俳諧の形式と芭蕉

俳諧の形式と芭蕉、索引

諸形式一覧古式百韻百韻・五十韻・世吉十八公歌仙・半歌仙二十八宿
二十四節源氏八十八興新式巻物まとめ
表合せ・三物本式表十句(古式百韻の表)表八句(百韻の表)表六句(歌仙の表)
歳旦三物三物芭蕉一座の「表合せ・三物」についての疑問 

DBメニュー
松尾芭蕉 発句集芭蕉七部集の連句芭蕉七部集の連句(訳・釈)
蕉門関連俳書江戸時代俳人芭蕉翁出座俳諧俳諧の諸形式と芭蕉


 
芭蕉俳諧の形式

百韻や歌仙等、巻物について

 芭蕉俳諧の拠を探る一つとして、芭蕉一座俳諧の形式毎に整理し、その特色なり傾向なりを見ていく。

 ・ 形式の分類・年次・連衆などについては、概ね「芭蕉連句集(中村俊定・萩原恭男校注、岩波書店、1975)」に従った。
 ・ 芭蕉一座俳諧の概要については、サイト内の「芭蕉翁出座俳諧一覧」、内容については「芭蕉連句集」参照。
 ・ 蕉風の発祥は「次韻」だが、確立は「冬の日」と見て、各巻の引用部分に「↓『冬の日』」と印を入れ区別した。

百韻

百韻と、その系列

【古式百韻系】


      100        90        80        70        60        50        40        30        20        10        0
      |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |
      |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
 ┌--------+-----+-------------+-------------+-------------+-------------+-------------+-------------+---------|
 │古式百韻|名ウ |    名オ     |    三ウ     |    三オ     |    二ウ     |    二オ     |    初ウ     |  初オ   |
 │100句|6句 |   14句    |   14句    |   14句    |   14句    |   14句    |   14句    | 10句  |
 │七花七月|花   |     月      |    花月     |    花月     |    花月     |    花月     |    花月     |  花月   |
 ├--------+-----------------------------------------------------------------------------------------+---------|
 │本式  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   オ    |
 │表十句 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 10句  |
 │一花一月|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  花月   |
 └------------------------------------------------------------------------------------------------------------ˈ

【古式百韻】 俳諧の百韻行ではなく、「俳諧の連歌」である。芭蕉一座の「俳諧の連歌」は、次の1巻。
↓ 「冬の日」以降。
 ・ 貞享2年6月2日、江戸小石川。賦花何俳諧之連歌「涼しさの」百韻。清風・芭蕉・嵐雪・其角・才丸・コ斎・素堂。7花7月。
※ 他に未完40句のものがある。
 ・ 元禄3年3月2日、伊賀上野。誹諧之連歌「木の本に」40句迄。芭蕉・風麦・良品・土芳・雷洞・半残・三園・木白。2花3月。

 「古式百韻」は、賦物の1巻だが、未完の40句も残っている。

【百韻系】


      100        90        80        70        60        50        40        30        20        10        0
      |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |
      |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
 ┌--------+-------+-------------+-------------+-------------+-------------+-------------+-------------+-------|
 │百韻  | 名ウ  |    名オ     |    三ウ     |    三オ     |    二ウ     |    二オ     |    初ウ     |  初オ |
 │100句| 8句  |   14句    |   14句    |   14句    |   14句    |   14句    |   14句    | 8句  |
 │四花七月| 花    |月           |花   月      |月           |花   月      |月           |花   月      |月     |
 ├--------+-------+-------------+---------------------------+-------------+-------------+-------------+-------|
 │七十二候| 名ウ  |    名オ     |:::::::::::::::::::::::::::|    二ウ     |    二オ     |    初ウ     |  初オ |
 │ 72句| 8句  |   14句    |:::::::::::::::::::::::::::|   14句    |   14句    |   14句    | 8句  |
 │三花五月| 花    |月           |:::::::::::::::::::::::::::|花   月      |月           |花   月      |月     |
 ├--------+-------------------------------------------------+-------------+-------------+-------------+-------|
 │五十韻 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    名ウ     |    名オ     |    初ウ     |  初オ |
 │ 50句|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   14句    |   14句    |   14句    | 8句  |
 │二花四月|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|花   月      |月           |花   月      |月     |
 ├--------+-----------------------------------------------------------------------------+-------------+-------|
 │世吉  | 名ウ  |    名オ     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    初ウ     |  初オ |
 │四十四 | 8句  |   14句    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   14句    | 8句  |
 │二花三月| 花    |月           |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|花   月      |月     |
 ├--------+-------+-----------------------------------------------------------------------------------+-------|
 │百韻首尾|  ウ   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  オ   |
 │ 16句| 8句  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 8句  |
 │一花一月| 花    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|月     |
 ├--------+-------+-----------------------------------------------------------------------------------+-------|
 │表八句  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      |
 │   八句|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 8句  |
 │  一月|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|月     |
 └------------------------------------------------------------------------------------------------------------ˈ

【百韻】 100句4花7月、懐紙4折。芭蕉一座の「百韻」は、次の14巻。

 ① 寛文5年11月。「野は雪にか」6吟。伊賀蝉吟亭/ ② 延宝3年5月。「いと涼しき」10吟。江戸/ ③ 延宝4年春。「此梅に牛も」2吟。江戸/ ④ 延宝4年春。「梅の風俳諧」2吟。江戸/ ⑤ 延宝5年冬。「あら何共な」3吟。江戸/ ⑥ 延宝6年春。「さぞな都浄」3吟。江戸 ⑦ 延宝6年春。「物の名も蛸」3吟。江戸/ ⑧ 延宝6年秋。「色付や豆腐」2吟。江戸/ ⑨ 延宝7年秋。「須磨ぞ秋志」3吟。江戸四友亭/ ⑩ 延宝7年秋。「見渡せば詠」3吟。江戸四友亭/ ⑪ 天和元年7月。「春澄にとへ」4吟。江戸/ ⑫ 天和元年7月。「世に有て家」4吟。江戸/ ⑬ 天和2年春。「錦どる都に」13吟。江戸
↓ 「冬の日」以降。
 ⑭ 貞享3年1月。「日の春をさ」17吟。江戸。

【七十二候】 二十四節気を3分した七十二候から。芭蕉一座の俳諧にはない。

 ※ 芭蕉没後10年の「白陀羅尼、支考・従吾、宝永元」に「鼻声に-万子」がある。

【五十韻】 50句2花3月、百韻の前半分で2折。芭蕉一座の「五十韻」は、次の6巻。

 ① 天和元年7月。「鷺の足雉脛」4吟。江戸[江戸(次韻)]
↓ 「冬の日」以降。
 ② 貞享5年6月。「蓮池の中に」15吟。岐阜[笈小文後]/ ③ 元禄2年7月。「ぬれて行や」11吟。小松亨子亭[奥細道]/ ④ 元禄2年11月。「とりどりの」15吟。伊賀半残亭[奥細道後]/ ⑤ 元禄2年11月。「暁や雪をす」9吟。伊賀蓑虫庵[奥細道後]/ ⑥ 元禄7年9月。「松風に新酒」7吟。伊賀猿雖亭[枯野、最後の旅]

【世吉】 44句2花3月、百韻の中2折を割愛した懐紙2折。芭蕉一座の「世吉」は、次の3巻。

 ① 天和2年春。「田螺とられ」7吟。[江戸]/
↓ 「冬の日」以降。
 ② 貞享4年10月。「旅人と我名」11吟。其角亭[江戸]/ ③ 元禄2年7月。「しほらしき」10吟。小松皷蟾宅[奥細道

【百韻首尾】 初折表と名残の折裏。芭蕉一座の俳諧になし。

【表八句】 表物に記載。

 「百韻」は、「冬の日」前に14巻、以後に1巻。「五十韻」は、「冬の日」前に1巻、以後に5巻で、百韻と逆の傾向。「世吉」は、「冬の日」前に1巻、以後に2巻。
 「七十二候」「百韻首尾」は、芭蕉一座の俳諧に見当たらない。
 「世吉」は、「俳諧京羽二重(林鴻、元禄4(1691))」に出、「法は百韻のごとく」とある。

【古式との複合】


      100        90        80        70        60        50        40        30        20        10        0
      |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |
      |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
 ┌--------+-------+---------------------------------------------------------------------------------+---------|
 │十八公 |  ウ   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   オ    |
 │ 18句| 8句  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 10句  |
 │一花一月|花     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|月       |
 └------------------------------------------------------------------------------------------------------------ˈ

【十八公】 枩(松)の字を分解すれば、十・八・公。芭蕉一座の俳諧になし。


歌仙

歌仙と省略型

【歌仙】

         36          30                  20                  10                   0
        │    │    │    │    │    │    │    │
       │││││││││││││││││││││││││││││││││││││
 ┌─────┼┴────┼────┴────┴─┼──┴────┴───┬┴────┤
 │歌仙   │  名ウ  │    名オ     │    初ウ     │  初オ  │
 │  36句│  6句  │    12句    │    12句    │  6句  │
 │二花三月 │花    │月          │花    月     │月    │
 ├─────┼─────┴───────────┼───────────┼─────┤
 │半歌仙  │::::::::::::::::::::::::::::::::::│      ウ     │   オ  │
 │  18句│::::::::::::::::::::::::::::::::::│    12句    │  6句  │
 │一花二月 │::::::::::::::::::::::::::::::::::│花    月     │月    │
 ├─────┼─────┬───────────┴───────────┼─────┤
 │歌仙首尾 │  ウ  │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│  オ  │
 │  12句│  6句  │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│  6句  │
 │一花一月 │花    │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│月    │
 ├─────┼─────┴───────────────────────┼─────┤
 │表合せ  │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│     │
 │   6句│::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│  6句  │
 │  一月 │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│月    │
 └─────┴─────────────────────────────┴─────┘

【歌仙】 36句2花3月、懐紙2折。芭蕉一座の「歌仙」は、存疑を除く次の132巻。

 延宝4「時節嘸伊賀」/延宝6「実や月間口」「のまれけり」「青葉より紅」「塩にしても」「わすれ草煎」/天和2「月と泣夜生」「花にうき世」「詩あきんど」「飽やことし」/天和3「夏馬の遅行」「胡草垣穂に」/貞享元「師の桜むか」

