興行中歌仙

 
  • 次回 6/25 興行

興行中歌仙:参加

  •  参加については、ご連絡ください。
  • tourokuアットマークhaikaiドットjp

 


 

興行中の作品

「囀の巻」
句称作者季語備考





発句囀や沢石を跳ぶひいふうみ京閑囀:三春動、自
 蓬の餅は爺の手作り五智蓬餅:仲春人、自
第三梨の花小さき白を主張して柊香梨の花:晩春植、場
4句目  散らばる牛に牧の夕暮京閑 /、場
5句目貝殻を耳に当てたり月の浜艸芳月の浜:三秋天、自
折端  胡弓の調べ行く風の盆五智風の盆:初秋人、自






折立柘榴爆ぜ閻魔の口のかくの如京閑柘榴爆ぜ:晩秋植、場
2句目  六文銭を婆がくすねる 清美  /、他
3句目 慕ひ来る九度山にても疎まれて 艸芳  /、自
4句目  主売り渡す添へぬ怨みに 京閑  /、自
5句目 二の腕のタトゥーは消へず寿いのちなが 清美  /、他
6句目 轍を避けて行く車いす 艸芳  /、場
7句目 月に寝ね月に覚めたる夜長にて 京閑 月:三秋 天、自
8句目  蝗頬張り一杯交はす 五智 蝗:三秋 動、自
9句目 村人に紛る地芝居殿の興 艸芳 地芝居:晩秋 人、他
10句目  柔道五段空手七段 京閑  /、他
11句目 花吹雪私ひとりのためにあり 清美 花吹雪:晩春 植、自
折端  厚手脱ぎ捨て春風邪を引く 五智 春風邪:三春 人、自






折立蜃気楼沖に傾く摩天楼京閑蜃気楼:晩春/、場
2句目  音せぬ車不意に現る艸芳 /、場
3句目姨捨の掟を破る獣道柊香 /、自
4句目  世界を股に語学留学文文 /、他
5句目綿虫と今あそこここ騒ぎ立て清美綿虫:初冬/、他
6句目  なでてさすって眠り弁天京閑 /、自
7句目数知れず浮かべ消しゆく艶姿文文 /、自
8句目 携帯電話鳴らぬ圏外清美 /、場
9句目引き揚げる遺体は既に骨と化す京閑 /、場
10句目 拳で胸を打つは羅睺羅か艸芳 /、他
11句目    
折端    





折立    
2句目    
3句目    
4句目    
5句目    
挙句    
平成29年3月19日
平成29年月日
京閑亭
備考・ 2014年4月、韓国南西で、高校生を乗せたまま沈没したセウォル号は、1073日目の2017年3月28日に引き揚げられ、遺骨6個が発見された。
凡例季語分類…天:天文・地理・時候、人:人事・生活・行事・宗教、植:植物、動:動物
人情自他…自:人情自、他:人情他、半:人情自他半、自他:自他未分、場:人情無


作品集

艸風俳諧、珠玉の作品集です。

虫声の巻…… 準備中/・芽柳の巻 …… 準備中
蜩の巻 …… 準備中/・早春の巻 …… 準備中
谺の巻 …… 「おかえりの 声の谺や 山笑ふ」
春宵の巻……「腰病みも 支度に立つや 春の宵」
福寿草の巻…「日当たりの 良き縁側や 福寿草」
渡し舟の巻…「春風の 先ず乗り込める 渡し舟」
蓑虫の巻……「蓑虫の 蓑脱ぎすてて ゐる日和」
寒椿の巻……「釜掛けて 心新たや 寒椿」   
筍の巻………「筍の 季節とばかり 薮通ひ」  
まどかの巻…「眺望の もの皆まどかなる 小春」
麗らかの巻…「うららかや 客人集う 大広間」 
酔芙蓉の巻…「ようこそと 出迎え人や 酔芙蓉」

 


投句ナビ・新着句は、随時追加しています。
最新の情報にするには、
このサイトをご覧になっているブラウザの”更新アイコン”をクリックしてください。
※画面の上のほうのマーク/更新アイコン/など。

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!