俳諧季寄せ「季語蔵」

季語の初・中・晩








































































































































季語:仲夏/4分類(天地・人事・植物・動物)/五十音順

俳諧季寄せ「夏蔵」
仲夏 / 天地 (天・地・時・候・暦)
季語読み季語読み季語読み
あおごち青東風あおたかぜ青田風あおつゆ青梅雨
あらはえ荒南風いずみがわ泉川いなさいなさ
いみずます井水増すうなみさなみ卯浪さ浪うめのあめ梅の雨
えんちゆう炎昼おおひでり大旱おおみなみ大南風
かぜあおし風青しからつゆ空梅雨くすりふる薬降る
くろはえ黒南風げし夏至こうじゃくふう黄雀風
こぐれ木晩こけしみず苔清水さつき皐月
さつきあめ五月雨さつきがわ五月川さつきなみ五月浪
さつきばれ五月晴れさつきふじ五月富士さつきやま五月山
さつきやみ五月闇さなえづき早苗月さみだるるさみだるる
さみだれ五月雨さみだれぐも五月雨雲したやみ下闇
しゅうう驟雨しんせん神泉せつのにしかぜ節の西風
そがのあめ曾我の雨たきごり滝垢離たきつぼ滝壷
たきみぢゃや滝見茶屋たぐさづきたぐさ月たつみかぜ辰巳風
ちゅうか仲夏ついり梅雨入りつゆ梅雨
つゆあな梅雨穴つゆさむ梅雨寒つゆざむ梅雨寒
つゆでみず梅雨出水つゆのいり梅雨の入りつゆのやみ梅雨の闇
つゆばれ梅雨晴れつゆはれま梅雨晴れ間つゆもよう梅雨模様
でみず出水とらがあめ虎が雨ながしながし(風)
ながせながせ(風)なつあらし夏嵐なつでみず夏出水
なつなかば夏半ばなるかみ鳴神にゅうばい入梅
ばいう梅雨ばいりん梅霖はくう白雨
はくや白夜はんげ半夏はんげあめ半夏雨
はんげしょう半夏生ばんりょう晩涼ひがみなり日雷
ひのさかり日の盛りびゃくや白夜ぼうしゅ芒種
みなみふく南風吹くみねぐも峰雲やましたたる山滴る
やりょう夜涼ゆうだち・ゆだちタ立ゆうにじタ虹
ゆうやけ・ゆやけタ焼けゆだちぐもタ立雲ゆだちばれタ立晴れ
ゆやけぐもタ焼け雲らくらい落雷ろくがつ六月
仲夏 / 人事 (衣・食・住・職・遊・情・身・品・催・神・仏・忌)
季語読み季語読み季語読み
あおうめ青梅あがたまつり県祭りあつさまけ暑さ負け
あつめじる集汁あつもの梟の羹あやめにんぎょうあやめ人形
あやめひく菖蒲引くあわまく粟蒔くいせのおんたうえ伊勢の御田植え
いつくしままつり厳島祭りいととり糸取りいんじうち印地打
うえた植田うえだ植田うきぶくろ浮き袋
うきわ浮き輪うぐいすのつけご鶯の付子うすぎぬ薄衣
うまゆみ騎射うるしかき漆掻きえいさいき栄西忌
えうちわ絵団扇えひがさ絵日傘おうぎみせ扇店
おうちをおぶ樗を佩ぶおきなわいれいのひ沖縄慰霊の日おんだ御田(神事)
おんだおうぎ御田扇かいがんひがさ海岸日傘がいこ艾虎
かききゅうか夏期休暇かきごおりかき氷かしわもち柏餅
かびのいえ黴の家かびのか黴の香かびるかびる
かわづかえ川支えかわどめ川止めかわぼし川干し
かんうさい関羽祭かんていさい関帝祭ぎおんだいこ祇園太鼓