↑ 「冬の日」前。13巻

↓ 「冬の日」以降。119巻

 貞享元「狂句こがら」「はつ雪のこ」「つゝみかね」「炭売のをの」「霜月や鸛の」「海くれて鴨」/貞享2「何とはなし」「つくづくと」「ほととぎす」「牡丹蘂深く」/貞享3「花咲て七日」/貞享4「久かたやこ」「花に遊ぶ虻」「時は秋吉野」「京まではま」「めづらしや」「星崎の闇を」「笠寺やもら」「磨なをす鑑」「ためつけて」「箱根越す人」/貞享5「何の木の花」「鼓子花の短」「初秋は海や」「粟稗にとぼ」「色々のきく」「雁がねも静」/元禄元「其かたちみ」「雪の夜は竹」「雪ごとにう」/元禄2「水仙は見る」「衣装して梅」「かげろふの」「秣おふ人を」「風流の初や」「かくれ家や」「すゞしさを」「おきふしの」「さみだれを」「御尋に我宿」「有難や雪を」「めづらしや」「温海山や吹」「馬かりて燕」「あなむざん」「はやう咲九」「一泊り見か」「いさ子ども」「霜に今行や」/元禄3「鴬の笠落し」「種芋や花の」「木のもとに」「木のもとに」「いろいろの」「市中は物の」「秋立て干瓜」「月見する座」「灰汁桶の雫」「鳶の羽も刷」「ひき起す霜」「半日は神を」/元禄4「梅若菜まり」「梅若菜鞠子」「蝿ならぶは」「牛部屋に蚊」「安々と出て」「御明の消て」「うるはしき」「其にほひ桃」「此里は山を」/元禄5「鴬や餅に糞」「両の手に桃」「青くても有」「苅かぶや水」「けふばかり」「口切に境の」「水鳥よ汝は」「洗足に客と」「打よりて花」/元禄6「野は雪に河」「風流のまこ」「篠の露はか」「其冨士や五」「朝顔や夜は」「初茸やまだ」「帷子は日ゝ」「いざよひは」「十三夜あか」「振売の雁あ」「芹焼やすそ」「雪の松おれ」「いさみたつ」「いさみ立鷹」「生ながらひ」/元禄7「むめがかに」「傘におし分」「五人ぶち取」「八九間空で」「空豆の花さ」「紫陽草や薮」「新麦はわざ」「世は旅に代」「水鶏啼と人」「柳小折片荷」「鴬に朝日さ」「葉がくれを」「牛流す村の」「夕顔や蔓に」「夕がほや蔓」「夏の夜や崩」「ひらひらと」「秋ちかき心」「あれあれて」「つぶつぶと」「松茸やしら」「猿蓑にもれ」「升買て分別」「秋もはやば」「白菊の眼に」

【半歌仙】 18句1花2月、歌仙の前半分で2折。芭蕉一座の「半歌仙」は、次の14巻。

↓ 「冬の日」以降。
 ① 貞享5年9月。「しら菊に高」8吟。[江戸]/ ② 貞享5年9月。「月出ば行灯」7吟。苔翠亭[江戸]/ ③ 元禄2年7月。「残暑暫手毎」13吟。金沢一泉亭[奥細道]/ ④ 元禄2年9月。「野あらしに」8吟。大垣[奥細道]/ ⑤ 元禄3年春。「日を負て寝」5吟。伊賀[奥細道後]/ ⑥ 元禄3年8月。「白髪ぬく枕」3吟。膳所[奥細道後]/ ⑦ 元禄4年10月。「もらぬほど」10吟。大垣斜嶺亭[奥細道後]/ ⑧ 元禄5年8月。「名月や篠吹」5吟。江戸[江戸]/ ⑨ 元禄5年冬。「月代を急ぐ」9吟。芭蕉庵[江戸]/ ⑩ 元禄5年12月。「木枯しにう」7吟。江戸千川亭、大垣藩邸[江戸]/ ⑪ 元禄6年冬。「雪や散る笠」6吟。江戸[江戸]/ ⑫ 元禄7年春。「水音や小鮎」6吟。江戸[江戸]/ ⑬ 元禄7年9月。「秋の夜を打」7吟。大坂車庸亭[枯野、最後の旅]/ ⑭ 元禄7年9月。「此道や行人」10吟。大坂清水[枯野、最後の旅]

【歌仙首尾】 初折表と名残の折裏。芭蕉一座の俳諧になし。

【表六句】 表物に記載。

 「歌仙」は、「冬の日」前に13巻、以後に119巻と圧倒。「半歌仙」は、「冬の日」前になく、以後に14巻。
 「七十二候」「歌仙首尾」は、芭蕉一座の俳諧に見当たらない。
 「歌仙首尾」は、「俳諧京羽二重(林鴻、元禄4(1691))」に出、「法は歌仙のごとく」とある。

歌仙の短縮型

【歌仙短縮】

         36          30                  20                  10                   0
        │    │    │    │    │    │    │    │
       │││││││││││││││││││││││││││││││││││││
 ┌─────┼┴────┼────┴────┴─┼──┴────┴───┬┴────┤
 │歌仙   │  名ウ  │    名オ     │    初ウ     │  初オ  │
 │  36句│  6句  │    12句    │    12句    │  6句  │
 │二花三月 │花    │月          │花    月     │月    │
 ├─────┼─────┼───┬───────┼───┬───────┼─────┤
 │二十八宿 │  名ウ  │::::::│   名オ   │::::::│   初ウ   │  初オ  │
 │  28句│  6句  │::::::│   8句   │::::::│   8句   │  6句  │
 │二花二月 │花    │::::::│月      │::::::│花      │月    │
 ├─────┼─────┼───┴─┬─────┼───┴─┬─────┼─────┤
 │二十四節 │  名ウ  │::::::::::│  名オ  │::::::::::│  初ウ  │  初オ  │
 │  24句│  6句  │::::::::::│  6句  │::::::::::│  6句  │  6句  │
 │二花二月 │花    │::::::::::│月    │::::::::::│花    │月    │
 └─────┴─────┴─────┴─────┴─────┴─────┴─────┘

【二十八宿】 古代中国で用いられた、月の位置を示す28の星宿からの名称(日本の暦は二十七宿を用いていたが、貞享2年から二十八宿に切り替えた)。

【二十四節】 太陽の位置を24等分して示す二十四節気から。別名の【箙(えびら)】は、矢を収納する容器。平安末から24本収納できる矢入れが多かったことから。用途により、収納本数の違うものを用いるし、俳諧に軍事は一部。

 「二十八宿」は、芭蕉一座の俳諧になし。
 「二十四節(箙)」は、芭蕉一座の俳諧になし。芭蕉一座の俳諧に、24句のものが3つあるが、いずれも未完歌仙。

歌仙と挿入型

【歌仙 2】

       60                  50                  40                  30                  20                  10                   0
      │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │    │
      │││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││
 ┌────┼─────┼───┴───────┼─┴─────────┴─────────┴─┼───────┴───┼─────┤
 │歌仙  │  名ウ  │    名オ     │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│     初ウ     │  初オ  │
 │ 36句│  6句  │    12句     │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│    12句    │  6句  │
 │二花三月│花    │月          │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│花    月     │月    │
 └────┴─────┴───────────┴───────────────────────┴───────────┴─────┘
 ┌────┬─────┬───────────┬───────────┬───────────┬───────────┬─────┐
 │源氏  │  名ウ  │    名オ     │    二ウ     │     二オ     │     初ウ     │  初オ  │
 │ 60句│  6句  │    12句     │    12句     │    12句    │    12句    │  6句  │
 │三花五月│花    │月          │花   月      │月          │花    月     │月    │
 └────┴─────┴───────────┴───────────┴───────────┴───────────┴─────┘

 【源氏】 54帖だが、60帖説がある。湖月抄は60巻に仕立てる。芭蕉一座の俳諧になし。「俳諧京羽二重(林鴻、元禄4(1691))」に、「源氏之法」とあって、芭蕉の時代には存在したことが分かる。


百韻と歌仙の混交・創作型

混交

【百韻・歌仙の複合】

      88      80        70        60        50        40        30        20        10        0
         |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |
      |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
 ┌--------+-------+-----------+-----------+-----------+-----------+-----------+-----------+-------|
 │八十八興| 名ウ  |   名オ    |   三ウ    |   三オ    |   二ウ    |   二オ    |   初ウ    |  初オ |
 │ 88句| 8句  |  12句   |  12句   |  12句   |  12句   |  12句   |  12句   | 8句  |
 │四花七月| 花    |月         |花  月     |月         |花  月     |月         |花  月     |月     |
 ├--------+-------+-----------+-----------+-----------+-----------+-----------+-----------+-------|
 │易   | 名ウ  |   名オ    |:::::::::::::::::::::::|   二ウ    |   二オ    |   初ウ    |  初オ |
 │ 64句| 8句  |  12句   |:::::::::::::::::::::::|  12句   |  12句   |  12句   | 8句  |
 │三花五月| 花    |月         |:::::::::::::::::::::::|花  月     |月         |花  月     |月     |
 └------------------------------------------------------------------------------------------------ˈ

【八十八興】 「興」は字義の通り。八・十・八で【米字】ともいう。芭蕉一座の俳諧になし。

【易】 八卦に八卦で、大成64卦になるところから。芭蕉一座の俳諧になし。

創作

【新式系】

       48       40         30         20         10          0
          │    │    │    │    │    │    │    │    │    │
       │││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││
 ┌─────┼──┴────┼────┴────┴────┴┬───┴────┴────┴─┼──┴────┤
 │長歌   │   名ウ   │      名オ       │       初ウ      │   初オ   │
 │ 48句 │   8句   │     16句       │      16句      │   8句   │
 │二花三月 │花      │月              │花     月        │月      │
 ├─────┼───────┴───────────────┼───┬───────┬───┴───┬───┤
 │短歌   │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│ 名ウ │   名オ   │   初ウ   │ 初オ │
 │ 24句 │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│ 4句 │   8句   │   8句   │ 4句 │
 │二花二月 │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│花  │月      │花     月│   │
 └─────┴───────────────────────┴───┴───────┴───────┴───┘
 ┌─────┬───────────┬─────┬───────────┬───────────┬─────┐
 │新式歌仙 │::::::::::::::::::::::│  名ウ  │     名オ    │     初ウ    │  初オ  │
 │ 36句 │::::::::::::::::::::::│  6句  │    12句    │    12句    │  6句  │
 │二花二月 │::::::::::::::::::::::│花    │月          │花          │月    │
 └─────┴───────────┴─────┴───────────┴───────────┴─────┘
名称の由来は、「古今抄(支考、享保15)」に、具体例は「和漢文操(支考、享保12)」に出る。
名称は中国古典詩の「歌行」からきており、求韻なので、換韻していくという。例を見ると打越同韻になっている。「歌(か)」や「行(こう)」は漢詩の一形式で、「長恨歌」「琵琶行」が残るものの、長い形式の詩である。中国古典詩の「歌」や「行」を一つにして、俳諧に流用するわけにはいかないのは、漢詩の「絶」や「律」を「絶律」として日本の文芸に用いないのと同じである。また、新式歌仙は、「行」だけ付けて「歌仙行」と称したようだ。

