野ざらし紀行 熱田・鳴海

野ざらし紀行・索引

東海道伊勢伊賀上野1大垣熱田奈良熱田・鳴海甲斐・深川
原文・訳文原文・訳文原文・訳文原文・訳文原文・訳文原文・訳文原文・訳文原文・訳文
旅程・足跡旅程・足跡旅程・足跡旅程・足跡旅程・足跡旅程・足跡旅程・足跡旅程・足跡
送別松葉風瀑亭芭蕉生家山中やまなか七里奈良への道付合、桑名甲斐の山家
旅立ち外宮竹内不破熱田の茶店梅の竹内熱田三歌仙2資料:寄留先
箱根越え内宮当麻寺木因亭名古屋東大寺二月堂熱田三歌仙3深川芭蕉庵
同行千里西行谷吉野山草稿句草枕京都、鳴滝蛭が小嶋桑門旅の後
富士川茶店宿坊多度権現熱田2伏見杜国餞別***
大井川閑人の茅舎西行庵桑名熱田三歌仙1大津送別***
小夜中山峠付合後醍醐天皇陵浜の地蔵堂伊賀上野2水口付合、熱田***
まとめまとめまとめまとめまとめまとめまとめまとめ

講読、その八「熱田、鳴海」

 芭蕉は、門弟千里を連れ、「野ざらし紀行」の旅に出、伊勢の神宮参拝後、郷里伊賀上野を経て、千里の生家竹内に至ります。竹内からは一人旅、吉野を巡り、大垣の木因を訪問、木因と桑名、熱田へ。さらに、単身名古屋へ出向き、冬の日五歌仙を巻きます。

 さらに、郷里で新年を迎え、奈良、京都、伏見、大津、水口と巡り、熱田で三歌仙を完成させ、鳴海から帰途に着きます。

 このページでは、芭蕉真蹟「天理本」・「藤田本」を元に、熱田、鳴海の段を取り上げ、原文・訳読み文・現代語訳を示し、「木因宛書簡・其角宛書簡」・「熱田三歌仙・幽蘭集」・「千鳥掛」・「春の日」などを資料にして、講読していきます。

 また、旅程表を作成し、講読の資料としつつ、この旅の実態を明らかにしていきます。


野ざらし紀行
原本line

1 「原文・現代語訳」の文は、芭蕉の真蹟「天理本」による。

 ・ 巻末に付せられた、旅を補足する付合は、「関連句」(◆印)として示す。

2 講読の項に置いた文は、貞享年間の真蹟「藤田本」による。

 ※ どちらも、「芭蕉紀行文集、中村俊定校注(岩波文庫)」を参照。

凡例

1 各段は、便宜上設けたもので、原文にはない。

2 仮名漢字は、適宜変更している。
 ・ 仮名遣いの適正化。- おしむ→をしむ、山あい→山あひ

 ・ 用字や字体の変更。 - 影移り→影映り。杜國→杜国

 ・ 踊り字は、「々(同の字点)」「ゝ、ゞ(一の字点)」のみ。

野ざらし紀行「熱田、鳴海」 原文・現代語訳

㉞ 蛭が小嶋の桑門

 伊豆の国蛭が小嶋の桑門、是も去年の秋より行脚して、我跡をしたひ、おはりのくにまで尋きたりけるに 

 伊豆の国、蛭が小島の桑門、これも去年の秋より行脚して、我が跡を慕ひ、尾張の国まで尋きたりけるに、

 伊豆の国、蛭が小島の僧侶、この人も去年の秋から行脚して、私のたどるあとを慕って、尾張の国まで尋ねきたので、

  いざ共に穂麦くらはむくさまくら

  いざ共に、穂麦食らはむ。草枕

 ※ 句の訳は、講読・解説を参照。以下同。

 此僧我につげていはく、円覚寺大顚和尚、むつきのはじめ、迁化したまふよし、まことや夢の心地せらるゝに、先道より其角が方へ云遣しける。

 この僧、我に告げて曰く、「円覚寺大顛(だいてん)和尚、睦月の初め、遷化したまふ」よし、誠や夢の心地せらるるに、先づ道より、其角が方へ云ひ遣はしける。

 この僧が、私に、「円覚寺の大顛和尚が、この一月の初めに遷化なされた」との由を言う。本当のことかと、夢のような心地になって、何はさておき、道中ではあるが其角の元手紙を書いた。

 梅恋て卯の花拝むなみだかな

 梅恋ひて、卯の花拝む涙かな。

㉟ 杜国

 とこくにおくる

 杜国に贈る

 杜国に贈る

  しらげしにはねもぐてふの形見哉

  白芥子に翅もぐ蝶の形見かな。

㊱ 熱田留別

 ふたゝびあつたの桐葉子が許に有て、いまや吾妻に下ンとするに

 再び、熱田の桐葉子が許にありて、今や吾妻に下らんとするに

 再び、熱田の桐葉子の下にいて、間もなく吾妻の国に下ろうとするとき

 ぼたむしべふかくわけ出る蜂の余波哉

 牡丹蕊、深く分け出づる蜂の余波(なごり)かな。

㊲ 甲斐の山家

  かひの国山家に立よる

  甲斐の国、山家に立ち寄る

  甲斐国の山家に立ち寄る

 ゆく駒の麦になぐさむやどりかな

 行く駒の、麦に慰む、宿りかな。

㊳ 深川の庵

  卯月の末庵に帰りて、たびのつかれをはらす程に

  卯月の末、庵に帰りて、旅の疲れを晴らすほどに

  四月末、芭蕉庵に帰って、旅の疲れを癒やすうちに

 夏衣いまだしらみをとりつくさず

 夏衣。未だ虱を取り尽くさず。

野ざらし紀行天理本所載、「桑名、熱田、鳴海」関連の句

熱田、その1

◆⑫              あつた
 つくづくと榎木の花の袖にちる  桐葉
  独りちやを摘やぶのーツ屋   蕉

  つくづくと、榎木の花の袖に散る。  (熱田)桐葉

   独り茶を摘む、薮の一つ家。        芭蕉

鳴海

◆⑬                鳴海
 夏草よ吾妻路まとへ五三日      若照
  かさもてはやす宿の卯の雪     蕉

  夏草よ吾妻路まとへ五三日。     寂照(知足)

   笠持て囃す、宿の卯の雪。     芭蕉

熱田、その2

◆⑭(熱田の会)
  独書をみる草の戸の中
 二町程西に碪のきこゆ也    (芭蕉)

  独り書を見る、草の戸の中。

 二町ほど西に、砧の聞こゆなり。    (芭蕉)

桑名・熱田・鳴海のうち

◆⑮
  佗おもしろくとちのかゆ煮る
 さらしなの里の碪をうちにゆき (芭蕉)

   佗、面白く、橡の粥煮る。
  更科の、里の碪を、打ちに行き。      (芭蕉)

◆⑯
  榎木の風の豆がらをふく
 寒き炉に住持は独柿むきて   (芭蕉)

   榎木の風の、豆殻を吹く。
  寒き炉に、住持は独り、柿剥きて。     (芭蕉)

◆⑰
  小僧ふたりぞかしこまりける
 朝鮮のゑかきにならの酒をくみ (芭蕉)

   小僧二人ぞ、畏まりける。
  朝鮮の絵描きに、奈良の酒を酌み。    (芭蕉)

◆⑱
  我恋は色紙をもてる笑より
 宮司が妻にほれられて佗    (芭蕉)

   我が恋は、色紙を持てる笑ひより。
  宮司が妻に、惚れられて佗ぶ。       (芭蕉)

熱田、その3

◆⑳(熱田三歌仙「つくづくと」25・26)
 うち被前垂の香のなつかしく  (桂楫)
  君にもたれて酒かひに行ク  (芭蕉)

   うち被く、前垂の香の懐かしく。      (桂楫)
  君にもたれて、酒買ひに行く。        (芭蕉)

◆㉑(熱田三歌仙「つくづくと」34・35)
  木の間木の間に星みゆるかげ (桐葉)
 宮守が油さげ行花のおく    (芭蕉)

   木の間木の間に、星見ゆる影。      (桐葉)
  宮守が、油提げ行く花の奥。         (芭蕉)

桑名

◆㉓(本統寺の会)
  薄をきりて篷にふきけり
 琵琶負て鹿聞に入篠のくま   (芭蕉)

   薄を切りて、苫に葺きけり。
  琵琶負ひて、鹿聞きに入る篠の隈。     (芭蕉)

原文・口語訳][旅程表][ 付合、桑名熱田三歌仙2熱田三歌仙3蛭が小嶋の桑門杜国餞別送別付合、熱田 ][まとめ

野ざらし紀行 旅程5「桑名、熱田、鳴海」

貞享元年12月25日~貞享2年3月22日桑名到着まで

月日line時分line

記事

line

移動line距離line累計line

貞享2年3月22日~24日、桑名本統寺

3/2206:00亀山発---
15:00<亀山→桑名本統寺>本統寺に三日逗留。桑名本統寺35.8 1340

「本統寺に三日逗留」は、3月26日付木因宛書簡による。

3月25日~4月9日、熱田桐葉亭・鳴海知足亭

3/2506:00桑名発---
11:40<桑名本統寺→桑名-七里の渡し→熱田→桐葉亭>桐葉亭に五三日逗留。熱田桐葉亭29.0 1369
3/26-3月26日付木因宛書簡 〃--

3月26日付木因宛書簡から、熱田到着を前日と仮定している。書簡に、「五三日逗留」の予定。

3/27-熱田白鳥山法持寺で、歌仙「何とはなしにの巻」興行、熱田桐葉亭1.1 1370
3/28か29-桐葉亭で、歌仙「つくづくとの巻」興行。 〃- 1370
4/1~3の内-良医欄木起倒亭に一、二宿。※補足資料起倒亭- -
4/406:00桐葉亭発-  - -
07:50鳴海知足亭で九吟二十四句「杜若の巻」興行。鳴海知足亭7.3 1378
4/506:00知足亭発---
07:50熱田に戻る。其角宛書簡。熱田桐葉亭7.3 1385
4/8か9-桐葉と「ぼたむしべ」付合。  〃--
4/906:00桐葉亭発---
07:50鳴海に行く。知足と「夏草よ」付合。鳴海知足亭7.3 1392
4/1006:00知足亭発---
06:00甲斐路、下旬江戸帰着木曽路経由-1392
原文・口語訳][旅程表][ 付合、桑名熱田三歌仙2熱田三歌仙3蛭が小嶋の桑門杜国餞別送別付合、熱田 ][まとめ

野ざらし紀行 講読「熱田・鳴海」

草稿・付合「琵琶負て」、桑名本統寺

  薄(すすき)を伐りて、苫に葺きけり。

 琵琶負ひて、鹿聞きに入る。篠(ささ)の隈。  (芭蕉)