ぎおんまつり砥園祭りきせいし帰省子きそいうま競い馬
きびまく黍蒔くきょうぎぼう経木帽きょうら胸裸
ぎんせん銀扇くうらあクーラーくすだま薬玉
くすりがり薬狩りくらべうま競馬くらまのたけきり鞍馬の竹伐
けいと競渡けしつぶ罌粟粒げんざんみき源三位忌
けんにんじ建仁寺開山忌こいのぼり鯉幟こおりうじ氷宇治
こおりしらたま氷白玉こおりしるこ氷汁粉こおりみせ氷店
ごがつにんぎょう五月人形ごがつのせっく五月の節句ごままく胡麻蒔く
さいくさまつり三枝祭りざいごき在五忌さおとめ早乙女
ささちまき笹粽さつきごい五月鯉さつきめ五月女
さなえ早苗さなえとり早苗取りさなえぶね早苗舟
さなぶり早苗餐さのぼり早苗餐さみだれがみ五月雨髪
さんじゃくね三尺寝さんばいまつりさんばい祭りしおやけ潮焼
しながわまつり品川祭りしゃわあシャワーじょうざんき丈山忌
しょうぶがたな菖蒲刀しょうぶざけ菖蒲酒しょうぶさす菖浦挿す
しょうぶたたき菖蒲敲きしょうぶのせっく菖蒲の節句しょうぶのひ菖蒲の日
しょうぶひく菖蒲引くしょうぶふく菖蒲葺くしょうぶゆ菖蒲湯
しょにまくる暑に負くるじょろ如露しろじ白地
しろひがさ白日傘しろみてしろみて(祭)しんいと新糸
しんきあえ新茄子和しんきいと新生糸しんきくせいす神?製す
しんごう賑給しんじゃが新馬鈴薯しんまわた新真綿
すあし素足すいえい水泳すいぼうでぞめしき水防出初式
すみよしのおたうえ住吉の御田植えせいしんさい聖心祭せいぺとろぱうろ・聖ペトロ・パウロ祭
せいぼさい聖母祭せいぼせいしんさい聖母聖心祭せいよはねさい聖ヨハネ祭
せいれいこうたん・聖霊降臨祭せいれいさい聖霊祭せみまるき蝉丸忌
そうじゅつをやく蒼朮を焼くそうとめ早乙女そがまつり曾我祭り
たあるじ田主たうえ田植えたうえうた田植え唄
たうえがさ田植え笠たうえき田植機たうえじまい田植え仕舞い
たうえどき田植え時たぐさとり田草取りたけううるひ竹植うる日
たけきり竹伐りたびゆかた旅浴衣たろうじ太郎次(田主)
たんご端午ちちのひ父の日ちまき綜・茅巻
ちまきざさ粽笹ちまきゆう粽結うちょうご重五
つきぼこ月鉾つくだまつり佃祭りてんかまつり天下祭り
てんとテントとうきょうさんの・東京山王祭りとうねいす籐寝椅子
ときのきねんび時の記念日ときのひ時の日とざんうま登山馬
とざんづえ登山杖なえうち苗打ちなえまわし苗まわし
なぎなたぼこ長刀鉾なつご夏蚕なまビール生ビール
なりひらき業平忌にごりい濁り井にごりをすくう濁りを掬う
のきしょうぶ軒菖蒲のぼりはえとりがみ蝿取り紙
はえばらい蝿払いはだかご裸子はつかや初蚊帳
はなもち花餅(紅花)はんけちハンケチはんら半裸
ひえまく稗蒔くひえまつり日枝祭りひおおい日覆い
ひしょき避暑期ひしょち避暑地ひしょのやど避暑の宿
びやがあでんビヤガーデンひやしざけ冷し酒びやほおるビヤホール
ふうりんや風鈴屋ふきながし吹き流しふきのかさ蕗の傘
ふじぎょう富士行ふじごや富士小屋ふじごり富士垢離
ふなほこ船鉾ふるがや古蚊帳ぺいろんペイロン
ほこほこのちご鉾の稚児ほこまち鉾町
ほたるうり蛍売りほたるかご蛍籠ほたるがり蛍狩り