 芭蕉一座の俳諧にこれらはない。

※ 新式歌仙は、「文月往来」の「新歌仙」が鏑矢。「菊十歌仙」に「箱の底、万子」がある。
※ 長歌行、「三日月日記(享保15(1730)序)」に「石塔供養」がある。


一巻物についてのまとめ

 芭蕉一座俳諧の形式は、未完の巻・存疑の巻を除くと次の通り。
 ・ 古式百韻:1、百韻:14、五十韻:6、世吉:3、歌仙:132、半歌仙:14

 歌仙が多いと分かるが、これを「冬の日」前後に分けると、
 ┏━━━━━━━┳━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┓
 ┃       ┃俳諧連歌┃     百韻系      ┃   歌仙系   ┃
 ┃  数値:巻  ┠────╂────┬────┬────╂────┬────┨
 ┃       ┃古式百韻┃ 百韻 │ 五十韻 │ 世吉 ┃ 歌仙 │ 半歌仙 ┃
 ┣━━━━━━━╋━━━━╋━━━━┿━━━━┿━━━━╋━━━━┿━━━━┫
 ┃「冬の日」前 ┃  0 ┃ 13 │  1 │  1 ┃ 13 │  0 ┃
 ┠───────╂────╂────┼────┼────╂────┼────┨
 ┃「冬の日」以後┃  1 ┃  1 │  5 │  2 ┃119 │ 14 ┃
 ┗━━━━━━━┻━━━━┻━━━━┷━━━━┷━━━━┻━━━━┷━━━━┛

 百韻と歌仙の増減が逆傾向と分かる。同数だったのが、百韻が1巻だけとなり、歌仙が増える。また、半歌仙も出てくる。では、五十韻・世吉の増加をどうとらえるか、次の表で明らかになる。

 連衆の平均人数である。
 ┏━━━━━━━┳━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┓
 ┃       ┃俳諧連歌┃     百韻系      ┃   歌仙系   ┃
 ┃ 数値:人数 ┠────╂────┬────┬────╂────┬────┨
 ┃       ┃古式百韻┃ 百韻 │ 五十韻 │ 世吉 ┃ 歌仙 │ 半歌仙 ┃
 ┣━━━━━━━╋━━━━╋━━━━┿━━━━┿━━━━╋━━━━┿━━━━┫
 ┃「冬の日」前 ┃  - ┃ 4.5│ 4.0│ 7.0┃ 3.5│  - ┃
 ┠───────╂────╂────┼────┼────╂────┼────┨
 ┃「冬の日」以後┃ 7.0┃14.0│11.4│10.5┃ 6.4│ 6.8┃
 ┗━━━━━━━┻━━━━┻━━━━┷━━━━┷━━━━┻━━━━┷━━━━┛

 「冬の日」以後の百韻系と歌仙系を比較してみると、百韻系の平均人数が多いのに気付く。歌仙に16人以上のものが4巻あるが、いずれも、未完のものを、後日他の連衆が完成させたもので、一座とは言えない。
 ・ 蕉風確立後の芭蕉は、歌仙を中心に興行し、連衆が多いときは臨機応変に、世吉・五十韻・百韻にしたのではないか。


合せ物・三物・付合について

 芭蕉俳諧の拠を探るため、一巻物を見てきたが、次に、表八句・表六句等の合せ物、発句・脇・第三の三物、発句と脇の付合を見ていく。

 ・ 「表物・三物・付合」についての引用や注釈は、「貞享式海印録(曲斎著、安政6年、板行本」を引いた。引用部分は、原典で確認し改めたので、同書と異なる。
 ・ 蕉風の発祥は「次韻」だが、確立は「冬の日」と見て、各巻の引用部分に「↓『冬の日』」と印を入れ区別した。

本式表十句 (古式百韻の表十句)

 芭蕉一座の「本式表十句」は、存疑の1巻だけである。どのようなものか、貞享式海印録の引用と説明を引く。

 ※有也無也之関の編著者:相伝者に「現幻住落柿三世主人」とあるのを、「幻住庵二世重厚」と誤る。本文は江戸座沾徳門の伝書、編著は江戸書林の求めに応じた然子(経歴不明)。

[有也無
也之関]

重厚
明和元年

 表十句は、十百韻の大数にして、表に、世にあらゆる事を嫌はず。但し、神祗の発句に神祇の脇、釈・述懐・恋等の発句も、右に同じ。常の発句には、第三に神祇、月に恋、花に釈等を、時の宜きに見合はせ、つゞるべし。
    冬│松杉にすくひ上げたる霙かな    去来
    冬│ かね面白う冴ゆるたそがれ    許六 ※鐘:古式で釈教
神祇・恋・雑│ひたすらにねばる誓ひや丁子風呂  翁  ※誓ひ:神祇・恋
 無常・雑│ 長い羽おりも四五年の内     曽良 ※長羽織:服喪
  月・秋│吹きはれて後は踊の月丸く     千那 ※踊:古式で神祇
    秋│ 橋迄押してのぼる初汐      去来 ※初汐:仲秋の大潮
    秋│いわし網ほす場を鳶の離れかね   許六
    雑│ あみ笠くみに入るは何故     翁
神祇・花・春│神明の花に願ひを開かせて     曽良 ※神明:神祇
    春└ 天高けれど地にも鼓草      千那 ※たんぽぽ

貞享式海印録
 常の本式の表は、名所一つ出す習ひなるを、こは表物の仕立なる故に、巻中に景物を約めたるのみならず。付方に曲節を尽したり。

<存疑❶>
 岩波の「芭蕉連句集」で、この巻は存疑とする。その理由については、
 1 芭蕉出座の俳諧に本式表十句は、他に見当たらない。
 2 「俳諧有也無也之関」だけが載せ、他に見当たらない。
 3 この5人が一堂に会する時があったと思われない。
  ・ 付合を含む芭蕉出座の俳諧293の内、連衆となったのは、去来18・許六5・曽良44・千那1である。しかし、この4人の内の2人が一座したものはない。
  ・ 特に千那は、貞享2年3月の入門時「辛崎の松」の付合のみで、芭蕉と一座した記録は見当たらない。
 4 極めて珍しい顔ぶれの、他に類のない形式の巻を、4人とも、それぞれの集に加えていないのは、不自然である。
 などと、推察する。偽作か。

 本式表十句の概要はつかめるが、1巻では心許ないので、木因独吟の作も見る。これは、芭蕉三十三回忌及び取越五十回忌に向けて編まれた、支考の「三千化、花鳥五十歌仙、天」の後序に代えて、巻末に載せる。これは、享保10年9月30日80歳で没する木因晩年の作である。

三千化

支考
享保9

  花鳥十句表             白桜老人
   花・春│今日や思へば花も涙の日     木因 独吟
     春│ 其鳥も其雲に追々
     春│大津絵の藤は又兵衛が笠にきて
     夏│ 起きてあたりの山ほとゝぎす
     夏│手拭に南天白く咲きこぼれ
      │ によろりと長い背でちやぼ好
   月・秋│一いびき覚めて紙燭に菊と月
  人名・秋│ 菓子は平砂に声落つる也       ※皐月平砂
人名・釈・秋│極楽の秋匂はせて蓮二房        ※各務支考変名
     夏└ 四十雀より五十歌仙を        ※四十雀は三夏

貞享式海印録
 都て、三物・表物等は、曲節自在に、毎篇花やかなるべし。仮令、神・釈・恋・名所等を出すとも、付肌の曲節なくては、常の裏を見るごとくにて、表物とは号けがたからむ。
 又、景物一句なくとも、其の活あらば慥かに表物ならむ。行者頂門上に一隻眼を開きて、必ず俳諧の紅粉に欺かれず。祖々の骨髄を透得すべき事になむ。

【本式表十句】は、
 ・ 百韻の省略形ではなく、圧縮する心で巻く。
 ・ 神祇・釈教・恋・無常も詠む。但し、発句が神祇のとき、脇も神祇。
 ・ 通常の発句には、第三に神祇、月に恋、花に釈教など見計らう。
 ・ 曲節自在に、華やかに展開させる。
 ・ 一花一月。
 ということになる。

 芭蕉参加の俳諧で、10句のものは2巻ある。本式表十句ではないかと見ると、いずれも「句餞別(祇徳偏、貞享4(1687)年10月稿、寛保4(1744)年刊)」所載で、7句目頭に「ウ」と印す。未完歌仙、10吟1巡の口10句であった。
 芭蕉一座の「本式表十句」は、「松杉の巻」だけであった。1巻だけで、しかも存疑(偽作?)とあっては、芭蕉が好んで行った形式とは、とうてい言えない。

表八句 (百韻の表八句)       ↑ トップへ

 「表八句」に、芭蕉参加のものは、いくつかあるが、どのようなものか、先ず蕉門の作を見る。

西華集

支考
元禄12

 此の表に神祇あり、釈教あり。恋無常を撰ばず。名所をいひ、人名をいふ事は、一巻の始終を、爰につゞむるといふ心なるべし。<乾の巻目録>

 肥後
    秋│桐の葉の後先に置く扇かな     欖夷
   秋月│ 酒に寝ころぶ宵の間の月     洞翠
   恋秋│若衆もはやらぬ城下秋暮て     支考
    秋│ 今年の稲も風に吹るゝ      野風
     │砂川に取ひろげたる日のひかり   路角
    釈│ 薬師の奉加たび人につく     雲鈴
   春花│饅頭も名所となりて花の春     成也
    春└ 雁啼帰る残雪の山        水流

貞享式海印録
 是を「表合せ」と云ふは、百韻の配りを、表に合すといふ心也。元より表なれば、「月一つ」出す定めなれども。「月と花と」出したるもあり。
 勿論、変格物なれば、花第三以下に出してもよし。但し、月花ともに八句目にはせず。又、「他季発句」にて、異なる他季の月出す、秋季なきもあり。「春か秋か一季五句続きたる」も、「三季にて八句季詰なる」も有りて、千変万化也。多例、西花集・東花集に出たり。