罫線

芭蕉、付合 「野ざらし紀行」草稿


◆㉓(本統寺の会)
   薄をきりて蓬にふきけり
  琵琶負て鹿聞に入篠のくま  (芭蕉)

 

line
書生line

桑名本統寺の会で、

短句「ススキを刈り取って、雨露をしのぐ苫を葺いた」

芭蕉、長句「琵琶を担ぎ、鹿の声を聞こうと、細竹の群生う中を分け入った」


琢慧上人、古益との会ですか。

line

隠居

この付合は、草稿の末尾にあり、短句の作者名はない。おそらくは、芭蕉で、古益との両吟で2句続けて詠んだものかと思う。

次の書簡、一度読んだものですが、本統寺で詠んだと分かるところを抜いて、も一度。

貞亨2年7月18日付、千那・尚白・青鴉宛書簡
 <抄>
   下向のころ、桑名本統寺御会に
  薄を切つて苫に茨き(ふき)けり
 琵琶負うて鹿聞きに入る篠のくま(隈)

書生

「鹿聞く」は、「坂本で一宿」の思い出ということでしたね。

隠居七里の渡跡

海路の日和を待ったのか、3日間逗留しています。

熱田、宮の宿へは、七里の海路。

住吉神社で、航海の無事を祈り、蟠龍櫓(ばんりゅうやぐら、写真中央)のある船着き場に向かう。

 

「本統寺に三日逗留」は、熱田でしたためた木因宛書簡で分かる。

書生

例の、旅程の基準にした書簡ですか。

資料 木因宛礼状

貞享2年3月26日付、谷木因宛書簡
書生line

 方々一見仕り候ふて、この度帰庵に及び申し候ふ。いよいよ御無事に御座候ふや。当春恙なき様に承り及び候ふて、珍重存じ奉り候ふ。
本統寺様に三日逗留、御噂度々に及び申し候ふ。
   京鳴滝、三井秋風閑居梅林に遊びて
 梅白し昨日や鶴を盗まれし
  杉菜に身する牛二つ馬一つ
             亭主 秋風
 我桜鮎さく枇杷の広葉哉
  筧にうごく山藤の花     桃青
 日の霞夜銅の気をしりて    湖春
   又、山家
 樫の木の花にかまはぬ姿哉   桃青
  家する土をはこぶつばくら  秋風

その外書く事、少々紙狭く(せばく)、先ず打ち捨て申し候ふ。無事に帰庵の旨、嗒山公、如行子へ、早々御噂願ひ奉り候ふ。尾張熱田にて五三日休息、何とぞ独り木曽路の旅、望みに存じられ候ふ。不定不定。
  三月二十六日
 木因 様

                         桃青


句はすべて秋風亭でのものですね。

line

隠居

「秋風を訪ねたことに限定して報告した」ということは、木因の紹介であったか、路銀を調達したのが木因であったかでしょうな。その点で、「笈の小文」の猿雖宛書簡、「更科紀行」の荷兮宛書簡に通うものがあります。

書生

「熱田で数日休息し、木曽路で帰る予定」と読めますが。

隠居

「不定(ふじょう)」とありますから、決定ではありません。飽くまでも心づもりですな。

原文・口語訳][旅程表][ 付合、桑名熱田三歌仙2熱田三歌仙3蛭が小嶋の桑門杜国餞別送別付合、熱田 ][まとめ

資料、「熱田三歌仙」暁台編、その2

貞享2年3月27日、歌仙「何とはなしに」

法持寺

<白鳥山法持寺>

 

 空海の熱田神宮参詣の折、日本武尊を敬い、延命地蔵菩薩像の祠建立に始まる。

 白鳥陵宝物護持の意で、宝持寺と称する。

 後、曹洞宗の寺院として法持寺に改称。

 寺域は、日本武尊の陵墓と伝えられる白鳥陵に接している。

 また、寺の由緒書きには、「『菫草』の句について、桐葉の次女『佐与』が幼くして亡くなったことから、芭蕉は、佐与が元気だったころを思い出し、道端の菫草にその姿を重ねて、可憐だった佐与を懐かしんで詠句した」とあると言う。

    1 発句   何とはなしに何やら床し菫草   芭蕉
    2 脇     編笠しきて蛙聴居る      叩端
    3 第三   田螺わる賤の童のあたゝかに   桐葉
    4 初オ4   公家に宿かす竹の中みち    芭蕉
    5 初オ5  月曇る雪の夜桐の下駄すげて   叩端
    6 初オ折端  酒飲む姨のいかに淋しき    桐葉
    7 初ウ折立 双六のうらみを文に書尽し    芭蕉 双六=芸者・女中
    8 初ウ2   琴爪をしむ袖の移リ香     叩端 ことづめ
    9 初ウ3  髪下す侍従が娘おとろへて    桐葉
   10 初ウ4   野ゝ宮のあらし祇王寺の鉦   芭蕉 かね
   11 初ウ5  虚樽に色なる草をかたげ添    叩端 からだる
   12 初ウ6   藝者をとむる名月の関     桐葉 芸者=遊芸人
   13 初ウ7  面白の遊女の秋の夜すがらや   芭蕉
   14 初ウ8   燈風をしのぶ紅粉皿      叩端 ともしび、べにざら
   15 初ウ9  川瀬行髻を角に結分て      桐葉 たぶさ、つの-男児髪型
   16 初ウ10  舎利とる滝に朝日うつろふ   芭蕉 舎利-砂利?
   17 初ウ11 畏る石の御座の花久し      叩端 おまし=仏像の蓮台
   18 初ウ折端  羽織に酒をかへる櫻屋     桐葉 酒屋の仮名
   19 名オ折立 歌よみて女に蝅おくりけり    芭蕉 かいこ=蚕
   20 名オ2   枕屏風の画になみだぐみ    叩端
   21 名オ3  聞なれし笛のいろへの遠ざかり  桐葉 能楽、笛の奏法
   22 名オ4   三ツ股のふね深川の夜     芭蕉 みつまた-旧芭蕉庵辺り
   23 名オ5  菴住やひとり杜律を味ひて    叩端 いおずみ
   24 名オ6   花幽かなる竹こきの蕎麦    桐葉 扱き竹-脱穀用の長箸か
   25 名オ7  いかに鳴百舌鳥は吹矢を負ながら 芭蕉
   26 名オ8   水汲む小僧袖ひやゝかに    叩端
   27 名オ9  月明て打板ばん山をへだつらん  桐葉 ちょうばん-禅寺の打ち板
   28 名オ10  雲は夜盗の跡埋むなり     芭蕉
   29 名オ11 むら雨のそゝぎ捨たる馬の沓   叩端
   30 名オ折端  ひとつ兎の瓜喰ふ音      桐葉 くらう
   31 名ウ折立 笠みゆる人は葎にとぢられて   芭蕉 葎に隠れ、笠だけ見え
   32 名ウ2   男やもめの老ぞかなしき    桐葉
   33 名ウ3  風くらき大年の夜の七ツ聞    叩端 午前4時頃
   34 名ウ4   御門をたゝく生鯉の奏     芭蕉 祝いの献上
   35 名ウ5  常盤山常盤之介が花咲て     桐葉 仮の名称
   36 挙句    霞に残る連歌師の松      叩端 宗祇の詠んだ松か?

書生line

寺の由緒書きに、「桐葉の亡き次女を思い出し」とありますが、熱田に初めて来たのが前年10月ですね。

line

隠居

そうなる。その5か月後の3月には、儚くも次女は亡くなっていたということですな。

書生

「可憐だった佐与を懐かしんで」詠むと、「何とはなしに」とか「何やら床し」になりますか。

可愛い可愛い佐与です。失礼ですよ。

隠居

眼前の菫草に、可愛い佐与の面影を「何となく」感じ取ったのでしょう。菫が床しいのです。

書生

これがもし、追悼の会なら、36句中にそれと分かる句があるはずですが、見当たりません。

それどころか、桐葉は、「髪下す侍従が娘おとろへて」と、恋句の付けに興じています。

隠居

そうですか。

追悼の句会ではありませんが、佐与を喩えたことの否定にはなりません。

書生

それと、「菫草の句は、佐与を哀悼するものだったが、大津への山路で詠んだものとして、『山路来て』に改案した」と書いたものを読んだことがあります。

菫草の句は春季、この後大津へは行きません。

隠居

推測を交えた解説ですな。よくあることですが。

確かに、菫草の句は、京から大津への小関越えで、既に詠んでいました。

 何とはなしに何やら床し菫草

これが初案で、千那にも伝えてあった。

それが、5月12日までに、「山路来て」と改案した。

その根拠となる書簡を読みますか。

貞享2年5月12日付、三上千那宛書簡
書生line

 

貴墨、辱く(かたじけなく)拝見、御無事の由、珍重に存じ奉り候ふ。其元(そこもと、大津に)滞留の内、閑語を得候ふて、珍希に覚え申し候ふ。
一、愚句其元にての句
辛崎の松は花より朧にて  と御覚え下さるべく候ふ。
山路来て何やらゆかしすみれ草
<略>

   五月十二日            芭蕉桃青
 千那貴僧


はあ、この2句は改案したと。これが決定句だと。

line

隠居

菫草の句は、初案のまま、熱田での発句としたことが分かろう。

書生

はい、初案ですね。

追善とまでいかなくとも、桐葉の娘を哀悼する意があるなら、脇は桐葉のはず。脇は叩端ですね。叩端は法持寺の住職ですか?