ほちゅうもう捕虫網ほろがや幌蚊帳ぼんきせい盆帰省
まつりのたこ祭りの蛸まむしざけ蝮酒まむしとり蝮捕り
まるはだか丸裸みずうつ水打つみずまき水撒き
むいかのあやめ六日の菖蒲むぎわらぼう麦稈帽むしゃにんぎょう武者人形
やぐるま矢車やどゆかた宿浴衣やまびらき山開き
やまほこ山鉾よししょうじ葭障子よしすだれ葭簾
よしびょうぶ葭屏風よづりぶね夜釣舟よぶりび夜振り火
よりまさき頼政忌よろいかざる鎧飾るらしん裸身
らたい裸体れいぼうしゃ冷房車
仲夏 / 植物 (菌・藻・草・木)
季語読み季語読み季語読み
あいりすアイリスあおいあおかび青黴
あさざ莕菜あじさい紫陽花あつもりそう敦盛草
あまどころのはな甘野老の花あまのはな亜麻の花あまりりすアマリリス
あやめ菖蒲いちいがしのはないちいがしの花いのはな蘭の花
いものはな芋の花ういきょうのはな茴香の花うきくさのはな萍の花
うきは浮き葉(蓮)うじころしうじころし(草)うつぼぐさ靫草
うめのみ梅の実うるしのはな漆の花えごのはなえごの花
えぞにゅうえぞにゅうえのきのはな榎の花おうちのはな棟の花
おうとう桜桃おにうるし鬼うるしおもだか沢瀉
おらんだあやめ和蘭あやめおりいぶのななオリーブの花があべらガーベラ
かきつばた杜若・燕子花かきのはな柿の花がくのはな額の花
がくばな額花かこそう夏枯草かび
かびけむり黴煙かぼちゃのはな南瓜の花からすびしゃく烏柄杓(半夏)
からなでしこ唐撫子かわほね河骨かんしょのはな甘藷の花
がんぴのはな雁皮の花きくらげ木耳きつねのてぶくろきつねのてぶくろ
きりんそう麒麟草きんかんのはな金柑の花きんぎょそう金魚草
きんしとう金糸桃きんしばい金糸梅きんせんかいどう金線海裳
ぎんりょうそう銀龍草くさのう白屈菜くさむす草蒸す
ぐずべりいグズベリーくちなしのはな山梔子の花くねんぼのはな九年母の花
ぐらじおらすグラジオラスくりのはな栗の花くわいちご桑苺
くわのみ桑の実けしのみ罌粟の実けしぼうず罌粟坊主
こうじのはな柑子の花こうほね河骨こうめ小梅
こけのはな苔の花ごしゅゆのはな呉茱萸の花こちょうか胡蝶花
ことしだけ今年竹こばんそう小判草こまちそう小町草
さかきのはな榊の花さくらのみ桜の実さくらんぼ桜桃
さくらんぼう桜坊ざくろのはな石榴の花ささゆり笹百合
さつき杜鵑花さつまいものはな甘藷の花さといものはな里芋の花
さらさどうだん更紗満天星さるびあサルビアしいのはな椎の花
じぎたりすジギタリスしげみ茂みしちへんげ七変化
しもつけ繍綿菊じゃがいものはな馬鈴薯の花じゃがたらのはなじゃがたらの花
じゅうやく十薬しょうぶ菖蒲しょうぶえん菖蒲園
じょちゅうぎく除虫菊しろきくらげ白木耳しろどうだん白満天星
すいかのはな西瓜の花すえつむはな末摘花すぐり酸塊
すとけしあストケシアせきちく石竹せりのはな芹の花
せんだんのはな栴檀の花だいだいのはな橙の花たちあおい蜀葵
たわらむぎ俵麦ちぇりいチェリーちしゃのきちしゃ(えご)の木
ちどりそう千鳥草ちょうちんばな提灯花つゆきのこ梅雨菌・茸
つゆたけ梅雨茸つりがねそう釣鐘草ていかかずら定家葛
とうがらしのはな蕃椒の花とうなすのはな唐茄子の花ときそう鴇草
