきやうにすべき事なり。
 外国の奇発句、てには違ひは、作者の罪にして、しゐて罪なし。専、選者一人の罪なり。
(前書・詞書)
題と前書一 集は、第一もやうなり。
 四季を分て、いつもかはらぬ梅・桜・月・雪。しかも、よからぬ句を並べ出せる、不興の事なり。一作有べき事なり。
 題と前書の相違、有べし。近年、其差別なし。前集「篇突」に此事あれど、かさねて申侍る。
 前書に、二様あるべし。一には、発句の光をかかぐる前書有。二には、詞書なくては、後代難とすべき時、前書を加へて、後のいひわけに残す事あり。歌にも、題の歌・詞書の歌、其差別あるよし。詞書の中に題あるは、題の歌の格式也といへり。
 詞書にゆづると云格あり。「古今集」在原業平の歌に、
   弥生の晦日、雨ふりける日、藤の花を折て、人の許へ遣しける時
  ぬれつゝぞしゐて折つる年の内に 春はいく日もあらじと思へば

 此歌、雨もなく、藤もなし。よければこそ、「古今集」には、出たれ。
   甲戌の秋大津に侍しを、このかみのもとより、
   消息せられければ、旧里に帰りて、盆会をいとなむとて
  家はみな杖にしら髪や墓参  翁

 此句、魂祭とは成がたき故に、墓参とは申されけり。詞書に「盆会をいとなむ」と出して、後難をのがれ給へり。前集、歳旦の下にも、此格を出す。又、詞書を加えて発句の光を挑るかかぐるといふは、
   儒士何某がむすこ、洛に入て入学すときく。
   唐土に櫲樟七年の才と云は、
   鈍にして遅し。当時は、三年にて大木の幅する木あり。
   由断油断、すべからず。
  本箱に先なる桐の若芽哉  許六
※ よしょうと読む。くす(楠)のこと。Safari は、樟の前にある[木+豫]を表示しない。
 原本は、旁の「象」の部分を[罒+豕]とする。

↑ トップへ

(題)
題に竪横一 題に竪横の差別有べし。
 近年、大根引のたぐひを、菊・紅葉、一列に書ならべ出する、覚束なき事なり。
 先師、「炭俵」に「大根引といふ事を」と、詞書にかけり。面白事なり。
(部立)
部立一 部立の事。
 年中行事・四季景物、次第をたつる事、常の事なり。発句、数すくなく、あるひは、二句三句同作にて、同じ所にならべざれば、其感すくなくして、題を分がたき事、ある物なり。其時は、神祇・尺教釈教・旅・無常と、四季不同に分べきなり。
 人丸、「ほのぼの」の歌は、文武帝かくれさせ給ひし時、よめる哀傷の歌なるを、海路の旅にして、「古今集」には出せり。作者の人丸より、撰者貫之、手柄なるべし。
(同じ作者)
同じ作者一 同じ作者の句、二つ三つならべ侍る事、見ぐるしき、第一なり。同作、ならべざれば、叶はぬ所もあれば、それは、各別格別の沙汰なり。
 名人の句にても、同同とつゞけたるは、不興成物なり。前書の上り下り、一字一点の所迄、眼をくばり、心頭を労する撰者もあり。
 又、こなたの折めに題を書て、うらへ返して、ほ句あるさへ待遠にして、「もやう笑しおかしからず」といふ人も、あるなり。
(巻数・冊数)
巻数一 巻数の事。
 上下二冊あれば、見ぬ先より、発句・俳諧と推量せらる。三冊、五冊に及ぶは、前後見る人、稀なり。金銀にて撰集する人の論にはあらず。さやうの集は、奉加帳と等しければ、紙数よごれたる社こそ、手柄なるべけれ。
 たゞ、集は、手軽き様にして、上下二冊あるべき集なり共、二度に出板したるこそ、人の心の新まりたる心地は、せらるれ。
 桃隣が「むつ千鳥」、前後見る人もなく、覚えたる人も稀なり。只其角が像の真向なる事をおぼえて、外はいひ出す人もなし。
 歳旦・引付など、丁数多きは、見ぬ先より、うとましき心地す。是も、金銀の穿鑿ならば、同日の論に非ず。
 片田舎には、引付多きを上手にいふよし。丁数多きを手柄ならば、口一牧、年号計をすりかえ、毎年上へとぢ重ねたり共、年々の句を考へ、新敷する人なければ、かはりめ知人、有まじきなり。
(題号)
題号一 題号の事。
 さして深き心をふくめたるも、うるさし。人の嘲りを蒙らぬやうに専一とすべし。
 わづかの文字の中に、一部の大意をふくまんと云は、少き心なり。只、其書をよぶに、便の名目と心得べし。
 「あら野」「有磯海」等、心なくてよけれど、けふ此ごろは、度々にて聞あき侍る。只、耳にたたず、やすらかにふるめかぬ事社、よけれ。
 「芭蕉庵小文庫」は「長過たり」と難ずる人有り。其人、常に其書をよぶ時「小文庫」とならではいはず、「武州深川芭蕉庵小文庫」と名付なり共、終に呼ざれば、難じて益なし。又、撰者「芭蕉庵小文庫」といはせむどママ念を入侍れど、人呼ざれば是も益なし。難じたる人、名付たる人共に、無益の持なり。
 又、三州の産に「俳諧曽我」と云書あり。題号四字の中、「俳諧」の二字、遊べり。「曽我」計は、落着せざる故に、「俳諧」の二字を借て題号となせり。「あめつち」の二巻を「兄弟」としるして、少作意を付たり。此名、上下の二巻を「十郎・五郎」とつけば、「堀川の太郎・次郎」の俤も有て、兄弟の名乗も入まじ。かく云、五郎・十郎の名のよきにもあらず。「俳諧曽我」のあしきにてもなけれど、只、作意のなきといふまでの事なり。
 風国が「初蝉」と云名は、「岩にしみ込む」と云、先師の発句より出たる事、序文にあり。此句にたよらば、「初」の字心得がたし。「蝉の声」は作意なし。「岩蝉」などいはば、細工ならんと思ひて、賞翫の心もありて、「初蝉」とはいへる成べし。「『小蝉』といはば、俳諧の名成べし」と云人も、有よし。共に共に、皆こまり困りより出たる名なり。只、理屈なく、「おぼろ豆麩」ともつけ侍らば、撰者の心奥ゆかしくて、後人、嘲有まじ。
 張子厚が、砭愚・訂頑の両銘を見て、伊川先生の云、「是争ひをおこすはしなり。只、東西の銘といはむにはしかじ」といへる、是なり。蝉にこまりて、付あぐまむよりは、はやく題号を乗かえて、褒貶をまぬかるべき事なり。
 風国が同作、先師一代の発句をあつめて「泊船集」を出せり。書々の真偽を考えず、てには違、書あやまり、文盲千万なる事、論ずるにたらず。
 先、泊船の題号は、風子が自分につける堂号か、又は、先師、伊賀にすめる比、「釣月軒宗茂」「泊船堂宗房」など、書なぐりの反故など拾ひて、かく名付たるか。世上広くゆるしたる「芭蕉」の号を捨て、「泊船」の二字を捜し出たる事、浅ましき至なり。但、風子が堂号ならば、以の外の慮外なるべし。家珍に秘し置侍らば、「天照太神」と成共、付べし。此「泊船」、手にとる物にあらず。学者、偽事とすべし。
論評一 「あら野」「ひさご」「猿簑」「炭俵」「後猿」と、段々、其風体、あらたまり来るに似たれど、「あら野」の時、はや「炭俵」「後猿」のかるみは、急度顕れたり。
 只、時代の費を改めて、通り給ふまでなり。「前猿簑」は、俳諧の古今集なり。初心の人、去来が「猿簑」より、当流俳諧に入べし。「炭俵」「後猿」は「前猿」有ての上の集なり。此さかひ、よく見届べし。
 名ごやの荷兮・越人、「あら野」に眼、明たるに似たれど、「瓢」に底を入られ、湖南の連衆は「猿簑」に関をすへられたる事、其時、慥に、其風を得ずして、血脈をつがぬ故なり。何ぞ、慥に風を得ば、自己に流行せず共、師にとりつき流行すべき事なり。実は、師の恩に依て、名を顕し侍れば、底を入らるも理なり。「はいかいの底をぬく」と云事、有。ぬけぬ作者、日々ふるく成行なり。先師の手伝にて、撰者の号を蒙りたる人、天晴作者と見えて、其人、何となくゆかしきに、師遷化の後に、後集を出して、下手の尾を出し、初心の人に嘲らるゝ。
 其人も力量有て、速に俳諧をやめるか、又は、亡人の数に入侍るならば、一たび名を上たるは、末代朽る事あるまじ。
 俳諧にかぎらず、其事に数寄出て後、急度やめる事、力量なき人ならぬ物なり。只、はやく死たしと願ふべき事なり。長生の望あらば、速に俳諧をやめ侍れかし。
 寂蓮法師によみこされて、「死なばや」と願はれたる古人も有けり。
(選者・撰者)
選・撰一 「何某選」と云文字の事。
 選者、一人の時は、「選」字たるべし。多人の時は、「撰」字を用べし。
(朱印)
一 朱印は、色紙・短尺には、をさぬ法なり。「何某之印」と置事、子細あり。みだりには成がたし。
 勅印と云事、唐名なし。但、直印と云事にや。口に有印は、肩の印と云なり。彫剋彫刻の法、様々有。当時、錐筈さしの類にて、彫刻み、赤あか判と号して押ちらす事、無下の事なり。
 三十二体と云は、文字の格なり。古篆の字法もしらず、千字文一冊にて、篇つくりを取合て、一字となし、山二つは出ノ字、木篇に寸は村ノ字と覚えたる人多し。
 朱肉の方、色々有。冬、凍安し。
 遵生は牋に出たる方、よし。
 刀の事、印刀・立刀あり。印刀製並、刀のつかひ様をしらず。魚尾・爛銅などいふは、彫刻の名なり。