隠居

それは知らぬ。

書生

叩端の脇、

 編笠しきて蛙聴居る

これに追悼の思いがあるなら、蛙のお経ですか。金魚経なら聞いたことがありますが。

隠居

で、

書生

編み笠を敷いて聞いたのは芭蕉。芭蕉は一座に、この句の由来を話したのでしょう。

蛙は、路通の鼾です。

菫が路通であれば、この脇もすっきり解釈できます。

隠居

そこへきたか。

さて、「熱田三歌仙」の「何とはなしに」巻末に、「右蕉翁真蹟有暮雨巷」とありますな。暮雨巷は暁台の号であるから、三歌仙のこの巻は、芭蕉真蹟を元にしたと分かります。

日付は、「一葉集」の前書にある「貞享二乙丑年三月二十七日」を頼れば、木因宛書簡の翌日となる。

つまり、熱田に着く、翌日書簡を書く。その翌日、「何とはなしに」を発句に歌仙を編む。

よく合いますな。何ら不都合はない。

時に、この年の立夏はいつでしょう。

書生

はい、4月5日です。

隠居

そうですか。4日に鳴海へ行き、夏季の句を詠んでいます。4月1日から夏にしていたかも知れません。

3月の晦日(つごもり)はどうでしょう。

書生

はい、小の月で、29日です。

隠居

とすると、次の「つくづくとの巻」は、春の内28・29日に絞られますな。

原文・口語訳][旅程表][ 付合、桑名熱田三歌仙2熱田三歌仙3蛭が小嶋の桑門杜国餞別送別付合、熱田 ][まとめ

資料、「熱田三歌仙」暁台編、その3

貞享2年3月28日か29日、歌仙「つくづくと」

<桐葉略歴>

林桐葉(とうよう)、若い頃は、木而、木示(もくじ)。通称林七左衛門。熱田神宮南市場町の素封家。芭蕉は木因を介して会い、「旅舎桐葉のあるじ」と書く。芭蕉の9歳下。能筆で、「熱田皺筥物語(あつたしわばこものがたり)」の版下を書く。正徳2年(1712)没。60歳。

<東藤略歴>

穂積東藤(とうとう)、別号扇川堂、元日坊。 鳴海の中心部を流れる扇川近くに住む。著述が巧みで、1695俳撰「熱田皺筥物語」編、 1702祖月「蓬莱嶋」入、暁台「熱田三謌僊(あつたさんかせん)」入。生没未詳。

<叩端>こうたん、姓若原。熱田の蕉門俳人。

<閑水>かんすい、別号信暁。熱田の蕉門俳人。

<工山>こうざん、熱田の蕉門俳人。

<桂楫>けいしゅう、熱田の蕉門俳人。

    1 発句   つくづくと榎の花の袖に散る    桐葉 じっと眺めると
    2 脇     獨り茶をつむ藪の一家      芭蕉 ひとつや
    3 第三   日影山雉子の雛を追はへ来て    叩端 陽が当たる山、追はえ=追い続け
    4 初オ4   清水をすくふ馬柄杓に月     閑水 ばびしゃく
    5 初オ5  面白き野邊に鮓賣ル草の上     東藤 すし-鮒の熟れ鮨
    6 初オ折端  宿のみやげに撫子を掘る     工山 根こそぎ掘る
    7 初ウ折立 はな帋に都の連歌書つけて     芭蕉 花紙=懐紙
    8 初ウ2   暮る大津に三井の鐘きく     叩端 くるる
    9 初ウ3  雪を侘ぶ漁の姥が袖を見よ     工山 いさり、比良暮雪
   10 初ウ4   寐に行鴨の四五百の空      桐葉 
   11 初ウ5  松風の饗に酒を飲つくし      閑水 もうけ
   12 初ウ6   ほとけを刻む西谷の僧      東藤 叡山の西谷
   13 初ウ7  烏羽玉の髪切ル女夢に来て     叩端 うばたま
   14 初ウ8   恋をみやぶる朝㒵の月      芭蕉 あさがお
   15 初ウ9  秋は猶唯味き物喰ひけり      桐葉 うまきものくらい
   16 初ウ10  白子の太夫わが霧の海      工山 しろこ-伊勢の宿場
   17 初ウ11 浪よする鯨の骨に花植て      東藤
   18 初ウ折端  陰干す於期のかづら這ふ道    叩端 おごのり=海髪
   19 名オ折立 笠持て霞に立る痩男        芭蕉 もちて
   20 名オ2   五重の塔のほとり夕暮      桂楫
   21 名オ3  鶺鴒の尾を蜘蛛の囲に懸られて   叩端
   22 名オ4   風に身を置けふの討死      桐葉
   23 名オ5  筆とりて朴の廣葉を引撓め     叩端 ひきたわめ
   24 名オ6   田舎祭リに物見そめたる     東藤
◆⑳ 25 名オ7  うちかづく前だれの香をなつかしく 桂楫 恥じらい被る
   26 名オ8   たはれて君と酒買にゆく     芭蕉
   27 名オ9  銀の鉢に鮊およがせて       桐葉 しろうお、素魚
   28 名オ10  おほん帰京の時を占ふ      工山 おおん=御
   29 名オ11 韃靼の東の寺の月凄く       東藤 だったん
   30 名オ折端  猿手の粟の何をまねくぞ     叩端 さるで
   31 名ウ折立 蟬鳴てまだ澁柿の秋の空      芭蕉
   32 名ウ2   草屋幽に馬の尾の琴       工山 そうおくかすかに
   33 名ウ3  哀なる乘物燒て帰る野に      東藤 棺を載せた乗り物ごと
◆㉑ 34 名ウ4   入日の跡の里二ツ三ツ      桐葉
   35 名ウ5  宮守が油さげつも花の奥      芭蕉
   36 挙句    つゝじのふすま着たる西行    桂楫 西行「花の衾」歌

書生line

花が袖に散ると言うと、涙を連想しますが。

line

隠居

「つくづくと」と言うと、「物を思う」ですな。

 つくづくとものを思ふにうちそへて をりあはれなる鐘の音かな  西行

儚くも亡くなった次女の佐与を偲んでの句ですかな。

「花」と「袖」と「涙」は、

 さかりなりし梢の花を庭にみれは 袖に涙そさらにちりぬる  西行

「花」と「袖」と「子」は、

 花ををしむ心の色の匂ひをば 子を思ふおやの袖にかさねん  西行

書生

「可憐だった佐与を懐かしんで」詠んだのは、桐葉でしたか。

とすると、芭蕉の脇句が……

隠居

「独り茶を摘む」と、その心情を受け、「薮の一つ家」と景を添えています。

書生

なるほど、発句と脇で一つの世界ができています。

で、発句の季語「榎木の花」ですが、ご隠居の季語蔵には、仲夏とあります。

脇の「茶摘み」は、晩春で合いませんが。

隠居

俳句の慣習で、榎の花は夏に分類しますが、実際は、陰暦3月で、桜とそう変わりません。事実この歌仙では、春と見なしたようですな。

書生

発句は、西行の歌を踏まえていましたか。

隠居

そう見えるな。脇も西行の面影か。

だから挙句は西行で締める。

 木のもとに旅ねをすれば芳野山 花の衾(ふすま)をきする春風

書生

前句が花の句なので、躑躅の衾。なるほど。

隠居

ところで、この発句と脇、「熱田皺筺物語」に付合として入り、詞書きがあります。

読みますか。

書生

誓願寺

おなじく二年の春、又わらんぢをときて、景清が屋敷をとぶらひ、頼朝誕生の旧跡見んとのたまひければ、人々それに応ず。

道のほとりにて、

 

つくづくと榎の花の袖にちる    桐葉

 

  ひとり茶を摘む藪の一つ屋   翁


頼朝誕生の旧跡でしたか。

先に地図で見ましたね。

隠居

井戸

そう。

白鳥山法持寺の南東、熱田神宮に近いところにある誓願寺です。信濃善光寺、伊勢慶光院と共に、ここの尼僧住持は、日本三上人とあがめられていました。

ここに産湯の井戸があります。

熱田大宮司の別邸で、その娘でありますが、義朝の正室由良御前となり、実家であるここで頼朝を産んだというわけです。

昔は、この北に隣接して清め茶屋がありましたな。空襲でやられたそうですが。

書生

災難ですね。しかし、清め茶屋は天明5年(1785)創建ですから、関係ありませんね。私、きよめ餅は、空き箱しか知りませんし。

ともあれ、芭蕉の所望で頼朝誕生の地を訪れる道で、桐葉が詠んだのですね。

「つくづくと榎の花を見入る」、この思い入れは何でしょう。頼朝や由良御前とつながるでしょうか。

隠居

芭蕉でなく、桐葉ですから、やはり、亡き娘佐与でよいでしょう。菩提寺の法持寺も近い。

さて、この歌仙には、天理本、草稿の付合が、二つ含まれています。

草稿・付合「うち被く」

  うち被く、前垂の香の懐かしく。   (桂楫)

   君にもたれて、酒買ひに行く。   (芭蕉)

罫線

芭蕉、付合 「野ざらし紀行」草稿


◆⑳(熱田三歌仙「つくづくと」25・26)
 うち被前垂の香のなつかしく    (桂楫)
  君にもたれて酒かひに行ク    (芭蕉)

 

line
書生line

桂楫、名オ7「見初めた人に恥ずかしく、前垂れを被ると、懐かしい香が匂う」

芭蕉、名オ8「いとしい人に甘えて、馥郁と香る酒を買いに行く」


それぞれ改案されていますが、芭蕉句は「たはれて(戯れて)」が「もたれて」になりましたか。

line

隠居

卑しくない人が卑しい人のまねをした様で、恋心を表したようですな。「もたれて」のほうが、しぐさとして伝わります。

書生

身分ある人の忍び合いでしょうか、町中で。ふと想像してしまいました。酒を飲んでどうするのでしょう。

隠居

それは知らぬ。

草稿・付合「木の間」

   木の間木の間に、星見ゆる影。 (桐葉)
  宮守が、油提げ行く花の奥。    (芭蕉)

罫線

芭蕉、付合 「野ざらし紀行」草稿


◆㉑(熱田三歌仙「つくづくと」34・35)
  木の間木の間に星みゆるかげ (桐葉)
 宮守が油さげ行花のおく      (芭蕉)

 

line
書生line

桐葉、名ウ4「野辺送りの帰り道、木の間木の間に、星影が見える」

芭蕉、名ウ5「歩いて行くと、折しも花の時期、宮守が油提灯で照らしながら、満開の花の奥に吸い込まれていく」


歌仙の桐葉句、「入日の跡の里二ツ三ツ」が、すっかり変わりました。

line

隠居

差し替えですな、時分が定まりますから。

書生

なるほど、付けの参考になります。

隠居

そういう意図でしょう。草稿に、芭蕉が付合を付したのは。

原文・口語訳][旅程表][ 付合、桑名熱田三歌仙2熱田三歌仙3蛭が小嶋の桑門杜国餞別送別付合、熱田 ][まとめ

資料、「千鳥掛」知足編、蝶羽刊

貞享2年4月4日、歌仙「杜若」

- 鳴海六俳仙 -

知足らが、この年芭蕉に入門する前は、談林西鶴門であった。

<知足略歴>

下里知足(ちそく)、名吉親、通称金右衛門・三五郎・勘兵衛、別号蝸廬亭、法名寂照、湛然。酒造千代倉当主。この年46歳。「尾陽鳴海俳諧喚続集」、「多日万句羅」、「十一百韻」、「知足斎日々記」、「千鳥掛」など。蝶羽は子。元禄17年(1704)没、65歳。

<菐言略歴>

寺島菐言(ぼくげん)、名安規、通称伊右衛門・四郎左衛門。鳴海城南、根古屋の本陣桝屋主。知足の母永参尼の弟。この年40歳。「鳴海名所抄」著。享保21年(1736)没、91歳。酒田の寺島安種は弟。

