興行中歌仙

 
  • 次回 主宰者行脚のため、来春に予定

興行中歌仙:参加

  •  参加については、ご連絡ください。
  • tourokuアットマークhaikaiドットjp

 


 

興行中の作品

「夏座敷の巻」
句称作者季語備考





発句ありがたや笑顔で揃ふ夏座敷清美夏座敷:三夏人、自
 またも上出来庭に干梅煌凛干し梅:晩夏人、自
第三六兵衞は聞き耳頭巾手に入れて艸芳 /、他
4句目 十人十色心千変奈世 /、他
5句目名月を丸ごと捕ふ蜘蛛の糸京閑名月:仲秋天、場
折端 遠く鳴りをり秋の風鈴柊香秋の風鈴:三秋人、場






折立日暮急準備忙し運動会奈世日暮急:三秋天/、自
2句目 妻は会長今日も外食京閑 /、自
3句目さらさらと水音さへも切なしと柊香 /、他
4句目 既読が示す逢引の宿煌凛 /、場
5句目糞喰らへ地位も名誉も捨てにけり五智 /、自
6句目 あつと驚く事があるなり奈世 /、自
7句目墨染の衣揺るるや寒の月柊香寒の月:三冬/、他
8句目 寂しさ耐ゆる人と見えたり艸芳 /、他
9句目夢を追うその生きざまのまぶしかり清美 /、自
10句目 宇宙の仕組摩訶不思議なり京閑 /、場
11句目名古屋から金沢までを繋ぐ花艸芳花:晩春植/、他
折端 野遊びの子の駆ける速さよ柊香野遊び:三春人/、他






折立海境を取り払ひたる蜃気楼京閑蜃気楼:晩春天/、場
2句目 Jアラートが鳴り響く中奈世 /、場
3句目その答へ何時になつたらするのやら清美 /、自
4句目 半分つこする饅頭の味京閑 /、自
5句目蛸のごと汗で溶け合ふ夢一夜艸芳汗:三夏人/、他
6句目 千々に乱るる白き夏萩柊香夏萩:晩夏植/、場
7句目黒点の爆けたるごと磁気嵐京閑 /、場
8句目 また一人来て淹れるコーヒー清美 /、自
9句目ソムリエの語る薀蓄鬱陶し艸芳 /、自
10句目 自由奔放乞食生活五智 /、他
11句目有明の月御座します隠岐の宿清美有明の月:三秋天/、場
折端 雷も野分も怨霊のせい艸芳野分:仲秋天/、場





折立幼子の言葉に耳を貸す夜長京閑夜長:三秋天/、自
2句目 晴れた日にこそやるべきことを柊香 /、自
3句目高齢者買い物に出る杖頼り五智 /、他
4句目 アウトレットにあふる人波文文 /、場
5句目変わりゆく古き家並花の雲奈世花の雲:晩春植/、場
挙句 東風が連れ来る鼻炎盛大五智東風:三春天/、自
平成29年 7月16日
平成29年11月26日
京閑亭
備考 
凡例季語分類…天:天文・地理・時候、人:人事・生活・行事・宗教、植:植物、動:動物
人情自他…自:人情自、他:人情他、半:人情自他半、自他:自他未分、場:人情無


作品集

艸風俳諧、珠玉の作品集です。

虫声の巻…… 準備中/・芽柳の巻 …… 準備中
蜩の巻 …… 準備中/・早春の巻 …… 準備中
谺の巻 …… 「おかえりの 声の谺や 山笑ふ」
春宵の巻……「腰病みも 支度に立つや 春の宵」
福寿草の巻…「日当たりの 良き縁側や 福寿草」
渡し舟の巻…「春風の 先ず乗り込める 渡し舟」
蓑虫の巻……「蓑虫の 蓑脱ぎすてて ゐる日和」
寒椿の巻……「釜掛けて 心新たや 寒椿」   
筍の巻………「筍の 季節とばかり 薮通ひ」  
まどかの巻…「眺望の もの皆まどかなる 小春」
麗らかの巻…「うららかや 客人集う 大広間」 
酔芙蓉の巻…「ようこそと 出迎え人や 酔芙蓉」
囀の巻………「囀や 沢石を跳ぶ ひいふうみ」 

 


投句ナビ・新着句は、随時追加しています。
最新の情報にするには、
このサイトをご覧になっているブラウザの”更新アイコン”をクリックしてください。
※画面の上のほうのマーク/更新アイコン/など。

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!