↑ トップへ


当流活法

(式・法)
式・法・口訣一 先師、俳諧の新式に、指合・てにをはの事は、多は先輩の式に似たれど、当流の用捨、各別の事、又多し。然共、指合・てにをはの事は、俳諧一通の法なれば、時宜によるべし。二十五ヶ條の口訣※1は、先師の奥儀にして、是をしらざれば、俳諧の道にくらし。世に執心の人なき事を、先師、常になげき給ふなり。これらの事は、人の信、不信の上なるべし。
貞徳伝書一 長頭丸より伝はりたる、何某と云書※2有。先師の自筆を以て的伝し畢ぬ。近年、切字・てには等、みだりにして、初心の人、法をみだる故に、秘事たりといへど、少々はこれを記す。猶、師を求めて伝受すべし。
※1 「二十五箇条
※2 「白砂人集
発句切字事
発句切字一 発句切字事。
 不吟味にして、他門の嘲り有。切字、二つ入ぬ物なり。是、初発心の時、習ふ事なり。歴々の作者、折節見えたり。
 二つ三つ入るゝは、二字切・三字切の習なり。奥
 「や」として「哉」と留らず。七つのやの内、口合のや・名所のや斗は、「哉」と留るなり。「や」もじの下にあり。
哉留り一 哉留り、五つの習ひの事。
 一は、落着哉。二は、願哉。三は、浮たる哉。四は、沈む哉。五は、現在哉。此、現在哉、上五七の内、現在のし文字ありては留らず。
  