【表八句】とは、
 ・ 「表合せ」なので、百韻の配りを、表に合すという心で巻く。
 ・ 神祇・釈教・恋・無常、名所・人名を嫌わない。
 ・ 一月だが、花をだすこともある。8句目以外、月・花はどこに出してもよい。
 ・ 秋以外の発句で月を出し、秋季がなくなることがある。
 ・ 春か秋、一季が五句続くことがある。
 ・ 三季になって、8句目、春秋三去にならない季詰まりもある。
 とある。

 上記のように「神祇・釈教・恋・無常を嫌わず、時に花も詠むような表合せの八句」は、芭蕉一座の俳諧に見当たらない。7・8句の芭蕉一座の巻は、以下の5巻のみ。

① 延宝7年二月中、夢想之俳諧「捧たり」江戸。桃鏡・芭蕉翁附合集、表八句。
    春│捧げたり二月中旬初茄子     桃靑 ※初茄子は晩夏。初夢の茄子
    春│ 天下のおかげ我等まで春    杉風
    春│雨霞む古蔵広く治まりて     仙風 ※天下→治まる
    春│ しろき鼠に雪ぞとけゆく    亀  ※古蔵→鼠
    雑│雲間より赤い烏のほのぼのと   惣代 ※白→赤。赤烏=祥瑞、太陽の異称
    雑│ 谷の戸口にかゝる看板     杉風 
   月秋│上々吉有明の空颪吹く      而已 ※谷→颪
    秋└ 千里の羽も金箱の秋      執筆 ※吉→金箱

 ・ 夢想開きの俳諧。古式で展開している。賀の俳諧は、3~9句で収める。

↓ 「冬の日」以降

② 元禄2年 6月、「涼しさや」酒田彦助亭。曽良書留、略された歌仙の口7句。
 発句  │涼しさや海に入たる最上川    翁
 脇   │ 月をゆりなす浪のうきみる   詮道 ※浮き海松:夏
 第三  │黒がもの飛行く庵の窓明て    不玉
 初オ4 │ 麓は雨にならん雲きれ     定連
   5 │かばとぢの折敷作りて市を待   ソラ ※樺綴じのおしき
   折端│ 影に任する宵の油火      任曉
 初ウ折立│不機嫌の心に重き恋衣      扇風
          末略ス

 ・ 歌仙を省略したもの。

③ 元禄4年10月、「京に飽て」新城耕月亭。きれぎれ、口6句。
     │京に   此     冬住居  はせを ※京に飽て此こがらしや冬住居
     │     田ゝにの       耕月
     │さらばさらばと人の       支考
     │ 雁        来けり   白雪
     │   鍬のひより        耕月
     │  かに  を セ       翁

 ・ 耕月編「きれぎれ」、白雪序に出る。「芭蕉俳諧集」に8句とあるが、6句のようだ。「きれぎれ」なので、把握しきれないが、新城庚申寺句碑で発句が分かる。

④ 元禄4年12月、「小傾城」。袖草紙・金蘭集・幽蘭集・一葉集。表八句。存疑❷
 1  冬│小傾城行てなぶらんとしの暮   其角
 2  冬│ 頭巾ばかりに仮りの薫物    渓石
 3  雑│吹すかす袴のひだのあからみて  翁
 4  雑│ かゆるこころになりし盃    普船
 5  雑│算盤をひそかに弾く市の中    盤子(支考)
 6  雑│ いつも自由に出湯の行水    史邦 
※行水:晩夏だが、「いつも自由」で無季
 7 月秋│竹薮の葉ごしにならぶ月の露   去来
 8  秋└ 胸すかしたる早稲の朝風    丈草

・ 元禄4年歳末付「雑談集」に発句が出、時は分かるが、興行地に疑問。史邦は当時京都勤めで、去来も京にいる。支考が2月に、江戸から持って出、「6」以降は、近江や京で付け足したか。連衆個々の集に載らなくて、存疑の扱い。幽蘭集が最も早い採集だが、芭蕉没後107年の寛政11(1799)年の刊行、「壬申歳暮(元禄5年12月)」と誤る。

⑤ 元禄7年1月、「年だつや」江戸。萩の露(付:元禄七甲戌歳旦帳)、表八句。
    春│年たつや家中の礼は星月夜    其角 ※かちゅうの
    春│ 筆紅梅をたゝむ国紙      介我 ※くにがみ
    春│春も雪茶通の手前ゆたかにて   岩翁 ※さつうの
    雑│ 山より見たる夕ぐれの町    枳風
    秋│ひとりたゞ身を遊ばせて鳴子引キ 彫棠
    秋│ 蚊やり草干す秋になりけり   横几
   月秋│有明もすくなき鯖のきざみ物   芭蕉
    雑│ 帆を八合に船頭の声      仙化

 ・ 元禄6年付の其角編「萩の露」に付された「元禄七甲戌歳旦帳」に載る。

 ①④⑤が表八句。夢想・歳末・歳旦と、特別なときに巻いているが、常の表八句である。発句を除き、表に嫌うものはない。花もなく、①⑤は春起こしなのに、素春である。西華集に言う「神祇あり、釈教あり。恋無常を撰ばず。名所をいひ、人名をいふ事は、一巻の始終を、爰につゞむといふ心」は、欠片もない。
 「表合せ」としての「表八句」は、「芭蕉が生きているときの蕉門にはなかった形式」と見てよいのではないか。

表六句 (歌仙の表六句)       ↑ トップへ

 芭蕉一座の「表六句」は多数あるが、どのようなものか、先ず、貞享式海印録の引用と解説を見る。

冬の日

荷兮
貞享元

    冬│いかに見よと面難く牛をうつ霰   羽笠 ※つれなく
    冬│ 樽火にあぶる枯原の松      荷兮
    秋│木賊刈下着に髪を茶筌して     重五 ※ちゃせん=髪型
    秋│ 桧笠に宮をやつす朝露      杜国 ※宮:人は非神祇
  月・秋│白がねに蛤かはむ月の海      翁  ※集「月は海」
 地名・雑└ 左にはしをすかす岐阜山     野水

貞享式海印録
 これ、表に地名を出したる始め也。例は、「三千化(支考、享保9)」「渭江話(廬元、元文2)」に多し。

※ 「岐阜」が地名。「岐阜山」は「岐阜の山々」。名所でも固有の山名でもなく、井ノ口・稲葉山辺り。「海印録 巻二、表に惜しまざる物」として「京、旧都、田舎、大国名、無名の名所、旧跡」を揚げる。
※ 以下のように、発句に歌枕「武蔵野」を詠んだものが一例あるが、発句には常のこと。また、脇で「三股」と地を限定し、地名として捌いている。六句ものに限れば、これが「始めで終わり」である。
※ 「三千化」にもざっと見で、見当たらない。「渭江話」に散見。

 芭蕉一座俳諧の六句物には、表六句(歌仙初表六句に嫌いのものを読み、完結させたもの)・六句捨(歌仙未完の口六句)・見掛六句(断簡の寄せ集め)の三種ある。

↓ 「冬の日」以降。

 ① 貞享元年10月、「此海に」熱田桐葉亭。熱田三歌仙は口3句、幽蘭集はのちに3句付足、一応六句捨。[野晒]
    此海に草鞋捨む笠しぐれ-はせを/むくもわびしき波のから蛎-桐葉/木がらしに残す冬瓜のふらつきて-東藤/
     まばらに垣のいつゆふたやら-叩端/細うてもかげはとうから月の空-如行/暮ては露にしめるわき道-工山

 ② 貞享元年 冬 、「いかに見よと」名古屋。冬の日、六句表。[野晒]
    上記

 ③ 貞享4年11月、「置炭や」鳴海知足亭。知足書留、六句捨。[笈小文]
    置炭や更に旅とも思はれず-越人/雪をもてなす夜すがらのまつ-寂照/海士の子が鯨を告る貝吹て-翁/
     背戸より直に踏こはす垣-越人/歌よまん此名月を只にやは-寂照/蕎麥のみつぎを通す関守-翁

 ④ 貞享4年11月、「やき飯や」鳴海知足亭。知足書留、六句捨。[笈小文]
    やき飯や伊羅古の雪にくづれけん-寂照/砂寒かりし我足の跡-芭蕉/松をぬく力に君が子日して-芭蕉/
     いつか烏帽子の脱る春風-越人/眠るやら馬のあるかぬ暖かさ-越人/曇りをかくす朧夜の月-寂照

 ⑤ 貞享4年12月、「霰かと」名古屋夕道亭。如行集、六句捨。[笈小文]
    霰かとまたほどかれし笠やどり-如行/夜の更るまゝ竹さゆる聲-夕道/舟當てて櫂くぎらるゝ礒際に-荷兮/
     汐のはやきを越る洲走魚-野水/海なりて山より曇る暮の月-はせを/鐘つく秋の階子ぼくぼく-執筆

 ⑥ 貞享4年12月、「いざさらば」元発句は名古屋夕道亭。幽蘭集、六句捨。[笈小文]。存疑❸
     冬│いざさらば雪見にころぶ所まで  ばせを
     冬│ 硯の水のこほる朝おき     左見
     雑│同じ茶の焙じたらぬは気香もなし 怒風
     雑│ 三十余年もとのかほなり    野人(杜国)
     秋│あの山のあかりは月の御出やら  支考
     秋└ かやつる世話もやめて此比   胡江

  ※ 発句、貞享4(1687)年12月3日、名古屋風月亭の吟、上五初出は「いざ出でむ」。
   ・ 上五を「いざ行かむ」に改案、「笈の小文」に収め、そのまま乙州に授ける。
   ・ 上五の最終案「いざさらば」句は、「花摘(其角、元禄3(1690))」に収める。
   ・ 発句のできるとき、杜国は伊良湖にいる。杜国の随行は、翌貞享5(1688)年2月伊勢から、5月京まで。
   ・ 支考の入門は、元禄3(1690)年4月以降。本人の言う「3月3日於義仲寺」、芭蕉は伊賀上野にいて不可。その年の3月下旬、杜国は鬼籍に入るので、会えない。
   ・ 怒風の入門は、元禄2(1689)年9月。翌年3月までに伊良湖にいかなければ、杜国に会えない。
   ・ 左見・胡江については不明。
  ※ 存疑巻の中でも珍品。

 ⑦ 貞享5年 2月、「紙衣の」伊勢右近亭。一幅半、六句捨。[笈小文]
    紙衣のぬるとも折ん雨の花-芭蕉/すみてまづ汲む水のなまぬる-乙孝/酒売が船さす棹に蝶飛て-一有/
     板屋板屋のまじる山本-杜国/夕暮の月まで傘を干て置く-応宇/馬に西瓜をつけて行なり-葛森

