俳諧季寄せ「季語蔵」

季語の初・中・晩








































































































































季語:初冬

俳諧季寄せ「冬蔵」
初冬 / 天地 (天・地・時・候・暦)
季語読み季語読み季語読み
あさきふゆ浅き冬あさしぐれ朝時雨えきう液雨
おこうなぎ御講凪おこうびよりお講日和かたしぐれ片時雨
かみありづき神在月かみさりづき神去月かみたつかぜ神立風
かみわたし神渡しかわとのしぐれ川音の時雨かんなづき神無月
きたしぐれ北時雨けさのふゆ今朝の冬こがらし木枯・凩
こはる小春こはるぞら小春空こはるなぎ小春凪
こはるび小春日こはるびより小春日和ころくがつ小六月
さよしぐれ小夜時雨さんさしぐれさんさ時雨しぐれ時雨
しぐれがさ時雨傘しぐれぐも時雨雲しぐれごこち時雨心地
しぐれざむ時雨寒しぐれづき時雨月しぐれのいろ時雨の色
じゅういちがつ十一月しゅつえき出液しょうせつ小雪
じょうとう上冬しょとう初冬そでのしぐれ袖の時雨
たもとのしぐれ袂の時雨なみだのしぐれ涙の時雨にゅうえき入液
はつしぐれ初時雨はつしも初霜はつしもづき初霜月
はつふゆ初冬ふゆあさし冬浅しふゆきたる冬来る
ふゆたつ冬立つふゆにいる冬に入るふゆのはじめ冬の始め
ふゆめく冬めくほしのいりごち星の入東風まつかぜのしぐれ松風の時雨
みずはじめてこおる水始めて氷るむらしぐれ村時雨めぐるしぐれ巡る時雨
もうとう孟冬やまめぐり山巡りゆうしぐれ夕時雨
よこしぐれ横時雨りっとう立冬きんろうかんしゃ・勤労感謝の日
初冬 / 人事 (衣・食・住・職・遊・情・身・品・催・神・仏・忌)
季語読み季語読み季語読み
あろうき亜浪忌いさむき勇忌いずもおおやしろ出雲大社新嘗祭
いちのとり一の酉いちようき一葉忌いつくしまちんざさい厳島鎮座祭
いなりのおほたき稲荷の御火焚いのかみまつり亥の神祭いのこ亥の子
いのこいし亥の子石いのこづき亥の子突いのこもち亥の子餅
いのひまつり亥の日祭いろりひらく囲炉裏開くうまさげ馬下
うまさげる馬下げるえびすこう恵比寿講・夷講おいみまつり御忌祭
おおにえまつり大嘗祭おかめいちおかめ市おきなき翁忌
おきなのひ翁の日おしめし御燈消おじゅうや御十夜
おとりさまお酉さまおほたき御火焚かがしあげ案山子揚
かけだいこ懸大根かけな懸菜かげん下元
かげんのせつ下元の節かざがき風垣かざがこい風囲
かざよけ風除かじまつり鍛冶祭かにかくきかにかく忌
かぶらひき蕪引かぶらほす蕪干すかみあり神在
かみありさい神在祭かみありまつり神在祭かみおくり神送り
かみかえり神還りかみたち神立かみつどい神集い
かみのたび神の旅かみのるす神の留守かみむかえ神迎え
からさでのしんじ神等去出神事かんしゃさい感謝祭きじろぶち木地炉縁
きたふさぐ北塞ぐきたまどとじる北窓閉じるきたまどぬる北窓塗る
きたまどふさぐ北窓塞ぐきっしょういんはっこう吉祥院八講きっしょういんほっけえ吉祥院法華会
きとうき几董忌きゅうしゅうばしょ九州場所きりぼし切り干し
きんろうかんしゃのひ勤労感謝の日くちきり口切りくちきりちゃかい口切り茶会
くちきりちゃじ口切り茶事くまで熊手くまでいち熊手市
くらいり倉入りくるまかこう車蔵う(雪対策)げんしょう厳祥
げんちょ玄猪(猪子餅)こうとうき紅燈忌こうふくじほっけえ興福寺法華会
こうふくじゆいまえ興福寺維摩会こくしき国師忌ごげんじゅう御厳重
このはがみ木の葉髪こんさいき渾斎忌ざびえるのいわいびザビエルの祝日
さんのとり三の酉しきまつば敷松葉しぐれき時雨忌
じげんき慈眼忌じげんだいしき慈眼大師忌ししゃもやく柳葉魚焼く
じしゅうさいまつべつじ時宗歳末別時しちごさん七五三しめいわい七五三祝
しめつくり注連作りしめなう注連綯うしもおおい霜覆