  山遠し花ゆへ曇る霞哉
 遠しのシ文字、現在にて、二重切。とまらず。
  
  あかねさし出ても曇る春日哉
 此シ文字、現在なれど、さし出るとつづく故、留るなり。
 大秘事なり。猶、口伝。
や文字一 や文字の習ひの事。
  
  時雨きや雲に露けき山路哉
 此やもじは、けりといふにかよふ故、哉と留るなり。旁、大秘事なり。
  夕顔や秋はいろいろのふくべ哉
 此やもじ、うたがひにて、哉と留るなり。瓢は総名にして、百なり・千なり・長ふくべ、品々あれど、花は一色、夕顔といへるは、如何成事やと云事なり。名人のてには、初心の及ぶ所にあらず。
七つのやの事
七つのや ・ 一 口合や  是や世の煤に染らぬ古格子     ※芭蕉 元禄2
・ 二 切や   朝顔や昼はおろす門の垣    ※芭蕉 元禄6
・ 三 捨や   露とくとく心見に浮世すゝがばや  ※芭蕉 貞享2
・ 四 疑や   けふよりや書付けさむ笠の露    ※芭蕉 元禄2
・ 五 中のや  旅を旅寝して見しや浮世の煤払   ※芭蕉 貞享4
  はさみやとも
・ 六 はのや  白魚や黒き目を明く法の網     ※芭蕉 元禄6
  のや共
・ 七 すみのや むざんやな甲の下のきりぎりす   ※芭蕉 元禄2
七つの外のやもじの事
名所のや・ 名所のや   難波津や田螺のふたも冬篭     ※芭蕉 元禄6
こしのや・ こしのや   庭払て出ばや寺にちる柳     ※芭蕉 元禄2
はや・ はや     秋もはやばらつく雨に月の形    ※芭蕉 元禄7
よび出すや・ よび出すや、「名所のや」と同事なり。「口合のや」「名所のや」、まぎれ安し。
口合のや         あつみ山やふく浦かけて夕すずみ  ※芭蕉 元禄2
 「あつみ山や」は、「名所のや」なれど、「ふく浦」と、口合たるに依て、「口合のや」なり。
 連俳の習、「影や梅」「月や紅葉」、此類置所にて、口合に申侍れど、「秋篠や外山」「須磨や明石」「葛城や高間」、此類、皆々、「口合のや」と云なり。
 「口合のや」「名所のや」「よび出すや」、皆々、「哉」と留るなり。たとへば、
         あつみ山やふく浦かけてすずみかな
 とも留るなり。
         腰たけや鶴脛ぬれて海涼し     ※芭蕉 元禄2
 「名所のや」有て、下に「現在のシ文字」あるは、「哉」と留る格式なり。
かた疑のや・ 七つのやの内、第四番め、「うたがひのや」に二色有。「かた疑のや」と云は、「や」と斗して、下にをさへぬを云なり。「春や立らん」「宿やからまし」「君や来し」「秋や来ぬらし」、皆々、もろ疑なり。
         雪ちるや穂やの薄の刈残し     ※芭蕉 元禄3
 是、「かた疑」なり。
疑ひ捨るや・ 疑ひ捨るや  一里は皆花もりの子孫かや     ※芭蕉 元禄3
ねがひのや・ ねがひのや  蓬莱にきかばや伊勢の初便     ※芭蕉 元禄7
願ひ捨るや・ 願ひ捨るや  こもりゐて木の実草の実拾はばや  ※芭蕉 元禄2
をしはかるや・ をしはかるや 春なれや名も無き山の朝霞     ※芭蕉 貞享2
とや・ とや     星崎の闇を見よとや鳴千鳥     ※芭蕉 貞享4
 問かけてにはと云
やすめたるや・ やすめたるや いかめしき音やあられの桧笠    ※芭蕉 貞享元
 「ふるや時雨」「たつや烟」の類なり。
 定家卿、建保の歌合の判に、「やもじやすからぬ」よし、とがめられしは、此「や」文字なり。
 歌の読方には、「十五のや」あれど、連俳は、字数短き故、用捨多し。
あそぶや・ 「あそぶや」と云事有。「や」文字なくてよき句なり。世間、此や文字多し。ぬき捨がたき「や」なり。一とせ、李由が家の、五百番句合の時、「大根引」といふ事を申侍し。
  出女に投て通るや大根引    許六
  大根引ぬいてたゝくや牛の尻  汶村

 李由が判、云、「なげて通る」「ぬいて叩く」、共にやの字なくてよし。是、例の「あそぶや」なれば、左右持に定ぬ。
 総別、切字は色々沢山有て、自由なるものなり。其所、相応の文字を置て、首尾すべし。
二字切
二字切  はやくさけ九日もちかし菊の花  ※芭蕉 元禄2、くんちも近し
  鷹の目も今や暮ぬとなくうづら  ※芭蕉 元禄4

 此ぬの字、はねぬと云なり。「ふのぬ」「おはんぬ」の外にて、きるゝなり。
 珍敷、ぬの字なり。「いく夜ね覚めぬ須磨の関守」と、云ぬ、是なり。「消えぬ」「おもはれぬ」の類、両方へかよふなり。よくきゝて、落着すべし。
一字うたがひと云事
一字うたがひ  初雪やいつ大仏のはしらだて   ※芭蕉 元禄2
  あら何共なや昨日は過て河豚魚汁 ※芭蕉 延宝5

 「幾春か」「誰宿ぞ」、此類、皆々二字切にあらず。「一字疑」といふなり。
三字切
三字切  面白し雪にやならん冬の雨    ※芭蕉 貞享4
  子共らよ昼顔咲ぬ瓜むかん    ※芭蕉 元禄6
四字切
四字切  初真桑四つにやわらん輪にやせむ ※芭蕉 元禄2
 連歌の書々にも、三字切はあれど、四字切はなし。此句、四字切なり。五つにても、十にても落着せば、いくらも有べし。近年の書々に、落着せぬ二字切・三字切、おほし。
三段切
三段切  奈良七重七堂伽藍八重桜     ※芭蕉 貞享~
大廻しの習事
大廻し  
  あなたうと春の日みがく玉津島
 此句、連歌の大廻しにひかれたれ共、大廻しにあらず。五文字にて切たるよし、先師、相伝の時、申されけり。大事の習なり。
 玄旨法印、光広卿へ物語云、「玄妙切・大廻しの仕様、習ひ置たれ共終にせず。今までせざる程に、一生すまじきなり。むつかしき事、したがりて、用がなきなり。人のしりて、面白やうにしたるがよきなり」と、申給ふなり。
 先師、一生、大廻し・玄妙切の句、なし。

↑ トップへ

(古事・古実など)
古事など一 古事・古実・古物語・古歌等の詞をとりて、発句する事。
 上手のみにかぎらず。さまでなき作者も、よく取廻してする人もあるなり。又、上手に、不得手も多し。一様に心得べからず。取様、品々有。
古実の句
古実韻塞  御玄豕げんちょ、玄猪も過て銀杏の落葉哉 李由
篇突  山科の五荷三束や菊の花         許六

 御玄豕に、天子より、三色の餅を、諸臣に給ふ時、檀紙に包み、小角こがくにのる水引にてゆはへ、銀杏の葉に、「何某殿」と書付て、はさめり。勾当内侍より渡る。是、古実なり。
 山科の郷に、「五荷三束」「一荷二束」など云事有。御触紙の表おもてなり。「五荷」は、かい敷の桧葉・しのぶの類、「二束・三束」は、あぶりこの竹なり。是を、御領の御役目とす。
古歌を取格
古歌   先師七回忌、夏の尺教釈教、浪化興行。
  荷はす、蓮にのる蛙は似たる空也かな 李由
    同じ追善、景物、題鴬、与考支考興行。
  鴬の小瓶やほしき飴おこし      許六
  十月の十の代には十夜哉       