 ⑧ 貞享5年 6月、「どこまでも」岐阜。水月一双・笈日記、六句捨。[笈小文]
  地名・夏│どこまでも武蔵野の月影涼し   寸木
  地名・夏│ 水相にたり三またの夏     芭蕉 ※深川の「三股」
     雑│海老喰ひにむれゐる鳥の名を問て 荷兮
     雑│ ゑぼし着ぬ日のさらに楽也   越人 ※ゑぼし:非神祇
     春│懐を明てうけたる山ざくら    落梧
     春└ 蝶狂ひ落つ欄干のまへ     秋芳

  ※ 発句に歌枕「武蔵野」があるが、発句に制約はない。ここでは、江戸の地名として捌き、脇も「深川の三股」と、武蔵野地内の地名を添える。表に名所以外の地名は惜しまない。また、表六句、4句目以降に花を詠まないので、山桜としている。どちらも通常の捌きである。

 ⑨ 貞享5年 7月、「よき家や」鳴海知足亭。知足懐紙、六句捨。[笈小文]
    よき家や雀よろこぶ脊戸の栗-芭蕉/秣にみゆる野菊苅萱-知足/投渡す岨の編み橋霧こめて-安信/
     風呂燒きに行く月の明ぼの-芭蕉/杉垣のあなたにすごき鳩の声-知足/はつ霜下りて紙子捫みつゝ-安信

 ⑩ 元禄2年 7月、「小鯛さす」金沢宮の腰。奥の細道菅菰抄付録、六句捨。[奥細道]
    小鯛さす柳すゞしや海士が妻-翁/北にかたよる沖の夕立-__/三日月のまだ落つかぬ秋の来て-小春/
     いそげと菊の下葉摘ぬる-雲江/ぬぎ置し羽織にのぼる草の露-北枝/柱の四方をめぐる遠山-牧童

 ⑪ 元禄2年 9月、「こもり居て」大垣如水亭。如水日記、六句捨。[奥細道]
    こもり居て木の実草の実拾はばや-芭蕉/御影たづねん松の戸の月-自分(如水)/思ひ立旅の衣をうちたてゝ-如行/
     水さわさわと舟の行く跡-伴柳/ね所をさそふ烏はにくからず-路通/峠の鐘をつたふこがらし-誾如

 ⑫ 元禄6年 冬 、「武士の」藤堂玄虎亭(伊賀藩邸)。金蘭集、六句捨。[江戸神田辺り]
    武士の大根からきはなしかな-芭蕉/一とほり行木がらしのおと-玄庵/哥まくら揃はぬ紙を閉ぢそへて-舟竹/
     火たきにはいる古旦那のうち-芭蕉/物の葉のすき間かぞへて月の色-玄庵/後を見せて帰るさをしか-舟竹

 ⑬ 元禄7年 8月、「稲妻に」伊賀猿雖亭。土芳懐紙、六句捨。[枯野の旅]
    稲妻に額かゝゆる戸口かな-土芳/畠境にのびる唐黍-猿雖/清水出る溝の小草に秋立て-翁/
     わすれ比なる酔ほのか也-土芳/又起てあり明細きやねの霜-猿雖/松風こもる山の中段-翁

 ⑭ 元禄7年 8月、「松茸に」伊賀。秋扇録、六句捨。[枯野の旅]。存疑❹
    松茸に交る木の葉も匂ひかな-鴎白/栗のいがふむ谷の飛こえ-芭蕉/月の秋畠を家に普請して-芭蕉/
     馬舟を雪の降埋みけり-鴎白/羽織着も心まゝ成る旅の友-鴎白/靭を捨て後ろかるさよ-芭蕉

 ⑮ 元禄7年 8月、「百合過て」伊賀。風麦断簡、口3句と中3句、見掛六句。除外。[枯野の旅]
    百合過て芙蓉をかたる命かな-風麦/秋風たのむ蓑虫の糸-芭蕉/初月のまだ宵ながら酒のみて-風麦/
     //長:猫かりに袋持ち行く七つ過/短:うはばりぬれて寒き川風/長:松明に土橋を葭を崩す也

 実例を典拠とする貞享式海印録は、「地名があれば表合せ」という内容である。神祇・釈教・恋・無常や花の句に言及していない。
  ・ ⑮を除く①~⑭で、地名があるのは、上で例に挙げた②と⑧。⑧については、発句に出る地名で、通常の捌き。格別のものではない。
  ・ ②を見ても、平句に「岐阜」という地名があるだけで、「歌仙36句を6句に合わせる」というような、特別な工夫はない。神祇・釈教・恋・無常等、表に嫌うものもない。当然、花の句もない。名所でも固有の山の名でもない地名があるだけで「表合せ」と言うことはできないだろう。六句捨の巻については、歌仙の表と何らかの差は見当たらない。

 「表八句」と同様、「表合せとしての表六句」についても、「芭蕉が生きているときの蕉門にはなかった形式」と見なしてよい。

 一応、整理して気付いたことを以下に記す。
  ・ 芭蕉一座の六句物は、ほとんどが旅の途次である。(江戸は⑫だけ)
     [野ざらし紀行]①②、[笈の小文]③④⑤⑥⑦⑧⑨、
     [奥の細道]⑩⑪、[夢は枯野、最期の旅]⑬⑭
  ・ 連衆の人数と句数を見ると、
     両吟で3句宛:⑭  3吟2巡:③④⑨⑫⑬  5吟1巡+執筆:⑤  6吟1巡:①②⑥⑦⑧⑩⑪
  で、6吟・3吟が多い。4吟は、句数に差が出るので、行わなかったようだ。


三物

歳旦三物

 歳旦開きで行うのが、「歳旦三物」である。どのようなものか、先ず、貞享式海印録の引用と解説を見る。

金言録

廬元
延享4迄

 丈草曰く、「歳旦の祝詞(しゅくし)に、古へより三物といへる事あり。三才和合する心也」。

貞享式海印録

 三物の説、古来より多き中に、此の説、いと穏かにてよし。

篇突

許六・李由
元禄11

 尋常百韻の、口三句引出でたる類にては、歳旦三物の手柄なし。たとへば、小車のきびしく廻るがごとし。只三句に百韻千句の活をこむる也。(約文)

貞享式海印録

 見立、趣向、句作等、珍しく力を入れよといふ事也。世に言ひ古しゝ物を取合せては、只三句にて場をとる詮なし。昔より、人皆の三物とて調ふれども、誠の三物に成りたるは、いと稀なれば、密に学ぶべき事也。

※ 芭蕉の残した「歳旦三物」は、次の一つ。

 ・ 天和4年 1月。「栗野老」青府・一品・桃青、天和四甲子五物。甲斐での作か。
     │栗野老山しだ尉が秋こそあれ      青府 ※野老・羊歯:新年。尉=能の翁。ときこそあれ。
     │ 自レ飾ルカ炭竃の松         一品 ※飾り松:新年。おのれかざるか。
     │御幸まつ霞は坂をゆがむらん      芭蕉

 古式の作で、蕉風の作ではない。この作以外に見当たらないのは、芭蕉の興味の対象外だったからであろう。

三物

一葉集

湖中・仏兮
文政10

     │ぬけば露の玉ちる太刀の一葉切   長忠
     │ 放つ矢の根に強き秋風      定就
     │冷まじき石はさながら虎に似て   翁

貞享式海印録
 こは、延宝の吟也。翁曽て三物の格を立て給ひたる事を、しらしめむと、爰に出す。

※ 「三物の格を立て」とあるが、説明を欠く。三才とは、天人地。芭蕉俳諧のすべてに通うものである。「第三の格を立て」たのなら分かる。

翁草

里圃
元禄9

     │其不二や五月晦日二里の旅     素堂 ※つごもり
     │ 茄さゝげも己が色しる      露沾
     │鷹の子の雲雀に爪の堅まりて    翁

※ 「貞享式海印録」に三物の例として挙げるが、後「露沾俳諧集」に歌仙として載ることが分かる。除外すべきであろう。
※ 元禄5か6年5月晦日、露沾亭での興行。連衆は、素堂・露沾・芭蕉・沾荷・沾圃・虚谷。

