谺の巻

         
歌仙「谺(こだま)の巻」
句称 作者 季語 備考





発句 おかえりの 声の谺や 山笑ふ 艸芳 山笑ふ:三春 天 , 半
朝餉の菜は わが蕗の味噌奈世 蕗味噌:初春 人 , 自
第三 春水に 投げて礫を 光らせて

京閑

春の水:三春 天 , 場
4句目 今日のめあては 平城遷都 五智 雑(無季) / , 自
5句目 望月の 照らす静寂に 筆を執る 五智 望月:仲秋 天 , 自
折端 風吹き渡る 苑の白萩

文々

萩:初秋 植 , 場






折立 運動会 応援合戦 七拍子 艸芳 運動会:三秋 人 , 場
2句目 差し戻し成る 名張の事件 京閑/ , 他
3句目 心臓と 体の火照り 寝息聴く 五智 / , 半
4句目 今更どうの かうの純潔 京閑/ , 自
5句目 もう終はり 立ち往生だ マリア様 奈世/ , 自
6句目 蛇皮線弾きて 美ら海守る 京閑 / , 半
7句目 子等はしやぐ 野外活動 梅雨の月 奈世 梅雨の月:仲夏 天 , 他
8句目 蜈蚣蚰蜒壁 蝨毛虫(むかでげじげじ だにけむし) 艸芳 蜈蚣:三夏 動 , 場
9句目 寡黙なる 背に風受けて 野良仕事 文々/ , 他
10句目 米搗き水車 ことりこつとん 京閑/ , 場
11句目 篝火に 浮かぶ花かげ 花ふぶき 奈世 花:晩春植 , 場
折端 春の陽浴びて 猫とまどろむ 文々 春の陽:三春天 , 自






折立 白雲を 一つ映して 石鹸玉 京閑 石鹸玉:三春 人 , 場
2句目 内閣支持率 下がる一方 艸芳/ , 他
3句目 お隣は 将軍様に 土下座して 五智/ , 他
4句目 蹴散らかされし 秘めたる想ひ 五智 / , 自
5句目 ペディキュアの 朱のちらちら 夜着の裾 京閑 夜着:三冬 人 , 半
6句目 見てはならない 鶴の裸身ぞ 京閑 鶴:初冬 動 , 他
7句目 柔肌の 今日の稼ぎを 貢ぐ女 五智 / , 他
8句目 指輪隠して グラス傾け 五智 / , 半
9句目 ブレザーに にほひの残る 帰り道 艸芳 / , 自
10句目 我働き手 里山に入り 文々 / , 自
11句目 磨き上ぐ 縁に月待つ 証誠寺 京閑 月待つ:仲秋 天 , 場
折端 メトロノームに 秋の雨音 京閑 秋の雨:三秋 天 , 場





折立 唐松の 散りし木道 踏み締める 奈世 唐松散る:晩秋 植 , 自
2句目 駅弁買つて 各駅停車 艸芳 / , 自
3句目 命には 役目があると 母が言ふ 奈世/ , 半
4句目 山あい走る 雪解けの水 文々 雪解け:仲春天 , 場
5句目 歳月と 大枝揺るる 花の宴 五智 花の宴:晩春 植 , 場
挙句 雛飾る子に おすまし作る 五智 雛飾る:晩春 人 . 自
平成22年 5月 2日
平成22年 6月19日
尾州悠山
備考欄凡例季語分類…天:天文・地理・時候、人:人事・生活・行事・宗教、植:植物、動:動物
人情自他…自:人情自、他:人情他、半:人情自他半、場:人情無

 


 

作品集

艸風俳諧、珠玉の作品集です。

虫声の巻…… 準備中/・芽柳の巻 …… 準備中
蜩の巻 …… 準備中/・早春の巻 …… 準備中
谺の巻 …… 「おかえりの 声の谺や 山笑ふ」
春宵の巻……「腰病みも 支度に立つや 春の宵」
福寿草の巻…「日当たりの 良き縁側や 福寿草」
渡し舟の巻…「春風の 先ず乗り込める 渡し舟」
蓑虫の巻……「蓑虫の 蓑脱ぎすてて ゐる日和」
寒椿の巻……「釜掛けて 心新たや 寒椿」   

「興行中の作品」に戻る。

 


Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!