<安信略歴>

寺島安信(やすのぶ)。通称嘉右衛門、別号安宣、屋号根古屋。菐言の弟で、本陣寺島家の分家。10年ほど前、酒田の修行から戻り、知足から問屋場を引き継ぐ。この年38,9歳。三王山の屋敷跡に芭蕉自筆の碑「千鳥塚」。享保7年没、75,6歳。

<自笑略歴>

岡島自笑(じしょう)、通称左助・庄三郎。刀匠としては出羽守氏雲。貞享4年(1687)、芭蕉を自宅に招く。正徳3年(1713)没、60歳くらいか。

<重辰略歴>

児玉重辰(じゅうしん)、通称源右衛門。鳴海花井町問屋場の主。享保12年(1727)没、70歳くらいか。

<如風略歴>

如風(じょふう)、文英和尚、立翁。本陣前の曹洞宗如意寺6世住職。寺に芭蕉を2度招く。「洛陽集」、「七百五十韻」「阿羅野」入集。宝永2年(1705)没、50歳くらいか。

    1 発句   杜若われに發句のおもひあり   芭蕉
    2 脇     麦穂なみよるうるほひの末   知足
    3 第三   二つして笠する烏夕ぐれて    桐葉 笠を擦って飛ぶ
    4 初オ4   かへさに袖をもれし名所記   叩端 帰さ-帰るさ、帰るとき
    5 初オ5  住馴て月待ほどのうら傳ひ    菐言
    6 初オ折端  それとばかりの秋の風音    自笑 かざおと
    7 初ウ折立 捨かねて妻呼鹿に耳ふさぎ    如風
    8 初ウ2   念力岩をはこぶしたゝり    安信
    9 初ウ3  道の邊の松に一喝しめし置    重辰 しめしおき
   10 初ウ4   長者の輿に沓を投込む     芭蕉 こし
   11 初ウ5  から墫を荷ふ下部のうつゝなや  知足 現無し-ぼんやりする
   12 初ウ6   岸にかぞふる八百の鷺     桐葉
   13 初ウ7  森透に燈籠三つ四つ幽なる    叩端 もりすき、とうろ、かすか
   14 初ウ8   子をおもふ親の月さがしけり  重辰
     ※人の親の心は闇にあらねども子を思ふ道にまどひぬるかな 堤中納言(後撰集)
   15 初ウ9  それの秋すなる手打の悔しくも  知足
     ※土佐日記……男もすなる日記といふものを女もしてみんとてするなり。それの年の、しはすの
   16 初ウ10  猫ならば猫霧はれてから    如風 猫ならば猫にしておけ下手の虎
   17 初ウ11 鳥邊野に葛とる女花わけて    桐葉 くず
   18 初ウ折端  ねためる筋を春惜まるゝ    菐言
   19 名オ折立 燕に短冊つけて放ちやり     叩端 つばくら
   20 名オ2   亀盞を背負ふさゞなみ     芭蕉 さかずき
   21 名オ3  天氣さへ勅に應じて雲なびく   安信 ちょく=みことのり
   22 名オ4   五日の風の宮雨のみや     如風 伊勢の別宮、風の宮・雨の宮。五風十雨。
     ※この春は花を惜しまでよそならむこころを風の宮にまかせて  西行(山家集)
   23 名オ5  菓子賣も木がくれてのみ住はつる 自笑
     ※人知れぬ大内山の山守は木がくれてのみ月を見るかな 源三位頼政(千載集)
   24 名オ6   長屋の外面たつ名はぢらひ   知足 とのも

書生line

芭蕉、発句「名にし負う八橋のカキツバタ。発句にどう詠むか、工夫をしているところです」

桐葉、脇「麦が実って、並んで寄り合うほどで、ほどよい雨の潤があってのことです。」


八橋は、近いですね。

line

隠居

発句の勢いから、三河八橋での吟と思いたいところだが、調べてごらん。

伊勢物語の舞台は、無量寿寺があるところです。

書生

おや、池鯉鮒宿の北だ。距離は……約16キロ。往復すると1日がかりですね。

隠居

以外と遠いだろ。若いころ、年魚市潟、後に鳴海潟と呼ばれるが、そこから小堤西池の群落(これは、天然記念物)を経て八橋まで歩いたことがある。片道でも1日がかりでしたな。

書生

鳴海にカキツバタはありましたか。

隠居

ああ、ありましたな、「杜若」が。たまたま通った信号交差点の名前ですがな。

そのときは、万葉遠足で「吾のみやかく恋すらむ杜若 丹(に)つらふ妹はいかにかあるらむ」などと歌いながらな。

後に、この芭蕉句を味わうときに役立つとは、思いもしませんでしたが。

書生

鳴海にカキツバタはさいていましたか。

隠居

千鳥塚往事は咲いていたとのこと。
古鳴海(こなるみ)の池に群落があり、池から川となって水が落ちる。
その下流が「杜若」と呼ばれたそうだ。
熱田から東海道で鳴海に入ると、安信亭跡千鳥塚があるが、池はその北東1.5キロ。

遠回りだが、カキツバタを見て知足亭に行ったとしても差し支えはないでしょう。
まあ、知足亭の庭園にカキツバタが咲いていたとしても、何ら不思議はありませんが。

書生

芭蕉の意気込み、カキツバタを見て、「よし、我も業平のように、折り込んでみよう」とか、……

隠居

それはないでしょうな。

でも、貴君が連想したように、連衆を刺激したようですな。

かなり、古典や古歌の世界を詠み込んでいるでしょう。

書生

はあ、……確かに、鳴海の六俳仙、安信以外古典を引用していますね。

隠居

安信?……、安信もほれ、名オ3「勅に応じて雲なびく」、万葉ではないかな。

天智天皇御製、

 わたつみの豊旗雲に入日さし 今夜(こよひ)の月夜さやけかりこそ

このみことのりで、豊旗雲もなびいたわけだな。引用しているわけではないが、ちゃんと踏まえている。前句の「亀の漣」を、海の夕景と見定めて付けたのでしょう。

古典を踏まえるのも一興ですが、捌き手としては、原典を確認し、連衆に十分理解させて進めますから、時間もかかることでしょう。

書生

それで、24句止まりですか。折角の恋句に入ったのに。

時に、桐葉と知足は仲良しですか。

隠居

そうでしょう。

伝え聞いたことですが、桐葉の妻は知足のいとこです。

妻は大垣の下郷家の娘で、知足とは「従姉弟」だそうです。いとこを「従兄」とか「従妹」とか表しますが、本人同士の年齢によるものですから、ちとおかしい。

この年、知足は46歳、桐葉は33歳でしょう。知足を「従弟」、妻を「従姉」と表していますから、妻は46歳以上になります。

書生

現代なら、問題ありませんが。

隠居

当時女性の適齢期は16,7。18歳で嫁に来たとして、桐葉は、

書生

5歳ですね。まあ、ちょっとおかしい。

隠居

「ちょっと」ではありません。が、「いとこ」が否定されるわけではく、「従妹兄」ならおかしくはない。桐葉の妻は知足の縁者で、大垣の人とすると、木因との交流とつながります。

さて、熱田へ戻ります。



熱田、蛭が小嶋の桑門

<蛭が小島>

 静岡県伊豆の国市四日町の地名、伊豆箱根鉄道韮山駅の東辺り。源頼朝が、永暦元年(1160)伊豆国蛭島に配流されたのはここという説がある。

<大顛(だいてん)和尚>

道号梵千(ぼんせん)、俳号幻吁(げんう)。美濃の臨済僧。常陸の法雲寺、伊豆の浄因寺・長勝寺・国清寺の住持を経て、延宝4年(1676)鎌倉の円覚寺住職。貞享2年1月3日(4日とも)遷化、57歳。其角の師(俳諧・漢学・詩文)

いざ共に穂麦くらはむくさまくら (真蹟天理本)

 伊豆の国蛭が小島の桑門、これも去年の秋より行脚しけるに、我が名を聞て、草の枕の道づれにもと、尾張の国まで跡を慕ひ来りければ、

 

 いざ共に、穂麦喰はん。草枕

line
罫線

いざともに 真蹟「藤田本」 


 伊豆の国蛭が小島の桑門、これも去年の秋より行脚しけるに我が名を聞て草の枕の道づれにもと、尾張の国まで跡を慕ひ来りければ、

 いざともに穂麦喰はん草枕

line

line

書生line

伊豆の国、蛭が小島の僧侶、この人もまた、私のように去年の秋から行脚していたのだが、私の名を聞いて、旅の道連れにと、尾張の国まで、私の跡を慕ってきたので、

「さあ共に、旅に生きる雁のように、麦の穂を食べようではないか、旅の先々で」


ご隠居はこの桑門が路通だとおっしゃいましたが、路通は、熱田に来ましたか。

line

隠居

熱田に来たことは、其角宛書簡で分かるが、「雁」とは。

書生

麦を食うのは雁でしょ。七部集曠野「鴈ならし」の巻にありました。

 麥喰し鴈と思へどわかれ哉

隠居

よくお分かりじゃな。いかにも、雁は、落ち穂を喰らう。麦が生えている畑には降下できませんから、刈り取った跡に落ち穂を拾う。雁を訳に入れましたな。実に重畳。

書生

まあ、そうかと。

で、路通だという根拠は何でしょう。

隠居

「芭蕉と蕉門俳人(大礒義雄著)」、これを読まれよ。

書生

おや、珍しく文庫本でなく、箱入りクロスの豪華本。謹呈、なるほど。

……、路通十三回忌序で、「もろともに」句を路通が賜ったと分かる記述がありますね。

隠居

それだけでも十分ですな。

この句は、熱田で詠まれたのに、「熱田三歌仙」には見当たらない。知足の「千鳥掛」にもありません。

句の内容は、非常に個人的で、他の門人の羨望を呼びますから、この時は披露しなかったと分かります。「ないこと」が証拠です。

そういう意味では、「野ざらし紀行」にこの句を入れたとき、路通の名を記さなかったことにもつながります。

書生

はあ。

「蛭が小島は韮山一帯の呼称で、国清寺がある。路通はここに流寓寄食していたという資料がある」というように読めます。

隠居

それで十二分ですな。

筆者は、確実な資料を基にしています。

また、国清寺は、円覚寺の末寺。大顛和尚の訃報はすぐに入るでしょう。

書生

おや、「これも去年の秋より行脚しける」ですから、和尚遷化の1月3日に、路通は国清寺にいませんよね。

隠居

いや、路通が和尚の遷化を知っていたという事実が先である。

「行脚をしていたが正月は寺に戻っていた」とか、「行脚先で訃報を受けた」とか、理屈付けは些末なことじゃ。

では、この僧が告げたことへ参る。

書生

……

此僧我につげていはく

<路通略歴>

八十村路通(ろつう)、斎部とも。通称与次衛門、名伊紀、別号露通・呂通。出身地不詳、三井寺で出生とか神職の子とか説あり。古典仏典に精通し、若くして漂泊、乞食行脚。貞享2年(1685)大津辺りで芭蕉に入門、37歳。

