渡し舟の巻

         
歌仙「渡し舟」
句称 作者 季語 備考





発句 春風の 先ず乗り込める 渡し舟 京閑 春風:三春 天 , 場
 土筆束ねて 走り寄る子等 煌凜 土筆:仲春 植 , 他
第三 訪ひ来れば 深山の桜 錦して 艸芳 桜:晩春 植 , 自
4句目  地下に遁れる 街の喧騒 五智 / , 自
5句目 望の月 玲瓏として 雲寄せず 雅之 望の月:仲秋 天 , 場
折端  茶碗の陰で くつわ虫鳴く 文文 轡虫:仲秋 動 , 場






折立 秋麗ら 子守婆アは つつましく 奈世 秋麗ら:三秋 天 , 他
2句目  遺産相続 沈黙は金 京閑 / , 自
3句目

わが胸に 小保(おぼ)ちゃんSTAP 捨てて来よ

雅之 / , 半
4句目  出逢ひは遅し 我が運命の人 五智 雑:恋 / , 半
5句目 半跏思惟 愛しと僧の 身悶へり 艸芳 雑:恋 / , 他
6句目  水面の綺羅に 石礫打つ 京閑 / , 自
7句目 受け皿の やうな三日月 涼しかり 清美 夏:三日月涼し 天 , 場
8句目  心太突き 勢い余る 煌凜 夏:心太 人 , 半
9句目 彼の国の 安全基準 恐ろしや 奈世 / , 自
10句目  幾つも目ある ピカソの絵画 雅之 / , 他
11句目 光陰の 鉄路吸ひ込む 花坩堝 五智 花:晩春 植 , 場
折端  茶摘唄ひて 紅襷結ふ 煌凜 茶摘:晩春 人 , 自 






折立 揚雲雀 昼餉は早く しませうか 清美 雲雀:三春 動 , 自 
2句目  円安の布施 ドルもユーロも 五智 / , 場 
3句目 下町の お酒が好きな 社長さん 京閑 / , 他 
4句目  自慢の腕は ミクロの世界  清美 / , 自
5句目 お見合に もぢもぢしたる 冬座敷 奈世 冬座敷:三冬 人 , 半
6句目  明日あれかしと 歳の夜逢瀬  五智 歳の夜:晩冬 天 , 半  
7句目 宿に待つ 貴方欲しきと 身を捩る 奈世 / , 自
8句目  白蛇の呪文 僧侶の読経 京閑 / , 他
9句目 寄り添ひて 新たなる道 開くなり 文文 / , 半
10句目  トライアスロン 記録塗り替へ   煌凜 / , 半
11句目 月天心 池に映りし 影清し 奈世 月:仲秋 天 , 場
折端  鵙が贄刺す 枝の鋭さ 京閑 鵙の贄:三秋 動 , 場





折立 温めたか 南無三純米 大吟醸 艸芳 温め酒:晩秋 人 , 半
2句目  男子誕生 御家安泰 奈世 / , 自
3句目 福助の 青きつむりに 明日も晴れ 雅之 / , 自
4句目  消費アップの 春闘妥結 五智 春闘:三春 人 , 場
5句目 さまざまな こと葉を生みて 花満つる 京閑 花:晩春 植 , 場
挙句  手かごに水菜 あふれ摘みゆく ※蟒草 清美 水菜:晩春 人 , 自
平成26年 4月 6日
平成26年 9月21日
京閑亭
備考欄凡例季語分類…天:天文・地理・時候、人:人事・生活・行事・宗教、植:植物、動:動物
人情自他…自:人情自、他:人情他、半:人情自他半、場:人情無
時事

・ 2014年。STAP論文疑惑。小保方氏窮地に立つ。

・ 2014年。マクドナルドの鶏肉をはじめ、食品偽装大国での問題が。次々と報道される。

・ 2014年。金融緩和で、円安が進む。120円ほど。アベノミクスで、輸出産業を中心に、賃上げが期待される。

 


 

作品集

艸風俳諧、珠玉の作品集です。

虫声の巻…… 準備中/・芽柳の巻 …… 準備中
蜩の巻 …… 準備中/・早春の巻 …… 準備中
谺の巻 …… 「おかえりの 声の谺や 山笑ふ」
春宵の巻……「腰病みも 支度に立つや 春の宵」
福寿草の巻…「日当たりの 良き縁側や 福寿草」
渡し舟の巻…「春風の 先ず乗り込める 渡し舟」
蓑虫の巻……「蓑虫の 蓑脱ぎすてて ゐる日和」
寒椿の巻……「釜掛けて 心新たや 寒椿」   


「興行中の作品」に戻る。

 


Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!