拾遺集
  一たびもなむあみだぶといふ人の
      蓮の上にのぼらぬはなし 空也上人

西行談抄
  鴬よなどさはなくぞ乳やほしき
      小瓶やほしき母や恋しき

 貫之の娘の歌なり。母を離別せし時、歎てよめる。此歌にてよび返したるとなり。
 八雲に、
  霜月に霜の降こそことはりや
      など十月に十はふらぬぞ

 此歌、家隆卿、をさなき時の詠なるよし。
物語のことば
物語   水無月や友待雪の不二颪    李由
  炉開に這出給へきりぎりす   許六
  正月や先ヅきよき物あら莚   朱廸

 源氏、若菜巻に、「友まつ雪のほのかに残れる上に、打ちりそふ空を詠め給へり」と有。
 紅葉賀に、源氏、源内侍が方へ忍び給ふ時、屏風のかげにかくれ給ふを、頭の中将の詞に、「壁の中のきりぎりす這出給へ」と云々。
 清少納言、枕双紙に、「清き物、かはらけ」といへり。正月の五文字に、力あるべし。
  四五月のう波さ波やほととぎす 許六
 無名抄、「筑紫のはて国には、四月・五月に大波たつ。四月をう波といひ、五月をさ波と云。いと興ある事」と、云々。
世話
世話  ほととぎす蚕の四月や蚊の五月  徐
  出替や小のゝ小町も衣装から   管午
  名月やゆや松風に米のめし    程己 ※ゆや=熊野
  筏士よまて事とはむ水上は いか斗吹峰の嵐ぞ 此歌落

 「葉隔水」と云題詠成よし。一首の中、落葉の字なし。名人の作なり。
 此格、吾はいかいにやつして、
  紙子着て川へはまらバ竜田哉   許六
 或人難云、「『吉野哉』とをかば、花の句成べし」と、云。是、俳諧しらぬ人の論なり。大河の吉野、人の心ゆかず。渡らば、中絶むとは、立田歩行渡り、明なり。其上、紙子に立田のかけ合有。連俳には、季の詞なくては難とする故に、紙子は出たり。
  入口は柳にのぼる芳野哉
 是も、桜を沈めたれば、花の句成べきかと云。是は、柳なり。六田、柳の所なれば、底のさくらよりは、柳慥成べし。
三世の句
過去・ 過去
  羽子板の箔にうけたり春の雪   吾仲
 「羽子板に雪を請たる」は、尤、過去にして、「箔」の一字に、眼を入たり。
現在・ 現在
  蚊遣火に団あてけり秋の風    許六 ※団=うちわ
 過去・未来の論なし。
未来・ 未来
  南天にあたる音する紙子哉    木導
 十年の後、此句を見るべし。
(画賛)
画賛   画賛 梅月の絵
  梅が香や粉糠ちり行臼のあと   許六
   武者絵 二句
  みをのやはしころとられて飛蛙  李由
  西瓜喰時景清が手つきかな    毛
景曲の句
景曲  春風や麦の中行水の音      木導
 師説、云、「景気の句、世間容易にする。以の外の事なり。大事の物なり。連歌に景曲と云、いにしへの宗匠、ふかくつつしみ、一代、一両句は過ず。景気の句、初心まねよき故、深いましめり。誹諧は連歌程はいまず忌まず。惣別、景気の句は、皆ふるし。一句の曲、なくては、成がたき故、つよくいましめ置たるなり。木導が春風、景曲第一の句なり。後代、手本たるべし」とて、褒美に、
   かげろふいさむ花の糸口
 と云脇して、られたり。
 平句、同前なり。歌に景曲は、見様体に属すと、定家卿もの給ふなり。寂蓮の「急雨むらさめ」・定頼卿の「宇治の網代木」、是、見るやう体の歌なり。
題の事
一 題の事、一様に心得べからず。
  時鳥は、野山を尋てきく心を云。
  鴬は、待心をいへ共、尋て聞心をいはず。
  鹿はあはれをいひて、待よしをいはず。
  桜は尋ぬれ共、柳は尋ず。
  初雪は、まて共、時雨・あられはまたず。
  花はをしむといへ共、紅葉は惜まず。
 かやうの故実をしらぬ人は、無下の事なり。
芭蕉翁徒然草
 [徒然44]鴬は待つ心、不如帰は野山をたつねて聞く心、
 [徒然45]桜は尋ね、柳尋ねず。
 [徒然46]花は惜しみ、紅葉はをしまず。
 [徒然47]鹿はあはれを元とし、初雪は待ち、時雨霰は待たず、
三四考、芭蕉翁口授
 [三四047]桜はたづね、柳はたづねず。
 [三四049]花はをしみ、紅葉はをしまず。
 [三四052]鴬は待つ心、本定なり。郭公(ほととぎす)は野山を尋て聞く。
切字なし
切字なし一 切字なしの発句の習ひ、近年伝授請ぬ人、才覚分別にて、みだりにいひちらせる、散々の事なり。能、伝授仕たる人に、急度、習ふてすべし。

↑ トップへ

巻頭 並 俳諧一巻沙汰

発句・脇・第三
発句一 百韻の巻頭なれば、たけ高き句、第一なり。
 平句に、のびたる句あれば、発句見をとさるるなり。
 発句は、大将の位なくて、巻頭にたたず。
 平句は、士卒の働きなくては、鈍にしてぬるし。其用にたたず。
 師説云、「総別、発句は取合物と知るべし。題の中より出る事は、よき事はたまたまにて、皆ふるし」と、申されける。此よく請継て、江東の俳諧は、常に取合第一とす。同門の中にも、「江東は道具過たり」と難ずる人も有よし。先師の句、十に七八は、必取合にて道具なり。難ずる人、取合様を慥にしらざる故に、此難有。
 道具でする事、得物ならば、幾度も道具でよき句せらるべし。不得手の格にて、悪しき句して、何の益かあらん。
 たとへば、徒鑓すやり、素槍つかひに、「十文字を、得つかはぬ」と、難じたると似たり。
 脇の事。
 発句は、言外の意味をふくむをよしとす。
 脇は、発句に残したる言外の意味を請て、継なり。物の名、又は何にても、一字にて留る物なり。てにはどめ、習なり。
 脇に五つの仕やう有。其外、ひとからみ・対付・拾ひ付・大小の脇など云事有。当流、用捨多し。
 発句の季、三月に渡る物ある時、脇の句にて其月を定る事、連歌の式なり。
第三一 第三の句、第一難儀の場所なり。
 上手の入ると云は、第三なり。発句の打越、脇の句にはなれて付を、上手の手際とは、云なり。しかも、第三のふりを持て、留りに去嫌あれば、第一の難所なり。
 一巻の出来・不出来、脇・第三より極るなり。
 先師、在世の時、許六亭にて、
  梅が香や通り過れば弓の音  ※毛紈か許六
   土とる鍬に雲雀囀る    ※許六か洒堂
  陽炎に野飼の牛の杭ぬけて  芭蕉
 自画自讃を、汶村の家珍とす。
 彦根巳の歳旦詩格の第三に、
  下駄の歯に一筋黒く解初て
 と云は、第三のふりをつくべきため、雪の一字をぬきたるなり。此第三の骨折は、「黒」の一字なり。是、字眼なり。
 応和歌合、待時鳥の題にて、此格有。
  五月雨のふり出てなけと思へども
      明日のあやめのねを残らん