 いざともに穂麦喰はん草枕 芭蕉

貞享5年(1688)更科紀行の芭蕉を、深川で待ち受け、素堂亭観菊会参加、芭蕉庵十三夜句会参加、深川八貧の一人となる。

 はつ雪や菜食一釜たき出だす

翌元禄2年(1689)閏1月1日の吟、

 元朝や何となけれど遅ざくら

同年「奥の細道」同行の予定が、曽良に変更となるも、敦賀で芭蕉を出迎え大垣まで同道、その後元禄3年1月3日まで京大坂での生活を共にするが、独り陸奥の旅に出る。

 草枕まことの華見しても来よ 芭蕉

翌年、芭蕉の勘気に触れ、疎遠になるが、後に臨終の床にある芭蕉に許される。初七日法要に参列し、「芭蕉翁行状記」を著す。後、京大坂に住み、「俳諧勧進牒」,「路通伝書」編著。元文3年(1738)没、90歳。晩年の句、

 はづかしき散際見せん遅ざくら

梅恋て卯の花拝むなみだかな (真蹟天理本)

 この僧予に告げて曰く、円覚寺大顛和尚、今年睦月の初め、遷化し給ふよし、誠や夢の心地せらるるに、先づ道より其角が許へ申し遣はしける。

 

 梅恋ひて、卯の花拝む涙かな。

罫線

鳴滝の山荘1 真蹟「藤田本」 ⑦


 此僧予につげていはく、円覚寺大顛和尚、今年睦月の初、迁化し給ふよし、まことや夢の心地せらるゝに、先道より其角が許へ申遣しける。

 

 梅こひて卯花拝むなみだ哉

line
書生line

この僧が、私に「円覚寺の大顛和尚は、今年一月の初めに遷化なされた」と告げた。本当かと夢のような心地であったが、取り敢えず、道中ではあるが、其角の許へ知らせた。その時添えた句、

「和尚は梅を愛され、その花のころ遷化された。今や卯の花の季節となり、白梅に見立てつつ涙するばかりである」


大顛和尚は、其角の先生でしたか。

line

隠居

16歳ごろ、禅や詩学・易を学んだという。

其角は10歳から英才教育を受け、医術、書・画、儒学などを学び、14歳で芭蕉に入門している。

書生

入門後ですね。それで、芭蕉は知っていて、其角に伝えた。

隠居

書簡集にあるゆえ、読んでみられよ。

貞享2年4月5日付、其角宛書簡

書生

草枕月を重ねて、露命恙(つつが)もなく、今ほど帰庵に赴き、尾陽熱田に足を休むる間、ある人我に告げて、円覚寺大顛和尚、ことし睦月の初め、月まだほのぐらきほど、梅のにほいに和して遷化したまふよし、こまやかにきこえ侍る。旅といひ、無常といひ、哀しさ言ふかぎりなくて、折節のたよりにまかせ、先づ一翰(いっかん)机右に投ずるのみ
  梅恋て卯花拝ムなみだかな        はせを
   四月五日
 其角雅生


簡潔でありました。

ときに、蛭が小島の桑門は、路通として、4月1日から5日の間に、熱田にいる芭蕉を慕ってきたでよろしいですね。

隠居

路通である。

「いざともに穂麦喰はん」の穂麦は初夏の季語で、立夏を待たずして4日に仲夏の季語「杜若」を使ってますからな。4月1日からでよろしかろう。

しかし、和尚遷化の話は、5日に聞いたのでしょう。4日は鳴海にいるし、3日までに聞いたなら書簡はもっと早く書いていたでしょう。

書生

はい。5日鳴海に帰ると、路通がいたか、来たわけです。

3月12日ごろ、小越峠越えの道で会う。

14日まで、路通は大津で本を読んでいた。

15日に、大津を芭蕉と共に発ったが、水口に逗留する間、路通の影はないから、それまでに別行動となったか。

二十日ほどたった4月5日、路通は、熱田に姿を現し、「蛭が小島の国清寺、鎌倉円覚寺の末寺を拠点にして行脚している」と言う。芭蕉は即座に「大顛和尚の消息」を訪ねる。路通は「この1月の初め、月がまだほのぐらいころに遷化された」と言う。

まとめるとこうなりますか、

隠居

そういうことですな。

原文・口語訳][旅程表][ 付合、桑名熱田三歌仙2熱田三歌仙3蛭が小嶋の桑門杜国餞別送別付合、熱田 ][まとめ

杜国餞別句

<杜国略歴>

坪井杜国(とこく)、通称庄兵衛。別号野人・野仁。名古屋正万寺町の米穀商で、町代。「冬の日」の連衆、「阿羅野」入集。貞享2年(1685)、この年29歳。8月空米売買の咎で尾張を追放され、三河渥美の保美に移り、南喜左衛門に改名。貞享5年(1688)「笈の小文」の旅に万菊丸として同行。元禄3年(1690)没、34歳。

しらげしにはねもぐてふの形見哉 (真蹟天理本)

   杜国に贈る

 

 白芥子に、羽もぐ蝶の形見かな。

罫線

杜国 真蹟「藤田本」 ⑦


   杜国におくる

 

 白げしににはねもぐ蝶の形見哉

line
書生line

杜国に贈る句、

「蝶が飛び立つとき、シラゲシの花びらが1枚、はらりと落ちた。いや、蝶が羽をもぎ、形見としたのだ」


白芥子が、初夏の季語です。

シラゲシが杜国、蝶が芭蕉でしょうか。

line

隠居

然り。羽をもぎ、形見とする悲痛な思いがありますな。

書生

杜国の略歴に、8月尾張を追放とありますが。まだ、4月ですね。

隠居

それが、杜国の身の異変は、七部集「春の日」の3歌仙と表合せに表れる。歌仙の連衆に杜国の名がないのじゃ。

書生

「春めくや」からですね。初春の季語、1月には、もう杜国は参加できなかったと。

隠居

2月18日の日付があります。ここでは、すっかり春らしくなった仲春の季語です。

書生

なるほど。すべて日付がありますね。表合わせが最後で、3月19日ですか。

この頃にはもういないと……

おや。あのとき感じた違和感、年末に杜国がこの運命を悟っていたとしたら、……

隠居

どんなでしたかな。

書生

いやね、貞享元年の冬、「冬の日六歌仙」を巻き終えて、ある日雪見に行きましたね。

 発句 市人にいで是うらん笠の雪    翁

 脇    酒の戸たゝく鞭の枯梅      抱月

 第三 朝がほに先だつ母衣を引づりて 杜国

この第三について、「武者の外に此第三有べからず」と評されていますが、これは絶賛ですよね。杜国は嬉しいでしょう。得意の絶頂にいたとしても不思議はありません。

その後、芭蕉を送って帰る道、

 この比の氷ふみわる名残かな     杜国

この句を、芭蕉を送った寂寥と解したのですが、どうもしっくりこないので、違和感と言ったのですが。

隠居

そうでしたな。

書生

10月下旬から12月中旬まで芭蕉と交流し、芭蕉を送る。時にはでしょうかしばしばでしょうか、自分の句を認めてくれた師を送った帰り道です。その「名残」と、「氷を踏み割る」こととどうにもつながりません。

下駄か草履で道の氷を踏み割れば、冷水が足に沁みます。冷たいでしょう。

隠居

つながりませんな。

書生

「この世の名残」なら、つながります。

隠居

まさか。

書生

空米(くうまい)売買の取り調べを既に受けていたとしたら、「今生の別れ」を覚悟するでしょう。

打ち首ですよね。

隠居

斬首ではありません。死罪です。

書生

はあ。

もう一つ。空米売買については、芭蕉も聞いていたのではありませんか。

隠居

はて。

書生

 市人にいで是うらん笠の雪

この発想、いかにも突飛です。どこから思いつくか、それは杜国の空米売買の話からでしょう。

「ないものを売り買いしてはいけない。わたしはあるものを売りましょう。今は傘屋に間借りしていることですし、それ、この傘の雪を」

というような案配。

隠居

そうですか。

杜国のことについては、「笈の小文」の講読で、また触れるでしょう。

書生

さて、芭蕉はこの白芥子の句を桐葉に託したでよろしいでしょうか。

隠居

そうでしょう。

名古屋の連衆に、羽笠がいましたな。地図で見たとおり、羽笠は、誓願寺より桐葉亭に近い所に住んでいましたから、羽笠を介して連絡することも、考えられます。

羽笠亭跡

文学史上は、曽孫笠亭仙果のほうが高名なのでしょう。上のような案内になっています。

また、この頃、重五が宮宿に別荘を設けていることが、「春の日、春めくやの巻」の詞書きで分かります。重五は材木商ですから、堀川の上流上材木町に店を構え、下流の貯木場近くに別荘を設けるのもうなずけます。

書生

おっと、それで地図に貯木場が。

隠居

そういうことですな。

重五に託したとしてもよろしいでしょう。

まあ、桐葉が、直接名古屋に出向いても、せいぜい6キロの道のり。

ともあれ、名古屋の連衆に、この句が渡ることは、間違いない。

書生

ご隠居、ちょっと「春の日」に目を通したのですが、いささか気になることが、ありまして。

隠居

些かとな。

資料、七部集「春の日」について

書生

先ず、歌仙「春めくや」ですが、芭蕉の句を踏まえているのではと。


名オ折端  朝熊おるゝ出家ぼくぼく    雨桐
名ウ折立 ほととぎす西行ならば哥よまん 荷兮


 馬ぼくぼく我を絵に見る夏野かな  芭蕉句(天和期の作)

 芋洗ふ女西行ならば歌詠まむ  芭蕉句(貞享元年9月1~6日、伊勢西行谷への道で)

いかがでしょうか。

隠居

そのとおりである。

「春めくや」は、貞享2年2月18日に巻かれたので、何ら問題はない。

書生

はあ。

次に、貞享2年3月6日、「なら坂や」の巻、


初オ4 口すすぐべき清水ながるる 越人


 露とくとく心みに浮世すすがばや   芭蕉(貞享元年9月24日、吉野西行庵近くで)