 芭蕉の残した「三物」は、次の通り。

 ① 寛文10年 夏 。「君も臣も」助勝・正朝・宗房、一葉集。
   君も臣もさぞな三肌をあはせ衣-助勝/夏しりがほにゆるり国民-正朝/かけ作り河原おもてに見渡して-宗房
 ② 寛文10年 秋 。長忠・定就・宗房、一葉集。
   ※ 既出。①②共、年次未確定。海印録は延宝とする。また、連衆未詳、場所不明。
 ③ 延宝8年 7月。「秋とはゞよ」素堂・木因・芭蕉、木因書簡。江戸素堂亭。
   秋とはゞよ詞はなくて江戸の隠-素堂/鯔釣の賦に筆を掉サス-木因/鯒の子は酒乞ヒ蟹は月を見て-芭蕉
↓ 「冬の日」以降
 ④ 貞享元年 冬 。「市人に」翁・抱月・杜国、笈日記。名古屋抱月亭。[野晒]
   市人にいで是うらん笠の雪-翁/酒の戸たゝく鞭の枯梅-抱月/朝がほに先だつ母衣を引ずりて-杜国
 ⑤ 貞享2年2~3月。「我桜」秋風・桃青・湖春、真蹟懐紙。京鳴滝秋風亭。[野晒]
   我が桜鮎さく枇杷の広葉哉-秋風/筧に動く山藤の花-桃青/日の霞夜胴の気をしりて-湖春
 ⑥ 貞享2年2~3月。「梅絶て」湖春・桃青、真蹟懐紙。京鳴滝秋風亭。[野晒]
   梅絶て日永し桜今三日-湖春/東の窓の蠶桑につく-桃青/巣の中に燕の顔のならびゐて-桃青
 ⑦ 貞享2年12月。「(歳暮)目出度人の」芭蕉・蚊足・去来。貞享三年其角歳旦帳。[江戸]
   目出度人の数にもいらん年のくれ-はせを/秀句の市に出る松うり-蚊足/暁を足ゆふ馬の友ぼえて-去来
 ⑧ 貞享4年 5月。「(追善)卯花も」芭蕉・其角・嵐雪、続虚栗。其角母追善。[江戸]
   卯花も母なき宿ぞ冷じき-芭蕉/香消のこるみじか夜の夢-其角/色々の雲を見にけり月澄て-嵐雪
 ⑨ 貞享4年 5月。「塒せよ」松江・芭蕉・曽良、真蹟懐紙。潮来自準亭。[鹿島]
   塒せよわらほす宿の友すゞめ-松江/あきをこめたるくねの指杉-芭蕉/月みむとしほひき登るふねとめて-曽良
 ⑩ 貞享4年11月。「麦はえて」芭蕉・越人・野仁、合歓のいびき。伊良胡杜国亭。[笈小文]
   麦はえて能き隱家や畑村-芭蕉/冬をさかりに椿咲也-越人/昼の空のみかむ犬のねかへりて-野仁
 ⑪ 貞享4年11月。「面白し」桃青・自笑・寂照、知足書留。鳴海自笑亭。[笈小文]
   面白し雪にやならん冬の雨-桃青/氷をたゝく田井の大鷺-自笑/ふねつなぐ岸の三股荻かれて-寂照
 ⑫ 貞享5年 4月。「杜若」芭蕉・一笑・万菊。芭蕉書簡。摂津一笑亭。[笈小文]
   杜若語るも旅のひとつかな-芭蕉/山路の花の残る笠の香-一笑/朝月夜紙干す板に明初て-万菊
 ⑬ 貞享5年 6月。「蔵のかげ」荷兮・落梧・翁、笈日記。岐阜落梧亭。[笈小文]
   蔵のかげかたばみの花めづらしや-荷兮/折てやはかむ庭の箒木-落梧/たなばたの八日は物のさびしくて-翁
 ⑭ 元禄2年 4月。「旅衣」曽良・芭蕉・等躬、俳諧書留。須賀川等躬亭。[奥細道]
   旅衣早苗に包む食乞ん-曽良/いたかの鼓あやめ折らすな-翁/夏引の手引の青苧くりかけて-等躬
 ⑮ 元禄2年 4月。「茨やうを」等躬・曽良・芭蕉、曽良書留。須賀川。[奥細道]
   ふきやうを又習けりかつみ草-等躬/市の子どもの着たる細布-曽良/日面に笠をならぶる涼みして-翁
 ⑯ 元禄2年 6月。「水の奥」翁・風流・曽良、曽良書留。新庄風流亭。[奥細道]
   水の奥氷室尋る柳哉-翁/ひるがほかゝる橋のふせ芝-風流/風渡る的の変矢に鳩鳴て-曽良
 ⑰ 元禄2年 6月。「風の香も」翁・柳風・木端、曽良書留。新庄盛信亭。[奥細道]
   風の香も南に近し最上川-翁/小家の軒を洗ふ夕立-柳風/物もなく麓は霧に埋もれて-木端
 ⑱ 元禄2年 9月。「それぞれに」路通・如水・芭蕉、如水日記。大垣如水亭。[奥細道]
   それぞれにわけつくされし庭の秋-路通/ために打たる水のひやゝか-如水/池の蟹月待ツ岩にはひ出て-芭蕉
 ⑲ 元禄3年 8月。「稗柿(きざわし)や」珍碩・之道・翁、あめ子。膳所。[細道後]
   稗柿や鞠のかゝりの見ゆる家-珍碩/秋めく風に疊干す門-之道/有明に湯入中間の荷を付て-翁
 ⑳ 元禄4年10月。「宿かりて」桃青・如舟・山呼。雪幸集。島田如舟亭。[細道後]
   宿かりて名をなのらする時雨哉-桃青/光をはなせ木がらしの月-如舟/鶺鴒や日の入りがたに尾を振て-山呼
 ㉑ 元禄5年 9月。「(九月尽)秋にそふて」芭蕉・桐蹊・珍碩、芭蕉句選年考。桐蹊亭。[江戸本所]
   秋にそふて行ばや末は小松川-芭蕉/雀の集カる岡の稲村-桐蹊/月曇る靍の首尾に冬待て-珍碩
 ㉒ 元禄5年 冬 。「寒菊の」許六・翁・嵐蘭、笈日記。芭蕉庵。[江戸]
   寒菊の隣もありやいけ大根-許六/冬さし篭る北窓の煤-翁-月もなき宵から馬をつれて来て-嵐蘭
 ㉓ 元禄5年12月。「(歳末)としわすれ」洒堂・素堂・芭蕉、深川。素堂亭。[江戸]
   としわすれ盃に桃の花書ン-洒堂/膝にのせたる琵琶のこがらし-素堂/宵の月よく寝る客に宿かして-芭蕉
 ㉔ 元禄6年 1月。「(新春)梅が香や」許六(毛紈)・洒堂(許六)・翁、宇陀法師。江戸許六亭。[江戸]
   梅が香や通り過れば弓の音-/土とる鍬に雲雀囀る-/陽炎に野飼の牛の杭ぬけて-翁
 ㉕ 元禄6年 春 。「(新春)春嬉し」其角・許六・芭蕉、金蘭集。[江戸]
   春嬉し野は蝶鳥になつかしき-其角/かげろふもゆる水際の石-許六/出代の荷物去年よりかさ高に-芭蕉
 ㉖ 元禄6年10月。「(菊)漆せぬ」素堂・翁・沾圃、翁草。素堂亭。[江戸]
   漆せぬ琴や作らぬ菊の友-素堂/葱の笛ふく秋風の園-翁/鮎よはく籠の目潜る水落て-沾圃
 ㉗ 元禄6年10月。「(菊)月やその」翁・沾圃・其角、翁草。素堂亭。[江戸]
   月やその鉢木の日の下面-翁/旅人なればをりからの冬-沾圃/水鳥に筆廻文のむらに来て-其角
 ㉘ 元禄7年 1月。「長閑さや」利牛・岱水・翁、一葉集等。[江戸]
   長閑さや寒の残りも三ケ一-利牛/打かへしやく雉子の胴がら-岱水/薹に立つ冬菜のつぼみきり捨て-翁
 ㉙ 元禄7年 3月。「(夢想)雛ならで」夢枕の立圃・沾圃・翁、翁草。[江戸]
   雛ならで名乗を名乗る人もがな-(立圃)/実植ゑの桜ことしより咲-沾圃/鴬の宿は東に戸を付て-翁
 ㉚ 元禄7年 9月。「秋風に」洒堂・諷竹・芭蕉、柴橋。大坂。「枯野の旅」
   秋風にふかれて赤し鳥の足-洒堂/臥してしらけし稲の穂の泥-諷竹/駕篭かきも新酒の里を過兼て-芭蕉
 ㉛ 元禄7年 9月。「菊に出て」芭蕉・諷竹・洒堂、柴橋。大坂。「枯野の旅」
   菊に出てならと難波は宵月夜-芭蕉/楓もよほす松風の鳴り-諷竹/初鮭に肩衣の角見渡して-洒堂
 ㉜ 年次不詳。元禄7年で5月迄と推定。「笠寺や」闇指・其角・翁、一葉集・三物拾遺。
   笠寺や乗敷さます一涼-闇指/二人していざ大きなる爪(瓜)-其角/裁物の麻のきれ端よろこびて-芭蕉
 ㉝ 年不詳。2月3日。「(夢想)薄原」御・某甲・芭蕉、金蘭集。
   薄原竜のいびきに鹿の声-御/神のめぐみにまかす秋風-某申/盃のみちる間遅き月出て-芭蕉
 ㉞ 年次不詳。「百景や」芭蕉・浪化・去来、幽蘭集。存疑❺
   百景や杉の木の間にいろみ草-芭蕉/箒を杖にわらふ山公家-浪化/隣からいはひと雛の餅くれて-去来
 ㉟ 年次不詳。発句は元禄3年12月。「湖水より光り出しけり比良の雪」芭蕉・丈草・許六、幽蘭集。存疑❻
   湖水より光り出しけり比良の雪-芭蕉/浪にまふれていさざ取る人-丈草/歌よめと友のこしたる文ときて-許六
  ※許六筆懐紙、詞書きに「洛より帰るみちすがら湖辺のけしきを諷ふ はせを」とある。芭蕉が、冬に京から大津へ帰るのは、元禄3年12月下旬の一度だけ。許六の入門は元禄5年冬なので、成立はそれ以降。

 旅や行事の記念で行ったように思える。
 ・ 芭蕉、旅の途次での三物は17巻。江戸では11巻である。
    [野ざらし紀行]④⑤⑥、[鹿島紀行]⑨、[笈の小文]⑩⑪⑫⑬、
    [奥の細道]⑭⑮⑯⑰⑱、[細道後、帰庵まで]⑲⑳[夢は枯野、最期の旅]㉚㉛、
    [江戸]⑦⑧㉑㉒㉓㉔㉕㉖㉗㉘㉙、[不明]㉜㉝㉞㉟。
 ・ 江戸でのものを見ると、「歳暮1・追善1・九月尽1・歳末1・(新春)2・(菊の会)2・夢想1」と、ほとんどが行事にかかわると分かる。記念すべき日の行事の合間に行ったのであろう。

