寒椿の巻

         
歌仙「寒椿の巻」
句称 作者 季語 備考





発句 釜掛けて心新たや寒椿 奈世 寒椿:三冬 植、自
 独楽廻すの子の眉の凜々しさ 雅之 独楽:新年 人、他
第三 豊かなる大地に日射し遍きて 清美 /、場
4句目  俵にぎりに三角むすび 京閑 /、場
5句目 雨雲を煽ぎ散らして月の宴 五智 月の宴:仲秋 天、自
折端  二度目大きく囓る甘柿 艸芳 甘柿:晩秋 植、自






折立 広報にはさみ込まれし赤い羽根 奈世 赤い羽根:晩秋 人、場
2句目  駅前広場並ぶタクシー 雅之 /、場
3句目 ポッキーの両端咥えたはむれる 清美 /、場 
4句目  花火明かりに浮かぶ抱擁 京閑 花火:晩夏 人、他
5句目 言はぬのにあれこれそれと蟻地獄 奈世 蟻地獄:三夏 動、自
6句目  釈迦のお慈悲も恨む細糸 艸芳 /、自
7句目 仲秋の月諸星を近寄せず 京閑 仲秋の月:仲秋 天、場
8句目  千曲の宿に置く濁り酒 雅之 濁り酒:晩秋 人、場
9句目 鐘つきて秋の夕日を落としたり 文文 秋の夕日:三秋 天、自
10句目  膝を抱えて眠る幼子 艸芳 /、他
11句目 薄墨の花の吐息に人溺れ 清美 薄墨の花:晩春 植、他
折端  都踊りの意匠凝らせり 五智 都踊り:晩春 人、自 






折立 行く春やギターは抱くによきかたち 雅之 行く春:晩春 天、自 
2句目  道楽の果てつぶす大店 京閑 /、他
3句目 死神が蝋燭の灯消さんとす 艸芳 /、他
4句目  産声響く産院の夜 五智 /、場
5句目 花束に想ひを込めてクリスマス 文文 クリスマス:仲冬 人、自
6句目  抱っこをねだる着ぶくれの君 雅之 着ぶくれ:三冬 人、半  
7句目 出勤の項くつきりキスマーク 清美 /、他
8句目  恋に狂ひて江戸に火放つ 京閑 /、他
9句目 深川に誰ぞ飛び込む水の音 艸芳 /、場  
10句目  無言の電話夜毎迷惑 清美 /、自
11句目 三日月を三拝九拝新天地 文文 仲秋 天、自
折端  己が脂に身を焼く秋刀魚 雅之 秋刀魚:三秋 人、場





折立 揉みカイロ買つて隠居の冬支度 艸芳 晩秋:冬支度 人、他
2句目  乾いた喉にブラック珈琲 煌凜 /、自
3句目 折るチラシ紙飛行機が風に乗る 京閑 /、自
4句目  山々抜けててふてふの舞ふ 文文 三春:蝶々 動、場
5句目 花の昼昨夜(よべ)の雨粒光りをり 煌凜 花の昼:晩春 植、場
挙句  路地の朧に鳴らす木履 京閑 朧:三春 天、自他
平成27年 1月18日
平成27年 4月19日
京閑亭
備考

・ 発句の季語「寒椿」

 寒椿には二種類有る。早咲きと冬咲きである。

 「早咲き椿」は、「俳諧歳時記栞草」に、陰暦12月として載る。品種名ではない。

 「冬咲きの椿」は、「寒椿」と呼ばれる「獅子頭」。新暦11月下旬から2月上旬まで、八重大輪の花を咲かせる。発句の寒椿は、こちらである。 「栞草」は「冬椿」、「毛吹草」は「冬咲の椿」として、それぞれ陰暦10月に載せる。開花時期も長いので、三冬とした。

・ 脇句は、発句の椿を、凜とした立寒椿と見定め、真剣に独楽を廻す男子を添え、新年(晩冬)と季を定めた。

凡例季語分類…天:天文・地理・時候、人:人事・生活・行事・宗教、植:植物、動:動物
人情自他…自:人情自、他:人情他、半:人情自他半、自他:自他未分、場:人情無

 


 

作品集

艸風俳諧、珠玉の作品集です。

虫声の巻…… 準備中/・芽柳の巻 …… 準備中
蜩の巻 …… 準備中/・早春の巻 …… 準備中
谺の巻 …… 「おかえりの 声の谺や 山笑ふ」
春宵の巻……「腰病みも 支度に立つや 春の宵」
福寿草の巻…「日当たりの 良き縁側や 福寿草」
渡し舟の巻…「春風の 先ず乗り込める 渡し舟」
蓑虫の巻……「蓑虫の 蓑脱ぎすてて ゐる日和」
寒椿の巻……「釜掛けて 心新たや 寒椿」   

「興行中の作品」に戻る。

 


Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!