 判者、宜しきに定めて、勝たるよし。
発句かな止
第三にて止
一 哉留りの発句、第三「にて」留めせぬ事、人々知侍れど、折ふしは見えたり。
 「流れ哉」「野沢哉」、是治定の哉なり。「にて」にかよふ故にあしく、「たぐゐ哉」などと云。
 見立発句に「疑ふ心の哉」多し。聞わけて「にて留」あるべし。
しとにて一 にて留りに、現在のシ文字ありてはとまらず。
 
  里遠し行もつづかぬ山路にて
 是、とまらず。
に止・らん止一 に留り、覧どめ、第三常式の事なり。能句、稀なり。
  馬時の過てさびしき牧の野に  芭蕉
 「に留り」も、かやうに有たし。
らん止一 覧どめ習は、をさへ字なくて、はねる事なり。一字ばね・二字ばなしと云事も有なり。「ぬけらん」「ふれらん」など云、悪敷てにはあり。習ふてすべし。
 「や覧」と斗心得侍る、無下なり。上に疑ひあれば、覧とはねるなり。
 たとへば、「なに・なぞ・いつ・いかに・いく・いづれ・たれ・かは・かも・さぞ」、此類、皆々「覧」と留るなり。
 前集に、紅葉鮒の句、難じ侍れば、「をさへなくて、はねたる事」と、思ふ人も有よし。覧の事には非ず。只、てには悪きと云事なり。
 近年、てにはを大切に思ふ作者なし。和国の風俗は、てにはにて、一切埓する事なり。
 たとへば、物を借ルと云も、借スと云も同字なり。
 水火の相違有は、てには一つなり。光広卿へ、玄旨の物語云、「ある人、二条の蛸薬師を通りさまに、『上へや行べし、下へや行べし』と云を、連歌師聞て、『上へなり、下へ成共、行たきやうに行給へ。さりながら、てにはは公界物なれば、なをいて通り侍れ』と云ける」と、書り。「行べし」も「行べき」も同字なり。是を、てにをはと云なり。公界物にて、はづかしき事をしり侍れかし。
四句目、六句目
四句目
六句目
一 四句め、六句めに「ふり」有事、書々に出たり。
 沓冠の揃ひたる句、のらぬ物なり。近年、四句め・六句めは点のなき所とて、点取俳諧衆、嫌ふよし。よき句ならば、所にはよるまじ。
 師戯云、「点のなき四句め、六句めに、秀逸して、肝つぶさせたるがよし」とて、常に案じられたる事もありけり。
付け一 座付、懐紙うつりには、欲を離れて、二三句の中に、早速付る物なり。一くさり延れば、上手も出兼るなり。此、次々と待つ中に、句毎にむづかしく覚えて、出ず。たまたま、よき趣向、浮びて、「に」とやせむ、「は」とやせむと句作り、ひねる中に、外よりよからぬ句を出して、懐紙にのせ侍れば、其座の俳諧は、もはやおもしろからずして、彼前句にひねりかけたる句を、益もなく案ずる物なり。句前、次第にのび過侍る中に、むづかしき前句出て、人々付あぐむ時、執筆にせがまれ、かからぬ句なれど、出たるを幸にして、人の案じ、空からにやり句計をするものなり。
月・花
月花一 月花の座、定まれる所なし。
七句・十三句目は、「下の句にてすまじきため」なり。一座の時宜に依て、七句・十三句迄延たる事なり。
 月・花結び合たる句、猶、手際入るなり。
 雪・月・花、懐紙に同作有べからず。折をかえて、一つ有べし。
 初懐紙の花は、再返か、再々返か、誰もいたし侍る。
 奥三本は、大方相定る例なり。
 花に、初・中・後の心持あり。「めぐむ・咲初る・盛・ちる・残る」の類なり。
 花を桜と思ふ作者も有なり。
 唐朝の花は、牡丹なり。吾朝、詩歌の花は桜なり。連俳の花は桜にも非ず、牡丹にてもなし。
 篇突云、花は賞翫の総名と註す。されば、花に桜付る事習有。何ぞ、花の句、桜ならば、花に桜付る事あらん。「『茶の出ばな』『藍の出ばな』、正花たるべし」と、先師申されき。「前猿簑」のはいかい、名残の花に桜有。是を見誤りて、正花に桜する人も、有けり。
 桜、正花に非ず。初心人、する事なかれ。口伝有。
 総別、当流は人に不審をおこらせ、誤と見えて、急度下にいひ分を拵へ置、難ずる人を落し穴に引入るる事、毎度なり。他門の衆、由断油断有べからず。
 一とせ、先師、いせ山田にて、俳諧ありしに、神楽堂と云句、せられけるに、山田人、神楽堂を難じ申ける時、「俳諧は平話を用ゆ。常に神楽堂といひならはし侍れば、深き事はしらず」と、答へ給り。山田の気情をよく察したる返答成べし。
 其後、此事を尋たる人有。師云、「唯一の神道には、神楽殿、両部には、神楽堂と云、むづかしく云分して、益なし。只、はいかいには、神楽殿をかしからず」と、申されけり。
一 月の句八つなり。
 名残の裏には、なくてもくるしからず。
 発句に「月次」出て、同字のがれ難き時、「有明・さかづきの影」など、名を隠して出す事、常なり。
 「星月夜」、秋にして、月には非ず。
 「深川集」、俳諧に「宵やみ」と云句、賞翫の月にせり。師云、「宵闇と云句に月は成まじ。此、宵やみ、月秋の前句なり。是を月にすべしとて、秋を付出し、八月と云月次を、出せり」。
 全く、八月、賞翫に非ず。例のおとし穴なり。此事、聞伝たる作者、やれ、「宵やみは月に成」とこそいへ、毎席出せる人も有けり。
 月秋の場所に、宵闇出合たればこそ、ふしぎの働も有けれ。毎度「宵闇・暁闇」の月に成ては、おかしからぬ事を知侍れかし。
 一望月、「八雲」に、「十四五六日の間なり。いざよふ月は、いざよひにあらざる」由、説々有。
 先師、「やすやすと出て、いざよふ」と、十六日にせられければ、これを証とすべし。
 定家卿説に、「十六日に限」由、侍れば、先師も此説によるか。