隠居

まあ、そうでしょうな。

野ざらし紀行の句を、名古屋の連衆に伝えていたということが分かりますな。

「春の日」に芭蕉は加わっていないが、面影が参加しているわけですな。

書生

ご隠居の注釈が面白い。

「『春の日』に芭蕉の関与はないが、『奈良坂』の巻は、偶々転倒後間もなくの興行である」

荷兮は、芭蕉の尻もちを伝え聞いて、わざわざ発句に「奈良坂」を持ってきたのでしょうか。

隠居

「偶々」としてある。七部集の訳は本意ではない。慙愧に堪えん。

「些か」は以上ですか。

書生

いえ、この越人のことが気に掛かっています。

ご隠居のデータベースから拾います。

<越人略歴>

越智越人(えつじん)、通称十蔵・重蔵、別号負山子・槿花翁。編書「鵲尾冠」の序で、貧しく学問をしたことがないと言うが,漢詩、老荘に造詣が深い。

明暦2年(1656)越後に生まれる。 寛文10年(1670)頃、野水の世話で紺屋を営み、荷兮亭近くの名古屋桑名町に住む。杜国の支援を受ける。15歳。貞享元年(1684)11月~同2年4月の間、芭蕉に入門。「春の日」(貞享3刊)編集。貞享4年(1687)11月11~13日芭蕉と伊良湖の杜国を訪問。11月下旬~12月上旬、名古屋で芭蕉と俳諧興行。貞享5年(1688)6月17日、岐阜妙照寺の芭蕉を訪ね、六吟六句。18日鵜飼い見物。19日、十五吟五十韻。7月20日、名古屋の長虹亭で七吟歌仙。8月11日、更科紀行に同行、出立。8月22日前後芭蕉庵に到着。9月上旬、8吟半歌仙。10日、素堂亭で十日菊の会。13日、芭蕉庵十三夜の会で平曲を謡う。他、芭蕉との両吟歌仙、其角との両吟歌仙、嵐雪との両吟十八句、越人発句の六吟半歌仙を巻く。9月下旬まで滞在か。以後、尾張の蕉門発展に尽力。元禄3年(1690)6月、「ひさご」の序文執筆。元禄4年(1691)9月野水と路通を誹謗し、芭蕉の怒りを買い疎遠になる。 1715俳壇に復帰、「歳旦帖」、 1717「鵲尾冠(しゃくびかん)」編著、1725「不猫蛇」で、支考・露川を論駁、1726「みつのかほ」、1728「庭竈集」編、 1729「猫の耳」編・「猪の早太」、「越人自註独吟」「越人集」「冬日集槿花翁解」。 享保20年(1735)没、80歳。 墓所、浄土真宗本願寺派「転輪山長円寺」(名古屋市中区栄2)。

書生

下線部、入門の時期に幅があります。

この野ざらしの旅での入門となりますが、芭蕉とどこで会ったのでしょうか。

隠居

いつどこでは、分かりません。「冬の日」興行のころ、「名古屋で」と推測するのみです。ただ、「冬の日」の連衆に、越人がいないので、断定はできません。

4月、この熱田へ、「春の日」興行の原稿を持ってきた可能性も、ないわけではありません。

書生

資料がないというわけですね。

この句はどうでしょう。「春の日」の越人句、


  餞別

 藤の花たゞうつぶいて別哉。


晩春、芭蕉と会った別れの句ではありませんね。

隠居

「餞別」は、去りゆく人に贈るもの。芭蕉が発つのは初夏、「藤の花」は晩春です。

離別の哀しさは「ただうつぶ」くのみで、芭蕉に贈るには合いません。

むしろ、囚われた杜国に贈る句に合いますな。

書生

では、越人は、芭蕉の「羽もぐ蝶」の句を預かって、自分の餞別句と併せて、杜国に届けたということで。

隠居

つじつまは合いますが、想像でしかありませんな。根拠がありません。

書生

……

原文・口語訳][旅程表][ 付合、桑名熱田三歌仙2熱田三歌仙3蛭が小嶋の桑門杜国餞別送別付合、熱田 ][まとめ

資料、「幽蘭集」暁台編

貞享2年4月5~8日のうち、十二句「おもひ立」

    1 発句   おもひ立木曽や四月のさくら狩  芭蕉
    2 脇     京の杖つく岨の夏麦      東藤 そば
    3 第三   牛の子の乳をのむ日かげ閑にて  桂楫
    4 オ4    かげろふとまる竹の編棚    叩端
    5 オ5   侘つゝも栗の毬たく細けぶり   桐葉 いが
    6 オ折端   ひとりうけたる有明のまつ   工山
    7 ウ折立  うす雪は淀の天主を降かねて   東藤
    8 ウ2    狂哥の僧に駕籠をたゞかす   芭蕉
    9 ウ3   はながみになみだを包む女あり  閑水
   10 ウ4    なさけの市に上の袍うる    桂楫 きぬ
   11 ウ5   蛍うつ夜半の黒戸に宴尽て    桐葉
   12 ウ6    よせる車のきしるなりけり   閑水


※ 「熱田三歌仙」の付合

    木曽を経て、武の深川へくだるとて

 おもひ出す木曽や四月の桜狩  芭蕉

  京の杖つく岨の夏麦       東藤

書生line

木曽を経て、武蔵国深川へくだるというので

芭蕉、発句「木曽路を行こうと思い立ちました。四月の遅い桜狩りです」

東藤、脇「山が重なり、険しいところの夏麦ですが、京で得た銘品の杖難なく得ることができるでしょう」


何れも暁台編です。三歌仙の「思い出す」を「思い立つ」にしましたか。

line

隠居

そういうことですな。過去、四月に芭蕉が木曽路をたどったという記録はなかったんでしょう。

1 「貝おほひ」を上野天神に奉納して、初めて江戸に下ったのが、寛文12年(1672)春。

2 上京し、「埋木」を伝授されたのが延宝2年(1674)3月17日。

3 延宝3年の帰郷が6月。

この内、4月に木曽路をたどる可能性は、「2」の帰り道にあるから、否定はしきれない。

さて、今回は、甲斐国を経由して深川に行きますから、木曽路を選んだのでしょうかな。

木曽路は、都留への近道ですか。

書生

試しに、鳴海知足亭から、都留までの距離を調べましょう。都留は取り敢えず市役所に設定します。

1 木曽路を経由すると、301キロ

2 飯田街道から行くと、291キロ

3 東海道から富士宮、富士吉田を経て、267キロ

東海道経由が最短です。

隠居

そうですか。

書生

しかも、木曽路へ向かうのに、鳴海へ行くのは逆方向です。

隠居

馬でしょう。

鳴海の安信、重辰は、それぞれ問屋場の主です。

書生

でも、距離は東海道。

隠居

馬で行くなら、飯田街道か木曽路でしょう。東海道には大河の渡しが何か所もありますしね。渡し場毎に、馬を乗り継ぐことになります。鳴海に馬を返せません。

書生

はあ、木因宛書簡に「木曽路の旅」、熱田での発句に「木曽や四月の桜狩」ですから、木曽路が前提であったということですね。木曽路を行くのに、鳴海で馬を借りる。そういうことですか、……

隠居

そういうことです。木曽路で問題ありません。

 行駒の麦に慰むやどり哉

この句の詞書きに、「甲斐の山中に立ち寄りて」というものがあります。「山家」を「山中」と書いてあるものです。当然、この「山中」は地名の「山中」とみる説が生じますな。すなわち山中湖の辺りだと。では、そのどこを訪れたか、仮説もありません。ただ、そう読むこともできるというだけのこと。

芭蕉が行ったのはどこか、それは一々書かなくても分かるところ。則ち、江戸大火後の寄留先、谷村やむらです。丁度都留市役所辺り。

書生

はあ、ご隠居の仰せ、一々ごもっとも。

では、熱田留別の句へ。

原文・口語訳][旅程表][ 付合、桑名熱田三歌仙2熱田三歌仙3蛭が小嶋の桑門杜国餞別送別付合、熱田 ][まとめ

送別句(熱田・鳴海)

ぼたむしべふかくわけ出る蜂の余波哉 (真蹟天理本)

  再び桐葉子が許にありて、今や東(あずま)に下らんとするに、

 

 牡丹蕊(しべ)、深く分け出づる蜂の名残かな。

罫線

蜂の名残 真蹟「藤田本」


 二たび桐葉子がもとに有て、今や東に下らんとするに、

 

 牡丹蘂深く分出る蜂の名残哉

書生line

再び桐葉亭に留まり、さあ江戸に向けて旅立つとき、

「牡丹のしべを深く分け入り、蜜をたっぷり吸って、蜂は名残を惜しみつつ発っていきます」


もちろん桐葉への謝辞ですが、この旅そのものへの感謝とかんじました。

line

隠居

なるほど、そうであろう。

「熱田三歌仙」に、桐葉の餞別句もありますな。

桐葉の餞別句 「熱田三歌仙」

書生

   ふたたび熱田に草鞋をときて、

   林氏桐葉子の家をあるじとせしに、

   又おもひたちてあづまにくだるとて

 牡丹蘂分けて這出づる蜂の名残哉  芭蕉 

  とかきてたびけるこたへに   ※と、書きて賜びける答へに

 うきは藜(あさざ)の葉をつみし跡の獨り哉   桐葉


と、書いていただいた答えに

「つらいのは、アカザの葉を摘んだあとに残る一本の茎のように、独り寂しくなることです」

隠居

そういうことでしょうな。

書生

では、鳴海の知足のところへ。

草稿・付合「夏草よ」

 夏草よ、吾妻路纏へ。五三日。  若照(知足)

 

   笠もて栄やす、宿の卯の雪。   芭蕉

line
罫線

知足・芭蕉、付合 「野ざらし紀行」草稿


◆⑬                鳴海

 夏草よ吾妻路まとへ五三日   若照

   かさもてはやす宿の卯の雪     蕉

書生line

知足、発句「夏草よ、東路を覆っておくれ。芭蕉翁が通るこの数日間は、馬の馳走となるように」

芭蕉、脇「先々の宿で、この笠をもてなし、飾ってくれるでしょう。卯の花の雪が」


知足句は、「まとへ」の解釈に苦慮していましたが、ご隠居の「馬でしょう」で、一挙氷解。

line
隠居

歩きなら夏草は邪魔ですな。

よって、この句は、評伝書「芭蕉 萩原蘿月らげつ」のように、「芭蕉の東行を引き止めた句であろう」というよな解釈になる。

「ここ数日は、夏草が茂るので、しばらくはお留まりください」ならまだしも、「芭蕉が歩く数日は茂りなさい」では、引き止めてはいない。単なる呪詛ですな。こんな解釈では、脇の意味が不明になる。

