春宵の巻

         
歌仙「春宵の巻」
句称 作者 季語 備考





発句 腰病みも 支度に立つや 春の宵 桑飛 春の宵:三春 天 , 他
余る草餅 冷凍保存京閑 草餅:晩春 人 , 自
第三初燕 天守一気に 越え行きて由数 初燕:晩春動 , 場
4句目 出汁の蘊蓄 ふむふむと聞く艸芳雑(無季) / , 半
5句目お針子が 上達願ふ けふの月 五智 けふの月:仲秋天 , 他
折端 弁当作りて 紅葉狩りせむ奈世 紅葉狩り:晩秋人 , 自






折立心地よく こぶし効かせて 温め酒京閑 温め酒:晩秋人 , 自
2句目庵と称し プレハブに住む由数/ , 他
3句目家庭とは 愛する人の こころなり五智/ , 場
4句目傘差しかけて 薄き肩抱く京閑/ , 自
5句目初デート きのうを悔いる 餃子かな艸芳/ , 自
6句目湖水に二羽の 鳥浮かびをり奈世/ , 場
7句目雨雲の 時折破れ 梅雨の月京閑 梅雨の月:仲夏天 , 場
8句目縁台にかけ 将棋さす爺文文 縁台:晩夏人 , 他
9句目逃亡の 果ての観念 市民の目艸芳/ , 他
10句目孤独死防止 地域連帯奈世/ , 場
11句目花あれば 花の広さに 人ありて由数 花:晩春植 , 場
折端うらうら日和 猫とまどろむ文文 うらうら:三春天 , 自






折立門標を 確かめ畳む 春日傘由数春日傘:晩春人 , 自
2句目家元危篤 野望渦巻く京閑/ , 他
3句目恨めしき 三途の川も 金次第奈世/ , 他
4句目濡れた衣が 枝をたわませ艸芳/ , 場
5句目雲間より 落ちて睦みて 落ち葉焚き京閑 落ち葉:三冬植 , 自
6句目火がすぐにつく 消し炭の過去五智 消し炭:三冬人 , 他
7句目狸の毛 筆に混じりて 廓文京閑/ , 場
8句目蝦夷も果てなる コタンに隠る由数/ , 自
9句目木を削り 仏を造る 旅の僧奈世/ , 他
10句目清められぬは 人の性なり五智/ , 場
11句目男下駄 鳴らす湯の町 十三夜由数十三夜:晩秋天 , 自
折端ゴビの砂漠に 秋の虹立つ京閑秋の虹:三秋天 , 自





折立豊年の のぼりはためき 笛太鼓奈世豊年:晩秋人 , 場
2句目脱げそで脱げぬ 禰宜の木沓(あさぐつ)京閑/ , 他
3句目下手糞が 隣りは歌唱 練習中由数/ , 半
4句目霞む連山 水墨のごと奈世霞む:三春天 , 場
5句目微醺なる 身を曝したり 花の風京閑花の風:晩春植 , 自
挙句蝌蚪の尾がとれ 終る絵日記由数蝌蚪:晩春動 . 自
平成24年 4月12日
平成24年10月31日
八壺屋
備考欄凡例季語分類…天:天文・地理・時候、人:人事・生活・行事・宗教、植:植物、動:動物
人情自他…自:人情自、他:人情他、半:人情自他半、場:人情無

 


 

作品集

艸風俳諧、珠玉の作品集です。

虫声の巻…… 準備中/・芽柳の巻 …… 準備中
蜩の巻 …… 準備中/・早春の巻 …… 準備中
谺の巻 …… 「おかえりの 声の谺や 山笑ふ」
春宵の巻……「腰病みも 支度に立つや 春の宵」
福寿草の巻…「日当たりの 良き縁側や 福寿草」
渡し舟の巻…「春風の 先ず乗り込める 渡し舟」
蓑虫の巻……「蓑虫の 蓑脱ぎすてて ゐる日和」
寒椿の巻……「釜掛けて 心新たや 寒椿」   

「興行中の作品」に戻る。

 


Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!