↑ トップへ

俳諧付やうの事
付け方一 俳諧付やうの事、師説に、千変万化すといへ共、つまる所は、三つに極る。執心あらば、口伝をうくべし。
   俤の句 口伝
 
   尼になるべき宵のきぬぎぬ
  月影に具足とやらを見透して
思ひなし   思ひなしの句 口伝
 
  半分は鎧はぬ人も打まじり
   舟追のけて蛸の喰あき
景気   景気の句 口伝
 
  乗懸の挑灯しめす朝颪    ※ちょうちん、提灯
   汐さしかかる星川の橋
付く、付ける
一 当時世間の誹諧は、つかぬがよきとて、ほどらいをしらず。百句共にならべたる物なり。されば五句・七句引のけても、又二句・三句入ても、其きは見えず。
 当流は間に髪と入れず。一字も動かし難し。つけるとつくとの差別なり。
 人作分別にて付る故に、理屈に落るなり。つくと云は、自然につくなり。師云、「俳諧の連歌と云は、『よく付と云字意』也」。
 心敬僧都の「私語ささめごと」にも、「前の句に心のかよはざるは、たゞむなしき人の、いつくしく、そうぞきて装束きてならびゐたる成べし」とはいへり。
旅の事
一 旅の事、支考が「五論」に記せり。
 師云、「連歌に旅の句、三句つづき、二句にてするよし。多くゆるすは、神祇・尺教釈教・恋・無常の句、旅にて離るる所多し。当流、旅恋の句難義にして、又よき句も旅恋に有。旅体の句は、たとひ田舎にてする共、心を都になして、相坂をこえ、淀の川舟に乗る心持、都への便もとむる心など、本意とすべし」とは、連歌のをしへなり。
恋の事
一 恋の事、是も「五論」に有り。当時、恋の詞と云は、「うき・恋・傾城・文・夢」など云詞ならでは、用がたし。ある時、
  うき恋に文つき返し笑はれて
 と云前句に、人々、付わづらひけるは、例の詞、大方出たり。
  尻もつ立るうらみねの夜着
 と、先師、申されけり。又、晋氏が句に、
  物さしに狂ふ男のたたかれて
 と云は、恋の詞一字もなし。全く、踏込たる恋の句なり。
  春風桃李花開日 秋露梧桐葉落時
 と云は、恋の詩なり。
 近年、俳書とて、恋の詞を拵へ置は、其人の胸中、せばき事しれたり。
去嫌 総別、去嫌も同前なり。格式を守は、初心の時なり。  たとへば、坊主は尺教なれ共、広間坊主・居合坊主は、尺教には成まじ。
 紙帳は、夜分・夏季なれど、「ぬしやの紙帳」は、夜分にも夏季にも非ず。
 総別、もろもろの差合、前に有て、よき付句出たる時、其差合、のがるる習あり。口伝。
首きれ連歌
首切れ 首きれ連歌と云事有。此習しらざる故に、あらたむる人なし。「小文庫」に、先師の句、
  はれ物に柳のさはるしなへ哉
 此句、あやまり覚えて、書々に迷はし侍る。是、首きれ連歌なり。

  はれ物にさはる柳のしなへ哉
 とこそはつづき侍れ。其上、腫物にきつと柳のさはりては、一句おかしからず。「はれ物にさはる柳」と、自筆の短尺に有。連歌証句に、
  衣うつ浅茅が原に里ふりて
 「衣擣うつ浅茅」はつづかず。
  衣うつ里は浅茅にうづもれて
 「衣うつ里」とは、つづきてよし。
 此事教へたる名人、何ぞ、首きれ連歌をすべき。
名残の裏
名残裏 名残の裏、随分かろく、やり句勝に、事がましき事をせず、早仕廻べきなり。
 うら八句、大略、面八句の作者、相定りたる事なり。暮に及ぶ時、猶以、早口たるべし。
あげ句
挙句 あげ句は、句のかかり定りたるやうに、申ならはし侍る。
 追善の連歌に、殊更、祝言にてあげる例なり。
 あげ句の花、大秘事なり。

