俳諧季寄せ「季語蔵」

季語の初・中・晩








































































































































季語:仲春/4分類(天地・人事・植物・動物)/五十音順

俳諧季寄せ「季語蔵」 春季/仲春の部
仲春 / 天地 (天・地・時・候・暦)
読み季語読み季語読み季語
いてどけ凍て解けいてゆるむ凍てゆるむうめみづき梅見月
うららうららかいひょう解氷かいよせ貝寄風
かいよせじお貝寄せ潮かぜなだれ風雪崩きさらぎ如月
くろきた黒北風けいちつ啓蟄こおりとく氷解く
こおりながるる氷流るるこぞのゆき去年の雪このめどき木の芽時
さんがつ三月さんがつじん三月尽ざんせつ残雪
しゃおうのあめ社翁の雨しゃにち社日しゅうしゅん仲春
しゅんげつ春月しゅんしゃ春社しゅんしょく春色
しゅんぶん春分しゅんぶんのひ春分の日しゅんれい春嶺
たかけしてはとと・鷹化して鳩と為るたろうのついたち太郎の朔日ちゅうにち中日
とりぐもり鳥曇ながきひ永き日なごりのゆき名残の雪
なだれ雪崩ねはんにし涅槃西風のこるゆき残る雪
のどけし長閑けしはついなびかり初電はつかみなり初雷・初神鳴り
はつついたち初朔日はつはなづき初花月はつらい初雷
はるでみず春出水はるなかば春半ばはるのどろ春の泥
はるのひ春の陽はるび春日はるひかげ春日影
はるひざし春日差しはるひとひ春一日はるやま春山
はるゆうべ春夕べひがた干潟ひかるかぜ光る風
ひがん彼岸ひがんじお彼岸潮ひがんにし彼岸西風
ひらはっこう比良八荒みずぬるむ水温むむしだしのらい虫出しの雷
ゆきげ雪消ゆきげかぜ雪解風ゆきげがわ雪解川
ゆきげしずく雪解雫ゆきげの雪解野ゆきげみず雪解水
ゆきげもや雪解靄ゆきしろ雪代ゆきしろでみず雪しろ出水
ゆきどけ雪解けゆきにごり雪濁りゆきのこる雪残る
ゆきのはて雪の果てゆきのわかれ雪の別れゆきま雪間
よわのはる夜半の春りゅうてんにのぼる竜天に昇るりゅうひょうき流氷期
りゅひょう流氷れいじつ麗日わすれゆき忘れ雪
仲春 / 人事 (衣・食・住・職・遊・情・身・品・催・神・仏・忌)
読み季語読み季語読み季語
あさがおまく朝顔蒔くあさまく麻蒔くあなぐまりょう穴熊猟
いもうう芋植ういものめ芋の芽うえきいち植木市
うぐいすな鶯菜うこぎめし五加飯うまやだし厩出し
えいぷりるふうるエイプリルフールえんいき円位忌おおいしき大石忌
おおさかばしょ大阪場所おきまつりおきまつりおたいまつ御松明
おちゅうにちお中日おつげさい御告祭おひがんお彼岸
おみずとりお水取りおらんだわたる阿蘭陀渡るおんしょう温床(苗床)
かいほる貝掘るかきつくろう垣繕うかすがまつり春日祭り
かぴたんわたる甲比丹渡るかんしょく寒食かんちょう観潮
がんぶろ雁風呂ぎおうき祇王忌きかくき其角忌
きくうう菊植うきくねわけ菊根分けきくのなえ菊の苗
きたまどひらく北窓開くきながし木流しきゅうすえび灸据え日
きゅうだい及第きゅうりまく胡瓜蒔くくこちゃ枸杞茶
くこめし枸杞飯くるまくむ車組むくわうう桑植う
くわとく桑解くけいとうまく鶏頭蒔くけんこうき兼好忌
げんせいき元政忌こうえつき光悦忌ごうかく合格
こうしさい孔子祭ことはじめ事始(農事)ことようか事八日
ことりひく小鳥引くこなぎつむ小水葱摘むこのみうう木の実植う
ごぼうまく牛蒡蒔くさいぎょうき西行忌さいきょうのつく・西京の造花
さしき挿木さしほ挿穂さしやなぎ挿柳
さといもうう里芋植うさるまつり申祭りさんがつばしょ三月場所
しおひ汐干しがつばか四月馬鹿しじゅんせつ四旬節
しゃくとうえ積塔会しゅうしょくき就職期しゅうだんしゅう・集団就職