しもがこい霜囲しもよけ霜除しゃくみょうき惜命忌
しゅうかくかんしゃさい収穫感謝祭しゅうそうき秋艸忌じゅうや十夜
じゅうやがき十夜柿じゅうやがね十夜鉦じゅうやがゆ十夜粥
じゅうやそう十夜僧じゅうやでら十夜寺じゅうやばば十夜婆
じゅうやほうよう十夜法要しゅろはぐ棕櫚剥ぐしゅろむく棕櫚むく
しょういちき聖一忌じょうみょうえ浄名会しょうりんき少林忌
しょそき初祖忌しりつみまつり尻摘祭しんじょうえ新嘗会
しんじょうさい新嘗祭しんのうさい神農祭しんのうさん神農さん
すきまばり隙間張せいざびえるさい聖ザビエル祭そうかんき宗鑑忌
そばかり蕎麦刈そばほす蕎麦干すそめのとしとりそめの年取り
たいこうせつ待降節だいこひき大根引きだいこんあらう大根洗う
だいこんうま大根馬だいこんぐるま大根車だいこんひき大根引
だいこんぶね大根舟だいこんほす大根干すだいじょうさい大嘗祭
たたらまつり踏鞴祭たましずめまつり鎮魂祭だるまき達磨忌
だんろかい煖炉会ちしゃくいんろんぎ智積院論義ちとせあめ千歳飴
ちんこんさい鎮魂祭つりな吊菜とうえいざんかい・東叡山開山忌
とうじきたる杜氏来るとうせいき桃青忌とうのいも頭の芋
とうふくじかいさ・東福寺開山忌とおかんや十日夜とがのおむしくよう栂尾虫供養
とめこうしん止庚申とりのいち酉の市とりのまち酉の町
とりのまちもうで酉の町詣にいなめさい新嘗祭にのとり二の酉
にんとうき忍冬忌ぬりろぶち塗炉縁ねんぐ年貢
ねんぐうま年貢馬ねんぐおさめ年貢納ねんぐまい年貢米
のちのころもがえ後の更衣はきょうき波郷忌はくしゅうき白秋忌
ばしょうえ芭蕉会ばしょうき芭蕉忌はすねほる蓮根掘る
はすほり蓮堀りはちたたき鉢叩きはてのこうしん果の庚申
はやりかぜはやり風邪ひおのつかい氷魚の使ひおをたまう氷魚を賜う
ひば干葉ふいごまつり吹革祭ふうかくき風鶴忌
ふゆがこい冬囲いふゆがまえ冬構べつじねんぶつ別時念仏
ほしな干菜ぼたんくよう牡丹供養ぼたんたきび牡丹焚火
ぼたんたく牡丹焚くみかんまき蜜柑捲みしまき三島忌
むぎまき麦蒔きむぎまく麦蒔くめいじじんぐうさい明治神宮祭
めばり目貼りもうとうのじゅん孟冬の旬やいちき八一忌
やまぐちとじのま・山口閉の祭やまのかみこう山の神講やまのかみまつり山の神祭
やまのこう山の講やまのこまつり山の講祭ゆいまえ維摩会
ゆうこくき憂国忌ゆきおき由紀夫忌ゆばはじめ弓場始め
らんせつき嵐雪忌れんこんほる蓮根掘るろうかき浪化忌
ろたんをたてまつる炉炭を進るろびらき炉開き
初冬 / 植物 (菌・藻・草・木)
季語読み季語読み季語読み
あざみごぼう薊牛蒡いちょうおちば銀杏落葉えのきだけ榎茸
かえりざき帰り咲かえりばな帰り花かきおちば柿落葉
からまつちる落葉松散るかんあおい寒葵かんたけのこ寒筍
かんちくのこ寒竹の子かんらん寒蘭くるいざき狂い咲き
くるいばな狂い花さざんか山茶花ちごかんちく稚児寒竹
ちゃのはな茶の花ちりもみじ散紅葉つわさく石蕗咲く
つわのはな石蕗の花つわぶきのはな石蕗の花てんぐのはうちわ天狗の羽団扇
にどざき二度咲のこるもみじ残る紅葉はなやつで花八手
ひいらぎのはな柊の花ふゆあおい冬葵ふゆもみじ冬紅葉
むぎのめ麦の芽むらさきかんらん紫甘藍むらさききゃべつ紫キャベツ
めむぎ芽麦もみじちる紅葉散るやつでのはな八手の花
やまごぼう山牛蒡ゆきたけ雪茸ゆきのした雪の下
ゆきわりたけ雪割茸わすればな忘れ花
初冬 / 動物 (虫・介・魚・鳥・獣)
季語読み季語読み季語読み
あなぐま穴熊・貛おおわた大綿おおわたむし大綿虫
おちすずき落鱸かれとうろう枯蟷螂くまあなにいる熊穴に入る
ししゃも柳葉魚しもふりかます霜降かますしろこばば白粉婆
たづ田鶴つるわたる鶴渡るとうろうかる蟷螂枯る
のこるむし残る虫ふとはらすずき太腹鱸ふゆのいなご冬の蝗
ふゆのむし冬の虫むしおゆ虫老ゆむしかるる虫嗄るる
むしたゆ虫絶ゆむしたゆる虫絶ゆるゆきばんば雪婆
ゆきぼたる雪蛍ゆきむし雪虫わたむし綿虫
つるきたる鶴来る