↑ トップへ

祝言・追善・夢想
祝言など一 祝言の俳諧、禁忌の詞、ぬき去べき事なり。追善、これに同じ。
 鬼・地獄の沙汰等、努々有まじきなり。夢想の誹諧には、「夢」の字をせぬ事、是、又、例なり。
先師
他門一 他門の説云、「芭蕉翁は発句上手、俳諧はふるし」と、云人、有。
 先師、常に語て云、「発句は門人の中、予にをとらぬ句する人多し。俳諧におゐては、老翁が骨髄」と申されける事、毎度なり。此かはりめ、同門すら知人稀なり。他門、いかで知べき。
 先師一生の骨折は、只、俳諧の上手に極れり。師云、「老翁が俳諧は五歌仙に究めぬ人一生俳諧ならず」共、いへり。大切成事にして、又、心安き事なり。
 「多年俳諧すきたる人よりは、外の芸に達したる人、はやくはいかいに入る」とも、申されき。
当流一 当流は、むづかしき事なく、無分別に、「理屈のなきがよし」と、いひなぐる人々あれど、それはさる事にして、少、子細有べし。
 随分、腸をつよく案じて、口外へ出す時、無分別に、理屈なくいふ事なり。さやうにいひもてゆけば、後には俳諧消果て、野鉄砲の作者のみに成べし。
 「近年『五論』『篇突』等、新敷格式を書出して、初心人を迷はし侍る」と云人も有なり。曽て、其人のためには書ず。見給ふ事、無用たるべし。
 此比、何がし何がしと云、片腹痛き四五集出て、腹をかかえながら見侍れば、向後、それと持にして置べし。
 先師、一生人の尋ぬ事をもて出て、語らぬ人なり。其人の眼に見えざれば、尋ぬる事をしらず。尋ねざれば教えず。一生しらずして、果たるも、残多し。
 いにしへの連歌は、代々の達人たち、此道の絶果べき事を悲しびて、書置る書、山の如し。故に、今の代まで、くはしく伝はり侍る。
 吾俳諧とて、連歌におとらず。然るに「前後猿簑」「炭俵」等の書あれども、句帳のみにして、先師の遺風を残すべき式法なし。
 百年の後、芭蕉流の血脈を残して、さる作者ありとしらるべき一念なり。世間重宝の「はなひ草」も、「連歌のいろは新式」と云書にて書侍れば、「はなひ草」なくても、事は欠まじ。
 昔日の連歌は、大切成事にて、今の俳諧の如、容易にする物に非ず。
 宗祗の時代まで、百韻、花三本・雨一つなり。
 宗長の時に至りて、にほひの花一本・雨一つ、勅許を蒙り度旨、奏聞せられてより、「花四本・雨二つ」には極まりたる由、先師、申されき。
 俳諧は、当時最上の時節なり。此後は、次第に下手と成べし。芭蕉流、血脈の門人、二三子には過ず。
 抑、はいかいは先師遷化の日、急度決定せぬ人、終に俳諧一人役ならぬ物なり。人にもたれ、人の口を守る作者、芭蕉流直指の俳諧、成就せず。
 彼、二三子が俳諧、しらん人、誰かあらん。只、すき、不数寄の方に落して、善悪の沙汰に及ぶは、無念なり。二三子が言に云、「先師、此比まで在世し給はば、己等が俳諧に、まなこは明まじといひ給り」。
末のおくるる
末のおくるる一 発句・平句共に、「末のおくるる」と云事有。歌にも大切に申給ふよし。
  降つみし高根の深雪解にけり
 と、つよくいひ侍るには、
   清滝川の水の白波
 とならでは、成がたきよし。ある時、深川の庵へ訪ひける時、夜、さる会にて、
  人声の沖には何を呼やらん
 と云、前句有て。
   須磨の鼠の舟きしる音  ※きしる=かじる
 と、案じつれ共、「音」の字、前句の「声」にさし合、案じ煩ひて、
   鼠は舟をきしるあかつき
 と付たり、と申されたり。許六云、「此暁の一字、有難き事なり。一夜案じ給ふ骨折、此一字に見えたり」と申せば、先師、起あがりて云、「暁の力、ききしり給ふや」といふ。六云、「尤、須磨の鼠、新敷物とはいへど、舟きしる音といふ、下の七字、大きにおくれたり。此暁の中には、須磨の鼠、明石の火用心ごようじん、一として残る物なし」と申せば、例の、鼻をくんくんと吹ならし、「予が一句すれば、一座はつといひたるまでにて、草鞋はきて、胸中をさがす人なし」と、よろこばれけり。
懐紙・文台・硯
たて懐紙一 たて懐紙、文台にのせぬ法なり。一順は、たて懐紙にて、面々の座に廻す事も有。一順終て、執筆の句をとり、本懐紙に写し、文台に置。其時、重硯箱、面々菓子定れる事なり。人々、畳紙に書写し懐中す。句前をくり案じ、指合・輪廻等、執筆に尋ねぬ法なり。かりにも、雑談あるべからず。常々、行義正しく、いひ習ふべし。
 西行法師、此道明誉の達人なれど、「歌の座、さはがしくて、一の難」と申侍るなり。
 執筆の法、さまざま有。略す。師に依て、きくべし。
二見形一 二見形の文台、寸法。口伝。おもてに墨絵有、是、先師の製なり。当流、専用なり。二見の硯箱と云、文台に付事に非ず。取合物なり。
形式
千句
十百韻
一 千句・十百韻の差別有。去嫌ひ六ヶ敷ゆへ、多くは、十百韻なり。
 五十韻は、百韻の半成事、勿論なり。
 近年、四十四よよしと云事有。是、又、五十韻の例たるべし。
 歌仙は、百韻三分一なれば、式法、一座三句の物は、一つたるべき由、先師申されき。
 たとへば、新式に、藤・紅葉、一座三句なり。歌仙には、只一句の筈なり。季をかえて、今一つ有べし。つづら藤・紅葉笠は雑なり。いひかえたる類、裏に有べし。
 雪・氷、連歌四つなり。俳諧歌仙、春・冬の中に、慥に二つなり。雪餅・氷砂糖の類、うらに有べし。雪院・雪踏と声にてよむ類、見わたしにも、くるしからず。
新式
新式一 新式、今案に、春風一座に二句。俳諧に、春の風と今一つ有べし。秋風・松風、同前。
一 又云、桜一座に、春秋三句なり。愚案ずるに、百韻、花三本の時代きはめたる例成べし。俳諧に、桜鯛・桜貝の類名をかりたる物、折をかへて、今一つはくるしからず。総別、差合の事は、新式今案を以、了簡すべし。
文章一 俳諧文章の事、習ふて書べし。総別、俳諧の文章といふ事、いにしへの格式なし。うつぼ・竹取・源氏・狭衣の類、皆々連歌の文法なり。故に、先師、一格をたてて、門人に伝申され侍る。みだりに書ちらす人もあれど、当流の格式をしらざれば、片腹痛事共、多し。
 序・記・賦・説・解・箴・辞 など、少づつ差別有べし。
 真名文章は、字法有て、慥にわかり侍れど、仮名物には、無念の事のみ多し。中山三柳が「醍醐随筆」に、「蝮虵記」と云、真名文有。天晴、蝮虵の賦成べし。何の虵に記する事あらんや。文の勢ひ、王元之が「竹楼記」をあてて、只一筋に、恩惟なく、「蝮虵の記」と名付たると、見えたり。是、日本の人の知なり。三柳一人のあやまりにはあらず。