じゅけん受験じゅけんき受験期じゅけんし受験子
じゅけんじ受験児じゅけんせい受験生じゅたいこくちび受胎告知日
しゅにえ修二会しゅらおとし修羅落としじょうそうき丈草忌
しょうぶねわけ菖蒲根分じょうらくえ常楽会しょくじゅさい植樹祭
しるしのすぎ験の杉じろうしゅ治聾酒しんおうき晋翁忌
しんがく進学しんきゅう進級しんきょうし新教師
しんにゅうせい新入生すてびな捨て雛ぜいしんこく税申告
せきてん釈奠せんし剪枝せんてい剪定
せんぼんねんぶつ千本念仏そつえん卒園そつぎょう卒業
そつぎょうか卒業歌そつぎょうき卒業期そつぎょうしき卒業式
そつぎょうしけん卒業試験そつぎょうしょう・卒業証書そりしまう橇蔵う
だいぎ砧木だいしけん大試験たちびな立ち雛
たにしとり田螺取りたねい種井たねいけ種池
たねいも種芋たねうり種売たねえらみ種選み
たねぶくろ種袋たねもの種物だんごまき団子撒き
つぎき接木つぎほ接穂つくしあえ土筆和え
つくねいもうう捏ね芋(仏掌薯)植うつみは摘葉つみめ摘芽
つりがま釣釜てっぽうぜき鉄砲堰でびら鰈(尾道)
でんがく田楽(食)てんじんおんき天神御忌どうみょうじまつり道明寺祭り
とりき取り木なえきいち苗木市なえきうう苗木植う
なえしょうじ苗障子なえどこ苗床なえふだ苗札
ながいもうう長薯植うなたねごく菜種御供なたねのごくう菜種の御供
なにわおどり浪花踊りにがつどうのぎょう二月堂の行にねんごだいこん二年子大根
にゅうえん入園にゅうがく入学にゅうがくじ入学児
にゅうがくしき入学式にゅうがくしけん入学試験ねじゃか寝釈迦
ねはんえ涅槃会ねはんず涅槃図ねはんぞう涅槃像
ねはんでら涅槃寺ねはんのひ涅槃の日ねわけ根分け
ねんどがわり年度替りのうぜいき納税期はぎねわけ萩根分け
はついかだ初筏はつうま初午はつうまきょうげん初午狂言
はつうまもうで初午詣ではつしゅっしゃ初出社はつびな初雛
はなだね花種はなだねまく花種蒔くはなだより花便り(開花)
はなびと花人はなみざけ花見酒はなみぶね花見船
はなをまつ花を待つはるばしょ春場所はるふくだいこん春福大根
はるやすみ春休みばんぐせつ万愚節ひいな・ひな
ひおくり日送りひがんえ彼岸会ひがんまいり彼岸参り
ひがんもうで彼岸詣でぴくにっくピクニックひとひしょうがつ一日正月
ひないち雛市ひなおさめ雛納めひなのきゃく雛の客
ひなのひ雛の日ひなみせ雛店ひむかえ日迎え
ひらはっこう比良八講ふぐくよう河豚供養ふつかきゅう二日灸
ほしがれい干し鰈ほしぜんまい干し薇ほしわらび干し蕨
まきびらき牧開きまやだし厩出しまやもうで摩耶詣で
みずとり水取りみちざねき道真忌みどりのしゅうかん緑の週間
みどりのはね緑の羽根むしがれい蒸し鰈むしだし虫出し
めばりはぐ目貼り剥ぐもちばないり餅花煎りものだねまく物種蒔く
やいとびやいと日やきさざえ焼栄螺やくしじはなえしき薬師寺花会式
やねがえ屋根替えゆきがこい雪囲いゆきわり雪割り
よしざきもうで吉崎詣でよめなめし嫁菜飯よもぎもち蓬餅
らくだい落第りきゅうき利休忌れいしょう冷床
れっけん列見れんとレント(四旬節)れんにょき蓮如忌
ろくあみだもうで六阿弥陀詣でわらびがり蕨狩りわらびじる蕨汁
わらびめし蕨飯わらびもち蕨餅
仲春 / 植物 (菌・藻・草・木)
読み季語読み季語読み季語
あさじがはな浅茅が花あさつき胡葱あしかび蘆若芽
あしのつの蘆の角あしのめ蘆の芽あしめぐむ蘆芽ぐむ
いたちぐさ鼬草いたちはぜ鼬黄櫨いたどり虎杖
いとざくら糸桜いとねぎ糸葱うきくさおいそむ萍生い初む
うこぎ五加うこぎつむ五加摘むうすこうばい薄紅梅
おかじゅんさい陸じゅんさいおぎのつの荻の角おぎのめ荻の芽
おちつばき落椿かしわちる柏散るぎしぎし羊蹄
きずいせん黄水仙きのめ木の芽きのめあえ木の芽和
くきたち茎立くくたち茎立くこ枸杞
くさあおむ草青むくさかんばし草芳しくさのめ草の芽