貴君の解釈はまさに「馬の餞」、元問屋場の主知足の句に相応しい。

書生

はい。

そして、尾張へ来たときは、「笠の山茶花」、帰るときは「笠の卯の花」ですね。

隠居

うまく照応していますな。

ときに、付合がいくつか残った。一つは「熱田の会」と分かっているが、あと四つは、桑名・熱田・鳴海のいずれかということになる。だが、鳴海なら知足の記録に残るから、鳴海は除外。逗留の状況からみれば、熱田での両吟と見てよかろう。

原文・口語訳][旅程表][ 付合、桑名熱田三歌仙2熱田三歌仙3蛭が小嶋の桑門杜国餞別送別付合、熱田 ][まとめ

「侘び」の付合、熱田

草稿・付合「二町程」

  独り書を見る、草の戸の中(うち)。

 

 二町程西に、砧の聞こゆなり。  (芭蕉)

line
罫線

芭蕉、付合 「野ざらし紀行」草稿


◆⑭
  独書をみる草の戸の中
 二町程西に碪のきこゆ也    (芭蕉)

書生line

前句「独り草庵の中で、書を読む」

付句「静寂のなか、二町ほど西から、砧を打つ音が聞こえてくる」

line
隠居

この付合は、短句の作者名がない。おそらくは芭蕉で、両吟で2句続けて詠んだものかと思う。

次の書簡、一度読んだものですが、熱田で詠んだと分かるところを抜いて、もう一度。

貞亨2年7月18日付、千那・尚白・青鴉宛書簡
 <抄>
   熱田の会に
  独書を見る草の戸の内
 二町程西に砧の聞ユ也

草稿・付合「さらしなの」

   佗、面白く、橡の粥煮る。

 

  更科の、里の碪を、打ちに行き。 (芭蕉)

line
罫線

芭蕉、付合 「野ざらし紀行」草稿


◆⑮
  佗おもしろくとちのかゆ煮る
 さらしなの里の碪をうちにゆき (芭蕉)

書生line

前句「侘びた趣向が面白いと、わざわざ取り寄せて橡の粥を煮る」

付句「これぞ閑寂の極致と、更科の里に砧を聞くのでなく、打ちに行き」

line
隠居

風狂ですな。橡粥だけでは、なぐさめかねたのでしょうな。

草稿・付合「寒き炉に」

   榎木の風の、豆殻を吹く。

 

  寒き炉に、住持は独り、柿剥きて。 (芭蕉)

line
罫線

芭蕉、付合 「野ざらし紀行」草稿


◆⑯
  榎木の風の豆がらをふく
 寒き炉に住持は独柿むきて (芭蕉)

書生line

前句「榎をそよがせる強い風が、豆殻を吹き散らしている」

付句「焚くつもりの豆殻が飛ばされ、勢いのない炉の前で、住持は独り、柿をむいて」

line
隠居

侘びしい光景ですな。

草稿・付合「朝鮮の」

   小僧二人ぞ、畏まりける。

 

  朝鮮の絵描きに、奈良の酒を酌み。 (芭蕉)

line
罫線

芭蕉、付合 「野ざらし紀行」草稿


◆⑰
  小僧ふたりぞかしこまりける
 朝鮮のゑかきにならの酒をくみ (芭蕉)

書生line

前句「小僧二人が控え、和尚の言い付けを待っている」

付句「朝鮮から来た絵描きに、取って置き、麹造りの僧房酒を汲んでいる」

line
隠居

余程の絵描きなんでしょうな。

書生

でしょうが、侘びが途切れました。

隠居

いや、奈良は日本酒発祥の地。古いものも「侘び」であり、「寂び」でありますな。

草稿・付合「我が恋は」

   我が恋は、色紙を持てる笑ひより。

 

  宮司(みやじ)が妻に、惚れられて佗ぶ。 (芭蕉)

line
罫線

芭蕉、付合 「野ざらし紀行」草稿


◆⑱
  我恋は色紙をもてる笑より
 宮司が妻にほれられて佗 (芭蕉)

書生line

前句「私の恋は、色紙を持ったとき、緊張のあまり苦笑したのが始まりだ」

付句「顔のひきつりを、恋の誘いと勘違いされ、宮仕(みやじ、社寺の雑役)の妻に惚れられ、屈託するのみである」


「侘び」です。

line
隠居

この侘びは、「落胆・嘆息・悲観、困惑・迷惑・嘆願、落ちぶれ・失意・貧困・質素、寂寥・心細い、閑寂・静寂・枯淡」のどれかな。

書生

困惑ですね、結果思い煩うので屈託と訳しました。

隠居

「侘びる」は、多様な意味を持つので、それでくくれますかな。

書生

「侘び」は、蕉風俳諧の中心概念なので、気になります。先ほど見た付合と侘びについて、整理します。長句-短句の対で見て行きます。

◆⑭ 砧の聞こゆ-独り書を見る…………閑寂・静寂

◆⑮ 更科の砧-侘び面白く橡の粥………質素・閑寂・静寂

◆⑯ 独り柿剥く-榎、風、豆殻…………寂寥・閑寂

◆⑰ 奈良の酒汲む-小僧二人…………閑寂・枯淡

◆⑱ 惚れられて侘ぶ-色紙、笑ひ………困惑

そういえば、桑名の付合も侘びです。

◆㉓ 鹿聞きに入る篠の隈-芒、苫………質素・閑寂・静寂

おや、出典や作者が明らかでない付合、すべて「侘び」の世界を詠んでいます。

隠居

ほお。

そういえば、矢鱈と「佗」の文字が出てましたな。差し支えないところは「侘」の字に換えましたが。

ううむ。

書生

やたらとですか。その文字だけを、この「野ざらし紀行」を遡ってみましょう。

先ず、大垣の歌仙「師の桜」に、

 名オ10 夕べ侘しらぬ鯛寺に寐む 如行

木因の桜下文集に、

 佗人二人あり。やつがれ姿にて狂句を商ふ

熱田に着くと、桐葉が、

 剥くも侘しき波の殻牡蛎 桐葉

「冬の日、木枯らしの巻」、詞書きに、

 侘つくしたるわび人、我さへあはれにおぼえける。

「同、つつみかねての巻」に、

 名ウ3 かげうすき行燈けしに起侘て 重五

「熱田三歌仙、海暮れての巻」に、

 名オ折立 蝦夷の聟聲なき蝶と身を侘て 芭蕉

その後、芭蕉が伊賀上野、京都と侘びから離れる間に、

「春の日、春めくやの巻」に、

 名オ9 穂蓼生ふ蔵を住ゐに侘なして 重五

再び熱田で、

「熱田三歌仙、つくづくとの巻」に、

 初ウ3 雪を侘ぶ漁の姥が袖を見よ 工山

「思ひ立つの巻」で、

 オ5 侘つゝも栗の毬たく細けぶり 桐葉

以下、付合の6組が、すべて侘びでした。

貞享1,2年に掛けての流行語大賞がとれそうな勢いではありませんか。

隠居

成る程、濃密ですな。

書生

「侘・佗」の語を使わない侘びの付けは、熱田三歌仙に顕著です。
・ 海暮れての巻
  初ウ6   華表はげたる松の入口    工山
  初ウ7  笠敷て衣のやぶれ綴リ居る   桐葉
・ 〃
  名オ4   藪にくずやの十ばかり見ゆ  芭蕉
  名オ5  ほつほつと炮烙作る祖父独り  東藤
・ 何とはなしにの巻 
  名オ4   三ツ股のふね深川の夜    芭蕉
  名オ5  菴住やひとり杜律を味ひて   叩端
・ 〃
  名オ折端  ひとつ兎の瓜喰ふ音     桐葉
  名ウ折立 笠みゆる人は葎にとぢられて  芭蕉
・ 〃
  名ウ2   男やもめの老ぞかなしき   桐葉
  名ウ3  風くらき大年の夜の七ツ聞   叩端
・ つくづくとの巻
  発句   つくづくと榎の花の袖に散る  桐葉
  脇     獨り茶をつむ藪の一家    芭蕉
・ 〃
  初ウ6   ほとけを刻む西谷の僧    東藤
  初ウ7  烏羽玉の髪切ル女夢に来て   叩端

隠居

相分かり申した。

書生

こうしてみますと、大津坂本の宿で、鹿の声に侘びを感じ、旅寝の果ての大垣で、古人かようの夜の木枯らしと、侘びに浸り、侘びつくしたる侘び人となって、熱田で「侘び」が明確な中心課題となったのではないでしょうか。

隠居

一概には言えぬが、熱田三歌仙の再発見かも知れませんな。

書生

再発見ですか。

隠居

そう。

暁台の「熱田三歌仙序詞」です。


 さきに名古屋五歌仙熱田三歌仙は、一双のはうびと也。冬の日選なり次いで顕れ出づべきを、巻のしりへとゝのはざる間に間に、とくも春の日の巻の世にもれ出でしより、此えらびかひなくやみたりなど覚ゆ。世上冬春のふた巻をもて、左右のごとくなし侍るもかゞあらむ、我徒(ともがら)には熱田の巻を五歌仙に合せてまなびさしむ。

 かくて其巻のはしばしを摘みこぼれたるをつゞりて、蓬がしまといひ、皺箱といひ、古くはこれ後のわざにて、巻のつら、もの語に書きなしつ、其終(そのおわり)もたしかならず、広くは世に知られずなりぬ。

<略>

 今いふ俳諧は水上に瓢(ひさご)をおすがごとく、即転してとゞまらず。転変しておのづから古しへにかなふ。おのづからかなふはよし、つとめて古き調におしあてたらむはよからぬわざなり。古調のはいかいすなりなどいはんは猶うたてし。

 見よ此三歌仙、いま脱錐の時にあひて古きを合せ新しきをそへ、木上して同志に徇(ふれ)あたへんと、暮雨巷暁台亀の手をのべはじめにことをしるしいふ。

   安永四未夏五月


名古屋五歌仙は「冬の日」、これと熱田三歌仙は、一双の鳳尾というわけです。

三歌仙は、祖月編「蓬莱嶋(よもぎがしま、1703)」、東藤編「熱田皺筥物語(しわばこ、1695)」にあるが、広く知れ渡るに至らなかった。その間に、「『春の日』が世に出ているが、いかがなものか。見よ、この三歌仙を」というわけですな。

如何せん、この三歌仙のどこをどう見よとは、言っていない。また、安永4年(1775)序のこの書が世に出るのは、実に暁台没後10年、享和2年(1802)刊の「俳諧七部拾遺」に編入されてのこと。

書生

はあ、「俳諧七部集」が、享保17年(1732)ですから、「七部拾遺」は、その70年後になります。嚢中の錐が顕れ、「冬の日」と「三歌仙」は、鳳凰の双尾であると言うには、遅かったような。