 ・ 両吟の三物は、⑥「梅絶て」ただ一つである。二人の場合は、次の通り「発句と脇の付合」が多い。

<二句物(発句と脇の付合)>

 ① 天和元年秋。「鮭の時宿は」素堂・芭蕉。江戸[江戸]/ ② 天和元年秋。「はりぬきの」芭蕉・素堂。江戸[江戸]/ ③ 貞享元年8月。「何となふ柴」杉風・芭蕉。江戸[江戸]/ ④ 貞享元年8月。「はせを野分」李下・芭蕉。江戸[江戸]/ ⑤ 貞享元年8月。「宿まいらせ」雷枝・芭蕉。伊勢[野晒]/ ⑥ 貞享元年8月。「花の咲みな」勝延・芭蕉。伊勢[野晒]/ ⑦ 貞享元年10月。「霜の宿の旅」如行・芭蕉。大垣如行亭[野晒]/ ⑧ 貞享元年10月。「能程に積か」木因・芭蕉。大垣木因亭[野晒]/ ⑨ 貞享元年10月。「しのぶさへ」翁・桐葉。熱田[野晒]/
↓ 「冬の日」以降。
 ⑩ 貞享元年12月。「檜笠雪をい」桐葉・翁。熱田[野晒]/ ⑪ 貞享2年春。「われもさび」雅良・芭蕉。伊賀[野晒]/ ⑫ 貞享2年2か3月。「梅白しきの」桃青・秋風。京鳴滝秋風亭[野晒]/ ⑬ 貞享2年2か3月。「樫の木の花」桃青・秋風。京鳴滝秋風亭[野晒]/ ⑭ 貞享2年3月。「辛崎の松は」翁・千那。大津[野晒]/ ⑮ 貞享2年4月。「夏草よ吾妻」若照・芭蕉。鳴海知足亭[野晒]/ ⑯ 貞享3年春。「古池やかは」芭蕉・其角。江戸[江戸]/ ⑰ 貞享3年秋。「かれ枝にか」芭蕉・素堂。江戸[江戸]/ ⑱ 貞享4年11月。「薬のむさら」芭蕉・起倒。熱田[笈小文]/ ⑲ 貞享4年12月。「かちならば」芭蕉・土芳。伊賀[笈小文]/ ⑳ 貞享5年2月。「梅の木の猶」芭蕉・雪堂。伊勢雪堂亭[笈小文]/ ㉑ 貞享5年2月。「暖簾の奥も」芭蕉・園女。伊勢一有亭[笈小文]/ ㉒ 貞享5年2月。「時雨てや花」その女・翁。伊勢一有亭[笈小文]/ ㉓ 貞享5年春。「さまざまの」芭蕉・探丸。伊賀[笈小文]/ ㉔ 貞享5年5月。「しるべして」己百・芭蕉。京都[笈小文]/ ㉕ 貞享5年6月。「見せばやな」惟然・翁。岐阜[笈小文]/ ㉖ 貞享5年6月。「山かげや身」芭蕉・落梧。岐阜落梧亭[笈小文]/ ㉗ 元禄2年3月。「月花を両の」露沾・翁。江戸[江戸]/ ㉘ 元禄2年4月。「落くるやた」風羅坊・曽良。那須高久[奥細道]/ ㉙ 元禄2年8月。「もの書て扇」翁・北枝。松岡[奥細道]/ ㉚ 元禄2年8月。「胡蝶にもな」芭蕉・如行。大垣如行亭[奥細道]/ ㉛ 元禄2年12月。「少将のあま」芭蕉・智月。大津智月亭[奥細道後]/ ㉜ 元禄2年12月。「草箒かばか」智月・芭蕉。大津智月亭[奥細道後]/ ㉝ 元禄3年8月。「月しろや膝」翁・正秀。膳所正秀亭[奥細道後]/ ㉞ 元禄3年秋。「見送リのう」翁・野水。名古屋[奥細道後]/ ㉟ 元禄4年9月。「草の戸や日」翁・乙州。膳所義仲寺[奥細道後]/ ㊱ 元禄4年10月。「たふとがる」翁・李由。彦根明照寺[奥細道後]/ ㊲ 元禄4年10月。「木嵐に手を」規外・翁。美濃規外亭[奥細道後]/ ㊳ 元禄4年10月。「奥底もなく」露川・翁。熱田[奥細道後]/ ㊴ 元禄6年1月。「人声の沖に」桃隣・翁。江戸[江戸]/ ㊵ 元禄6年5月。「春風や麦の」木導・翁。江戸[江戸]/ ㊶ 元禄7年4月。「卯の花やく」芭蕉・素竜。芭蕉庵[江戸]/ ㊷ 元禄7年5月。「やはらかに」如舟・芭蕉。島田如舟亭[枯野の旅]/ ㊸ 元禄7年6月。「菜種ほすむ」曲翠・翁。膳所曲翠亭[枯野の旅]/ ㊹ 元禄7年秋。「折々や雨戸」雪芝・翁。伊賀[枯野の旅]/ ㊺ 年次不詳。「赤人も今一入の酒きげん」珍碩・翁。[未詳]/ ㊻ 年次不詳。「菅簑の毛なみや氷る庵の暮」粛山・芭蕉。[未詳]

 ・ 三物より11多い。芭蕉は、「三物」にこだわりがなかったのではないか。二人なら付合、三人なら三物という案配である。
 ・ 当然四人・五人の場合は、「四句物」「五句物」となるはずであるから、次に見る。

<四句物>
 ① 天和元年7月。「附贅一ツ爰に置けり曰ク露」楊水・桃青・其角・才丸。江戸[江戸]
 ② 貞享元年冬。「馬をさへ詠むる雪の朝かな」翁・閑水・東藤・桐葉。熱田[野晒]
 ③ 貞享4年11月。「幾落葉それほど袖も綻びず」荷兮・翁・寂照・野水。鳴海知足亭[笈小文]
 ④ 元禄2年4月。「雨晴て栗の花咲跡見哉」桃雪・等躬・翁・曽良。須賀川[奥細道]
 ⑤ 元禄2年6月。「忘るなよ虹に蝉鳴山の雪」会覚・芭蕉・不玉・曽良。酒田[奥細道]
 ⑥ 元禄2年7月。「薬欄にいづれの花をくさ枕」翁・棟雪・更也・曽良。高田棟雪亭[奥細道]
 ⑦ 元禄2年7月。「寝る迄の名残也けり秋の蚊屋」小春・芭蕉・曽良・北枝。金沢小春亭[奥細道]
 ⑧ 元禄2年8月。「秋の暮行さきざきの苫屋哉」木因・芭蕉・路通・曽良。長島への船中[奥細道後]

<五句物>
 ① 貞享3年春。「深川は菫さく野も野分哉」風瀑・芭蕉・一晶・琴蔵・虚洞。江戸[江戸]
 ② 元禄4年4月。「芽出しより二葉に茂る柿ノ実」史邦・芭蕉・去来・丈草・乙州。落柿舎[奥細道後]

<七句物>
 ① 元禄2年6月。「涼しさや海に入たる最上川」翁・詮道・不玉・定連・曽良・任暁・扇風。酒田彦助亭[奥細道]

 ・ どれも連衆一巡で、句数と人数が一致する。

 このように、三物等は、芭蕉が特に力を込めたものではない。芭蕉は、発句も付合も三物も表物も歌仙も百韻も、すべてに力を込めている。一人の時は発句、二人ならの付合、三人なら三物、四人なら4句までと、その時その場で、全霊を傾けたはずである。


芭蕉一座の「表合せ・三物」についての疑問       ↑ トップへ

 芭蕉俳諧の拠をつかもうと、芭蕉一座の「表合せ・三物」を見てきたが、貞享式海印録で曲斎の言うところとは、かなり違っていた。
 【本式表十句】 他に例のない、偽作と思しいもので、信頼できない。
 【表八句】 三つあるが、「夢想賀」「歳末」「歳旦」の作。しかし、「百韻の配りを表に合す(表に嫌う物を詠む)」という特徴はない。
 【表六句】 多数あるが、「歌仙の配りを表に合す」ものは見当たらない。また「平句に地名」も他に見当たらない。
 【三物】 「三才和合」は、俳諧全般に通うものであり、「力を入れる」も同様である。芭蕉は、旅先や行事の折に詠んだ。
  曲斎は極めて実証的な態度で、論を進めているが、飽くまでも「蕉門」の論である。しかし、「芭蕉一座の俳諧」に限定すると、違いが出てくるようだ。この違いを解く糸口が、旅寝論にある。

旅寝論

去来著
重厚序

元禄12稿
安永7刊

 (卯七が去来に)問曰、「(許六が著書篇突で)『脇第三の格式是も春季の詞を結び、様々に前句に付る迄を本意とし、尋常百韻誹諧の口三句引出したる類にて、歳旦三物の手柄なし。たとへば小車のきびしく廻るごとく、只三句に百韻・千句のはたらき有事をしらず』といへり。尋常の脇・第三といかゞ替り侍るや」。
 答曰、「我年々歳旦三物を作るといへども其所をしらず。又先師も『汝が三物其格にあらず』と、とがめ給ふ事なし。其内発句は忘れぬ。脇に我句にも
  梅に雀の枝の百なり
 と云句有。先師深川に此句を評して、『これ、二月の気色也。去来いかゞおもひ誤り侍るや』とのたまひける」となん。<罫線以下、海印録引用部に続く>


 又、許六がいへる所も一利あり
 去秋、支考、此津(長崎)に旅寝して、卯七と表合せ有
 我に語りて曰、「『凡、表合せ等の誹諧は、尋常の歌仙・百韻とかはるべし、表の内に、一巻の姿を込て、去嫌もあながちに用ひまじき事なり』といへり。『一段面白かるべし』と答ぬ」。
 二子の先師に兼て聞置ける事にや。又古来の法式にや。又二子発明の案に合したるにや。今、退て思ふに、古法・師伝によらば、論に不及。若し一己の見解にあらば、いかゞ侍らん。只、一時の風流にはさも有べし。法式と立てんはわづらはしかるべし。
 凡、先師、折々古法を破り、新式を定めたまふ事は、制(いましめ)をはぶき、事をひろめて、句に秀句の多からん事をはかり給ふ也。常に門人にかたり給へば、聞置たる人も有ン。
 然れ共、古実をふまへ、みだりにやぶり給ふ事なし。
 今、二子のごとく法を定めんは、三物にひとつ理屈添ゐて、却て後人の害ならんか。深く先師の旨を察ししらるべき事也。

貞享式海印録
 去来、此の論を書きしは、元禄十二の春にて、上木せしは八十一年後、安永七也。其の間、写巻にてあるうち、此の一段は、さかしら人の、己が邪見もて、去来の原文を書直しける物ならむ
 [芭蕉談](下十七)にもさる事あるを、「七部娑心録、七」に論ひ(あげつらい)たり。
 誠の去来ならば、前に挙げたる「延宝以来の三物」「冬の日の表」等を知らざる事もなく、殊に「松杉の表」は、自分立句なれば、「二子、先師に兼て聞き置けるにや」とも、「古法、師伝によらば」とも、いはれず。
 又、「うやむやの関」は、己が門人の撰なれば、其の文も去来の伝也。
 我きく去来は篤実の士、殊に二子とは莫逆の中。何ぞ婦女子の妬心もて大道を偽らむ。抑も三物・表物の事は、許六・支考の発明ならず。翁の授記を弘めたるを、旅寝論に、かゝる浮説を交へたる故に、蕉門の俳士、皆、此の法格を捨て過ぎにしは、無念の事也。こは、只、見渡しを飾ると、いふのみならず。
 常に三物、表物の稽古する時は、見立・趣向・句作の三法に力を得る事、百韻・歌仙よりも功多ければ、進んで名人の場に至らむと思はむ人は、専らに修すべき事になむ。

