まどかの巻

         
「まどかの巻」
句称 作者 季語 備考





発句 眺望のものみなまどかなる小春 小春 小春:初冬 天、自
 長き線引く冬耕の畝 五智 冬耕:三冬 人、場
第三 急流を筏で下る人ありて 艸芳   /、他
4句目  先づはお砂場公園デビュー 京閑   /、自
5句目 名月にむかしむかしの物語 清美 名月:仲秋 天、自
折端  テラスの草履秋の影置く 小春 秋の影:三秋 天、場






折立 姫さまの裳裾繕ふ老菊師 雅之 菊師:晩秋 人、他
2句目  猫が水飲む音に怯ゆる 京閑   /、自
3句目 情念の青白き火に身を焦がす 奈世   /、自
4句目  脚からみあふ浜日傘なか 清美   /、他
5句目 メダルより陽焼勲章甲子園 五智   /、他
6句目  将軍の服吊す古着屋 京閑   /、場
7句目 石畳酔ひてくだまく夕月夜 文文 夕月夜:三秋 天、自
8句目  犬の遠吠えやけに身に入む 雅之 身に沁む:仲秋 天、自
9句目 露の世と説いて坊主の丸儲け 艸芳 露:三秋 天、他
10句目  頭すれすれドローンが飛ぶ 京閑   /、場
11句目 列島に屍累々花の雲 雅之 花の雲:晩春 植、場
折端  野遊びは今老若男女 清美 野遊び:三春 人、他






折立 電話鳴り心臓パクパク新社員 五智 新社員:晩春 人、他
2句目  シリアトルコへ買い付けの役 京閑   /、自
3句目 惜別のイスタンブール肩寄せて 文文   /、自
4句目  献花を添へて出棺のとき 奈世   /、場
5句目 後家様に囁く僧の息白き 艸芳 息白き:三冬 人、他
6句目  大蛇(おろち)となりてすがる清姫 清美   /、他
7句目 幕下ろす千歳楽に抱擁し 奈世  
8句目  骨董店に探す浮世絵 雅之   /、自
9句目 故郷へ錦移民の三代目 京閑   /、他
10句目  清原君と大の仲良し 執筆   /、他
11句目 床照らす月は明るし闇深し 奈世 月:三秋 天、場
折端  新酒ごくりと至福の極み 五智 新酒:晩秋 人、自





折立 秋惜しみレコードで聴くケセラセラ 雅之 秋惜しむ:晩秋 人、自
2句目  小さな町の小絵画展 清美   /、場
3句目 落書帳ぎしり書かれし無人駅 艸芳   /、場
4句目  篭持つ手にもよもぎの香り 文文 よもぎ:三春 植、自
5句目 見下ろして見上げてそぞろ花の山 京閑 花の山:晩春 植、自
挙句  春の炬燵に足十二本 雅之 春:三春 天、場
平成27年11月15日
平成28年 3月20日
京閑亭
備考

 

凡例季語分類…天:天文・地理・時候、人:人事・生活・行事・宗教、植:植物、動:動物
人情自他…自:人情自、他:人情他、半:人情自他半、自他:自他未分、場:人情無

 


 

作品集

艸風俳諧、珠玉の作品集です。

虫声の巻…… 準備中/・芽柳の巻 …… 準備中
蜩の巻 …… 準備中/・早春の巻 …… 準備中
谺の巻 …… 「おかえりの 声の谺や 山笑ふ」
春宵の巻……「腰病みも 支度に立つや 春の宵」
福寿草の巻…「日当たりの 良き縁側や 福寿草」
渡し舟の巻…「春風の 先ず乗り込める 渡し舟」
蓑虫の巻……「蓑虫の 蓑脱ぎすてて ゐる日和」
寒椿の巻……「釜掛けて 心新たや 寒椿」   
筍の巻………「筍の 季節とばかり 薮通ひ」  
まどかの巻…「眺望の もの皆まどかなる 小春」

 


投句ナビ・新着句は、随時追加しています。
最新の情報にするには、
このサイトをご覧になっているブラウザの”更新アイコン”をクリックしてください。
※画面の上のほうのマーク 更新アイコン など。また、キャッシュを空にすることも効果的です。

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!