隠居

世の評価は、蘿月の「芭蕉」にあるようなものかな。読んでみますか。

書生

 熱田三歌仙
芭蕉は貞享元年冬から同二年春にかけて熱田に吟行し、その地の桐葉一派の人々と共に、発句・歌仙・三ッ物・附句等を作った。本書は其等を収めたもので,安永四年暁台の出版に成る。当地の俳諧は「冬の日」・「春の日」の名声に圧倒され、刊行する機会を失ったので、暁台之を慨き刊行したのである。
風調は「冬の日」と甚しき相違を見ないが、「冬の日」ほど冴えた表現の句がないやうである。三歌仙中海暮れての巻がよろしい。裏二句目あたり、
    一輪咲きし芍薬の花        東藤
  碁の工夫二日閉ぢたる目を明いて  芭蕉
天明俳人の喜びさうな句であるが、順次に読んで行くと、怪奇な空想趣味の句が多く出て、前時代の遺風を脱してゐない。


「『冬の日』と甚だしき相違を見ない」と言いつつ、「天明俳人の喜びさうな句」と一蹴しましたか。

隠居

如何せん時が経ち過ぎ、今更の感が先立ったのでしょうかな。

してみると、三歌仙に、「侘び」の心が濃厚であるというのは、再発見でなく発見ですな。

書生

暁台が「蕉風俳諧の侘び、三歌仙に極まる」とでも書いていれば、違ったかも知れません。

原文・口語訳][旅程表][ 付合、桑名熱田三歌仙2熱田三歌仙3蛭が小嶋の桑門杜国餞別送別付合、熱田 ][まとめ

野ざらし紀行、講読の振返り
熱田・鳴海
書生line

旅程は、木因宛書簡・其角宛書簡と知足の記録でほぼ確定します。

line
隠居

知足の詳細な記録の手柄でしょう。

春夏の季の移りも、手掛かりになりましたな。

書生

熱田-鳴海-熱田-鳴海という移動も紀行だけでは分かりませんね。

隠居

勘違いしやすいとことろです。

知足餞別句の誤解も解けました。

書生

馬で木曽路に向かうという前提で、解釈可能です。

また、「侘び」というキーワードで、天理本付載の付合と熱田三歌仙が読み解けました。

隠居

この講読、一番の成果でしょう。

熱田三歌仙の価値が上がりましたな。

書生

野ざらし紀行に付合を付した意図は何でしょう。

隠居

さて。

書生

「江戸の連衆に旅の成果として示した」、ではどうでしょう。

隠居

どう反映されますかな。

書生

楽しみです。

時に、あの医師はどうなりましたか。「笈の小文」講読のとき、「野ざらし紀行」で詳しくとおっしゃった星崎の医師……、

隠居

欄木起倒ですな。

忘れていたわけではないが、旅程表でこの日と断定できなかったものでな。

書生

推定でよろしかろうと。

隠居

貞享2年4月1日から3日のうち一、二泊していますな。

書生

ほぼ断定ではありませんか。

旅程表に追加しておきます。

隠居

補足資料として、見ておきますか。

原文・口語訳][旅程表][ 付合、桑名熱田三歌仙2熱田三歌仙3蛭が小嶋の桑門杜国餞別送別付合、熱田 ][まとめ

野ざらし紀行 補足資料

良医 欄木起倒

貞享2年、起倒子が許にて

  後ろ向きたる僧の
  数珠持て

 世の中を後ろになして

           山里に

  背き果ててや

        墨染めの袖

   木食僧盤斎(ばんさい)自詠
   自画と書 猶ほ其の狂
   逸の俤もなつかしく覚えて
               はせを
 団雪(うちわ)もて、
    煽がん人の後ろ向き。

罫線

芭蕉真蹟懐紙 、「団雪もて」


   うしろむきたる僧の
   すゝ持て
 よの中をうしろになして
         山里に
  そむきはてゝや
       墨染の袖
   木食僧盤斎自詠
   自画と書 猶其狂
   逸の俤もなつかしく覚て
               はせを
 団雪もて
    あふかん人のうしろむき

 

line
隠居

右の原文は、「芭蕉と蕉門俳人(大礒義雄著、八木書店)」の「芭蕉新資料論考」からの引用です。真蹟懐紙の文字配置をもとに、字を散らしています。

同書に、「『団雪』の字があるのに驚く。勿論『団扇』でなければならないのである」とあるのに、わしは驚きました。

書生line

はあ。

line

隠居

目を疑って、何度も読みましたが、この「書き誤り」は、返って偽作ではない証拠としておられます。

「団雪」は、「団雪の扇」の省略形です。


【団雪の扇】(前漢成帝の寵妃、班婕妤はんしょうよの怨詩による)円く白い扇。転じて寵衰えて顧みられなくなった身にたとえる。→秋の扇<広辞苑>


これを「うちわ」と読ませても差し支えないでしょう。

ただ、「団雪」と書くと、秋扇のことで、初秋の季語となります。そういう意味では、書き誤りと言えますが、このことについては触れられていません。

まあ、絵を見ての句であれば、季にはとらわれないわけですが。

句意からしても、「団雪の扇」を踏まえたわけでもなく、秋の扇である必然性もありません。

書生

はあ。

隠居

まあ、いいでしょう

うちわ表記の用字について、馬琴の「栞草」には、「多く団扇を用ふ。<略>俳諧の書には、団の一字をも用い来れり」とあります。

後の集への記録は、次のとおりです。

「新校芭蕉俳句全集、潁原退蔵編著」から
  盤斎背向きの像
 團もてあふがんひとの背つき   (笈日記・泊船集)
  起倒子が許にて盤斎老人のうしろむける自
  畫の像に
 團扇もてあふがむ人のうしろつき (皺箱物語)
 團もてあふがん人のうしろむき  (桃舐・蓑虫庵小集)
 團扇とつてあふがん人の後むき (赤冊子)

書生

後の集で「団雪」は、「団」「団扇」となりましたが、「団雪」はあながち間違いとは言えぬと。

隠居

然り。「団雪」が初案であったと言えましょう。

ただ、「団雪の扇」を踏まえたわけではなく、「うちわ」を意味していただけですが。

書生

医師起倒と、どうつながりますか。

隠居

おお、そうでありますな。

起倒は俳号、熱田辺りの医師、三節のことですな。

書生

おや、以前は星崎の医師とおっしゃいませんでしたか。

隠居

おお、そうであったかな。次のを読んで、変わり申した。


潁原退蔵博士の「芭蕉俳句新講」の「団扇もて」の句解に、「皺箱物語」を引いて星崎の医としているが、それはその簡所を誤読されたためと思われ、石田元季氏が熱田の医人とされた(「俳文学考説」)。通説に従うべきであろう。<「芭蕉と蕉門俳人」より>


潁原(えばら)氏は、京都の研究者で、明治27年生まれ。大正13年から昭和23年に56歳と言う若さで逝去されるまで、多数の著作がある。常に確かな証拠を示す姿勢を崩すことがない。

書生

だから、根拠とした「熱田皺箱」を見ると、「星崎」とは言えないとなった。

隠居

そう。どこをどう見落とす可能性があるか、「熱田皺筥物語(東藤編著、桐葉版下、元禄8年)」を見ますか。


ほどなく幻住庵を見捨武陵に
趣たまふ折支考桃林の二法師とも   ※桃隣
なひて梅人が許へおはして
 水仙やしろき障子のとも移り 翁
 炭の火ばかり冬の饗應    梅人 ※もてなし
 宵の月船を淺みに引揚て   支考
 またはらはらと竈馬の鳴   湘水 ※こおろぎ
 初あらし膳に羅うち覆ひ   弁三 ※うすもの
 頬髭剃て見違へにけり    桃林
 旅の空暇乞する雨晴て    馬蹄 ※いとまごい
 又一しきり瀧滝の鳴音    野幽
 物ぐさき夜は折々に目を覚し 梨雨
これまた一巻になしてしののめに
星崎渡ておくりしが是ぞまことの
わかれとはなりぬ 一とせ此所にて
例の積聚さし出て薬の事醫師
起倒子三節にいひつかはすとて
 薬のむさらでも霜の枕哉   翁
去起倒子が許にて盤斎老人のうし   ※去-いにしえ
ろむける自畫の像に      うばそく
 團扇もてあふがむ人のうしろつき 芭蕉
とかきておくり給ふ


この辺りでしょう。※印以外は、改行も原文のままです。

熱田梅人亭での興行は、元禄4年10月20日ころ。桐葉亭には三日逗留し、支考とここで落ち合い、梅人亭で興行します。

「薬のむ」は、貞享4年11月21から23日のこと、「笈の小文」の道すがらです。

「去起倒子が」を、大礒氏は「其起倒子が」と読んでおられますが、「その」では、時間的に連続してしまい、誤読を招きます。

「其」の崩し字は、極めて「去」のそれに似ますが、筆順が違います。

ここは、「去(いにしえ)起倒子が」と、きちんと読んで、貞享4年以前としなければなりません。

実際、「團扇もて」は、貞享2年4月1から3日の、この「野ざらし紀行」の帰り道です。

書生

はあ、そうですか。

誤読というのは、「一とせ此所」の「このところ」を、一行前の地名「星崎」と誤ったということですね。

隠居

「梅人が許」、すなわち熱田でなければなりません。

石田氏も大礒氏も、地元愛知の研究者ですから、説得力が勝ります。

「石田元季氏が熱田の医人とされた(「俳文学考説」)」と、ありながら、大礒氏は、「もちろんこの医師については何もわからないが、臆測を言ってみるなら、桐葉家出入りの医者ではなかろうか。当たり前のようなことであるが、そうみればその居住地は星崎ではまずく、熱田でなければならない」とあります。

書生

「石田元季氏が熱田の医人とされた」のでしょう?

なのに「何もわからないが、臆測を」というのは、腑に落ちません。

隠居

「俳文学考説」。「考説」は、推論の積み重ねで成り立ちます。大礒氏も実証的ですから、根拠を見出せなかったのではないかな。

書生

では、起倒が熱田の医師とも言えないのではないですか。

「熱田にいるとき、起倒に薬を言いつかわ」す際、「薬のむ」の句を詠んだのですから、起倒子は、熱田かもしれないがそうとも言い切れません。

隠居

だから、わしは「熱田辺り」と言っておる。星崎までは、約一里。この辺りまで含んでな。

何ら問題はあるまい。

書生

「貞享2年4月1日から3日のうち一、二泊」でしたね。

隠居

ああ、宿泊の礼に、「団雪もて」の懐紙を贈ったのでしょう。

宿泊は、貞享4年11月の、

 薬のむさらでも霜の枕かな  はせを
 昔し忘れぬ草枯の宿     起倒

という、起倒の脇句が証拠です。

よろしいかな。

書生

はい。

↑ トップへ

 

 

  ─── 野ざらし紀行講読ページの解説 ───