どくだみ蕺草・蕺菜とべらのはな海桐の花とらのお虎尾草
なつのくさ夏の草なのりそ莫告藻なるとかん鳴門柑
なわしろいちご苗代苺なわしろぐみ苗代茱萸なんてんのはな南天の花
にしきぎのき錦木の花にほんたちばな日本橘にんじんのはな人参の花
にんにくのはな蒜の花ねじばな捩花のこぎりそう鋸草
はえとりぐさ蝿捕り草はごろもそう羽衣草はじ
はすのうきは蓮の浮葉はぜのはな櫨の花はなあおい花葵
はなおうち花樗はなかぼちゃ花南瓜はなくちなし花山梔子
はなくわい花慈姑はなごけ花苔はなさかき花榊
はなじゅんさい花蓴菜はなしょうぶ花菖蒲はなたちばな花橘
はなびし花菱はなみょうが花茗荷はなゆず花柚子
はまひるがお浜昼顔はるぐみ春茱萸はんねんこう半年紅
ひえんそう飛燕草ひしのはな菱の花ひでりぐさ日照草
びようやなぎ未央柳ひよどりじょうご・鵯上戸の花ひるがお昼顔・鼓子花
びわ枇杷ふうりんそう風鈴草ふきにおう蕗匂う
ふきのは蕗の葉べにつみ紅花摘みべにどうだん紅満天星
べにのはな紅の花べにはなあま紅花亜麻へんるうだ芸香
ほおずきのはな鬼灯の花ほたるぶくろ蛍袋まさきのかずら柾の葛
またたびのはな天蓼の花まゆみのはな檀の花まるすぐり丸酸塊
みかんさく蜜柑咲くみかんのはな蜜柑の花みつがしわ三つ柏
むしとりなでしこ虫取撫子もちのはな黐の花もっこくのはな木斛の花
ものはな藻の花やぐるまぎく矢車菊やぐるまそう矢車草
やぶみょうが藪茗荷やぶれがさ破れ傘やまうるし山漆・山漆樹
やまごぼうのはな山牛蒡の花やまぢさ山苣(えごの木)やまはぜ山黄櫨
やまもも楊梅ゆきのした雪の下ゆすら梅桃
ゆすらうめ山桜桃・梅桃・英桃ゆのはな柚の花ゆりのはな百合の花
らずべりいラズベリーらべんだあラベンダーるりぎく瑠璃菊
ろくろぎろくろぎ(えご)わかたけ若竹
仲夏 / 動物 (虫・介・魚・鳥・獣)
季語読み季語読み季語読み
ありのみち蟻の道いえばえ家蝿いそがに磯蟹
うしがえる牛蛙うじぼたる宇治蛍うまばえ馬蝿
うみがめ海亀えだかわず枝蛙おしぜみ唖蝉
かばしら蚊柱かまきりうまる蟷螂生まるかわがに川蟹
かんう換羽きんばえ金蝿くさぼたる草蛍
くものたいこ蜘蛛の太鼓げんじぼたる源氏蛍げんじむし源氏虫
こうがいびる笄蛭こが蚕蛾ごみ鯰ごみ鯰
さんが蚕蛾しき夜光虫しまとかげ縞蜥蜴
しょうがくぼう正覚坊(青海亀)すずめのたご雀の担桶(虫)すずめのたまご雀の卵(虫)
すずめのたんご雀のたんご(虫)すりばちむし擂り鉢虫せみうまる蝉生まる
たいこむし太鼓虫たいまい玳瑁つゆなまず梅雨鯰
つゆのちょう梅雨の蝶つゆひぐらし梅雨蜩とびあり飛び蟻
とびのうお飛びの魚とびら飛びらとんぼうまる蜻蛉生まる
なまずにごりぶな濁り鮒はつひぐらし初蜩
はぬけどり羽抜け鳥ひが火蛾ひき夜光虫
ひぐらしはじめて・蜩始めて鳴くひとりむし灯取り虫ひむし灯虫
ひめぼたる姫蛍ぶんぶんブンブンへいけぼたる平家蛍
ほたるほたるがっせん蛍合戦ほたるび蛍火
みちおしえ道教えむぎわらざめ麦藁鮫むぎわらだい麦藁鯛
むぎわらだこ麦藁蛸むぎわらはぜ麦藁鯊もりあおがえる森青蛙
やごやごやまあり山蟻やまかがし赤棟蛇
らいけい雷鶏るりとかげ瑠璃蜥蜴