 ① 「篇突(許六選、元禄11)」に「脇第三の格式是も春季の詞を結び、様々に前句に付る迄を本意とし、尋常百韻誹諧の口三句引出したる類にて、歳旦三物の手柄なし。たとへば小車のきびしく廻るがごとく、只三句に百韻・千句のはたらき有事をしらず」
 ② 「渡鳥集(卯七選、宝永元)」に、「元禄十一年秋七月九日長崎にいたり十里亭に宿す」。
 ③ 「西華集(支考選、元禄12)」に表八句「肥前長崎/秋たつや朔日汐の星しらみ-卯七/はらりとしたる松に稲の香-素行/姨捨の歌には誰も袖ぬれて-支考/白髪ばかりの店の酒盛-雲鈴/見違る隣の亀の嫁入前-一介/桜の花でもつた開張-野青/鴬の日和になりて味をしる-楓里/莱(こうがい=笄)とばす庭の春風-子流」。
 ④ 「去来抄・三冊子・旅寝論(穎原退蔵、岩波書店、昭和14)」に「我年々」以下の脚注として、「この条の三物の説につき、貞享式海印録一にこの一段は後人の改竄であらうと論じて居るが従ひ難い」とある。
 ⑤ 「一葉集(湖中・仏兮、文政10)」の三物「ぬけば露の玉ちる太刀の一葉切-長忠/放つ矢の根に強き秋風-定就/冷まじき石はさながら虎に似て-翁」。
 ⑥ 「冬の日(荷兮、貞享元)」の表六句「いかに見よと面難く牛をうつ霰-羽笠/樽火にあぶる枯原の松-荷兮/木賊刈下着に髪を茶筌して-重五/桧笠に宮をやつす朝露-杜国/白がねに蛤かはむ月の海-翁/左にはしをすかす岐阜山-野水」。
 ⑦ 存疑の本式表十句「松杉にすくひ上げたる霙かな-去来/かね面白う冴ゆるたそがれ-許六/ひたすらにねばる誓ひや丁子風呂-翁/長い羽おりも四五年の内-曽良/吹きはれて後は踊の月丸く-千那/橋迄押してのぼる初汐-去来/いわし網ほす場を鳶の離れかね-許六/あみ笠くみに入るは何故-翁/神明の花に願ひを開かせて-曽良/天高けれど地にも鼓草-千那」。

 曲斎の言う「旅寝論」は、落柿舎再建(明和7(1770))を終えた重厚が、長崎の湖桂所持本を、宝暦11(1761)年「湖東問答」(伊賀の利水所持本)として、既に江戸で出版されていることを知らずに、安永7(1778)年(元禄12(1699)年から79年後)京で上梓したものである。「この一段」は、「湖東問答」にあり、享保13(1728)年に筆写された、美濃怒風所持本「落柿舎誹論」など他の伝本にもある。怒風は、元禄12年長崎にいた去来の原稿を見、自分の名を消すよう依頼している。去来は消したものをいち早く届けたものと思われるから、後人の改竄はありえない。

 従って、下線⑦「松杉の云々」の指摘は当たらないことになる。去来は自分の立句は知っていても、この表十句を知らない可能性があるからである。
 また、「有也無也之関」は、「己が門人の撰」ではない。曲斎は、「有也無也之関」の著者を重厚としている。曲斎が見たのは「幻住庵有耶無耶之関」であろう。巻末の記に「現幻住落柿三世主人在判」とあるのを重厚と思った可能性は高い。跋を見ると、[艹+然]子(ぜんし)が書林に頼まれて板行したものとある。跋の日付は、明和元甲申秋八月(明和元(1764)年)。しかし、重厚(去来の母方親戚)が落柿舎二世を名のるのは、明和7(1770)年に落柿舎を再建してからで、「幻住落柿三世」ではありえない。また、某の落柿舎三世襲名は、重厚が無名庵七世に異動する寛政3(1791)年以降であるから、落柿舎三世でもない。
 さらに、「其の文も去来の伝也」というのは、全くの濡れ衣である。去来なら、付け方に「移り・響き・匂い・位」を入れるだろうが、「七名・八体」が出ている。「七名・八体」は支考の説で、その内容が初めて記述されるのは「俳諧古今抄(ここんしょう、享保15(1730))」である。支考が67歳で没する前年の上梓であるが、享保4(1719)年の「俳諧十論(支考)」に「七名も八体も三法の中の細注と知るべし」とあるので、支考門下には広まっていたことだろう。ただし、七名の「応答」を、支考は一貫して「会釈」としている。また、「こぼれ月」の引き句及び古歌は、「古今抄」と一致する。
 「有耶無耶之関」の成立は享保15年から明和元年までの34年間となるが、それは、「相伝本として作られ、幻住落柿三世の某が相伝し、書林が手に入れ、ぜん子が口訣部を消すなど編集版下を作り、跋に年月を記入するまでの期間」である。

・ 旅寝論は「表物・三物」を綯い交ぜにして記述する。去来・卯七が、三物を表物の一つとしていたとすれば了解できる。
・ 卯七の問いは、「許六が歳旦三物の論を述べるが、芭蕉の論はどうか」ということだが、去来は思い当たる節がない。芭蕉自身、歳旦三物は天和4年の一品を残すのみである。芭蕉にとって歳旦とは初日の出の一瞬であった。その瞬間、天地と交流して生ずるのが歳旦吟である。寝過ごしてしまえば「二日にはぬかりはせじな」ととぼけるしかない。歳旦の一瞬に三物ができようはずもないし、できても歳旦なのは発句のみである。
・ このページで見てきたように、芭蕉は三物を格別な物としてはいない。3人なら三物、2人なら発句と脇の付合である。さらに、表十句一品は存疑の作で除外するが、表八句二品は常の百韻の表と変わらない。平句に地名のある表六句は一品のみで、余の十二品は常の表と変わりはない。
 にもかかわらず、曲斎は、「去来が知らぬはずはない」と言い、「この段は偽作」とまで言い放つ。この思い込みは、曲斎の俳諧習得過程と学習経験から来ているのは言うまでもない。  


比較

新式歌仙

新式歌仙と短縮型

 貞享式海印録巻四、月の段に、「新式歌仙と短歌とは上段のごとく」とあって、短歌に8句と1月(げつ)加えた図を示している。短歌は24句であり、8句足しても32句である。12句足しての誤りか、二十八宿に8句足しての誤りであろう。

 また、短歌・二十八宿ともに2月であり、1月足すと3月になる。新式歌仙は2月であるから、これも誤っている。

 ともあれ、短縮形式の初ウ・名オに何句か加え36句にしたものであることが、説明されていることは分かる。

 また、新式歌仙は、二花三月の歌仙を二花二月にしただけでなく、短縮型に何句か加えたものであると理解できることは、次の比較図からも分かる。

【新式歌仙と二十八宿・二十四節(箙、えびら)】

       36     30         20         10          0
        │    │    │    │    │    │    │    │
       │││││││││││││││││││││││││││││││││││││
 ┌─────┼─────┼─────────┴─┼───────┴───┼─────┤
 │新式歌仙 │  名ウ  │     名オ    │     初ウ    │  初オ  │
 │ 36句 │  6句  │    12句    │    12句    │  6句  │
 │二花二月 │花    │月          │花  月       │     │
 ├─────┼─────┼───┬───────┼───┬───────┼─────┤
 │二十八宿 │  名ウ  │::::::│   名オ   │::::::│   初ウ   │  初オ  │
 │ 28句 │  6句  │::::::│   8句   │::::::│   8句   │  6句  │
 │二花二月 │花    │::::::│月      │::::::│花      │月    │
 ├─────┼─────┼───┴─┬─────┼───┴─┬─────┼─────┤
 │二十四節 │  名ウ  │::::::::::│  名オ  │::::::::::│  初ウ  │  初オ  │
 │ 24句 │  6句  │::::::::::│  6句  │::::::::::│  6句  │  6句  │
 │二花二月 │花    │::::::::::│月    │::::::::::│花    │月    │
 └─────┴─────┴─────┴─────┴─────┴─────┴─────┘

 新式歌仙と短歌との関連は、二花二月という点だけである。

 「短歌」とは短い歌仙の意か。しかし、36句だから歌仙であって、「短い歌仙」では意味をなさない。少ない歌仙なら、六歌仙。半歌仙は、半分の18句だから、これは分かる。

 短歌は、二十八宿が最も近い。初表に月が出ず、折立に月が出るのは奇異。初裏8句に正月と正花は窮屈。二十八宿で治まる。

短歌と短縮型

【短歌と二十八宿・二十四節(箙)】

       28       20         10          0
          │    │    │    │    │    │
       │││││││││││││││││││││││││││││
 ┌─────┼─┼───┼─┴─────┼───┴───┼─┼───┤
 │短歌   │::│ 名ウ │   名オ   │   初ウ   │::│ 初オ │
 │ 24句 │::│ 4句 │   8句   │   8句   │::│ 4句 │
 │二花二月 │::│花  │月      │花     月│::│   │
 ├─────┼─┴───┼───────┼───────┼─┴───┤
 │二十八宿 │  名ウ  │   名オ   │   初ウ   │  初オ  │
 │ 28句 │  6句  │   8句   │   8句   │  6句  │
 │二花二月 │花    │月      │花      │月    │
 ├─────┼─────┼─┬─────┼─┬─────┼─────┤
 │二十四節 │  名ウ  │::│  名オ  │::│  初ウ  │  初オ  │
 │ 24句 │  6句  │::│  6句  │::│  6句  │  6句  │
 │二花二月 │花    │::│月    │::│花    │月    │
 └─────┴─────┴─┴─────┴─┴─────┴─────┘

 長歌は、世吉に近い。短歌は、長歌各面の半分である。しかし、16句を懐紙に書くのは苦しい。世吉でよいのでは。

短歌と短縮型

【新式系】

       48       40         30         20         10          0
          │    │    │    │    │    │    │    │    │    │
       │││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││
 ┌─────┼──┴────┼────┴────┴────┴┬───┴────┴────┴─┼──┴────┤
 │長歌   │   名ウ   │      名オ       │      初ウ       │   初オ   │
 │ 48句 │   8句   │     16句       │     16句       │   8句   │
 │二花三月 │花      │月              │花     月        │月      │
 ├─────┼───┬───┼───────┬───────┼───────┬───────┼───┬───┤
 │短歌   │::::::│ 名ウ │::::::::::::::│   名オ   │::::::::::::::│   初ウ   │::::::│ 初オ │
 │ 24句 │::::::│ 4句 │::::::::::::::│   8句   │::::::::::::::│   8句   │::::::│ 4句 │
 │二花二月 │::::::│花  │::::::::::::::│月      │::::::::::::::│花     月│::::::│   │
 └─────┴───┴───┴───────┴───────┴───────┴───────┴───┴───┘
 ┌─────┬───────┬─┬─────────────┬─┬─────────────┬───────┐
 │世吉   │   名ウ   │::│     名オ      │::│     初ウ      │   初オ   │
 │ 44句 │   8句   │::│    14句      │::│    14句      │   8句   │
 │二花三月 │花      │::│月            │::│花   月        │月      │
 └─────┴───────┴─┴─────────────┴─┴─────────────┴───────┘

[ ↑ ページトップへ ]