くわい慈姑げんぺいもも源平桃こうばい紅梅
こごめざくら小米桜こちょうすみれ胡蝶菫こなぎ小水葱
このめ木の芽このめはる木の芽張るこびる小蒜
こぶし辛夷ささなぎ細水葱さわびる沢蒜
さわらび早蕨さんがつだいこん三月大根さんがつな三月菜
さんしょうのめ山椒の芽しだれざくら枝垂桜しなずいせんしな水仙
しもくれん紫木蓮しゃみせんぐさ三味線草じゅんさいおう蓴菜生う
しゅんらん春蘭しらもも白桃じんちょうげ沈丁花
ずいこう瑞香(沈丁花)すいば酸模すかんぽ酸模
すぎのはな杉の花すみれの菫野ぜんまい薇・紫萁
だほおでぃるダホーディルたむしば田虫葉たらのめ楤・桵・樰の芽
たらめ楤芽ちばな茅花ちもと千本(葱)
ちもとわけぎ千本分葱つくし土筆つくしつみ土筆摘み
つくしの土筆野つくしんぼ土筆坊つのぐむあし角ぐむ蘆
つばな茅花とうかそん桃花村とさみずき土佐水木
なずなのはな薺の花なたねさく菜種咲くなのきのめ名の木の芽
なのくさのめ名の草の芽にらぬなわおう沼縄・蓴生う
ねびる根蒜のびる野蒜のびるつみ野蒜摘み
ばいものはな貝母の花はぎなはぎな(嫁菜)はくれん白木蓮
はつはな初花はつゆり初百合はないまだ花未だ
はなかんざし花簪はななかぜ花菜風はななずな花薺
はななばたけ花菜畑はなのひる花の昼はるくさ春草
はんのきのはな赤楊の花はんのはな榛の花ひがんざくら彼岸桜
ひさかきのはな柃の花ひとりしずか一人静ひめこぶし姫辛夷
ひもも緋桃ひゅうがみずき日向水木ふさざきすいせん房咲水仙
ふたば双葉ふたもじ二文字(韮)ふでのはな筆の花
べにつばき紅椿ぺんぺんぐさぺんぺん草ほうそう芳草
ぽぷらのわたポプラの絮ほりいれだいこん掘り入れ大根まこもおう真菰生う
まこものめ真菰の芽まつば松葉まゆはきそう眉掃草(一人静)
みかいこう未開紅みくさおう水草生うみずくさおう水草生う
みつまたのはな三椏の花めかりざお和布刈棹めかりぶね和布刈舟
めだち芽立ちめぶく芽吹くめやなぎ芽柳
もぐさおう藻草生うもくれん木蓮もののめものの芽
やえつばき八重椿やなぎのはな柳の花やなぎのめ柳の芽
やぶつばき薮椿やまびる山蒜やまもものはな楊梅の花
ゆうちょうか遊蝶花ゆうはななタ花菜ゆきまそう雪間草
ゆきやなぎ雪柳よしのしずか吉野静(一人静)よめな嫁菜
らっぱすいせん喇叭水仙りゅうじょ柳絮りょうぶ令法
れんぎょう連翹わかむらさき若紫わかめじる和布汁
わけぎ分葱わらびわらびたく蕨長く
仲春 / 動物 (虫・介・魚・鳥・獣)
読み季語読み季語読み季語
あかめふぐ赤眼河豚あさつばめ朝燕あざらし海豹
ありあなをいづ蟻穴を出づありいづ蟻出づおちひばり落雲雀
かえるかり帰る雁かえるのこ蛙の子かとのみず蝌蚪の水
かもかえる鴨帰るかりかえる雁帰るかりのなごり雁の名残
かりのわかれ雁の別れきがん帰雁くまあなをいづ熊穴を出づ
くまばち熊蜂げんちょう玄鳥こもちはぜ子持鯊
こやまがえり小鴘さとつばめ里燕じむしあなをいづ地虫穴を出づ
じむしいづ地虫出づすかご巣籠すぐみ巣組み
すつばめ巣燕すどり巣鳥ちょううまる蝶生まる
つばくらめ玄烏つばくろつばめ
つるかえる鶴帰るとかげあなをいづ蜥蜴穴を出づとかげいず蜥蜴出づ
とっかりトッカリ(海豹)とど海馬とりかえる鳥帰る
とりかぜ鳥風とりくもにいる鳥雲に入るはえ・はや
はくちょうかえる白鳥帰るはつかわず初蛙はつちょう初蝶
はつね初音はつひばり初雲雀はらみどり孕み鳥
はるつげどり春告鳥はるのかり春の雁ひがんふぐ彼岸河豚
ひきあなをいづ蟇穴を出づひきがも引き鴨ひきさかる墓交る
ひきづる引き鶴ひきどり引き鳥ふなのすだち鮒の巣立ち
ふなのすばなれ鮒の巣離れへびあなをいづ蛇穴を出づみつばち蜜蜂
むしあなをいづ虫穴を出づもんきちょう紋黄蝶もんしろちょう紋白蝶
ゆきしろいわな雪代岩魚ゆきしろやまめ雪代山女ゆくかり行く雁