↑ トップへ

同字
同字一 同字の事。
 詩歌・連俳共にゆるさず。上の句、さくらありて、下に花とわけたるさへ、俊成卿、難じ給ふ。詩歌に畳字の格ありて、同字をゆるす。されば、連俳とて、遠慮あるべからず。向後、畳字の格を以て、同字あるべし。
たとへば、
01   はしらは丸太花はみよし野   李由
02  吉野山さくらさくらと売る桜   許六
03   湯好旅好木まくらの夢     汶村
04  数珠粒をまぎらかしたる腹薬   木導
05   三番草にかかる蒸餅      朱廸
06  土用干まづ上紺の夜の物     由  じょうこん、上等の藍染
07   比丘尼を買て出る顔つき    六
08  犬の恋棒で荷ふて町送り     村
09   松とる跡の砂の淡雪      導
10  足軽の節によばれし足駄共    伷→廸
11   朧々とおぼろ月哉       由
12  さすらへの扶持方をそき舟便り  六
13   朝と晩との木魚淋しき     村
14  脇ざしに封の付たる子共達    導
15   節句をあてて呉服屋が来る   廸
16  片作の麦を取込十二分      由
17   やがて可酔の江湖始る     六
18  風呂敷にきせる指たる草枕    村
19   襟を自慢に伊勢の出女     道→導
20  慥なる夢を掃込む縁の下     紬→廸
21   茗粥たく火に夜は明にけり   由  ※やじゅう、十夜粥?
22  羽織着てきつとわせたる大工殿  六
23   うら寺町の暑き盆前      村
24  鬼胡桃はびこる中の初嵐     道→導
25   猿三声に有明の月       廸
26  射尽して箙にさがる虚空穂    由
27   気の遠うなる木曽の雪隠    六
28  持て出た一歩の数に年暮て    村
29   ああ降たる雪哉と打詠めつつ  道→導
30  ほちりんと腹のふくれた歌をよむ 伷→廸
31   紙帳の中の国の広さよ     由
32  客人に食傷したる玄関番     六
01   あら剃刀にかかる蒟蒻     毛紈
02  春もまだ冴る朝の小豆粥     程己
03   逢坂ちかき三井の鴬      徐寅
04  目の及ぶ所は花のさかりにて   李由
05   滅多に金のほしうなる也    許六
06  世中はほとけ高力鬼作左     丸
07   ツシから落て大悟せらるる   己
08  満月の光すみきる鶏の声     刁→徐刁?
09   御遊は済て夜食やや寒     由
10  股引で松茸山へ行く合点     六
11   兄が嗅出す蓬生の宿      丸
12  肱杖のくぼむもしらぬ物思ひ   己
13   どろりと曇る鈍色の空     刁
14  ひらひらと樗の中の紙のぼり   由
15   裸ではしる朝網の鮎      六
16  あたらしき乗懸一駄付出して   丸
17   銭投てとる五器の煎豆     己
18  大きなる木の根じやくれて海道中 刁
19   嘴太啼て明かかるなり     由
20  手屓武者屓れてさつと引もあり  六  ※手負い
21   栗の粉めせとゆり輪さし出す  丸  ※揺り輪=浅桶
22  ついて来る市日の跡の秋の蝿   己
23   洗足の湯の光る夕月      刁
24  田も畦も入らざる友の高笑    由
25   味噌と溜の所帯穿鑿      六
26  をかもなき師走の果の日はあれて 丸
27   道の減る程越る渋谷      己
28  密夫に作り付たる男ぶり     刁  ※みそかおに
01   只一心に御台いたゞく     李由 飯の女房詞
02  取はづし柳桜をこきまぜて    許六    ┐
03   お次お末の昼の日永さ     銭芷 人名 │素春
04  出替も近づく空の[食+甘]屋物  管午 餌? ┘
05   尻で名とりの公平が来る    六  きんぴら、人名
06  なまぐさき朝観音に夕薬師    由  釈教
07   けふのむかしの六条の秋    午  地名、秋
08  米の直もさがらず風の身に入みて 芷  秋
09   こらへこらへて小便の月    由  月秋
10  中間の付て乗たる合羽篭     六
11   甑ほかつく畑のうり物     芷
12  あやめ葺煤の雫の雨の音     午  夏
13   浪人の時短檠のもと      六
14  こく餅の紋に鼠のかぶりつき   由  黒餅の紋所
15   野位牌白く夢は覚けり     午
16  大木に枝の淋しき松の風     芷
17   底倉の湯を下に見おろす    由  箱根の温泉地
18  此度は母の願ひの身延山     六  釈教
19   国に入ては銭の直を問     芷  ねを
20  飲み物に嫌ひのなきも不思儀にて 午  不思議
21   此西行も少しやるなり     六
22  月花の雪が常住ふるならば    由  月花雪で春?
23   おもひあまたの春風の面    午  かお、春
24  穴ばたを覗く親仁の冴かへり   芷  初春
25   御法事あてに干物の船     由  かんぶつ
26  伊予へやる女中の支度出来兼て  六
27   けふは下向でこつち向るる   芷
28  敬ふて聟のわせたる衣更     午  座せたる
29   一疋焼きに皿の賑ふ      六
30  蒲団から夜着こぎり出スかり枕  由
01   弘法顔で廻る大和路      汶村
02  早口に仕舞ふは人の目に見せず  木導
03   八ツの日ざしに下馬の北風   李由
04  縫箔の年に似合ぬ紅粉を着て   許六  ※べにを
05   十念すめば茶の段になる    道→導
06  名月の前には高きひがし山    村
07   鈴虫啼てほめる松あり     六
08  脇臭き駕篭に乗たる秋の風    由
09   縁先へ出て振ふ下帯      ソン→村
10  若盛一夜も欠けぬ衣々に     道→導
11   大津の風でいきる兵法     由
12  町かりの祭の入目済かねて    六
13   煤と餅との音のせはしき    道→導
14  杖突て童部集る雲の朝      ソン→村
15   𫔞に汗かく殿の乗馬      六  
きんに汗かく、ふぐり。Safariは表示しない。[門+由]。
16  貧木の花もめで度ク咲こぼれ   由
17   炭火の上にもゆる陽炎     村
18  滑飴の喉を通るも長閑にて    道→導  シルあめの
19   狐の顔の白き暖簾       由  のうれん
20  駕物にをくれてはしる出家衆   六
21   寒の奇特の霰ふる風      道→導  かんの
22  手をのばす火燵の榧の紙袋    村
23   妾の訴訟鼾かく也       六
24  うき恋の裸で迯る大百足     由
25   蚊の六月の明安キ月      ソン→村
26  吹上の方より和歌の城を見て   道→導
27   大坂駕篭で二十五貫目     由
28  はり上ゲて今を始の旅ごろも   六
29   御前はしんと斗圭打出ス    道→導  とけい
30  蕎麦切と早速見ゆる花鰹     ソン→村
 

↑ トップへ


 

奥書等

底本

巻末

井づつ屋庄兵衛板

↑ トップへ