筍の巻

         
「筍の巻」
句称 作者 季語 備考





発句 筍の季節とばかり薮通ひ 奈世 筍:初夏 植、自
 野山を渡る風に鹿の子 文文 鹿の子:三夏 動、場
第三 宅配便来たが呼び鈴壊れゐて 京閑   /、場
4句目  銀行日参終に契約 五智   /、自
5句目 名所にて眺めてみたき月今宵 艸芳 月今宵:仲秋 天、自
折端  ルビーをこぼし光る実柘榴 煌凜 実柘榴:仲秋 植、場






折立 二次会の竹馬の友の温め酒 五智 温め酒:晩秋 人、他
2句目  一人ふらりと飯田街道 執筆   /、自
3句目 善光寺牛より重き妻を引き 清美   /、自
4句目  抱き合ふ草に沈む欲情 雅之   /、半
5句目 恋水をなみだと読ます歌ありて 艸芳   /、場
6句目  牢の内なる身をぞ歎かむ 京閑   /、自
7句目 母の暖生きる力や寒の月 煌凜 寒の月:晩冬 天、自
8句目  卸市場に白菜の競り 奈世 白菜:三冬 植、他
9句目 賽止まる眼血走る音がする 五智   /、場
10句目  腹から笑う古典落語で 煌凜   /、自
11句目 散りしきるところが上座と花筵 雅之 花筵:晩春 植、他
折端  雲雀野の空抜けるほど青 清美 雲雀野:三春 動、場






折立 メーデーの反戦不戦スローガン 京閑 メーデー:晩春 人、場
2句目  謝る覚悟孫の代まで 艸芳   /、自
3句目 靄の中急ぐ足取り槍ヶ岳 煌凜   /、自
4句目  田舎娘のハイジおてんば 京閑   /、他
5句目 かき氷一つの匙で半分こ 文文 かき氷:仲夏 人、半
6句目  ごつい指先素足にからめ 煌凜 素足:山夏 人、自
7句目 逃避行御簾の向かふの人さらふ 五智   /、自
8句目  逢妻川は今も氾濫 艸芳   /、場
9句目 難民の命つなげる大移動 煌凜   /、場
10句目  少し離れてチター爪弾き 京閑   /、他
11句目 の子をあやして月の橋渡る 清美 月:三秋 天、自
折端  柴の籬に蟋蟀の鳴く 雅之 蟋蟀:三秋 動、場





折立 刈りし田の宴にぎやか村雀 五智 刈り田:晩秋 地、場
2句目  足腰鍛へ集ふ公園 文文   /、自
3句目 一輪車乗りてピエロの目は十字 雅之   /、他
4句目  果実さまざま人は好き好き 奈世   /、場
5句目 花ありて酒ありて我酔ひにけり 京閑 花:仲春 植、自
挙句  春暖炉脇猫と転た寝 五智 春暖炉:三春 人、自
平成27年 5月17日
平成27年10月18日
京閑亭
備考

平成27年8月14日、内閣総理大臣談話:日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。しかし、それでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません。謙虚な気持ちで、過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります。

シリア難民:2011年3月以降に起きた内戦により、22万人以上が死亡。国連難民高等弁務官事務所によると、人口2200万のうち1000万人以上が避難生活を送り、世界で最も人道危機が深刻な場所と見られている。2015年ドイツへの難民が急増し、溺死した男児の写真が、世界に衝撃を与えた。

凡例季語分類…天:天文・地理・時候、人:人事・生活・行事・宗教、植:植物、動:動物
人情自他…自:人情自、他:人情他、半:人情自他半、自他:自他未分、場:人情無

 


 

作品集

艸風俳諧、珠玉の作品集です。

虫声の巻…… 準備中/・芽柳の巻 …… 準備中
蜩の巻 …… 準備中/・早春の巻 …… 準備中
谺の巻 …… 「おかえりの 声の谺や 山笑ふ」
春宵の巻……「腰病みも 支度に立つや 春の宵」
福寿草の巻…「日当たりの 良き縁側や 福寿草」
渡し舟の巻…「春風の 先ず乗り込める 渡し舟」
蓑虫の巻……「蓑虫の 蓑脱ぎすてて ゐる日和」
寒椿の巻……「釜掛けて 心新たや 寒椿」   
筍の巻………「筍の 季節とばかり 薮通ひ」  

「興行中の作品」に戻る。

 


Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!